Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Diabetes mellitus has been a scourge of the developed world

    糖尿病は先進国の 人々を苦しめてきました

  • with an estimated 400,000,000 people worldwide suffering from this disease,

    全世界で4億の人が この病気で苦しんでいるとされ

  • and 50% more predicted within twenty years.

    20年内に更に50%増えると 予想されているのです

  • Its early symptoms, which include increased thirst and large volumes of urine,

    その初期症状は喉の渇きや多尿で

  • were recognized as far back as 1500 BCE in Egypt.

    これは紀元前1500年のエジプトで 既に確認されていました

  • While the term diabetes, meaning "to pass through,"

    糖尿病とは「(飲んだ水が)通過する」 という意味で

  • was first used in 250 BCE by the Greek physician Apollonius of Memphis,

    紀元前250年 ギリシャの医師 メンフィスのアポロニウスが名付けました

  • Type 1 and Type 2 diabetes,

    1型糖尿病と2型糖尿病は

  • associated respectively with youth and obesity,

    それぞれ若者と肥満に 結びついていますが

  • were identified as separate conditions

    これらは別の状態であると

  • by Indian physicians somewhere in the 5th century CE.

    5世紀にインドの医師によって 確認されていました

  • But despite the disease being known, a diagnosis of diabetes in a human patient

    このようによく知られた病気でしたが ヒトが糖尿病と診断されると

  • would remain tantamount to a death sentence until the early 20th century,

    20世紀初頭までは 死刑宣告に等しく

  • its causes unknown.

    病気の原因はわからないままでした

  • What changed this dire situation was the help of humanity's longtime animal partner:

    その状況を打開したのは 長年の人間の友でした:

  • canis lupus familiaris, domesticated from grey wolves thousands of years ago.

    つまりイヌです 何千年も前に ハイイロオオカミから飼いならされたのです

  • In 1890, the German scientists von Mering and Minkowski

    1890年にドイツの科学者の フォン・メーリングとミンコフスキーは

  • demonstrated that removing a dog's pancreas

    イヌの膵臓を切除すると

  • caused it to develop all the signs of diabetes,

    糖尿病の兆候を示す事を 実証しました

  • thus establishing the organ's central role in the disease.

    これで膵臓が糖尿病の中心的な 存在だとわかったのです

  • But the exact mechanism by which this occurred remained a mystery until 1920

    しかし1920年まで その仕組みは謎のままでした

  • when a young Canadian surgeon named Frederick Banting

    カナダの若き外科医 フレデリック・バンティングと

  • and his student, Charles Best, advanced the findings of their German colleagues.

    教え子のチャールズ・ベストが ドイツでの発見を推し進めたのです

  • Working under Professor Macleod at the University of Toronto,

    トロント大学のマクラウド教授の下で 研究を行い

  • they confirmed that the pancreas was responsible for regulating blood glucose,

    膵臓が血糖値を調整していることを 確かめたのです

  • successfully treating diabetic dogs by injecting them with an extract

    膵臓組織からの 抽出物を注射する事で

  • they had prepared from pancreas tissue.

    糖尿病のイヌの治療に成功しました

  • By 1922, the researchers working with biochemist James Collip

    1922年までに 生化学者のジェームズ・コリップと研究者が

  • were able to develop a similar extract from beef pancreas

    同様の抽出物を ウシの膵臓から得て

  • to first treat a fourteen-year-old diabetic boy,

    14歳の糖尿病の少年を皮切りに

  • followed by six additional patients.

    さらに6人の糖尿病患者を 治療したのです

  • The manufacturing process for this extract, now known as insulin,

    現在インスリンとして知られる この抽出物の製造過程は

  • was eventually turned over to a pharmaceutical company

    医薬品会社に引き継がれて

  • that makes different types of injectable insulin to this day.

    様々な種類の注射用インスリンとして 実を結びました

  • Banting and Macleod received

    バンティングとマクラウドは その発見で

  • the Nobel Prize for Medicine in 1923 for their discovery.

    ノーベル生理学・医学賞を 1923年に受賞しました

  • But Banting chose to share his portion with Charles Best,

    しかしバンティングはチャールズ・ベストの イヌの初期研究の助力に対して

  • for his help in the initial studies involving dogs.

    栄誉を分かち合うことを選びました

  • But while medical experimentation on animals remains controversial,

    動物に対する医学実験は 賛否両論ですが

  • in this case at least, it was not just a matter of exploiting dogs for human needs.

    少なくともこのケースではヒトのためだけに イヌを犠牲にしたわけではありません

  • Dogs develop diabetes at the rate of two cases per 1,000 dogs,

    千頭あたり2頭のイヌが 糖尿病を患っており

  • almost the same as that of humans under 20.

    これは20歳未満のヒトと同じ割合です

  • Most canine cases are of Type 1 diabetes,

    多く場合 イヌは1型糖尿病ですが

  • similar to the type that young children develop

    これは免疫システムが 膵臓を破壊することにより

  • following immune system destruction of the pancreas,

    子供達に発症するタイプに似ています

  • and genetic studies have shown that

    また 遺伝学のおかげで

  • the dog disease has many similar hallmarks of the human disease.

    イヌの病気はヒトの病気と 多くの共通点が見つかりました

  • This has allowed veterinarians to turn the tables,

    それで獣医は今度は逆に

  • successfully using insulin to treat diabetes in men's best friend for over 60 years.

    インスリンを使用して人の最良の友を 60年以上治療することに成功しました

  • Many dog owners commit to managing their dogs' diabetes

    イヌの飼い主は 糖尿病の対処法として

  • with insulin injected twice daily, regimented feedings,

    日に2度のインスリン注射と 食事療法

  • and periodic blood measurements

    定期的な血液検査

  • using the same home testing glucose monitors used by human patients.

    これはヒトと同じくブドウ糖を 家庭でモニターする方法です

  • And if the purifed pig insulin commonly used for dogs

    通常は精製されたブタのインスリンが イヌに使われてきましたが

  • fails to work for a particular dog,

    効き目のないイヌもいたため

  • the vet may even turn to a formulation of human insulin,

    獣医はヒトインスリンを用いて

  • bringing the process full circle.

    イヌにも人からの恩恵を与えたのです

  • After all that dogs have done for us throughout the ages,

    いつの時代もイヌは 人の役に立ってきました

  • including their role in a medical discovery that has saved countless human lives,

    イヌの貢献による医学的発見は 数えきれない程の人命を救ってきましたが

  • using that same knowledge to help them is the least we could do.

    人に関する医学知識が

Diabetes mellitus has been a scourge of the developed world

糖尿病は先進国の 人々を苦しめてきました

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 膵臓 インスリン ヒト 医学 病気

【TED-Ed】イヌが糖尿病について教えてくれたこと -- ダンカン C. ファーガソン (What did dogs teach humans about diabetes? - Duncan C. Ferguson)

  • 6593 565
    稲葉白兎 に公開 2015 年 01 月 17 日
動画の中の単語