Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Look at these shapes and consider this question: Which one is a bouba and which one is a kiki?

    これらの形を見て、この質問を考えてみてください。どれがボウバでどれがキキか?

  • This question was asked to American college students and Tamil speakers in India and more than 95% of people gave the same response. I did too.

    この質問は、アメリカの大学生とインドのタミル語話者に質問したところ、95 % 以上の人が同じ回答をしました。私もそうでした。

  • People thought the bouba was soft and rounded and the kiki was sharp and jagged.

    人々は、ブーバは柔らかくて丸みを帯びていて、キキは鋭くてギザギザしていると思っていました。

  • Psychologists call it the bouba/kiki effect.

    心理学者は、それを bouba/kiki 効果と呼んでいます。

  • It's not baby talk, it shows we can draw meaning from things without… "meaning".

    赤ちゃんの話ではなく、「意味」がなくても物事から意味を引き出すことができることを示しています。

  • And even when we're talking to someone in the same language, our body language, tone, pitch and accent convey information beyond what we intend.

    また、同じ言語で話していても、ボディランゲージ、トーン、ピッチ、アクセントによって、意図している以上の情報が伝わってきます。

  • I think a lot about accents because it seems, at least to some of YOUR ears, that I have an accent. I've certainly never noticed it.

    私は訛りについてよく考えています 少なくともあなた方の耳には 私には訛りがあるように見えるからです確かに私は気づいたことがありませんでした。

  • Accents develop because people living in close proximity grow to share a way of speaking and we have an own-accent bias.

    アクセントが発達するのは、近くに住んでいる人が話し方を共有するようになるからで、私たちは自分のアクセントの偏りを持っています。

  • Studies have shown that even one-year-old babies have a preference for sounds of the language spoken in their home.

    1 歳の赤ちゃんでも、家庭で話されている言葉の音を好むことが研究で明らかになっています。

  • But, why does the English speaking world have so many accents in the first place?

    しかし、そもそもなぜ英語圏にはこんなにも訛りがあるのでしょうか?

  • If England colonised South Africa, Australia, Canada and the United States, there must have been a point where the British descendants lost their English accent and developed a local way of speaking.

    イギリスが南アフリカ、オーストラリア、カナダ、アメリカを植民地化した場合、イギリスの子孫が英語の訛りを失い、現地での話し方を発展させたという点があったはずです。

  • Everyone always forgets about New Zealand.

    みんないつもニュージーランドのことを忘れている。

  • The records are kind of sketchy.

    記録は大雑把なものです。

  • The first settlement in America was in 1607, but the first voice records we have are from the late 1800s.

    アメリカで最初に入植したのは1607年ですが、私たちが持っている最初の声の記録は1800年代後半のものです。

  • Somewhere in that time of 200 odd years across the Atlantic, accents changed.

    大西洋を渡って 200 奇数年の間のどこかで、アクセントが変わった。

  • In England it became fashionable to pronounce a soft "r", to have a non-rhetoric accent, so hard sounds like hahd.

    イギリスでは、柔らかい "r "を発音するのが流行し、レトリックではないアクセントになっていたため、硬い音は hahd のように聞こえました。

  • And in America they retained their rhetoric accent so hard has a hard "r".

    そして、アメリカでは、彼らは彼らのレトリックアクセントを保持していたので、ハードはハード「R」を持っています。

  • So it makes sense that accents in countries colonised later, like Australia, are non-rhetoric.

    だから、オーストラリアのように後に植民地化された国のアクセントが非レトリックなのは理にかなっている。

  • Like this one.

    これと同じように、

  • And the way you talk can carry information about your level of education, ethnicity and socio-economic status.

    そして、あなたの話し方は、あなたの教育レベル、民族性、社会経済的地位についての情報を運ぶことができます。

  • It's not always accurate but it can affect people's perceptions.

    必ずしも正確ではありませんが、人の認識に影響を与えることがあります。

  • One study at The University of Chicago looked at the effects that accents have on credibility.

    シカゴ大学のある研究では、アクセントが信頼性に与える影響を調べました。

  • When a person with an accent made a factual statement say, “A giraffe can go without water longer than a camel can.”

    訛りのある人が事実を述べたとき、"キリンはラクダよりも長く水なしで行くことができます "と言う。

  • People were less likely to believe it was true.

    人々はそれが本当だと信じている可能性が低くなっていました。

  • And the heavier the accent, the less believable they were perceived to be.

    訛りが重ければ重いほど信憑性が低いと思われていました。

  • Another study in the UK found people were more likely to rate a suspect as guilty if they had a regional English accent compared to a London accent.

    イギリスでの別の研究では、ロンドン訛りと比較して、地域的な英語のアクセントを持っている場合、人々は容疑者を有罪と評価する可能性が高いという結果が出ています。

  • Come to think of it, a lot of bad guys in American movies have foreign accents.

    そういえば、アメリカ映画に出てくる悪人の多くは外国の訛りを持っている。

  • "You have 13 hours in which to solve the Labarynth."

    "ラバリンスを解くのに 13 時間ある"

  • "This is just how your father looked before he died."

    "これが死ぬ前のお父さんの姿だ"

  • "I can't understand a word you said the whole time."

    "あなたが言った言葉が理解できない"

  • "I think what you are hearing is my accent."

    "あなたが聞いているのは 私の訛りだと思います"

  • When we hear our own accents we have a positive-bias towards the prosody, that's the rhythm, stress and intonation of speech.

    自分のアクセントを聞いたとき、私たちはプロソディに対してポジティブなバイアスを持っています。

  • Because you like how someone talks, when you're processing what they say your brain regions involved with emotions are involved.

    あなたは誰かの話し方が好きなので、彼らが言うことを処理しているときに、あなたの脳の領域が感情に関係していることが関係しています。

  • It's called affective processing.

    それは感情処理と呼ばれています。

  • When you like one thing and it causes you like another thing even more without you realizing.

    一つのことを好きになって、それが気づかないうちに別のことをさらに好きにさせてしまうとき。

  • While we favour those from our own groups, with the internet having it's own social groups and dialect, what is "our own group" these days anyway?

    私たちは自分たちのグループの人たちを支持していますが、インターネットには自分たちの社会的なグループや方言がありますが、最近では「自分たちのグループ」とは何でしょうか?

  • With so much ambiguity, it's almost like we need a universal, accent-free language.

    曖昧さが多いので、アクセントのない普遍的な言語が必要なような気がします。

  • In case you were wondering a giraffe can last longer without water than a camel can.

    一応言っておくと、キリンはラクダよりも水がなくても長持ちします。

  • Just trust me.

    私を信じて。

Look at these shapes and consider this question: Which one is a bouba and which one is a kiki?

これらの形を見て、この質問を考えてみてください。どれがボウバでどれがキキか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アクセント 訛り キキ イギリス キリン ラクダ

英語訛りが人に与える印象って?

  • 18252 964
    稲葉白兎 に公開 2020 年 11 月 07 日
動画の中の単語