Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I speak seven languages.

    私は7ヶ国語を話します。

  • As soon as people find out about that,

    みんながそれを知った途端に

  • what I'm most often asked --

    よく聞かれること--。

  • other than for my phone number --

    電話番号以外は...

  • is: "How did you do it?

    があります。"どうやってやったの?

  • How did you go about learning all these different languages?"

    "どのようにしてこれらの異なる言語を学んだのですか?"

  • Well, today I'm going to share with you some answers.

    さて、今日はその答えをご紹介します。

  • So my phone number is 212...

    電話番号は212...

  • (Laughter)

    (笑)

  • I'm just kidding.

    冗談だよ

  • See, I was raised as a polyglot.

    私はポリグロットとして 育てられました

  • And by the time I turned 18,

    そして18歳になる頃には

  • I could speak already four different languages.

    私はすでに4つの言語を話すことができました。

  • And then for the subsequent three years,

    そして、その後の3年間

  • I learned three additional languages.

    追加で3つの言語を学びました。

  • It's about those 3 years that I want to talk about.

    その3年間の話をしたいと思っています。

  • Because my language acquisition process

    なぜなら、私の言語習得プロセス

  • was very different from that of my peers,

    は、同級生のそれとは大きく違っていました。

  • in that it was never of these stressful,

    それは決してこれらのストレスのなかったことである。

  • strenuous, difficult, seemingly impossible tasks,

    困難な、困難な、不可能と思われる仕事。

  • but rather something enjoyable, fun, exciting.

    というよりも、何か楽しいこと、楽しいこと、ワクワクすること。

  • I loved it, every single moment of it.

    一瞬一瞬を大切にしていました。

  • And I want to share with you

    そして、あなたと共有したいのは

  • why, what was it that made it so special.

    なぜ、それを特別なものにしたのか?

  • See, I did have a head start,

    ほら、私は先手を打っていた。

  • in that I did have these four languages that I spoke ahead of time.

    私が先に話したこの4つの言語を持っていたからです。

  • But there were also these 5 techniques,

    しかし、この5つのテクニックもありました。

  • 5 skills if you will, that I use

    私が使っている5つのスキル

  • that made the language learning process so much easier.

    おかげで語学学習がとても楽になりました。

  • And it's about those 5 techniques

    そして、その5つのテクニックについてですが

  • that I want to talk about.

    話したいことがある

  • So let's dig right in.

    では、さっそく掘り下げてみましょう。

  • And for the first one,

    そして、最初の一人目には

  • the first thing that we've got to do

    まず第一に

  • is to take a very deep breath.

    は非常に深呼吸をすることです。

  • And relax.

    そして、リラックスしてください。

  • And the reason for this is because our entire lives,

    そして、その理由は、私たちの人生の全てだからです。

  • we're taught how to do things right.

    正しいやり方を教えてもらっています。

  • From the moment we were born we're taught

    生まれた瞬間から、私たちは教えられています

  • what things we should do, things we shouldn't do,

    やるべきこと、やってはいけないこと

  • and how to do things properly.

    と正しいやり方を教えてくれます。

  • Well, when it comes to language learning,

    まあ、語学学習となると

  • the golden rule of language learning,

    言語学習の黄金律。

  • the most important thing,

    一番大事なこと

  • is to get things wrong,

    は、物事を間違えることです。

  • to make mistakes,

    ミスをするために

  • and that is the first rule.

    というのが第一のルールです。

  • Let me explain to you why.

    その理由を説明しましょう。

  • See, when we've known languages,

    ほら、言語を知った時に

  • we know a whole collection of sounds

    音の集合体を知っている

  • and a whole collection of structures,

    と構造体の全体のコレクション。

  • which combined make what I like to call

    これらを合わせたものが

  • -- and for the purpose of this presentation --

    -- このプレゼンテーションの目的のために...

  • our "'language database."

    私たちの"'言語データベース"

  • And our language database will contain

    そして、私たちの言語データベースには

  • all the sounds and structures that we know.

    私たちが知っているすべての音と構造

  • However, there is a whole family of sounds and structures

    しかし、音と構造のファミリー全体があります。

  • that are beyond our database.

    私たちのデータベースを超えている

  • And for us to be able to embark on those and to be able to explore those,

    そして、私たちがそれらに乗り出すことができ、それらを探求することができるようになりました。

  • there is nothing within our database,

    データベースには何もありません

  • nothing within our knowledge

    知る由もない

  • that will tell us when we're getting the structures right,

    構造が正しくなった時に教えてくれるだろう

  • nothing to tell us when that sound is precise.

    その音が正確な時には何も教えてくれません。

  • Let's say we're going to explore this one specific sound.

    この特定の音を探るとしよう

  • There is nothing in our database.

    データベースには何もありません。

  • When we say it, we could say it perfectly,

    言ってしまえば、完璧に言えた。

  • but in our minds, it will sound like a mistake.

    しかし、私たちの心の中では、それは間違いのように聞こえるでしょう。

  • So you know that queasy feeling, that we feel that insecure thing,

    不安定な感じがするのを知っていますか?

  • when we feel like we're making or doing something wrong?

    何かを作ったり、間違ったことをしているような気がするときは?

  • That is the trigger that you need to look for.

    それがきっかけとなって探す必要があります。

  • Because that is the signal that tells you that you're going beyond your database

    なぜなら、それはあなたがデータベースを超えていることを伝える信号だからです。

  • and that you're allowing yourself to explore the realm of the new language.

    新しい言語の領域を 探求することを許していることを

  • Let me show you how this works in practice.

    実際にどのような効果があるのか、お見せしましょう。

  • So let's say, we're going to go and learn the word "door" in Spanish.

    では、スペイン語で「ドア」という単語を覚えに行くとしましょう。

  • So, the word "door" in Spanish is "Puerta."

    スペイン語で "ドア "は "プエルタ "だな

  • So, for "Puerta" we've got a few sounds that exist in English.

    そこで、"Puerta "については、英語に存在する音をいくつか挙げてみました。

  • So, the "Pu," "e," and "ta."

    だから "ぷ "と "え "と "た "は

  • However, when it comes to the "r,"

    しかし、「R」になると

  • that sound is not in our database.

    その音は私たちのデータベースにはありません。

  • The "RR."

    "RR"

  • The rolled "r" does not exist in the English sound database.

    ロールされた "r "は英語のサウンドデータベースには存在しません。

  • And it's a little bit on the outside.

    そして、ちょっとした外回りです。

  • So, if we allowed ourselves

    だから、もし私たちが自分自身を許せば

  • to bridge through our database, and to really break through

    データベースの橋渡しをして、本当に突破するために

  • and to make the mistake,

    と勘違いしてしまう。

  • we could make sounds like the "RR."

    "RR "のような音を出すことができる

  • But instead, what sometimes happens

    その代わり、たまに起こることは

  • is that we get the closest relative of it that is within the database,

    は、データベース内にあるそれの最も近い親戚を取得するということです。

  • and that is the "ah-er" sound.

    と、「あーあ」という音がします。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And that "ah-er" sound

    そして、その「あーあー」という音が

  • makes something that sounds like "pue-er-rta,"

    ぷええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

  • which doesn't mean a thing in Spanish,

    スペイン語では意味がありません。

  • and actually doesn't sound too charming.

    と実際にはあまり魅力的には聞こえません。

  • And it doesn't tell you too much.

    そして、それはあなたにあまり教えてくれません。

  • So, for the first technique,

    そこで、最初のテクニックのために

  • allow yourself to make that mistake,

    その過ちを許す

  • so that sounds like "Puerta" can come out.

    ということは、「プエルタ」が出てきそうですね。

  • And now let's go to the second one.

    では、2つ目に行ってみましょう。

  • For the second one,

    2つ目のために。

  • I'm going to need some of your collaboration.

    コラボしてくれないかな。

  • We're going to read these four beautiful words.

    この4つの美しい言葉を読んでいきます。

  • And on the count of three.

    3つ数えると

  • So let's start with the first one, on the count of three: one, two, three.

    最初の1つから始めよう 1、2、3の3つのカウントで

  • (Audience) Mao. (Sid) "Mao," perfect.

    聞く)真央ちゃん。シド)「真央ちゃん、完璧。

  • The second one: one, two, three. (Audience:) Coco.

    2つ目は、1つ目、2つ目、3つ目です。観客:)ココ。

  • (Sid) Perfect. Third one. One, two, three.

    シド)完璧。サード・ワン1、2、3

  • (Audience) Cocao. (Sid) Perfect.

    ココアです。(シド)完璧だ。

  • And the fourth one. One, two, three.

    そして4つ目。1、2、3

  • (Silence)

    (静寂)

  • Oh.

    ああ

  • Let me show you what happened when we did this.

    その時の様子をお見せしましょう。

  • We get these four words

    私たちはこの4つの単語を取得します。

  • and we put them through a sort of American English filter.

    アメリカ英語のフィルターを通したんだ

  • And we get something looks kind of like this.

    そして、こんな感じのものを手に入れることができます。

  • Which...And I'll tell you the results of that.

    その結果をお話しします。

  • So for the first one "Mão,"

    最初の "マオ "は?

  • which means "hand" in Portuguese,

    ポルトガル語で「手」を意味する

  • we put it through the filter, we get "Mao."

    フィルターを通すと "マオ "が出てくる。

  • (Laughter)

    (笑)

  • For the second one we get "coco,"

    2つ目は "ココ "です

  • which is "coconut" in Portuguese,

    はポルトガル語で「ココナッツ」です。

  • or "cocô," which means "poop."

    "ココ "は "ウンコ "を意味する

  • We put it through the filter, we get a warm cup of cocoa.

    フィルターに通すと、温かいココアが出てくる。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And for the fourth one,

    そして、4人目には

  • we have "huo,"

    霍乱がある

  • which means "fire" in Chinese.

    中国語で「火」を意味する

  • And we get --

    そして、私たちは...

  • if you're feeling really creative, maybe a dude doing karate...

    もし本当に創造性を感じるなら 空手をやっている男が...

  • (Laughter)

    (笑)

  • But anyway,

    でも、とにかく。

  • These are...They don't tell you much about how these things are pronounced.

    これらは...これらがどのように発音されているかは、あまり知られていません。

  • And if you think it's only one way,

    そして、一方通行だと思っているのであれば

  • only if you're going from English to a different language,

    英語から別の言語に行く場合に限って

  • think about non-native speakers.

    非ネイティブスピーカーのことを考える

  • And try to explain to someone

    そして、誰かに説明しようとすると

  • that this [though] is pronounced "though,"

    此れが「しかし」と発音されること

  • and that this [thought] is pronounced "thought."

    そして、この[思考]は "思考 "と発音されています。

  • And even though they look almost identical,

    しかも、ほとんど同じに見えても

  • they have nothing to do with one another.

    彼らはお互いに何の関係もありません。

  • Or try to explain to them that

    と説明してみてください。

  • this [enough] is "enough"

    此れだけで十分

  • and this [enuf] is just simply wrong.

    と、この[enuf]は単に間違っているだけです。

  • See, there is nothing useful about using that foreign alphabet,

    ほら、その外国のアルファベットを使っても何の役にも立たない。

  • when you're trying to learn a language.

    語学を学ぼうとしているときに

  • Why? Because it will give you wrong signals.

    なぜ?間違った信号を出すからです。

  • So what is the second technique?

    では、2つ目のテクニックとは?

  • Scrap it.

    スクラップして

  • Scrap the foreign alphabet.

    外国のアルファベットをスクラップにして

  • Let me give you an alternative of how you can go about this.

    その方法の選択肢を挙げてみましょう。

  • This is a Brazilian currency,

    ブラジルの通貨です。

  • and it spelled like this.

    と、こんなスペルでした。

  • So on the count of three, can we all say the name of the currency. 1, 2, 3.

    3つ数えたらみんなで通貨の名前を言えるかな?1, 2, 3.

  • (Audience) Real.

    観客)リアル。

  • (Sid) We have some people who know the spelling.

    シド)スペルを知っている人が何人かいます。

  • Yeah, "re-al," for the most part.

    そうだな、"リアル "ってのは大抵の場合。

  • And as useful as this might seem, it doesn't tell you a single thing.

    役に立つように見えるかもしれませんが、何も教えてくれません。

  • And when you're speaking Portuguese, "re-al" means nothing.

    そして、ポルトガル語を話しているときには、"re-al "は何の意味もありません。

  • Let me give you an alternative.

    別の方法を教えてあげよう

  • See, in Portuguese, the way that you say "real" is "heou."

    ポルトガル語で "本物 "の言い方は "ヘウ "だ

  • So let me teach you how to say it.

    だから、言い方を教えてあげよう。

  • So on the count of three, let's say "he."

    3つ数えると "彼 "と言うことにしよう

  • So it's "hey" without the "y" sound.

    だから、"y "の音がなくても "hey "なんですね。

  • So, one, two, three -- "he."

    1、2、3...彼。

  • (Audience) HE. (Sid) Perfect.

    観客)HE.シド)完璧です。

  • And now let's say "ou."

    今は「オー」と言ってみましょう

  • It's like "ouch", but without the "ch" sound,

    痛い」と言っているようなものですが、「ch」という音がないのが特徴です。

  • so it's "ou." One, two, three,

    1、2、3、1、2、31、2、3

  • (Audience) OU. (Sid) Perfect.

    (ヒアリング) OR.(シド)完璧だ。

  • So, "HE."

    だから "彼"

  • (Audience) HE.

    (ヒアリング) HE.

  • (Sid) "OU."

    シド)"OU"

  • (Audience:) OU.

    (聴衆:) OR.

  • (Sid) "HE." (Audience:) HE.

    (シド) "HE.観客)"HE

  • (Sid) "OU." (Audience:) OU.

    シド)"OR"or.

  • (Sid) "HE-OU," HEOU.

    シド)「へーおー。

  • (Audience) HE-OU. (Sid) Perfect.

    観客)へーおー。(シド)完璧です。

  • Now you all sound like passionate Brazilian capitalists.

    今のあなた方は、情熱的なブラジルの資本家のようですね。

  • (Laughter)

    (笑)

  • So why would we go and use something that looks like this,

    なのに、なんでこんな感じのものを使いに行くんだろう。

  • that looks "real"

    ありそう

  • when instead you can use something

    使ってもいいのではないか

  • that looks like this and gives you so much more information

    こう見えてもっと多くの情報を与えてくれる

  • about how to say something in a foreign language.

    外国語での言い方について

  • And that puts us in a really good spot

    そして、それは私たちを本当に良い場所に置いています。

  • because at this point we allowed ourselves

    なぜなら、この時点で私たちは自分自身を許してしまったからです

  • to break through our database and to make mistakes,

    データベースを突破してミスをしないようにするために

  • to go into that uncharted territory of a new language.

    新しい言語の未知の領域に入るために。

  • And then, we figured out how to take notations

    そして、楽譜の取り方を考えました。

  • in a way that the information is actually meaningful.

    実際に意味のある情報になるように

  • But then how can we test it?

    しかし、それではどうやってテストすればいいのでしょうか?

  • And that's where technique number 3 comes in.

    そこでテクニックナンバー3の出番です。

  • Technique number 3 is about finding a stickler.

    テクニックその3は、こだわりを見つけることです。

  • So finding someone who's detail-oriented

    だから、細かいことを気にする人を見つけるのは...

  • and won't let you get away with the mistakes.

    とミスを許さない。

  • And more than finding someone who is really that person,

    そして、本当にその人らしい人を見つけることよりも

  • the guru for the language,

    言葉の第一人者。

  • it's more about establishing the right sort of relationship.

    それよりも、適切な関係を築くことの方が重要です。

  • Relationship with someone,

    誰かとの関係。

  • where they will correct you. They'll feel comfortable correcting you

    矯正してくれるところ安心して矯正してもらえます

  • and making sure that you're getting to that spot you wanted in a language.

    と、言語で欲しかった場所にたどり着けるようにすることです。

  • But at the same time,

    しかし、同時に

  • someone who will encourage you

    励みになる人

  • to get things wrong and to make those mistakes in the first place.

    物事を間違えたり、そもそもそれらの間違いをするために

  • And sticklers could be your teacher,

    そして、粘着質な人は先生になるかもしれません。

  • it could be your tutor, it could be your friend,

    家庭教師かもしれないし、友達かもしれない。

  • it could be someone on Skype or Craigslist; it doesn't matter.

    スカイプやクレイグスリストの誰かかもしれません。

  • You can find sticklers all over the place,

    あちこちにステッカーが貼られています。

  • and with technology, it becomes a lot easier find them.

    と技術で、それはそれらを見つけることがはるかに簡単になります。

  • And then it's time to practice.

    そして、いよいよ練習の時間です。

  • And for practicing, we've got the fourth technique.

    そして、練習のためには、第四の技を。

  • See, I always thought I had this thing

    私はいつもこれを持っていると思っていた

  • that was a little bit of "Sid craziness" that I did,

    というのは、私がやっていた「シドの狂気」を少しだけ。

  • and then I realized how useful it was.

    と、その有用性に気がついた。

  • I always did what I like to call "Shower Conversations."

    私はいつも "シャワー会話 "と呼んでいるものをしていました。

  • And shower conversations are exactly what they sound like.

    そして、シャワーの会話はまさにその通りです。

  • When I was learning a new language,

    新しい言語を学んでいた時

  • I would stay in the shower for a few minutes.

    私なら数分はシャワーを浴びています。

  • And I would remember having all these discussions;

    そして、私はこのような議論をしたことを覚えているだろう。

  • I remember when I was learning Chinese,

    中国語を習っていた頃を思い出します。

  • and I would haggle and try to get two yuan more,

    とハグして2元増やそうとする。

  • to get that wonderful dumpling, and getting the discount;

    で、その素敵な餃子を手に入れて、割引を受けることができます。

  • or I would go to Roma

    それともローマに行くか

  • and I'd ask for directions to the best "piazza."

    私は最高の "ピアッツァ "への道を尋ねます

  • It was amazing.

    素晴らしかったです。

  • And the beautiful thing about the shower conversation

    そして、シャワーの会話の美しさ

  • is that it allows you to find wherever you have a gap in your knowledge,

    は、自分の知識とのギャップがあるところをどこにでも見つけることができるということです。

  • because you're having a conversation on both ends.

    両端で会話をしているからです。

  • For example, it's easy to ask for directions, how about receiving them?

    例えば、道を尋ねるのは簡単ですが、それを受け取るのはどうでしょうか。

  • Or even better, giving directions.

    というか、指示を出すこと。

  • Well, the shower conversation forces you to have both side of the conversation.

    シャワーの会話では両サイドの会話を強制されるからな

  • And you don't need to have them in the shower.

    シャワー室にも必要ないしね

  • The wonderful thing about as well as is that you can have them anywhere.

    仝それにしても、このように、あなたがどこでもそれらを持っていることができるということです。

  • So you can have them in the shower, in your apartment,

    だから、シャワーでもアパートでも、持っていてもいい。

  • walking down in the streets, in the subway,

    通りを歩いて、地下鉄の中を歩いて。

  • and seriously, if you're in the subway,

    とかマジで地下鉄に乗ってたら

  • speaking to yourself in a foreign language in New York,

    ニューヨークで外国語で独り言を言う。

  • you'll fit right in.

    あなたにピッタリだわ

  • You're fine.

    大丈夫だよ

  • And it's great,

    そして、それは素晴らしいことです。

  • because it doesn't... you don't depend on anything or anyone to get your practice,

    そうじゃないから...練習は何も誰にも頼らず、誰にも頼らない。

  • and I did this for years.

    と何年も前からやっていました。

  • And later on I found out that professional athletes do, too.

    あとでわかったのですが、プロスポーツ選手もそうなんですね。

  • Michael Phelps is known to visualize every single one of his races,

    マイケル・フェルプスは、レースの一つ一つをビジュアル化することで知られています。

  • several times over, before jumping in water.

    水に飛び込む前に、何度か繰り返します。