Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Welcome to Mindshift.

    マインドシフトへようこそ。

  • I'm Brandon.

    僕はブランドン。

  • And today's episode six of our series, A Secular Bible Study.

    そして今日は、シリーズ「世俗的な聖書の研究」の第6話だ。

  • Today we're looking at the biblical book of Joshua, and there is a lot that happens in this book.

    今日、私たちは聖書のヨシュア記を見ている。

  • As always, we'll be going through these seven points to help us.

    いつものように、この7つのポイントを見ていくことにしよう。

  • In point seven, I've also started adding in problematic verses and it's at the end there where I can give some of my more personal opinions on the issues with this book.

    ポイント7では、問題のある節を追加し始め、その最後にこの本の問題点についてのより個人的な意見を述べる。

  • But let's dive in right away with book overview.

    しかし、すぐに本の概要に飛び込もう。

  • This is a redoing.

    これはやり直しだ。

  • This is a second Moses.

    これは第2のモーゼだ。

  • In fact, Joshua is referenced as the new Moses.

    実際、ヨシュアは新しいモーセとして言及されている。

  • He is taken over as leader.

    彼はリーダーとして引き継がれる。

  • So where we left off was with Moses's death and he's giving this final sermon to the children of the original Exodus generation that are now going to be the ones inheriting the promised land.

    つまり、モーセが死んで、約束の地を受け継ぐことになる出エジプト当初の世代の子供たちに最後の説教をするところから出発したのだ。

  • So now we start with Joshua.

    では、ヨシュアから始めよう。

  • He has his position of leadership and the time has finally come.

    彼は指導者の地位にあり、ついにその時が来た。

  • They are going to go into the promised land.

    彼らは約束の地に行くのだ。

  • Now a lot of Christians who haven't spent a lot of time with the Old Testament may just think of the promised land as this place, right?

    旧約聖書にあまり触れたことのないクリスチャンの多くは、約束の地といえばこの場所だと思うだろう?

  • This small acreage of milk and honey, and it's nice and it's just going to be the resting place for the Israelite generation.

    この乳と蜜の小さな土地は素晴らしく、イスラエル世代の憩いの場となるだろう。

  • No, this is a very large space of land.

    いや、ここはとても広い土地だ。

  • And within this territory, there are many different kingdoms, many different tribes to defeat in order to really lay claim to this.

    そして、この領土内には多くの異なる王国、異なる部族が存在する。

  • Because the goal here isn't for all of the Israelites to just group up together.

    というのも、ここでの目的は、イスラエル人全員が一緒になることではないからだ。

  • We're going to establish the 12 tribes of Israel in different parts of Canaan.

    イスラエルの12部族をカナンの各地に設立するんだ。

  • So it's on a bigger scale than one might think, at least according to the Bible.

    少なくとも聖書によれば、それは想像以上に大きな規模なのだ。

  • So what happens in Joshua?

    では、ヨシュア記では何が起こるのか?

  • Well, we first have to get into Canaan and we have to cross the Jordan river.

    まずカナンに入り、ヨルダン川を渡らなければならない。

  • They'd been camped in the land of Moab right outside of the Jordan river with Canaan being on the other side.

    彼らはヨルダン川のすぐ外側のモアブの地に宿営していた。

  • So again, just like I said, we have a second Moses here.

    もう一度言うが、ここには2人目のモーゼスがいる。

  • So we part the Jordan river and we walk across it.

    だから私たちはヨルダン川を分け、歩いて渡る。

  • This just gets completely glossed over in comparison to Moses partying in the red sea, which I think is a bit unfortunate.

    モーゼが紅海でパーティーをしたことに比べれば、このことは完全に覆い隠されている。

  • This is a pretty big deal.

    これはかなり大きなことだ。

  • Another miraculous river crossing.

    またしても奇跡の川渡り。

  • And what we see right off the bat here is that the same power that Moses had, Joshua has.

    そして、ここですぐにわかるのは、モーセが持っていたのと同じ力をヨシュアも持っているということだ。

  • The God is still on their side, even with the death of their main prophet.

    主要な預言者が死んでも、神は彼らの味方だ。

  • Oh, I almost forgot.

    ああ、忘れるところだった。

  • Before the crossover through the Jordan, they send spies in again and it goes much better than the first time when Moses sent the 12 spies.

    ヨルダン川を渡る前に、彼らは再びスパイを送り込んだが、モーセが12人のスパイを送った最初の時よりもはるかにうまくいった。

  • This is where we get the story of Rahab.

    ここからラハブの物語が始まる。

  • Now we could spend an entire episode just talking about the story of Rahab.

    ラハブの話をするだけで、エピソード全体を費やすことができる。

  • There's a lot of interesting things that happen here.

    ここでは面白いことがたくさん起こる。

  • Like one, the fact that Rahab is essentially rewarded for lying right after we get all of these curses that will befall people who break the 10 commandments and the other laws, which definitely include lying.

    例えば、ラハブは10戒や他の掟を破った人々に降りかかる呪いの後に、嘘をついたことで報われた。

  • It seems that God's objective morality is quite subjective when it suits him.

    神の客観的な道徳は、神の都合のいい時にはかなり主観的なものになるようだ。

  • Also, we get this really passionate speech from Rahab to the spies of, I know your Lord is the most powerful.

    また、ラハブがスパイたちに、あなたの主が最も力強い方であることを知っています、と熱く語っている。

  • I know he's going to deliver you into this land.

    彼があなたをこの地に送り届けてくれることは分かっている。

  • We've heard about you.

    あなたのことは聞いている。

  • We know about the red sea that was part of, and that's why I'm helping you.

    赤い海がその一部だったことは知っている。

  • Remember me, let me be in your good graces here.

    私を覚えていてください。

  • And it's a great story where we have this woman who is a prostitute who is going up against the leaders of her land and lying for the spies to help them accomplish their mission.

    娼婦であるこの女性が、その土地の指導者たちに立ち向かい、スパイたちの任務達成を助けるために嘘をつくという素晴らしい物語だ。

  • But anyways, the Rahab story happens.

    しかし、とにかくラハブの話は起こる。

  • They cross the river.

    彼らは川を渡る。

  • The next part is not so fun.

    次の部分はあまり楽しくない。

  • The new generation gets circumcised.

    新しい世代は割礼を受ける。

  • Bummer.

    がっかりだ。

  • After this happens, they take a couple days for everyone to heal, which I just think is hilarious that that's even listed in the Bible.

    聖書にそんなことが書いてあるなんて、おかしいと思う。

  • After that, we get their first Passover celebration in the new land.

    その後、新天地での最初の過越祭を祝う。

  • And then we get something really exciting here.

    そして、ここで本当にエキサイティングなことが起こる。

  • Again, this is the kind of stuff that excited me as a kid.

    繰り返すが、子供の頃、こういうものに興奮したものだ。

  • We have Joshua.

    ヨシュアがいる。

  • He's in his new leadership role.

    彼は新しい指導者の役割を担っている。

  • He just had a successful spy mission.

    彼はスパイ活動を成功させたばかりだ。

  • They're getting ready to go and attack Jericho.

    彼らはジェリコを攻撃する準備をしている。

  • And what happens?

    それでどうなる?

  • He runs into this mysterious stranger, this powerful warrior.

    彼は謎めいた見知らぬ男、強力な戦士に出くわす。

  • And he says, who are you?

    そして彼は言った。

  • Are you for us?

    あなたは私たちの味方ですか?

  • Or are you against us?

    それとも反対なのか?

  • And he says neither.

    そして、彼はどちらでもないと言う。

  • Essentially.

    本質的なことだ。

  • He says, I am for the Lord.

    彼は言う。

  • He says he is the commander of the Lord's army.

    彼は自分が主の軍隊の司令官だと言っている。

  • And once again, in this second Moses fashion, Joshua is told to take off his sandals because he is on holy ground.

    そして再び、第二のモーゼのやり方で、ヨシュアはサンダルを脱ぐように言われる。

  • That's it.

    それだけだ。

  • It's like two or three verses long.

    2節か3節の長さだ。

  • And the whole point is to let Joshua know that, Hey, you might be on the right side.

    要は、ジョシュアに『おい、お前は正しい側にいるかもしれないぞ』と知らせるためだ。

  • You might be with the chosen people, but I'm not on your side.

    あなたは選ばれた人たちと一緒にいるかもしれないが、私はあなたの味方ではない。

  • I'm on the Lord's side and you have the capability of also being against the Lord.

    私は主の味方だが、あなたには主に敵対する能力もある。

  • We've seen that with the previous generations.

    前の世代でもそうだった。

  • So I'm here to make sure that the Lord's will be done.

    だから私は、主のみこころが行われるようにするためにここにいる。

  • You can either come along for the ride or not.

    一緒に行くも行かないも自由だ。

  • At least that's how I take, what is happening here and what many scholars see to be happening as well.

    少なくとも私は、ここで起きていること、そして多くの学者が同様に起きていると見ていることを、そう受け止めている。

  • After this, we get into our first few battles.

    この後、最初の数戦に入る。

  • So maybe I'll try to do more of an overview here.

    だから、ここでもっと概要を説明しようと思う。

  • And then we can talk about some of these specific battles, because this is a big part of Joshua.

    そして、ヨシュアの大きな部分である具体的な戦いについて話すことができる。

  • It's about conquering the land of Canaan.

    カナンの地を征服することだ。

  • So the first two battles are Jericho and I, AI, and we see two very different outcomes, a complete destruction and a loss.

    つまり、最初の2つの戦いはジェリコと『私、AI』であり、完全な破壊と敗北という、まったく異なる2つの結果を見ることができる。

  • And we see a loss because of a individual Israelites sin.

    そして私たちは、イスラエルの民が罪を犯したことによる損失を目の当たりにする。

  • And so here we see the blessings and curses already at play as they're in the new land of Canaan.

    そして、カナンの新しい土地にいるとき、祝福と呪いがすでに働いているのがわかる。

  • And why is this guy, I think his name is Akin.

    そして、なぜエイキンという男なのか。

  • Why is he sinning?

    なぜ彼は罪を犯しているのか?

  • Why did he do this?

    なぜ彼はこんなことをしたのか?

  • He kept some treasure after the defeat of Jericho that was meant for God, for himself.

    彼はエリコの敗北の後、神のためにあった宝を自分のために取っておいた。

  • What did he think was going to happen?

    彼はどうなると思っていたのだろう?

  • This is when I just can't believe these stories are at all true.

    このような話を聞くと、まったく信じられない。

  • These are obviously plot lines.

    これらは明らかに筋書きだ。

  • These are obviously archetypes and narrative structures and plot development at play.

    これらは明らかに原型であり、物語の構造であり、プロット展開である。

  • They can't possibly, after everything that has happened, after everyone that has been smited, after every curse and blessing has been clearly seen, after they're talking and being with God, we're going to see God on a walk.

    すべてのことが起こった後、すべての人が打ちのめされた後、すべての呪いと祝福が明らかになった後、彼らが神と語り合い、神と共にある後、私たちが神の散歩を見ることになるなんて、ありえない。

  • We're going to see God throw rocks down on people in this book.

    この本では、神が人々に石を投げつけるのを見ることになる。

  • Like this God is so active in this community.

    このように、神はこのコミュニティでとても積極的だ。

  • And you're going to tell me this guy thought he could steal treasure from God.

    そして、あなたはこの男が神から宝を盗むことができると思ったと言うつもりなのか。

  • Even the very fact that this God needed treasure is something to just look at the corporeal nature of him in the Old Testament versus this God that we supposedly have in the New Testament.

    この神が宝物を必要としたという事実でさえ、旧約聖書における神の肉体的な性質と、新約聖書におけるこの神の肉体的な性質を比較すればわかることだ。

  • So again, lots of battles.

    だからまた、たくさんの戦いがある。

  • And we'll probably honestly talk about those more in the problematic verses when we talk about genocide, not genocide, et cetera, and get into some of the moral issues there.

    ジェノサイド、ジェノサイドでないジェノサイドなど、道徳的な問題については、おそらく問題のある節でもっと正直に話すことになるだろう。

  • But then we get a list of all the victories of Moses and Joshua.

    しかしその後、モーセとヨシュアの勝利のリストが出てくる。

  • And this seems like a very boring part of the book, but it's a very important part showing God's fulfillment in covenant all the way, starting with Abraham and now happening like this is the book of fulfillment.

    そして、これは非常に退屈な部分のように思えるが、アブラハムから始まり、今、成就の書であるかのように起こっているすべての契約における神の成就を示す非常に重要な部分である。

  • And this is a huge part of it.

    そして、これが大きな部分を占めている。

  • We'll talk about that more when we get into main themes and the book ends with the end of Canaan amongst the 12 tribes and then Joshua's death.

    それについてはメインテーマに入ってから詳しく話すことにして、本書は12部族間のカナンの終焉、そしてヨシュアの死で終わる。

  • So Joshua gets one book, Moses got five, but we get a really similar narrative to his life that we see with Moses.

    ヨシュアには1冊、モーセには5冊の本があるが、モーセと同じような物語が彼の人生にはある。

  • This is going to set us up as he ends the book by saying, Hey, once again, reiterating kind of like Moses, his final sermon, you can serve God and be blessed or go against him and be cursed.

    モーセの最後の説教のように、神に仕えて祝福されることもあれば、神に逆らって呪われることもある。

  • What are you going to do?

    どうするつもりだ?

  • Which sets us up for everything that is going to happen starting right away in So let's move on to point to authorship and date.

    では、次にオーサーシップと日付について説明しよう。

  • So Joshua, like a few other books of the Bible and also other books of this ancient time period is that of an eponymous nature, meaning they're using the name Joshua to describe the book and sometimes even tried to attribute authorship to.

    ヨシュア記は、聖書の他のいくつかの書物や、この古代の時代の他の書物同様、同名異義の書物である。

  • We would face the same problems, believing that Joshua wrote the book of Joshua that we would have with Moses writing the first five books of the Bible.

    ヨシュアがヨシュア記を書いたと信じることは、モーセが聖書の最初の5書を書いたのと同じ問題に直面することになる。

  • One of those things being that Joshua dies in this book and his burial is described as well as other people who died after Joshua.

    そのひとつが、ヨシュアがこの本の中で死に、彼の埋葬と、ヨシュアより後に死んだ他の人々のことが書かれていることだ。

  • So the better hypothesis is similar to what we see with the first five books, except it's no longer this documentary hypothesis with four different sources.

    つまり、より良い仮説は、4つの異なる出典を持つ文書仮説ではなくなっていることを除けば、最初の5冊に見られるものと似ている。

  • This seems to be just a collection of oral tradition.

    これは単なる口承伝承の集まりのようだ。

  • It was probably compiled around the same time as the first five books, specifically the Babylonian exile between 586 and 539 BCE, or maybe even shortly thereafter as they were trying to establish their kingdom again.

    おそらく最初の五書と同じ頃、具体的には前586年から前539年にかけてのバビロン追放、あるいはその直後、彼らが再び王国を築こうとしていた頃に編纂されたのだろう。

  • And instead of being grouped with those first five books, which were all very similar through those first four sources, Joshua is grouped with judges, Samuel and Kings.

    そして、ヨシュアは、最初の4つの情報源を通じて非常に類似していた最初の5つの書と一緒にされるのではなく、士師記、サムエル記、列王記と一緒にされている。

  • So we see a lot of similarities in narrative structure and literary type and in other various commonalities that would lead us to believe that we had some oral traditions that were written down and compiled in different sections that were then amalgamated together to make these books of the Bible coming up.

    つまり、物語の構成や文学的なタイプ、その他さまざまな共通点から、口承で伝えられてきたことが書き留められ、さまざまなセクションにまとめられ、それが統合されて聖書の書物になったと考えられるのだ。

  • So again, we don't have a specific person who sat down and penned this.

    だから、これを書いた特定の人物はいない。

  • We just have a specific group at a specific time that was trying to get their story straight, essentially.

    ただ、ある特定の時期に、ある特定のグループが、自分たちのストーリーをはっきりさせようとしていただけなんだ。

  • That Babylonian exile is a major time of rebranding for the Israelite nation.

    そのバビロン追放は、イスラエル民族にとってブランド再構築の大きな時期である。

  • And they were looking to all of these ancient stories and traditions for identity.

    そして、古くから伝わる物語や伝統にアイデンティティを求めていた。

  • And this compilation that became a large part of her Old Testament comes again from this during the sixth century BCE.

    そして、旧約聖書の大部分を占めるようになったこの編纂物は、紀元前6世紀に再びこの編纂物に由来する。

  • So let's move on to point three, which is going to be historical context, background, and accuracy.

    では、歴史的背景、背景、そして正確さについてのポイント3に移ろう。

  • Now, finally, we are getting into some other land.

    さて、いよいよ他の土地に入っていく。

  • We're getting into some other people groups, and it's going to give us a better frame of reference than some of the events that were isolated, say, like in the book of Leviticus where they're just camped at Mount Sinai for a year.

    レビ記のようにシナイ山で1年間野営するような孤立した出来事よりも、他の人々の集団の中に入っていくことで、より良い参照枠が得られるだろう。

  • I should also probably point out that we don't have a precise timeframe, but it seems like most of this is happening just over a couple years.

    また、正確な時期はわからないが、2、3年の間にほとんどのことが起こっているようだということも指摘しておかなければならないだろう。

  • So this would be years like 40 through 43, most likely since the Exodus.

    ということは、出エジプト以来、40年から43年ということになる。

  • This is happening during the 13th century BCE, best that we could guess.

    これは紀元前13世紀の出来事である。

  • And there are some archeological aspects that back up certain parts of the story.

    そして、ストーリーのある部分を裏付ける考古学的な側面もある。

  • One would be Jericho.

    ひとつはジェリコだろう。

  • Jericho is one of the main cities mentioned, and it seems to be a real place that also had a real layer of conquest.

    エリコは言及されている主要都市のひとつであり、征服の層も実在した場所のようだ。

  • And that's where we get into some of the problems.

    そして、そこからいくつかの問題が出てくる。

  • And I'll save some of this for the contradictions and misconceptions and errors part in 0.7.

    そして、これは0.7の矛盾や誤解や誤りの部分に取っておこうと思う。

  • But from a historical accuracy point, yes, did certain places like Jericho and Ai and Hazor exist and show destruction?

    しかし、歴史的な正確さという点では、エリコやアイ、ハゾルのような特定の場所は存在し、破壊を見せたのだろうか?

  • Yes.

    そうだ。

  • Many of the other cities mentioned don't or haven't existed in an archeological aspect or were shown to be at peace during this time.

    言及された他の多くの都市は、考古学的に存在しないか、存在していない。

  • So this swift couple year campaign of taking out all of the tribes of Canaan does not align archeologically speaking, or even that a lot of these cities existed at the same time.

    だから、カナンのすべての部族を討伐するこの迅速な2、3年のキャンペーンは、考古学的に見ても一致しないし、これらの都市の多くが同時に存在していたわけでもない。

  • It's hard for us to visualize, but it's akin to saying something like within a couple of years, we did World War I, World War II, Vietnam, and the Korean War.

    私たちにはイメージしにくいが、2、3年の間に第一次世界大戦、第二次世界大戦、ベトナム戦争、朝鮮戦争をやったようなものだ。

  • Like those things are not all at the same time period.

    それらがすべて同じ時期にあるわけではない。

  • They could not have happened this quickly.

    こんなに早く起こるはずがない。

  • Let's add in that we conquered some other countries that weren't even countries yet.

    まだ国ですらなかった国々を征服したことも付け加えておこう。

  • And we'll start getting closer to what we're seeing the claims of the book of Joshua.

    そして、ヨシュア記の主張に近づき始めるだろう。

  • But we do get a glimpse into the historical accuracy of this tribal warfare of the claim of the monotheistic God versus the dualistic worshipers or more pagan practices of people in the Canaanite nation who worshiped a sun God, a fertility God, a war God, et cetera.

    しかし、一神教の神の主張と、太陽神、豊穣の神、戦いの神などを崇拝するカナン民族の二元論的な崇拝者、あるいはより異教的な慣習との、この部族間の戦いの歴史的正確さを垣間見ることはできる。

  • There is a heavy amount of bias being that this is all coming from these Jewish tradition and source painting these other nations as evil, where really they were just following the constructs of their day and their culture, no different than the Israelites were.

    これはすべて、ユダヤ人の伝統と情報源からもたらされたものであり、他の国々を邪悪なものとして描いているという偏見がある。

  • And you can point to both saying there were good things here and there were definitely bad things here, but that's a big part of Joshua, right?

    ジョシュアには良いところもあったし、悪いところもあった。

  • We have to believe that the Canaanites are pure evil for their eradication.

    カナン人を根絶やしにするためには、カナン人が純粋な悪であると信じなければならない。

  • This is done a lot by looking to the child sacrifice of a lot of the Canaanite tribes, or if you really want to stretch it, and I've already seen it in my comments in some of the last videos, the belief that everyone in the land of Canaan was a giant, a half breed from the Nephilim.

    これは、多くのカナン部族の子供の生け贄に目を向けることによって、あるいは、本当に拡大解釈したいのであれば、前回のビデオのコメントですでに見たことだが、カナンの土地に住むすべての人が巨人であり、ネフィリムから生まれた混血種であるという信仰によって行われている。

  • Now, I don't want to go too far down a rabbit hole, but this might be a good time to address it because when we get to problematic versus I'm definitely going to talk about the genocide aspects.

    さて、私はあまりウサギの穴に入り込みたくはないのだが、この問題を取り上げる良い機会かもしれない。

  • And I really don't want to hear about this at all because it doesn't make sense for a thousand reasons.

    そして、私は本当にこのことについて全く聞きたくない。

  • First of all, all we get from the biblical Canon about the Nephilim, which long story short, means fallen angels that came down and raped or bred with the normal human women and had this off breed of giants is that in those days there were giants that, and like a couple other references are