Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • This is a question from Andrew, who asks, What would happen if the Earth and all terrestrial objects suddenly stopped spinning, but the atmosphere retained its velocity?

    これはアンドリューからの質問で、「もし地球と地球上のすべての物体の自転が突然止まり、大気の速度が維持されたらどうなるでしょうか?

  • Well, first nearly everyone would die.

    まず、ほぼ全員が死ぬだろうね。

  • Then things would get interesting.

    そしたら面白くなる。

  • At the equator, the Earth's surface is moving at about 470 meters per second, a little over a thousand miles an hour, relative to its axis.

    赤道では、地球の表面は地軸に対して毎秒約470メートル、時速1000マイル強で動いている。

  • If the Earth stops and the air doesn't, the air there will suddenly be moving over the surface at 470 meters per second.

    地球が止まっても空気が止まらなければ、そこにある空気は突然、秒速470メートルで地表を移動することになる。

  • For reference, supersonic speed is 343 meters per second.

    参考までに、超音速は秒速343メートルである。

  • The wind would be highest at the equator, but everyone and everything living between 42 degrees north and 42 degrees south, which includes about 85% of the world's population, would also experience sudden supersonic winds.

    風は赤道直下で最も強くなるが、北緯42度から南緯42度の間に住むすべての人、つまり世界人口の約85%が、突然の超音速風を体験することになる。

  • The high winds would only last for a few minutes near the surface before friction with the ground slowed them down.

    強風は地表近くでは数分しか続かず、地面との摩擦で減速する。

  • However, those few minutes would be long enough to reduce virtually all human structures to ruins.

    しかし、その数分間は、事実上すべての人間の建造物を廃墟にするのに十分な時間である。

  • Even structures strong enough to survive the winds themselves would be in trouble.

    風そのものに耐えられるだけの強度を持つ建造物でさえ、トラブルに見舞われるだろう。

  • As comedian Ron White said about hurricanes, it's not that the wind is blowing, it's what the wind is blowing.

    コメディアンのロン・ホワイトがハリケーンについて言ったように、風が吹いているのではなく、その風が何を吹いているかが重要なのだ。

  • Say you're in a massive bunker made out of some material which can withstand thousand-mile-per-hour winds.

    時速1,000マイルの風にも耐えられる素材でできた巨大なバンカーにいるとする。

  • That's good, and you'd be fine if you were the only one with a bunker.

    それはいいことだ。バンカーを持っているのが自分だけなら問題ないだろう。

  • Unfortunately, you probably have neighbors, and if the neighbor upwind of you has a less well-anchored bunker, your bunker will have to withstand a supersonic impact by their bunker.

    残念なことに、あなたにはおそらく隣人がいて、風上の隣人のバンカーがあまり固定されていない場合、あなたのバンカーは相手のバンカーによる超音速の衝撃に耐えなければならない。

  • My home in Boston is far enough north to be just barely outside the supersonic wind zone, but the winds here would still be twice as strong as those in the most powerful real-world tornadoes.

    ボストンにある私の家は、超音速風域からギリギリ外れるほど北にあるが、それでもここでの風は、現実世界で最も強力な竜巻の風の2倍は強いだろう。

  • Buildings would still be smashed flat, torn from their foundations, and sent tumbling across the landscape.

    それでも建物は平らに砕かれ、土台から引きちぎられ、風景の向こう側に転がり落ちるだろう。

  • Winds would be lower near the poles, but no human cities are far enough from the equator to escape devastation.

    極地付近では風は弱まるだろうが、赤道から遠く離れた人間の都市が壊滅的な被害を免れることはない。

  • The highest-latitude city on the planet is on the island of Svalbard in Norway, and even it would experience winds equal to those in the planet's current strongest tropical cyclones.

    地球上で最も緯度の高い都市はノルウェーのスバールバル島にあるが、そこでも現在地球上で最も強い熱帯低気圧と同等の風が吹くだろう。

  • Even so, the human race wouldn't go extinct.

    それでも人類が絶滅することはないだろう。

  • True, very few people above the surface would survive.

    確かに、地表で生き残る人はほとんどいないだろう。

  • The flying debris would pulverize almost everything.

    飛んでくる破片はほとんどすべてを粉砕してしまう。

  • However, a lot of people below the surface of the ground would survive the initial event just fine.

    しかし、地表の下にいる多くの人々は、最初の出来事をうまく乗り切るだろう。

  • There would be other lucky survivors, like the scientists and staff at the Emmons and Scott Research Station at the South Pole.

    南極点にあるエモンズ&スコット研究ステーションの科学者やスタッフのように、幸運な生存者は他にもいただろう。

  • The surface of the Earth at the South Pole isn't moving relative to the Earth's axis because it's on the axis.

    南極の地表は地軸上にあるため、地軸に対して動いていない。

  • People there would simply lose contact with the outside world.

    そこにいる人々は外の世界との接触を失うだけだ。

  • They'd probably be confused, until someone noticed that the sun had stopped moving across the sky.

    太陽が空を横切るのを止めたことに誰かが気づくまでは、おそらく混乱していただろう。

  • Then they'd be really confused.

    そうなれば、彼らは本当に混乱するだろう。

  • Back at the equator, things would get really weird.

    赤道に戻ると、物事は本当に奇妙になる。

  • Winds sweeping over the oceans would have been churning up and atomizing the surface layer of the water.

    海の上を吹き抜ける風は、水の表層をかき混ぜて霧状にしていただろう。

  • For a while, the ocean would cease to have a surface at all.

    しばらくの間、海の表面はまったくなくなってしまう。

  • It would be impossible to tell where the spray ended and the sea began.

    どこからが水しぶきでどこからが海なのかわからない。

  • As the energy of the blasting wind began to dissipate, it would mostly go into heat.

    吹き荒れる風のエネルギーが消え始めると、そのほとんどは熱に変わる。

  • A lot of heat.

    多くの熱がある。

  • But oceans are cold.

    しかし、海は冷たい。

  • Below the thin surface layer, there are fairly uniform 4 degrees Celsius.

    薄い表層の下は、かなり均一な摂氏4度だ。

  • The wind-blown spray would be heated by contact with the hot air and carried up into the layers of air still blowing above, making room for more cold spray, which would be heated and rise, and so on.

    風に飛ばされた水しぶきは、熱風と接触することで加熱され、上空を吹き抜ける空気の層へと運ばれる。

  • The subsequent turbulent mixing would likely trigger worldwide thunderstorms over the oceans.

    その後の乱流混合は、おそらく海洋上で世界的な雷雨を引き起こすだろう。

  • The wind would also have momentum, which would transfer into waves, which would sweep around the globe, west to east, and every west-facing shore would encounter the largest storm surge in world history.

    風には勢いがあり、それが波となって地球を西から東へと駆け巡り、西に面した海岸はすべて、世界史上最大の高潮に見舞われることになる。

  • It would be like a combination of normal wind-driven waves and a tsunami.

    通常の風による波と津波を合わせたようなものだ。

  • A turbulent wall of water would flow ashore, reaching in some places many miles inland.

    乱れた水の壁が海岸に流れ込み、場所によっては何マイルも内陸に達する。

  • Eventually, a dense blanket of fog would settle over the cold ocean surfaces.

    やがて濃い霧が冷たい海面を覆うようになる。

  • Normally, this would cause global temperatures to plummet.

    通常であれば、これによって地球の気温は急降下する。

  • And they would, at least on one side of the Earth.

    少なくとも地球の片側ではそうだろう。

  • If the Earth stopped spinning completely, the normal cycles of day and night would end.

    もし地球の自転が完全に止まれば、昼と夜の通常のサイクルは終わってしまう。

  • The Sun wouldn't completely stop moving across the sky, but it would slow down a lot.

    太陽は空を横切る動きを完全に止めることはないだろうが、かなり減速するだろう。

  • As the Earth's orbit carried us in a circle, we would see the Sun rise and set exactly once a year.

    地球の公転軌道が私たちを一周させるので、私たちは太陽が昇り、沈むのを年に一度だけ見ることができる。

  • Well, not exactly once a year.

    まあ、正確には年に一度ではない。

  • The momentum of the atmospheric winds would get transferred back to the Earth, starting it spinning again very slowly, since the atmosphere is much lighter than the Earth.

    大気は地球よりはるかに軽いので、大気の風の勢いは地球に戻り、再びゆっくりと自転を始めるだろう。

  • Relative to the distant stars, a single spin of the Earth would now take around 3,000 years to complete.

    遠くの恒星と比較すると、地球が1回転するのに約3,000年かかることになる。

  • So for all practical purposes, the once-per-orbit day, that lasts a year, would win out.

    つまり、現実的な目的では、1年続く1日1回軌道に乗る日が勝つことになる。

  • Earth would experience six months of daylight and six months of night.

    地球は6ヶ月間昼となり、6ヶ月間夜となる。

  • On the day side, the surface would bake under the constant sunlight, while on the night side, the temperature would plummet.

    昼間は、絶え間なく降り注ぐ太陽の光で表面が焼けるようになり、夜間は気温が急降下する。

  • Although the length of the day would change, the length of the month would not.

    日の長さは変わっても、月の長さは変わらない。

  • The Moon hasn't stopped revolving around the Earth.

    月は地球の周りを回っている。

  • In fact, the Moon, our faithful companion, would act to partly undo what Andrew has done.

    実際、私たちの忠実な伴侶である月は、アンドリューが行ったことを部分的に元に戻すように作用するだろう。

  • Remember, this is all Andrew's fault.

    覚えておいてほしいのは、これはすべてアンドリューのせいだということだ。

  • Before Andrew, the Earth's tidal bulge, created by the Moon's gravity, slowed down our rotation while dragging the Moon into a higher orbit.

    アンドリュー以前は、月の重力によって生じる地球の潮汐バルジが、月を高い軌道に引きずり込みながら地球の自転を遅らせていた。

  • After Andrew stopped the Earth's rotation, the Moon's gravity would tug on the Earth and very, very, very gradually speed us up again just a little while it slowed down.

    アンドリューが地球の自転を止めた後、月の重力が地球を引っ張り、地球が減速する間、私たちはまたほんの少し、とてもとてもとてもゆっくりと速度を上げる。

  • Until eventually, someone could again ask, what if the Earth suddenly stopped rotating?

    いずれまた誰かが、もし地球が突然回転しなくなったら?

  • Thank you, Moon.

    ありがとう、ムーン。

This is a question from Andrew, who asks, What would happen if the Earth and all terrestrial objects suddenly stopped spinning, but the atmosphere retained its velocity?

これはアンドリューからの質問で、「もし地球と地球上のすべての物体の自転が突然止まり、大気の速度が維持されたらどうなるでしょうか?

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます