Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Continuous growth is one of the core principles of modern business, and companies are always looking for new ways to expand their market share and profits.

    継続的な成長は現代ビジネスの基本原則のひとつであり、企業は常に市場シェアと利益を拡大する新しい方法を模索している。

  • Releasing new products is one of the most important ways that companies can fuel their growth, and Tesla is keenly aware of that fact.

    新製品を発表することは、企業が成長を促進するための最も重要な方法のひとつであり、テスラはその事実を強く認識している。

  • They are, in their own words, in between growth waves right now, and that's reflected in their slowing sales these last few months.

    彼ら自身の言葉を借りれば、今は成長の波の間にあり、それがここ数ヶ月の売り上げの鈍化に反映されている。

  • The Cybertruck is still a very niche and expensive vehicle, and with the release of the new Model 3, the rest of their fleet is starting to feel a bit dated by comparison.

    サイバートラックはまだ非常にニッチで高価な車種であり、新型モデル3の発売により、他の車種はそれに比べると少し古く感じられるようになってきている。

  • The company has been going through a lot of internal restructuring and goal shifting, but they ultimately know how important it is to release new products in order to stay relevant.

    同社は社内のリストラや目標変更を繰り返しているが、結局のところ、関連性を維持するために新製品をリリースすることがいかに重要かを理解している。

  • Today, we're going to break down the 10 new upcoming products from Tesla across a number of different markets, so let's get into it.

    本日は、テスラから今後発売される10の新製品を、さまざまな市場に分けてご紹介します。

  • While Tesla is primarily known as a consumer vehicle manufacturer, they are making some big moves to turn themselves into far more than just that.

    テスラは主に消費者向け自動車メーカーとして知られているが、それ以上の存在になるために大きな動きを見せている。

  • Tesla has been making huge investments into their AI systems that power their full self-driving technology, and that will play a part in the first product today, the RoboTaxi.

    テスラは完全な自動運転技術を支えるAIシステムに巨額の投資を行っており、今日の最初の製品であるロボタクシーでもその一翼を担うことになる。

  • Tesla has been working on this potentially revolutionary new product for a while now, but a few months ago, Elon Musk announced that they would be finally showing it off on August 8th of this year.

    テスラは、革命的な新製品となりうるこの製品にしばらく前から取り組んできたが、数カ月前、イーロン・マスクがついに今年の8月8日に披露すると発表した。

  • The RoboTaxi is planned to be a fully autonomous ride sharing vehicle that can pick up and drop off passengers without any human behind the wheel.

    ロボタクシーは完全自律走行型のライドシェアリング車両で、人間がハンドルを握ることなく乗客を送迎することができる。

  • Tesla plans to make this service so affordable and comprehensive, that it will revolutionize the ride sharing business, and make it even cheaper than owning a car for most people.

    テスラは、ライドシェアビジネスに革命を起こし、ほとんどの人にとって自動車を所有するよりもさらに安くなるよう、このサービスを非常に手頃で包括的なものにする計画だ。

  • Every time that someone takes a ride, Tesla will be either taking a share of the profits, or the full profits, depending on who owns the car, and ride share will likely grow steadily over time.

    誰かが乗車するたびに、テスラは利益の分け前を受け取るか、あるいは車の所有者次第で利益の全額を受け取ることになる。

  • For Tesla, these dedicated RoboTaxis will have a lot of benefits over their traditional vehicles.

    テスラにとって、この専用ロボタクシーは従来の車両に比べて多くのメリットがある。

  • For one, these vehicles can be made for much cheaper, since they don't need any of the pedals, steering wheel, mirrors, or features that are designed purely for a driver.

    ひとつは、ペダル、ハンドル、ミラーなど、純粋にドライバーのために設計された機能が一切必要ないため、これらの車両ははるかに安く作ることができる。

  • Many of them will also be able to get away with a smaller, cheaper battery, since it will be able to For longer trips, they can have a fleet of specific vehicles equipped with bigger batteries, rather than needing to have every car have a huge battery that it won't use all the time.

    また、小型で安価なバッテリーを搭載することで、長時間の走行が可能になるため、すべてのクルマに常時使用するわけではない巨大なバッテリーを搭載する必要がなくなり、より大きなバッテリーを搭載した特定の車両を保有することができるようになる。

  • Unlike most consumer vehicles that sit idle all day while you work or are at home, the RoboTaxi can constantly be running, and will reduce the total number of vehicles that people will need to own.

    仕事や家にいる間、一日中眠っている一般消費者向けの車とは異なり、ロボタクシーは常に走り続けることができる。

  • Taking cars off the road will be both better for traffic, and will help Tesla's goal of accelerating the world's transition to sustainable energy.

    道路から自動車を撤去することは、交通の便を良くすると同時に、世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速させるというテスラの目標にも貢献する。

  • This product isn't a guaranteed success, however, and Tesla is really betting its future on it doing well.

    しかし、この製品の成功が保証されているわけではなく、テスラはこの製品がうまくいくかどうかに将来を賭けているのだ。

  • There will be development hurdles for the software itself, as well as regulatory hurdles in order to get this vehicle on most, let alone all city streets, and FSD still has a lot of work left to do.

    すべての市道はおろか、ほとんどの市道でこの車両を走らせるためには、規制上のハードルだけでなく、ソフトウェア自体の開発ハードルもあり、FSDにはまだ多くの仕事が残されている。

  • The software is advancing very rapidly, but it does still make mistakes, and that's something you can't take lightly when the vehicle likely won't have any way for a driver to take over in case of emergency.

    ソフトウエアは急速に進歩しているが、それでもミスを犯すことはある。

  • Currently, the driver is still responsible for anything that happens while FSD is engaged in Tesla's vehicle, and it will be a big moment when Tesla is willing to accept liability for anything that one of their cars does while operating autonomously.

    現在のところ、テスラの車両でFSDが作動している間に起きたことについては、ドライバーに責任がある。テスラが、自律走行中にテスラの車両が行ったことについての責任を喜んで引き受けるようになるのは、大きな瞬間だろう。

  • There are still a lot of lingering questions regarding the RoboTaxi, so we'll have to wait until the reveal event on August 8th to learn more.

    ロボタクシーについては、まだ多くの疑問が残っているので、8月8日の発表イベントを待たなければならない。

  • During their recent shareholder meeting, Tesla showed off a graphic that outlined their current and future products, including 3 vehicles that were under wraps.

    先日の株主総会で、テスラは現在と将来の製品について説明したグラフィックを披露した。

  • One of those is presumably the RoboTaxi, but that leaves 2 upcoming products that haven't been announced yet.

    そのうちの1つはおそらくロボタクシーだろうが、まだ発表されていない今後の製品が2つ残っている。

  • Two of the vehicles share the same silhouette, likely as just a placeholder graphic, but one of the covered vehicles has a distinctly unique shape.

    そのうちの2台は同じシルエットで、おそらく単なるプレースホルダーのグラフィックだと思われるが、1台は明らかにユニークな形をしている。

  • Based on its boxy appearance, this has led to a lot of speculation that Tesla may be planning to build a van.

    その箱型の外観から、テスラはバンの製造を計画しているのではないかと多くの憶測を呼んでいる。

  • In his second master plan for Tesla, Elon Musk talked about Tesla developing high passenger density urban transport, and as of this third master plan, wrote that building a van wasn't out of the question.

    イーロン・マスクはテスラの2つ目のマスタープランで、テスラが高乗客密度の都市交通を開発することについて語り、この3つ目のマスタープランの時点では、バンを製造することは問題外ではないと書いた。

  • Building a passenger or commercial van would allow Tesla to fill one of the few remaining market niches that they don't already have a vehicle in.

    乗用車や商用バンを製造することで、テスラはまだ車両を持っていない、残された数少ない市場のニッチを埋めることができる。

  • A commercial van would be great for businesses doing direct to customer deliveries, like what Rivian has done with their electric Amazon delivery vans that are expanding to other companies.

    業務用バンは、リビアンがアマゾンの配達用電気バンを開発し、他の企業にも拡大しているように、顧客に直接配達するビジネスには最適だろう。

  • Vans are extremely versatile vehicles, and Tesla jumping into that market could be a great path to pursue.

    バンは非常に多用途な乗り物であり、テスラがこの市場に参入するのは素晴らしい道かもしれない。

  • There are a few options on the market like the VW ID Buzz or the Ford E-Transit, but Tesla's advanced technology and batteries could do a lot to make these vehicles more practical and that third vehicle under wraps, this one is a bit more of a mystery than it might have seemed like a few months ago.

    VWのIDバズやフォードのEトランジットなど、市場にはいくつかの選択肢があるが、テスラの高度な技術とバッテリーは、これらの車をより実用的なものにするために多くのことができるだろう。

  • For years, it was reported widely that Tesla was working on a truly affordable EV, often nicknamed the Model 2, but it seems like plans for that specific car have been put on indefinite hold.

    何年もの間、テスラはモデル2という愛称で呼ばれる真に手頃な価格のEVを開発していると大々的に報じられてきたが、その具体的な車の計画は無期限保留となっているようだ。

  • Still, Tesla recognizes the fact that there is immense demand for a more affordable electric vehicle, and has hinted at something to sell in that category.

    それでもテスラは、より手頃な価格の電気自動車に対する需要が非常に大きいという事実を認識しており、そのカテゴリーで販売する何かをほのめかしている。

  • Tesla said they would be moving to launch a slate of new vehicles sooner than their targeted goal of the second half of 2025, including more affordable models.

    テスラは、2025年後半という目標よりも早く、より手頃な価格帯のモデルを含む一連の新車を発売する予定だと述べた。

  • These new models will not be built using the same architecture as the Robotaxi, which the previously announced affordable vehicle was designed to do, and instead will rely more heavily on the platform of their current slate of vehicles.

    これらの新型車は、先に発表された手頃な価格の車両が目指していたロボタクシーと同じアーキテクチャーで作られることはなく、代わりに現在の車両群のプラットフォームに大きく依存することになる。

  • They are likely to incorporate some of the newer tech from the updated platform, but basing it predominantly on older tech will have a number of benefits.

    プラットフォームが更新されれば新しい技術も取り入れるだろうが、旧来の技術をベースにすることで多くのメリットが生まれる。

  • These cars can likely be built on the same assembly lines as their current vehicles, and will save the company a lot of money in total development and retooling costs.

    これらの車両は、おそらく現在の車両と同じ組立ラインで製造することが可能であり、総開発費と段取り替えコストを大幅に削減することができる。

  • This vehicle could take a lot of different forms, but current rumors suggest that we may see this car be an effectively stripped down Model 3 hatchback.

    このクルマはさまざまな形をとる可能性があるが、現在の噂では、モデル3のハッチバックを事実上ストリップダウンしたようなクルマになるのではないかと言われている。

  • In order to hit more affordable price goals, we could see Tesla remove some of the more luxurious features of this car like ventilated seats, as well as implementing a cheaper LFP battery cell in exchange for less range.

    より手頃な価格目標を達成するために、テスラはこのクルマのより豪華な装備(ベンチレーションシートなど)を削除し、航続距離を短くする代わりに、より安価なLFPバッテリーセルを採用する可能性がある。

  • If they were to implement a similar systems architecture in steer-by-wire systems, like we've seen in the Cybertruck, then that could do a lot to reduce the weight and cost of this vehicle by removing unnecessary wiring.

    もし、サイバートラックに見られるようなステア・バイ・ワイヤ・システムに同様のシステム・アーキテクチャを実装するのであれば、不要な配線を取り除くことでこの車両の重量とコストを削減することができるだろう。

  • This vehicle offers a great opportunity for Tesla to bring a new, more affordable option to market, while not having to completely start from scratch.

    この車は、テスラにとって、新しい、より手頃な価格のオプションを市場に投入する絶好の機会となる。

  • A lot of speculation seems to point towards this vehicle coming in closer to $30,000 to $32,000, rather than a base price of $25,000.

    多くの憶測は、このクルマが25,000ドルのベース価格ではなく、30,000ドルから32,000ドルに近い価格で登場することを示唆しているようだ。

  • If it's eligible for the federal EV tax credit, then that would bring the price down pretty substantially for many customers.

    連邦政府のEV税額控除が適用されれば、多くの顧客にとって価格はかなり下がるだろう。

  • Offering cheaper options will be a key factor to ensuring the future growth of electric vehicles, so I can't wait to see what Tesla is working on for this third vehicle.

    より安価な選択肢を提供することは、電気自動車の将来の成長を保証する重要な要素である。

  • Earlier this year, Tesla released the refreshed version of their Model 3 sedan in the United States, and it offered a ton of great improvements over its predecessor.

    今年初め、テスラは米国でモデル3セダンのリフレッシュ版を発表した。

  • On the back of that, a lot of people were naturally excited to see that those improvements would make their way over to Tesla's best selling vehicle, the Model Y.

    その結果、テスラのベストセラー車であるモデルYに改良が施されるのではないかと、多くの人々が期待に胸を膨らませた。

  • Tesla has been working on this vehicle for a while now, under the codename Juniper, and it is likely to include many of the great upgrades we saw from the Model 3.

    テスラはコードネーム "Juniper "として、しばらく前からこの車の開発に取り組んでおり、モデル3で見られた素晴らしいアップグレードの多くが盛り込まれる可能性が高い。

  • A lot of early rumors suggested that we might see this vehicle launch sometime this year, but Elon has confirmed on several occasions not to expect it in 2024.

    多くの初期の噂では、この車両は今年中に発売されるのではないかと言われていたが、イーロンは何度か、2024年には発売されないと確認している。

  • While the Juniper Model Y may have some additional bells and whistles, it should at least have everything that came to the Model 3.

    ジュニパー・モデルYにはいくつかの追加装備があるかもしれないが、少なくともモデル3に搭載されたものはすべて搭載されているはずだ。

  • That includes a redesigned exterior that offers sharper angles, new head and tail lights, new mirrors, redesigned wheel covers, and a new selection of colors.

    これには、よりシャープなアングル、新しいヘッドライトとテールライト、新しいミラー、ホイールカバーのデザイン変更、新しいカラーセレクションを提供する再設計されたエクステリアが含まれる。

  • The car is made with higher quality materials, and has an advanced suspension that dramatically reduces road noise, and smooths out the ride considerably.

    より上質な素材を使用し、ロードノイズを劇的に低減し、乗り心地をかなり滑らかにする先進的なサスペンションを備えている。

  • On the inside, the car will feature a redesigned center console, wraparound LED light strip, two wireless phone chargers, redesigned armrests, storage, and seats, likely with added ventilation.

    車内では、センターコンソールのデザインが変更され、ラップアラウンドLEDライトストリップ、2つのワイヤレス電話充電器、アームレスト、収納、シートのデザインが変更され、おそらくベンチレーションが追加される。

  • Perhaps controversially for some, this updated Model Y will also likely see the removal of stocks behind the steering wheel for shifting and turn signals.

    おそらく一部の人々にとっては物議を醸すだろうが、このモデルYのアップデートでは、シフトチェンジや方向指示器用のステアリングホイール裏のストックも廃止される可能性が高い。

  • On the Model 3, signaling is done via buttons on the steering wheel, and shifting is done on screen.

    モデル3では、合図はステアリングホイールのボタンで行い、シフトチェンジはスクリーン上で行う。

  • While some don't care about this change, there are many who feel frustrated by this design choice on this car.

    この変更を気にしない人もいるが、このクルマのこのデザイン選択に不満を感じる人も多い。

  • Ultimately, Tesla believes that people will eventually opt to use FSD more than drive manually, and that stocks aren't really necessary, but until then, many may not like this particular choice, at least not until they get used to it.

    結局のところ、テスラは、人々はいずれ手動運転よりもFSDを使うことを選ぶようになり、株式は本当に必要なものではなくなると考えているが、それまでは、少なくとも慣れるまでは、多くの人がこの特別な選択を好まないかもしれない。

  • Similarly, many are expecting a new refresh to come soon, both to the Model S and Model X.

    同様に、多くの人がモデルSとモデルXの両方について、近々新しいリフレッシュが行われることを期待している。

  • Both of these vehicles saw a refresh in 2021, but haven't seen many changes since, and the latest versions of their cheaper cars are quickly gap to Tesla's luxury options.

    この2つの車は2021年にリフレッシュされたが、それ以来大きな変化はなく、最新バージョンの廉価車はテスラの高級車オプションに急速に差をつけられている。

  • These changes will likely not be as sweeping as those on the Model 3, but will help to keep these cars feeling modern and competitive.

    これらの変更は、モデル3ほど大々的なものにはならないだろうが、これらのクルマが現代的で競争力のあるものに感じられるようにするのに役立つだろう。

  • Aesthetically, these vehicles are likely to see the inclusion of the same ambient light strip that we've seen on both the Model 3 and Cybertruck.

    外観的には、モデル3やサイバートラックと同じアンビエント・ライト・ストリップが搭載される可能性が高い。

  • It's a nice look, and is seemingly becoming a unifying feature of Tesla's overall design language.

    テスラの全体的なデザイン言語の統一的な特徴になりつつあるようだ。

  • The biggest reported change is the likely inclusion of at least one added camera into the front bumper, to improve forward-facing visibility.

    最大の変更点は、前方視界を向上させるため、フロントバンパーに少なくとも1つのカメラが追加される可能性があることだ。

  • We don't have a ton of word on when this vehicle may come, but it's reasonable that we could expect it sometime in the next year.

    このクルマがいつ登場するかはまだわからないが、来年中に登場する可能性は十分にある。

  • It will likely have additional features on top of those, but for now, this is all we know about these upcoming vehicles.

    おそらく、これらに加えてさらなる機能が追加されるだろうが、今のところ、これらの次期車両についてわかっているのはこれだけだ。

  • Another long-anticipated vehicle is one that Tesla has been working on for a very long time now, and is actually an update to the first vehicle they ever made, the Roadster.

    もうひとつの待望のクルマは、テスラが非常に長い間取り組んできたもので、実はテスラが初めて作ったクルマ、ロードスターのアップデート版である。

  • We first heard about this redesigned Roadster sports car all the way back in 2017, and since then, we've heard a lot of promises about the impending release of this car.

    私たちがこの再設計されたロードスターのスポーツカーについて初めて耳にしたのは2017年のことで、それ以来、このクルマの間近に迫ったリリースについて多くの約束を耳にしてきた。

  • Now, almost 8 years later, it's still not on the road, and the claims surrounding it are getting bolder all the time.

    それから8年近くが経った今も、このクルマは公道には出ておらず、このクルマをめぐる主張はますます大胆になっている。

  • During its initial unveil event, Tesla promised that this car would hit a 0-60 in just 1.9 seconds, and travel 620 miles on a single charge.

    最初のお披露目イベントで、テスラはこのクルマが0-60をわずか1.9秒で走り、1回の充電で620マイル走行すると約束した。

  • In 2021, 4 years after it was first unveiled, Tesla then claimed that a SpaceX branded upgrade, featuring special cold air thrusters, could propel it up to 60 in just 1.1 seconds.

    初公開から4年後の2021年、テスラはスペースXブランドのアップグレードにより、特殊な冷風スラスターを搭載し、わずか1.1秒で60kmまで加速できると主張した。

  • A few months ago, Elon Musk claimed that they were able to fly to a limited extent.

    数カ月前、イーロン・マスクは限られた範囲で飛行が可能だと主張した。

  • Elon Musk is known for being extremely ambitious regarding their future vehicles, and the Roadster, now many years behind schedule, and likely to stretch even further, is probably the greatest example of that principle.

    イーロン・マスクは将来の自動車に関して非常に野心的であることで知られており、ロードスターは現在予定より何年も遅れており、さらに延びる可能性が高いが、おそらくその原則の最大の例だろう。

  • If there is a feature that would be cool on a car, no matter how unrealistic, it feels like Elon Musk has probably said they're working on it at some point.

    どんなに非現実的であっても、クルマにクールな機能があれば、イーロン・マスクはおそらくどこかの時点でそれに取り組んでいると言っているような気がする。

  • Many people are starting to feel like we might not ever see this vehicle.

    多くの人が、このクルマはもう見られないかもしれないと感じ始めている。

  • Then again, people said similar things about the Cybertruck, which had a long between its initial unveil, and when they finally started deliveries.

    そしてまた、サイバートラックについても同じようなことが言われた。サイバートラックは最初に発表されてから、最終的に納車が開始されるまでの期間が長かった。

  • The Cybertruck didn't hit on all the specs that were originally promised, especially regarding price and maximum range, so it's fair to assume that the same might happen with the Roadster.

    サイバートラックは、特に価格と最大航続距離に関して、当初約束されていたスペックをすべて達成することはできなかった。

  • If this car is ever properly released, then it will undoubtedly be a cutting edge vehicle, but it's safer to err on the side of skepticism regarding some of its more outlandish features.

    このクルマがきちんと発売されれば、間違いなく最先端のクルマになるだろうが、いくつかの突飛な機能については懐疑的な見方をしたほうが無難だ。

  • Then again, you never know, maybe someday Tesla will be selling a flying, rocket powered car.

    そしてまた、いつかテスラが空飛ぶロケット自動車を売り出すかもしれない。

  • Only time will tell.

    時間が解決してくれるだろう。

  • That felt more like a joke at the time than a concrete plan, but sure enough, a year later, they brought out their first prototype on stage.

    当時は具体的なプランというより冗談のように感じたが、案の定、1年後、彼らは最初のプロトタイプをステージで披露した。

  • It could slowly walk, wave to the audience, and do some other simple tasks, but in subsequent years, we saw an unparalleled explosion in the things this robot could do.

    ゆっくりと歩いたり、観客に手を振ったり、その他の簡単な仕事はできたが、その後数年間で、このロボットができることは他に類を見ないほど爆発的に増えた。

  • Over a short period of time, we've seen it become increasingly dexterous, mobile, and able to handle increasingly complex tasks.

    私たちは、短期間のうちに、それがますます器用になり、モバイルになり、ますます複雑なタスクを処理できるようになるのを目の当たりにしてきた。

  • With the second generation Optimus upgrade, it gained a more refined exterior, more precise motor control, and increased autonomous capabilities.

    第2世代オプティマスのアップグレードでは、より洗練された外装、より精密なモーター制御、そして自律走行能力の向上が図られた。

  • We've seen tons of different companies over the years develop humanoid robots, so what is it that would make Optimus so special?

    長年にわたり、さまざまな企業が人型ロボットを開発してきたが、オプティマスが特別な存在である理由は何だろうか?

  • In short, it is because of the AI systems that run the Tesla bot, and are used to train it.

    要するに、テスラのボットを動かし、その訓練に使われているAIシステムのせいなのだ。

  • Optimus is equipped with the same cameras and computing hardware that powers FSD in Tesla's current vehicles, which allows Optimus to sense and react to its environment extraordinarily well.

    オプティマスには、テスラの現行車のFSDと同じカメラとコンピューティング・ハードウェアが搭載されている。

  • Those AI systems allow for Optimus to be trained extensively by humans to start, and then it will get better at those tasks through on the job practice and further training.

    これらのAIシステムによって、オプティマスはまず人間によって広範囲に訓練され、その後、実地訓練とさらなる訓練によって、それらの作業がより上手になる。

  • With the coming hardware revision, Elon has promised that soon Optimus will be able to perform almost any task after a short demonstration, or even after watching a video.

    イーロンは、近いうちにハードウェアが改良され、オプティマスは短いデモンストレーションの後、あるいはビデオを見た後でも、ほとんどどんな仕事でもこなせるようになると約束している。

  • These robots have the potential to completely upend in the entire way we think of work.

    これらのロボットは、私たちの仕事に対する考え方を根底から覆す可能性を秘めている。

  • Tesla already has two of these robots working in their factories, doing simple jobs, and their autonomy and capability are going to expand rapidly.

    テスラはすでに工場で2台のロボットを稼働させており、簡単な仕事をしている。

  • Soon, they may be able to handle any job that a human could, and Tesla is expecting to eventually for only $20,000.

    テスラは、最終的にはわずか2万ドルで、人間ができるあらゆる仕事をこなせるようになると期待している。

  • This could have an earth shattering impact on the human relationship with labor, and Tesla is at the forefront of this technology, especially when it comes to scaling and manufacturing.

    これは労働と人間の関係に地球を揺るがすような衝撃を与える可能性があり、テスラはこの技術の最前線にいる。

  • In the meantime, Tesla is expecting to have 1,000 units of Optimus working in their factories by sometime next year.

    一方、テスラは来年のある時期までに1000台のオプティマスを工場で稼働させる予定だ。

  • Only time will tell how fast Optimus actually grows, and whether Tesla can live up to any or all of these lofty robotics promises, but it is truly exciting to say the least.

    オプティマスが実際にどれほどのスピードで成長するのか、そしてテスラがこうした高尚なロボット工学の約束のいずれか、あるいはすべてを果たすことができるのかは、時間が経ってみなければわからないが、控えめに言っても実にエキサイティングなことだ。

  • As always though, those are all the things that Tesla has told us about so far, so the future will tell whether or not they deliver those.

    しかし、いつものように、これらはすべてテスラがこれまでに話してくれたことであり、それらが実現されるかどうかは未来が教えてくれるだろう。

  • One Tesla product that doesn't get much attention, despite the immense utility that it offers, is their Powerwall home battery system.

    テスラの製品で、その実用性の高さにもかかわらずあまり注目されていないものに、ホームバッテリーシステム「パワーウォール」がある。

  • Tesla started rolling out the 3rd edition of their Powerwall product a few months ago, but it has only recently become widely available.

    テスラは数カ月前にパワーウォールの第3版を展開し始めたが、広く利用できるようになったのはつい最近のことだ。

  • The Powerwall is a home energy storage solution that allows you complete control over how your electricity is used.

    パワーウォールは、電気の使用方法を完全にコントロールできる家庭用蓄電ソリューションだ。

  • By connecting it to the grid and or your home solar system, the Powerwall can charge itself and power your home in the cheapest and most environmentally friendly way possible.

    送電網や自宅のソーラーシステムに接続することで、パワーウォールは自ら充電し、最も安価で環境に優しい方法で電力を供給することができる。

  • It can keep a backup supply of power to keep you going during a blackout, and sell your generated power back to the grid during peak hours to make you a steady profit.

    停電時にもバックアップ電力を供給し続け、ピーク時には発電した電力を送電網に売電して安定した利益を得ることができる。

  • The Powerwall 3 offers greater power output that will enable it to keep high energy appliances like dryers going during a blackout.

    パワーウォール3は出力が大きく、停電時に乾燥機のような高エネルギーの電化製品を動かし続けることができる。

  • Unlike previous versions, the Powerwall 3 will offer cheaper DC expansions that will enable you more modularly to expand your home battery to fit your needs.

    以前のバージョンとは異なり、パワーウォール3はより安価なDC拡張を提供し、ニーズに合わせて家庭用バッテリーをよりモジュール式に拡張できるようになる。

  • The Powerwall integrates seamlessly with existing solar systems, and the control over your electricity.

    パワーウォールは既存のソーラーシステムとシームレスに統合され、電力をコントロールできる。

  • Another Tesla energy product that has been working steadily behind the scenes, that few may be aware of, is their innovative AutoBidder software.

    テスラのもうひとつのエネルギー製品は、その革新的なAutoBidderソフトウェアである。

  • AutoBidder manages the electricity generated by independent energy producers and battery owners, analyzing real-time data to set prices, and sell that energy on the free market.

    AutoBidderは、独立系エネルギー生産者とバッテリー所有者が発電した電力を管理し、リアルタイムのデータを分析して価格を設定し、そのエネルギーを自由市場で販売する。

  • Since rolling out this product in 2020, Tesla has made this software available to owners of all of their energy storage products, from Powerwalls, all the way up to Megapacks.

    2020年にこの製品を展開して以来、テスラはパワーウォールからメガパックに至るまで、すべてのエネルギー貯蔵製品の所有者がこのソフトウェアを利用できるようにしている。

  • In 2021, Tesla was managing around 1.2 gigawatt hours of energy, and as of last year, that has grown up to 7 gigawatt hours.

    2021年、テスラは約1.2ギガワット時のエネルギーを管理していたが、昨年の時点で7ギガワット時にまで増えている。

  • With all of those batteries in their portfolio, Tesla claims to have generated over $330 million in profits, spread across all of its energy storage product owners.

    テスラは、これらすべてのバッテリーをポートフォリオに組み入れ、エネルギー貯蔵製品を所有するすべてのオーナーにまたがって、3億3000万ドル以上の利益を生み出したと主張している。

  • Even utility companies have said that Tesla's AutoBidder is a game changer, and has loosened their grip over the electric industry.

    電力会社でさえ、テスラのAutoBidderはゲームチェンジャーであり、電力業界に対する支配力を緩めたと語っている。

  • Tesla's stationary energy storage solutions are a big and growing business for the company, and really shows how much Tesla has branched out from just making electric cars, and have been pushing towards a renewable energy economy as a whole.

    テスラの定置型エネルギー貯蔵ソリューションは、同社にとって大きく成長するビジネスであり、テスラが電気自動車を作るだけでなく、再生可能エネルギー経済全体に向けてどれだけ手を広げてきたかを如実に示している。

  • Last but certainly not least, is the future of a current Tesla product, FSD, or full self-driving.

    最後に、テスラの現行製品であるFSD(完全自動運転)の将来である。

  • Every Tesla vehicle is equipped with the cameras and hardware to run their innovative FSD software, and they are all sending data back to the company to continue training it to be better.

    すべてのテスラ車には、革新的なFSDソフトウェアを作動させるためのカメラとハードウェアが装備されており、より良いソフトウェアを開発し続けるために、すべての車両がデータを同社に送信している。

  • While the promise of FSD has undoubtedly driven a lot of Tesla sales, the automaker has long been interested in licensing it out to other automakers for use.

    FSDがテスラの売上を大きく牽引していることは間違いないが、テスラは以前からFSDを他の自動車メーカーにライセンス供与して使用させることに関心を持っていた。

  • It was reported a few months ago that Tesla was deep in negotiations with another major automaker to implement the FSD software into their upcoming vehicles.

    数カ月前、テスラが他の大手自動車メーカーとFSDソフトウェアを次期車両に搭載するための交渉を深めていると報じられた。

  • During a recent shareholder meeting, Elon even said that he thought a deal could be reached sometime as soon as this year.

    最近の株主総会でイーロンは、早ければ今年中にも合意に達する可能性があるとさえ述べた。

  • Even if that is the case, it would likely be several years before another company could release a product that utilizes this software, considering all the cameras and computers that need to be built into the design to facilitate full self-driving.

    仮にそうだとしても、完全な自動運転を実現するために設計に組み込まれる必要のあるカメラやコンピューターを考慮すると、他社がこのソフトウェアを利用した製品をリリースするのは数年後になるだろう。

  • Another good point here is that Tesla still has yet to deliver full self-driving on the Cybertruck, and that's their own vehicle, so if you imagine that coming from another company with their own design, it may take some time.

    テスラはまだサイバートラックで完全な自動運転を実現しておらず、これは自社開発車である。

  • That said, if all of this is successful, Tesla would be revolutionizing the transportation industry with their FSD package and robotaxis.

    とはいえ、これがすべて成功すれば、テスラはFSDパッケージとロボットタクシーで輸送業界に革命を起こすことになる。

  • Them opening up this software to other automakers could unlock a huge new income stream.

    このソフトウエアを他の自動車メーカーに開放することで、莫大な新たな収入源を確保することができる。

  • Why would an automaker spend billions to develop their own autonomy programs, that will likely be worse for a long time, when they can just lease it from Tesla instead?

    テスラからリースすればいいだけなのに、なぜ自動車メーカーは何十億ドルもかけて独自の自律化プログラムを開発するのだろうか?

  • Across multiple industries, Tesla is making revolutionary new products that could fundamentally shake up the status quo for everyone.

    テスラはさまざまな業界で、すべての人の現状を根本から揺るがしかねない革命的な新製品を生み出している。

  • From transportation, to power generation, to humanoid robotics, Tesla is undoubtedly one of the most exciting companies out there right now.

    輸送、発電、人型ロボットに至るまで、テスラは間違いなく現在最もエキサイティングな企業のひとつである。

  • But of course, all of this is contingent on these products actually coming to market.

    しかしもちろん、これらはすべて、これらの製品が実際に市場に出ることが前提である。

  • Tesla clearly has a very full docket, and we can look forward to a number of exciting new products from them in the coming years.

    テスラは明らかに非常に充実した活動をしており、今後数年間で数々のエキサイティングな新製品を世に送り出してくれることだろう。

  • That's all for today, so in the meantime, if you're interested to learn even more about Tesla's Robotaxi program, and what it would mean for Tesla if it's successful or not, you can check out that video linked up here or in the description.

    テスラのRobotaxiプログラムについて、またそれが成功した場合、あるいは失敗した場合、テスラにとってどのような意味があるのか、さらに詳しく知りたい方は、こちらか説明文にあるリンク先のビデオをご覧ください。

  • Thanks for watching, and I'll see you on the next one.

    見てくれてありがとう。

Continuous growth is one of the core principles of modern business, and companies are always looking for new ways to expand their market share and profits.

継続的な成長は現代ビジネスの基本原則のひとつであり、企業は常に市場シェアと利益を拡大する新しい方法を模索している。

字幕と単語
AI 自動生成字幕