Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • All right, Tim, great to see you.

    ティム、会えて嬉しいよ。

  • Thanks for spending the time.

    時間を割いてくれてありがとう。

  • Thank you for coming.

    来てくれてありがとう。

  • So you had the WWDC keynote today, which was really fun to watch.

    今日はWWDCの基調講演がありましたね。

  • It was a whole two hours.

    丸々2時間だった。

  • I want to zoom all the way out because obviously a lot of talk about AI in general.

    AI全般についての話題が多いので、ズームアウトしたい。

  • And I'm kind of just left wondering how Apple defines AI in general.

    そして、アップルが一般的にAIをどのように定義しているのか、ちょっと疑問が残る。

  • Because I know if you ask a regular person, you might hear about generative AI, chatbots, things like that.

    普通の人に聞けば、ジェネレーティブAIとかチャットボットとか、そういう話を聞くかもしれないからね。

  • And these are relatively new additions to Apple's AI portfolio.

    そしてこれらは、アップルのAIポートフォリオに比較的新しく加わったものだ。

  • How do you look at AI as Apple?

    アップルとしてのAIをどう見ていますか?

  • Well, we've been executing with AI for a long time.

    まあ、私たちは長い間、AIを活用してきた。

  • You're wearing a watch.

    あなたは腕時計をしている。

  • It's at the root of the watch.

    それが時計の根源なのだ。

  • I mean, you think about things like crash detection, fault detection, things like AFib, and all of this kind of stuff is machine learning at the end of the day.

    つまり、衝突検知や故障検知、AFib(心房細動)のようなもの、こういったものは結局のところすべて機械学習なんだ。

  • But what has captured people's imagination is generative AI.

    しかし、人々の想像力をかき立てているのは、ジェネレーティブAIである。

  • And we see it as the opportunity for a whole new curve of technology and providing and doing more things for people, providing an assistant for people, things that really improve people's lives.

    そして私たちは、テクノロジーがまったく新しいカーブを描き、人々のためにより多くのことを提供し、実行し、人々のアシスタントを提供し、人々の生活を本当に向上させる機会となると考えている。

  • So that's how we see it.

    そういうことだ。

  • There's obviously, it's not without downside.

    デメリットがないわけではない。

  • And so we approach it very thoughtfully.

    だから、私たちは非常に慎重に取り組んでいる。

  • And as you heard, we have always been focused on privacy.

    そして、お聞きの通り、我々は常にプライバシーを重視してきた。

  • And so privacy is a very key tenet of our thrust into AI.

    そのため、プライバシーは私たちがAIを推進する上で非常に重要な考え方なのです。

  • Right.

    そうだね。

  • It's been interesting to watch Apple's arc with AI because I made a whole piece not more than about a year ago about how Apple seems to never say AI, even though they have all these neural engines and machine learning and things like that.

    というのも、私は1年も前に、アップルがニューラル・エンジンや機械学習といったものを駆使しているにもかかわらず、決してAIとは言わないように見えるという記事を書いたからだ。

  • And so now we have almost this pivot where now we're just saying it.

    そして今、私たちはほとんどこの軸を持ち、ただそれを口にするだけになっている。

  • We're actually branding it Apple Intelligence now.

    私たちは今、アップル・インテリジェンスというブランド名をつけている。

  • I'm curious why that changed now.

    なぜ、それが今になって変わったのかが不思議だ。

  • Well, in the beginning and throughout almost everything that we always do, we always talk about the benefit to the user.

    まあ、私たちがいつもやっていることのほとんどすべてにおいて、私たちはいつもユーザーにとっての利益について話している。

  • And so the benefit to the user is crash detection and fault detection, not the technology behind the feature.

    つまり、ユーザーにとってのメリットはクラッシュ検知や故障検知であり、その機能の背後にある技術ではない。

  • And so we still view it like that.

    だから、私たちは今でもそのように見ている。

  • But it became clear that people wanted to know our views on generative AI in particular.

    しかし、人々が特にジェネレーティブAIについての私たちの見解を知りたがっていることは明らかだった。

  • And so we decided to embrace it and called it Apple Intelligence.

    だから私たちはそれを受け入れ、アップル・インテリジェンスと呼ぶことにした。

  • OK.

    OKだ。

  • I have a quote from the Dua Lipa interview that you did.

    あなたが行ったデュア・リパのインタビューからの引用です。

  • That was great.

    素晴らしかったよ。

  • It was fun.

    楽しかった。

  • She's fantastic.

    彼女は素晴らしい。

  • I loved it.

    とても気に入った。

  • It was great.

    素晴らしかったよ。

  • You had a quote that said about AI, if it can be used for nefarious things, we won't go down that road.

    AIについて、もしそれが悪事に使われる可能性があるのなら、私たちはそのような道には進まない、という言葉がありましたね。

  • And at the time, I assumed that that meant generative AI was off the table because of all the things that we'd seen about what it was potentially capable of or things that it might do.

    当時は、AIが潜在的にできること、あるいはAIができるかもしれないことについて、私たちが見てきたすべてのことから、それは生成AIがテーブルから外れていることを意味すると思っていました。

  • Has that changed?

    それは変わったのか?

  • Is that something that was off the table and you figure now you've got the right tools or the right restrictions to make sure that that all goes super well?

    それはテーブルから外れていたことで、今は適切なツールや適切な制限を手に入れ、すべてが超順調に進むように考えているのですか?

  • How do you think about that?

    それについてどう思う?

  • Generative AI was never off the table.

    ジェネレーティブAIは決してテーブルから外れてはいなかった。

  • It was always about pursuing it in a thoughtful kind of way.

    常に思慮深く追求することだった。

  • And so that's what we've done.

    それが私たちのやってきたことだ。

  • And we've implemented it in ways that are less likely to create issues.

    そして、問題が発生しにくい方法で実施してきた。

  • How so?

    どうしてですか?

  • How so?

    どうしてですか?

  • Well, things that, if you think about the kinds of things we talked about, we talked about personal context.

    まあ、僕らが話したようなことを考えれば、個人的な背景について話したんだ。

  • And we talked about privacy.

    プライバシーについても話した。

  • And so we're not waiting for a comprehensive privacy legislation regulation to come into effect.

    だから私たちは、包括的な個人情報保護法規制の発効を待っているわけではない。

  • We already view privacy as a fundamental human right.

    私たちはすでにプライバシーを基本的人権とみなしている。

  • And so that's the way we, that's the lens that we see it at.

    だから、それが私たちの見方なんだ。

  • And given that we're doing those things, personal context and privacy, we wanted to integrate it at a deep level.

    パーソナル・コンテクストとプライバシー、これらを深いレベルで統合したかった。

  • So you're not having to think, oh, well now I'm going to do something that uses intelligence.

    だから、ああ、今度は知性を使うことをしよう、と考える必要はない。

  • We put it in the apps that you're already using and integrated it deeply.

    私たちは、あなたがすでに使っているアプリにそれを入れ、深く統合しました。

  • Right.

    そうだね。

  • Yeah, I think also now there's a lot of talk about it now that there is generative AI.

    そうだね、ジェネレーティブAIが登場した今、それについての話題も多くなっていると思う。

  • Yeah.

    そうだね。

  • A lot of people have, I mean, Apple's notorious for never sending anything to the cloud.

    つまり、アップルはクラウドに何も送らないことで有名なんだ。

  • Everything's on device because that is the most secure way to do it.

    それが最も安全な方法だからだ。

  • And was applauded for it.

    そして喝采を浴びた。

  • Interestingly, this is a little bit different now with a lot of these larger models, more complex requests, you actually do have to go off the device.

    興味深いことに、これらの大型モデルや複雑なリクエストでは、実際にデバイスから離れる必要がある。

  • So you've developed, I want to get the name right, Private Cloud Compute.

    プライベート・クラウド・コンピュートという名前を正しく使いたい。

  • Explain this to us, because I think the general chatter online is, well, they have to be sending data to OpenAI, for example, to get a request back from chat GPT.

    というのも、ネット上の一般的な噂では、たとえばチャットGPTからリクエストを返すためには、OpenAIにデータを送信しなければならない。

  • Well, there's Private Cloud Compute, and then there's the arrangement with OpenAI.

    まあ、プライベート・クラウド・コンピュートもあるし、OpenAIとの取り決めもある。

  • These two things are different.

    この2つは違う。

  • Okay.

    オーケー。

  • And so if you look at Private Cloud Compute, we're utilizing the same silicon, not the same silicon, but the same basic architecture as the silicon that's in the, well, that's in the iPhone. 15, yeah.

    プライベート・クラウド・コンピュートでは、iPhoneに搭載されているシリコンと同じシリコンを使っています。15、そう。

  • And we're using the same software.

    同じソフトを使っているしね。

  • And so we believe that we've done it in such a way that it's as safe and secure and private in the Private Cloud Compute as the device.

    プライベート・クラウド・コンピュートでは、デバイスと同じように安全でセキュアでプライベートなサービスを提供できると信じています。

  • And so we've really worked on this a lot and put a lot of wood behind that arrow to assure that.

    そのため、私たちは何度もこの問題に取り組み、矢の後ろにたくさんの木を置いて、そのことを保証してきた。

  • If you're working on something that requires world knowledge, so you're out of the domain of personal context and so forth, then you may want to go and use one of the large language models that are on the market.

    もしあなたが、世界的な知識を必要とするようなことに取り組んでいて、個人的な文脈などの領域から外れているのであれば、市場に出回っている大規模な言語モデルのいずれかを使用した方がいいかもしれない。

  • And we selected what we feel is the best one with OpenAI and chat GPT.

    そして、OpenAIとチャットGPTでベストと思われるものを選んだ。

  • But you'll make a conscious decision to do that.

    でも、そうすることを意識的に決断するんだ。

  • Every time.

    毎回だ。

  • Every time.

    毎回だ。

  • So you can guarantee that there will never be any data sent to OpenAI without your explicit user- That's right.

    ですから、あなたが明示的にユーザーを指定しない限り、OpenAIにデータが送信されることはありません。

  • That's right.

    その通りだ。

  • You decide.

    あなたが決めてください。

  • Right.

    そうだね。

  • I also feel like there was this blip on the radar of standalone AI devices, which I found really interesting.

    また、スタンドアローンのAIデバイスのレーダーがちらっと見えたような気がしたが、これは本当に興味深かった。

  • They didn't land too well.

    着地はあまり良くなかった。

  • I think smartphones are pretty great.

    スマートフォンはとても素晴らしいと思う。

  • But there was an interesting conversation around that about using your phone less.

    だが、その前後で携帯電話の使用を控えるという興味深い会話があった。

  • Maybe having AI help you out in ways that let you spend less time on the screen.

    もしかしたら、AIに手伝ってもらうことで、画面に向かう時間を減らすことができるかもしれない。

  • And this is something you echoed also in the Dua Lipa interview.

    これはデュア・リパのインタビューでも話していたことだ。

  • Like if you're looking at your phone more than you're looking into someone else's eyes, something's off there.

    他人の目を見るよりもスマホを見る方が多いなら、何かがおかしい。

  • Yeah.

    そうだね。

  • Do you think there's a potential future where we're using our phones less because of how well the intelligence works?

    インテリジェンスがうまく機能することで、携帯電話をあまり使わなくなる未来はあり得ると思いますか?

  • I think it's a possibility and a significant possibility.

    可能性はあるし、重要な可能性だと思う。

  • I mean, for us, we've never been motivated for people to spend their lives on their devices.

    つまり、私たちとしては、人々が自分のデバイスに人生を費やすことにモチベーションを感じたことはない。

  • Our model is not one that needs engagement to succeed.

    私たちのモデルは、成功するためにエンゲージメントを必要とするものではない。

  • Our model is one where we want to empower you to be able to do things you couldn't do otherwise.

    私たちのモデルは、そうでなければできないことをできるようにすることだ。

  • We want to give you a tool so you can do incredible things that you couldn't do without the tool.

    私たちはあなたにツールを提供し、ツールなしではできないような信じられないようなことができるようにしたいのです。

  • That's what motivates us.

    それが私たちの原動力だ。

  • And so we come out with things like screen time, et cetera, so it's a bit in your face as to how much you're using your device.

    だから、スクリーンの使用時間などを公表して、あなたがどれだけデバイスを使用しているのかがわかるようにしているんだ。

  • That's true.

    その通りだ。

  • We come out with, we count your notifications and so forth so that you can go in and say, do I really want this many notifications?

    私たちは、あなたの通知を数えたりして、あなたが本当にこれだけの通知が必要なのか?

  • And we have focus kinds of states where you can silence the phone, et cetera.

    また、私たちは、あなたが電話を無音にすることができるなど、フォーカスの種類の州を持っています。

  • And so I do believe that as things get smarter and smarter with Apple intelligence, that you can even take things that were taking more time will take less time now.

    だから、アップルのインテリジェンスによって物事がどんどん賢くなるにつれて、これまで時間がかかっていたことが、より短時間で済むようになると信じている。

  • And so I do think that opportunity exists.

    だから、そのチャンスはあると思う。

  • Interesting.

    興味深い。

  • Yeah, it's a curious future.

    ああ、不思議な未来だ。

  • It is, it is.

    そう、そうなんだ。

  • And I think a really, I'm really optimistic about it.

    そして、私は本当に楽観的に考えている。

  • Yeah.

    そうだね。

  • I also, I feel like there was tons of chatter when you were first CEO of Apple about this new shift, obviously coming from Steve Jobs, and you've been CEO for what feels like a long time now, and we're entering this new age of AI.

    私はまた、あなたがアップルの最初のCEOだったとき、この新しいシフトについて、明らかにスティーブ・ジョブズから来る、大量のおしゃべりがあったように感じています。

  • And I'm curious now, now there's new chatter about who's next CEO is gonna be.

    次のCEOが誰になるのか、新たな話題が出ている。

  • What do you feel like your legacy as CEO at Apple should be?

    アップルCEOとしての遺産は何になると思いますか?

  • Yeah, Marques, I don't think about it.

    ああ、マルケス、何も考えていないよ。

  • And so to me, a legacy is something that is defined by other people looking at you, not something that you define yourself.

    だから私にとっては、レガシーとは他人が自分を見ることによって定義されるものであって、自分で定義するものではないんだ。

  • Very fair.

    とてもフェアだ。

  • And so, and I typically, I'm always focused on the forward, not the rear view mirror.

    だから、僕は通常、バックミラーではなく、常に前方に集中している。

  • And that is a characteristic of Apple in general, is we're very focused on the forward.

    そして、これは一般的なアップルの特徴でもあるのですが、私たちは前方に非常に集中しているのです。

  • You won't find a museum here, and yet we would have lots of things that you might like to see and reminisce about, but we just don't, it's just not a part of our culture.

    ここには博物館もないし、あなたが見て懐かしみたいと思うようなものもたくさんあるはずなのに、それがない。

  • And so I feel the same way personally.

    だから、個人的にも同じように感じている。

  • At some point, there will be another CEO, and my whole focus in life will be on making them successful.

    いつかはまた別のCEOが現れるだろうし、私の人生の焦点は彼らを成功させることだ。

  • Yeah, I like that answer.

    ああ、その答えはいいね。

  • It's a very LeBron answer.

    まさにレブロンらしい答えだ。

  • Oh, is that right?

    そうなのか?

  • Yeah.

    そうだね。

  • All right, I wanna end with a little game.

    よし、最後にちょっとしたゲームをしよう。

  • I don't know if you've seen these, where it's a blind ranking.

    ブラインド・ランキングをご覧になったことがあるかどうかわからない。

  • Have you seen what these are?

    これが何なのか見たことがある?

  • A blind ranking?

    ブラインドランキング?

  • A blind ranking.

    ブラインドランキング。

  • So we're gonna do a top five Apple products of all time, but I'm gonna give you them one at a time, and you don't know what the rest of them are.

    そこで、アップル製品の歴代トップ5を発表しようと思うんだけど、1つずつあげるから、残りはわからないよね。

  • So you have to rank the first one without knowing what two, three, four, and five are.

    だから、2、3、4、5が何なのかを知らずに1位を決めなければならない。

  • Oh, and this is your ranking?

    これがランキングですか?

  • This will be your unofficial ranking, just based on your gut reaction of how you feel about the products.

    これは、あなたがその製品についてどう感じたかという直感に基づく、非公式なランキングとなる。

  • Oh, this is a tough one.

    ああ、これは難しいな。

  • It is a tough one.

    難しいことだ。

  • It's like asking you your favorite kids, or nephews, or nieces.

    好きな子供や甥っ子、姪っ子を聞くようなものだ。

  • We'll see how it goes.

    どうなるか見てみよう。

  • Yeah.

    そうだね。

  • Okay, number one, MacBook Air.

    よし、1番はMacBook Airだ。

  • We had that iconic moment of taking it out of the envelope on stage.

    ステージで封筒から取り出す象徴的な瞬間があった。

  • It's the most popular laptop in the world, I think.

    世界で最も人気のあるノートパソコンだと思う。

  • It's the most popular in the world, and that moment of taking it out of the folder established a characteristic about that device that lives today.

    世界で最も人気があり、フォルダから取り出したその瞬間が、今に生きるそのデバイスの特徴を確立した。

  • The first one, it wasn't about how many people would buy it.

    最初の作品は、どれだけの人が買ってくれるかではなかった。

  • Yeah.

    そうだね。

  • It was about establishing the foundation.

    基礎を確立することだった。

  • Was that the first Air product?

    Airの最初の製品ですか?

  • That was of any line.

    それはどのラインでもあった。

  • Yeah, it might have been.

    ああ、そうだったかもしれない。

  • I believe so, yes.

    そうだと思うよ。

  • Okay.

    オーケー。

  • I believe so.

    私はそう信じている。

  • And so, I'm going to fail miserably at giving you a ranking, but it was a huge moment.

    というわけで、順位をつけるのは惨敗しそうだが、大きな瞬間だった。

  • Yeah.

    そうだね。

  • A huge moment for the company.

    会社にとって大きな瞬間だ。

  • The iPad?

    iPad?

  • Oh, wow.

    ああ、すごい。

  • You know, tablets had been in the market for a long time.

    タブレットは長い間、市場に出回っていた。

  • Our objective is never to be first.

    私たちの目的は決して1番になることではない。

  • Our objective is to be best.

    我々の目標はベストを尽くすことだ。