Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Over the years, we have seen the popularity of reusable cups, mugs, and bottles explode all over the internet, with brands like Yeti, Stanley, and Hydro Flask basically becoming household names.

    ここ数年、再利用可能なカップやマグカップ、ボトルの人気がインターネット上で爆発的に高まり、Yeti、Stanley、Hydro Flask といったブランドが有名になりました。

  • And people are now collecting these things as fashion accessories.

    そして、人々はファッションアイテムとしてこれらを集めるようになりました。

  • But if you remember back to when this whole thing started, these reusable cups were invented for one reason, to help reduce waste.

    しかし、このことが始まった頃を思い出してみると、この再利用可能なカップが発明された理由はただ一つ、ゴミを減らすためでした。

  • So how the hell did we get so far away from the mark?

    それなのに、どうしてこんなにも遠くなってしまったのでしょう?

  • A huge thank you to Ground News for sponsoring today's video.

    本日の動画にご協賛いただいたグラウンドニュース社に深く感謝いたします。

  • All right, so I'm a 90s kid.

    90 年代の子供です。

  • I was basically raised off of super dramatic rock music and disposable Starbucks cups.

    私は基本的に、超ドラマチックなロック音楽と使い捨てのスターバックスのカップで育ちました。

  • I'm not even sure that it would have been possible to bring my own drinking vessel if I were so inclined, but it would have never crossed my mind because that wouldn't have been a cool thing to do and I was terribly insecure.

    その気になれば自分の酒器を持参することだって可能だったはずですが、そんなことは思いもよらなかったでしょう。なぜなら、そんなことをするのはカッコ悪いし、ひどく不安だったからです。

  • But today, you can't walk into a coffee shop without seeing some sort of reusable mug for sale, often at least one unique to said coffee shop specifically.

    しかし今日では、どのコーヒーショップに入っても、何らかの再利用可能なマグカップが販売されているのを目にしないことはなく、しばしばそのコーヒーショップに特有のものが少なくとも一つは置かれています。

  • Brands like Hydro Flask, Yeti, and Stanley have become status symbols in their own right in today's society.

    Hydro Flask、Yeti、Stanley などのブランドは、現代社会においてそれ自体がステータスシンボルとなっています。

  • We've done videos on all of those companies in the past already and how they rose to fame, but today we're going to be getting into what these names have done to our coffee industry and to our addiction to disposable cups.

    これらの企業について、これまでにそれぞれがどのようにして有名になったかを紹介するビデオを制作してきましたが、今日はこれらの企業がコーヒー業界にどのような影響を与え、使い捨てカップへの依存にどのような影響を与えているのかについて取り上げます。

  • To analyze whether or not these cups have actually done anything to make a difference.

    このようなカップが実際に何か変化をもたらしたかどうかを分析します。

  • Now, I probably don't need to tell you that disposable single-use cups suck.

    使い捨てコップが最悪であることは言うまでもないでしょう。

  • I feel like that's something that literally everyone can get behind.

    それは、マジで誰もが賛同できることだと思います。

  • We've all heard the stats.

    この統計は聞いたことがありますね。

  • Billions and billions of these things are thrown out every single year and despite the fact that they look like paper, most of them cannot be recycled because there is a plastic lining that apparently we don't know what to do with.

    毎年何十億も捨てられていて、紙のように見えるにもかかわらず、そのほとんどはリサイクルできません。なぜなら、プラスチックの裏地があるため、それに対処する方法が分かっていないからです。

  • The crazy thing is, is that the paper-ish cups didn't really gain traction until the 1980s when Starbucks started pushing the idea and we already can't imagine life without them.

    驚くべきことに、紙のようなカップが普及し始めたのは 1980年代にスターバックスがそのアイデアを推進し始めてからで、今ではそれなしの生活は考えられないほどです。

  • That's because coffee shops weren't just selling a new product at the time, but an entire cultural shift.

    それはコーヒーショップが単に新製品を売っていたのではなく、文化全体の転換を図っていたからです。

  • If you've seen our Mocha Pots video, you might remember that back in the day, Italian coffee shop culture was centered around leisure and community.

    Mocha Pots の動画をご覧になった方は、当時のイタリアのコーヒーショップ文化がレジャーとコミュニティを中心にしていたことを覚えているかもしれません。

  • You'd go there, you'd sip a brew with some of the boys while you're playing cards after a long day's work.

    そこに行って、一日の仕事を終えた後、仲間たちとカードをしながらコーヒーを飲むのです。

  • The disposable cup was perhaps the final death blow to this kind of culture and the birth of a new era where speed and convenience were paramount.

    使い捨てカップはこのような文化に最後の一撃を与え、スピードと利便性が最優先される新しい時代の誕生となったのでしょう。

  • Coffee became the emblem of a frenzied working class, a sign that you've got important places to be and things to do.

    コーヒーは熱狂的な労働者階級の象徴となり、重要な場所ややるべきことがあるというサインとなりました。

  • As one article put it, disposable cups became synonymous with surviving the workday, a reality frequently referenced in our pop culture today.

    ある記事によると、使い捨てカップは平日を乗り切ることの代名詞となり、今日のポップカルチャーで頻繁に言及される現実となりました。

  • Double tall lattes, one with no foam and one Starbucks compilation city.

    ダブルのトールラテ、1 つはフォームなし、もう 1 つはスターバックスのコンピレーション・シティ。

  • Of course, paper cups aren't the biggest environmental concern that we could be possibly tackling and they definitely aren't the first single-use product to enter the mainstream, but they are perhaps the most symbolic of our modern disposable culture.

    もちろん、紙コップは取り組むべき最大の環境問題ではなく、主流に登場した最初の使い捨て製品でもありませんが、現代の使い捨て文化を象徴するものとしては最も代表的なものかもしれません。

  • It's honestly at the point today where most people probably can't even imagine ordering a drink in a coffee shop and not getting their own cup with it.

    正直なところ、ほとんどの人がコーヒーショップで飲み物を注文した時に、自分のカップがついてこないなんて想像すらできないレベルだと思います。

  • Just as this disposable cup culture became the norm, we were also starting to realize that we should probably come up with a different option before we're buried alive in these things,

    この使い捨てカップ文化が当たり前になったのと同じように、私たちもまた、使い捨てカップに生き埋めにされる前に、別の選択肢を考え出すべきだと思い始めていました。

  • which is exactly how the first ever barista standard reusable coffee cup was born, KeepCup.

    そして、バリスタスタンダードである再利用可能なコーヒーカップ、KeepCup が誕生したのです。

  • If paper cups were the symbol of a modern throwaway culture, then KeepCup became the symbol of a new enlightened way of living sans unnecessary waste.

    紙コップが現代の使い捨て文化の象徴だとすれば、KeepCup は不必要なゴミを出さない新しい啓蒙的な生き方の象徴でしょう。

  • They were invented by an Australian brother-sister cafe owning duo who wanted to offer their customers a better, more sustainable option.

    それらは、より良く、より持続可能な選択肢を顧客に提供したいと考えた、オーストラリアの兄妹のカフェ経営者によって発明されました。

  • These sleek little cups solved all the problems the siblings had with previous options.

    この洗練された小さなカップは、兄弟がこれまでの選択肢で抱えていた問題をすべて解決しました。

  • They were cute, they were simple to make coffee in, and of course, they were reusable.

    かわいいし、コーヒーを入れるのも簡単だし、もちろん繰り返し使えるし。

  • They were something that customers and baristas alike could rally behind and they were a pretty big deal.

    それは顧客もバリスタも支持できるものであり、かなり大きな話題になりました。

  • Early adopters bought these guys primarily for altruistic reasons, but the trend soon spread to the point that in Australia, KeepCup is basically synonymous with any kind of travel mug,

    初期の愛用者は利他的な理由で購入していましたが、すぐにその傾向は広まり、オーストラリアでは KeepCup は基本的に旅行用マグカップの代名詞となっています。

  • just sort of like how Thermos is here in North America.

    Thermos が北米でそうであるように。

  • If any of our Australian viewers can confirm this one, that would be kind of interesting to see down in the comments below.

    もし、オーストラリアの視聴者の方で、このことを確認できる方がいらっしゃいましたら、下のコメント欄に書いていただけると嬉しいです。

  • Now today, I would say that KeepCup itself is no longer the it thing to have because there is just an ever-expanding array of contenders that have risen to give them some competition.

    今日では、KeepCup 自体が持つべきものではなくなったと言えるでしょう。なぜなら、彼らに競争を与えるために台頭してきた無数の競合製品が存在するからです。

  • Fellow, Miir, Kinto, Klean Kanteen, Yeti, et cetera, the list goes on.

    Fellow、Miir、Kinto、Klean Kanteen、Yetiなどなど。

  • KeepCup effectively jump-started an entire industry dedicated to producing the perfect on-the-go option that reduces waste while still being kind of fashionable.

    KeepCupは、廃棄物を減らしつつ、それでいて何となくおしゃれな持ち運び用の完璧なオプションを生み出すことに特化した、まさに新しい産業を立ち上げました。

  • And by 2019, the market was up to $13 billion.

    そして 2019 年には、その市場規模は 130 億ドルに達しました。

  • It hit a bit of a snag back then when we had that whole pandemic thing go on, but things have actually bounced back somewhat.

    その後、コロナが起こったときに少しスランプに陥りましたが、実際には事態はある程度回復しました。

  • And by 2031, the market is projected to grow to almost $25 billion.

    2031 年には 250 億ドル規模に成長すると予測されています。

  • And some good news on that front, perhaps.

    その点では朗報かもしれません。

  • There is recent news that Starbucks is going to start allowing customers to use reusable cups in their drive-through and mobile orders again.

    スターバックスがドライブスルーやモバイル注文で再利用可能なカップを再び使えるようにするというニュースが最近ありました。

  • We found this news story on Ground News.

    Ground News でこんなニュースを見つけました。

  • We use their app and website, which gathers thousands of news articles in one place with context you won't get anywhere else.

    何千ものニュース記事を一箇所に集め、他では得られないような文脈を提供しています。

  • You can check them out at ground.news/futureproof.

    ground.news/futureproof でチェックできます。

  • Now some of these articles just explain that Starbucks is looking to reduce waste and the basics on how they're implementing this new program,

    これらの記事の中には、スターバックスが廃棄物の削減を目指していることや、この新しいプログラムをどのように実施しているのかという基本的なことを説明しているものもあります。

  • while others deep dive into the logistics of this and how other coffee chains are following suit, as well as the larger cultural context here.

    また、他のコーヒーチェーンがどのように追随しているのか、さらに大きな文化的背景について深く掘り下げた記事もあります。

  • Over 60 sources are covering this.

    60 以上の情報源がこれを取り上げています。

  • However, if you only read right-leaning sources, you might've missed it.

    しかし、右寄りの情報源しか読まなければ、見逃してしまうかもしれません。

  • A cool feature that I love about Ground News is it has a blind spot page where you get access to diverse perspectives from all sides, making sure that you're fully informed.

    Ground News の大好きな素晴らしい機能の一つは、ブラインドスポットページがあり、すべての側面から多様な視点にアクセスできることです。これにより、完全に情報を得ることができます。

  • We keep working with Ground News because their platform perfectly aligns with what we are doing here at Future Proof.

    Ground News のプラットフォームは、私たちが Future Proof で行っていることと完全に一致しているから、彼らと協力を続けています。

  • We want to empower y'all to make informed decisions by sharpening your critical thinking skills.

    私たちは、皆さんの批判的思考力を磨くことで、情報に基づいた決断ができるようにしたいと考えています。

  • So dive right in by going to ground.news/futureproof, or you can scan this QR code to get yourself started.

    ground.news/futureproof にアクセスするか、この QR コードをスキャンしてくださいね。

  • If you use our link, you'll get 40% off their unlimited access vantage plan, which costs less than your daily coffee run to Starbucks, hopefully in your reusable cup.

    当社のリンクを使用すると、Ground News の無制限アクセスプランが通常のスターバックスの 1 日分のコーヒー代よりも安くなる 40% オフで利用できます。ぜひ再利用可能なカップで。

  • So the reusables market is booming though.

    再利用可能製品市場は急成長していますね。

  • Isn't that a good thing?

    いいことじゃありませんか?

  • Shouldn't we be celebrating?

    祝うべきじゃないのですか?

  • It seems like every single day the travel mug industry is solving another barrier to entry problem.

    毎日毎日、持ち運びマグ業界は新たな参入障壁の問題を解決しているようです。

  • Don't have space in your backpack?

    バックパックに空きがありませんか?

  • Get a collapsible mug.

    折りたためるマグカップを買って。

  • More of a tea person?

    紅茶派ですか?

  • Get one with a built-in diffuser.

    茶こし付きのを買って。

  • Hate carrying a mug and a water bottle?

    マグカップと水筒を持ち歩くのが嫌ですか?

  • This slick two-in-one option's got you covered.

    このスマートな2-in-1オプションがあなたを満足させるでしょう。

  • You can even buy mugs that connect to an app on your phone or ones that are made out of used coffee grounds.

    スマートフォンのアプリと連携するマグや、使われたコーヒーのかすで作られたマグさえも買うことができます。

  • Practically all of these options today are lightweight, leak-proof, and or insulated at the very least.

    今の時代、軽量で水漏れしにくく、保温性の高いものが主流だしね。

  • And the tech on all of these fronts is just getting more and more sophisticated by the day.

    その上、技術も日進月歩で進化しています。

  • There is almost guaranteed to be something to suit your unique lifestyle and needs.

    あなたのライフスタイルやニーズに合ったものが必ずあるはずです。

  • And it's probably going to look absolutely perfect with your Birkenstocks and Konkin Backpack to boot.

    それはおそらく、あなたのビルケンシュトックとコンキンバックパックと完璧にマッチするでしょう。

  • We also made videos about those things as well.

    また、そのような動画も作りました。

  • But the thing that we noticed while researching for this video is that pretty well every solution to the cup waste problem involves developing a new product.

    しかし、この動画のために調査している間に気づいたことは、カップの廃棄問題に対する解決策は、ほとんどすべて新製品の開発を伴うということです。

  • It's all about buying something different.

    違うものを買うということなんです。

  • There's this underlying attitude that if we can just develop the right product and convince enough people to purchase it, all of our problems will be solved.

    適切な商品を開発し、多くの人に買ってもらえれば、問題はすべて解決するという考え方が根底にあります。

  • An interesting exception to this is Prufrock Coffee.

    Prufrock Coffee は興味深い例外です。

  • They have an exchangeable KeepCup program that James Hoffman talked about on his channel in 2019.

    2019 年にジェームズ・ホフマンが自身のチャンネルで話していた、交換可能な KeepCup プログラムを持っています。

  • The idea was to allow you, the customer, to bring in your dirty old Prufrock KeepCup and exchange it for a fresh, clean one with brewed coffee in it.

    汚れた古い Prufrock の KeepCup を持ち込むと、新しい清潔なカップとそれに入ったブリューされたコーヒーと交換できるようにすることでした。

  • That way you didn't have to worry about cleaning the thing out and the baristas aren't seething mad at you when you bring a grimy cup expecting it to be cleaned.

    その方法では、カップの掃除を心配する必要がなくなり、カフェのバリスタが汚れたカップを持ってきて掃除を期待されてイライラすることもありません。

  • Now this sounds like a pretty reasonable idea, but we couldn't actually find any real news about it since it was announced, so it doesn't seem like it really panned out.

    このアイデアはかなり合理的なように思えますが、発表されてから実際にそれに関するニュースを見つけることができなかったので、実際にはうまくいかなかったようです。

  • Maybe you Londoners have an update that we might've missed, but my guess is that it was another COVID casualty or just never caught traction for the same reason that nothing else has been working, we're just too fucking lazy.

    もしかしたらロンドン市民が最新情報を持っているかもしれませんが、私の推測では、コロナの犠牲者が出たか、あるいは、単に他の何もうまくいっていない理由と同じで、私たちがただ怠惰すぎるからだと思います。

  • Now, we're gonna get into the human behavior thing in a minute, but I wanna talk about something else first.

    人間の行動については後ほど説明するとして、その前に話したいことがあるんです。

  • There is also this pattern of innovations in the disposable cup world that try to convince us that we can keep chucking away cups without repercussions.

    使い捨てコップの世界には、私たちが何の影響も受けずにコップを捨て続けられると信じ込ませようとする革新的なパターンもあります。

  • Every couple of years, there's a new promise of a new cup that's guilt-free.

    数年おきに、罪悪感を感じさせない新しいカップが発表されます。

  • There are cups that you can eat like an ice cream cone.

    アイスのコーンみたいに食べられるカップもあります。

  • Compostable cups are getting closer to being viable apparently, and we technically have the technology to recycle paper cups, even if we're not actually doing it for some reason.

    堆肥化可能なカップが実用化に近づいているようですし、紙製カップをリサイクルする技術は技術的には持っていますが、何らかの理由で実際には行われていないようです。

  • Obviously, we don't have time to get into all of these specific examples, but if you are interested and you wanna see more discussion about these kinds of products and things like that,

    もちろん、これらの具体的な例をすべて紹介する時間はありませんが、もし興味があり、このような製品についての議論をもっと見たいというのであれば、

  • you can check out our Reddit page, where people are always sharing weird stuff that they see in our consumer world.

    このページでは、消費者の世界で見かけた奇妙なものを人々がいつも共有しています。

  • But here's the thing.

    でも、こういうことなんです。

  • You can't just consumerism your way out of consumerism.

    消費主義から抜け出すことはできません。

  • Despite all the innovations in design, the absolutely viral popularity, and the universal acceptance of travel mugs as being the thing to have, nobody is using them.

    デザインは革新的だし、人気は絶大だし、持ち運びマグカップは誰もが持ってるものだと受け入れられてるにもかかわらず、誰も使っていません。

  • In 2019, when reusable cups were coming into their own at the height of fashion and virtue signaling, some British coffee shops were reporting that not even 2% of customers were bringing their own mug.

    2019 年、再利用可能なカップがファッションと美徳のシンボルとして脚光を浴びていた頃、イギリスのコーヒーショップの中には、自分のマグカップを持参する客は 2% もいなかったと報告しているところもありました。

  • Prêt-à-Manger said that they were able to get that number up to a whopping 5% by doubling the discount for reusable mugs.

    Prêt-à-Manger は、再利用可能なマグカップの割引率を 2 倍にすることで、この数字をなんと 5% にまで引き上げることができたという。

  • And I gotta say, 5%?

    5%?

  • After bribing customers to do the right thing, we get to 5%?

    正しいことをするよう顧客を買収した後、5% になるって?

  • And that's not just because people don't have access to a good mug.

    マグカップが手に入らないからというわけでもありません。

  • Of the people who do, in fact, own their own travel mug, only one in six use it every time they go out for coffee, according to research put out by Hubbub and Starbucks in 2020.

    2020 年に Hubbub とスターバックスが発表した調査によると、実際に持ち運びマグカップを持っている人のうち、コーヒーを飲みに行くたびに使っている人は 6 人に 1 人しかいません。

  • And the sad thing is, for me, that seems kinda high, based on my own experience in coffee shops, but either way, it's pathetic.

    悲しいことに、私自身のコーヒーショップでの経験からすると、この数字はちょっと高いような気がしますが、いずれにせよ、哀れなことです。

  • On their website, KeepCup would argue that this is simply due to a lack of options from the customer's part,

    KeepCup のウェブサイトでは、これは単に客側の選択肢の少なさによるものだと反論しています。

  • that we would all be willing to sacrifice convenience for the planet if only the right option was available, which is a nice thought.

    もし適切な選択肢があれば、私たちは皆、便利さを犠牲にしてでも地球のために行動することを喜んでするだろうというのは、素敵な考えですね。

  • And I like to think that KeepCup is just a little naive kitten in this circumstance that believes in this fairy tale, but sadly, it's BS.

    そして、KeepCup はこのおとぎ話を信じているこの境遇の小さな世間知らずの子猫だと思いたいが、悲しいかな、それは嘘です。

  • We have the options.

    選択肢はあります。

  • We have way too many options.

    選択肢が多すぎます。

  • We're overflowing with options.

    オプションで溢れかえっています。

  • And sadly, not even 5% of us are using it.

    そして悲しいことに、それを使っている人は 5% もいません。

  • And listen, it's not about us.

    で、俺たちのことじゃないんです。

  • We're not bad people.

    俺たちは悪くありません。

  • It's not you and me's fault.

    あなたや俺が悪いんじゃありません。

  • It's because disposability has been baked into the fabric of our culture.

    使い捨てが文化に組み込まれてるからです。

  • And look, just for reference, we're not saying that if you use a disposable cup, you're an asshole.

    参考までに言っておくけど、使い捨てコップを使ったらアホだって言ってるわけじゃないからね。

  • The producer of this channel just got this in a disposable cup from a cafe down the street.

    このチャンネルのプロデューサーが、近所のカフェで使い捨てカップで買ってきたものです。

  • So we're all human.

    みんな人間なんです。

  • We're all struggling with it.

    みんな悩んでるんです。

  • It says compostable.

    堆肥化可能って書いてあります。

  • Look, it says compostable on the bottom.

    ほら、底に堆肥化可能って書いてあります。

  • Oh my God.

    なんてことだ。

  • And look, the leaves, you can tell it's sustainable.

    見てください、この葉っぱ......持続可能なんです。

  • It's got the leaves on the side of it.

    葉っぱがついてるから。

  • The sad reality is that it doesn't matter how advanced, convenient, and beautiful these mugs get,

    いくらマグカップが進化して便利で美しくなっても、悲しい現実は変わりません。

  • they will never be as convenient as a free cup from the shop that you just chuck away when you're done.

    飲み終わったらポイっと捨てられるお店のフリーカップほど便利なものはありません。

  • The fact that we have to remember a travel mug, pack it around all day, and then the real clincher, rinse it out when we're done, is just too much to ask.

    マグカップを忘れないようにしないといけないし、一日中持ち歩かないといけないし、極めつけは飲み終わったら水洗いしないといけません。

  • And yet we keep buying these overbuilt mugs because it makes us feel better.

    マグカップを買い続けると、気分が良くなるんです。

  • Like we're making a difference.

    俺たちが変化を起こしているようにね。

  • And as a bonus, it's a visual signal to others that we're doing the right thing.

    おまけに、俺たちが正しいことをしてるという視覚的なシグナルにもなります。

  • We forget that by some estimates from a carbon perspective, you would need to use that cup like 20 to 1,000 times to make it better than a disposable one.

    そのコップが使い捨てのものよりも良いものであるためには、炭素の観点からすると 20 回から 1,000 回使う必要があるという試算があることを忘れています。

  • These are resource-intensive products, and the more built up they are, the more that goes into them, the more impact they have.

    このような製品は資源を大量に消費するため、作り上げれば作り上げるほど、より多くの影響を与えることになります。

  • And if they're just collecting dust on a shelf, that doesn't help the planet or anyone else.

    もしそれが棚の上で埃をかぶっているだけなら、地球や他の誰の役にも立地ません。

  • Now, thankfully, there are businesses and researchers experimenting with solutions to this problem, and we've already learned a lot of things.

    しかし、ありがたいことに、企業や研究者がこの問題の解決策を試行錯誤しており、我々はすでに多くのことを学んでいます。

  • Discounts may not be super motivating, but there's promise in reframing a cup as an additional cost.

    割引はあまりやる気を起こさせるものではないかもしれませんが、コップを追加料金としてとらえ直すことは有望です。

  • We do this in grocery stores already, asking customers if they want to buy a bag, and we could do the same thing with cups,

    このようなことは食料品店ではすでに行われており、袋を買うかどうかを客に尋ねています。

  • forcing us to stop and consider for a moment the consumption cost of our actions.

    俺たちの行動の消費コストを考えさせられるように、俺たちを一時停止させることがあります。

  • But there is definitely something deeper here that we need to address, which is why throwaway culture exists in the first place.

    しかし、俺たちが取り組むべきもっと深い何かがここにあることは間違いありません。それは、そもそもなぜ使い捨て文化が存在するのかということです。

  • There's no one reason, of course, but a big factor is that as a culture, our values have completely shifted in the last century or so.

    もちろん、理由は一つではないですが、文化として、俺たちの価値観がここ 1 世紀ほどで完全に変わってしまったことが大きな要因です。

  • None of this would be a problem if our items weren't commodified in the way that they are, or we weren't forced into such a frantic culture of efficiency and speed.

    このようなことは、俺たちのアイテムが商品化されていなければ、あるいは俺たちが効率とスピードに躍起になる文化に強制されていなければ、問題にはならなかったでしょう。

  • Sitting in a coffee shop and sipping with your friends at the end of a workday is just not how coffee is consumed for the most part.

    コーヒーショップに座って、仕事終わりに友人と一息つくというのは、コーヒーの飲み方としては一般的ではありません。

  • Instead, we're always rushing from place to place, trying to get as much money so that we can buy as much as we possibly can.

    その代わり、俺たちはいつもあちこち駆け回り、少しでも多くのお金を手に入れ、少しでも多くのものを買おうとしています。

  • One way or another, the only way out of this mess is to change the way that we think about the world, build new habits, or just try not to get depressed along the way.

    この混乱から抜け出す唯一の方法は、世界に対する考え方を変えるか、新しい習慣を身につけるか、あるいはただ途中で落ち込まないようにするしかありません。

  • And here's a slightly more positive take.

    そしてこちらはもう少し前向きな意見です。

  • You know, every time that you bring your reusable cup into a coffee shop, it makes it that much more likely that the person next to you will too.

    毎回再利用可能なカップをコーヒーショップに持って行くたびに、隣の人も同じようにする可能性がさらに高まります。

  • We're social creatures.

    人は社会的な生き物なんです。

  • There's millions of people out there who would just jump on the reusable bandwagon if enough other people did too.

    何百万人もの人々が、他の多くの人々がそうするならば再利用可能なものに乗り換えるでしょう。

  • So hopefully, you are not too depressed to keep using your reusable mugs.

    だから、あなたは再利用可能なマグを使い続けることをあきらめないでくださいね。

  • And if you did enjoy today's video, make sure that you are subscribed so that you can see more content from us every single week.

    もし今日の動画を楽しんでいただけたら、ぜひチャンネル登録をお願いします。これにより、毎週の新しいコンテンツを見ることができます。

  • Thank you so much for watching.

    ご視聴ありがとうございました。