Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • When you think of great films,

    名作といえば、

  • you might think of their directors like Spielberg, Hitchcock, Peele

    スピルバーグ、ヒッチコック、ピールといった監督や、

  • or actors like Meryl Streep, Viola Davis, Morgan Freeman.

    メリル・ストリープ、ヴィオラ・デイヴィス、モーガン・フリーマンといった俳優を思い浮かべるかもしれません。

  • But recently, there's a new name in the mix and it's not a person but a studio.

    しかし、最近、新しい名前が出てきて、それは人ではなく、スタジオなんです。

  • A24.

    A24。

  • A24 movies have been nominated for over 50 Oscars and have won 16.

    A24の映画がノミネートされましたを50回以上受賞し、16回のオスカーを獲得しています。

  • They've taken over Halloween and maybe your closet.

    ハロウィンやあなたのクローゼットを占領しているかもしれません。

  • And the reason why you know their name is part of their strategy.

    そして、あなたがその名前を知っている理由は、彼らの戦略の一部なのです。

  • A strategy that's helped take A24 from a tiny distribution company

    この戦略により、A24は小さな配給会社から、

  • to making some of the biggest and weirdest movies and TV shows of the past ten years.

    過去10年間で最大かつ最も奇妙な映画やテレビ番組を作るようになったのです。

  • I've maybe seen more A24 films than the people who work at A24.

    A24で働く人たちよりも、私の方がA24の映画を多く見ているかもしれません。

  • My name is Nate Jones.

    私の名前はネイト・ジョーンズです。

  • I'm a senior writer for Vulture in New York Magazine.

    ニューヨークマガジンの Vulture でシニアライターをしています。

  • Last August, 8/24, I ranked all of them from worst to best.

    昨年8月、8/24に、そのすべてをワーストからベストまでランキングしました。

  • The company was founded on two sort of basic creative principles.

    同社は、2種類の基本的な創造原理に基づいて設立されました。

  • The first was that they were going to give directors an almost unprecedented creative freedom

    1つ目は、監督にほとんど前例のない創造的な自由を与えるということでした。

  • and then to pay for that, because that is, you know, creatively risky.

    というのも、それはクリエイティブ・リスキーなことだからです。

  • They basically decided they weren't going to be spending money on traditional forms of marketing.

    彼らは基本的に、従来のマーケティングにお金をかけるつもりはないと決めていました。

  • They were going to try and use viral marketing and word of mouth.

    バイラルマーケティングや口コミの活用を試みるつもりだったのでしょう。

  • These cheaper ways of bringing attention to their movies.

    これらの安価な方法で、映画に注目を集めることができます。

  • So the first half of their existence, they only bought.

    だから、設立当初の前半は、買うだけでした。

  • They didn't make any of the films.

    どの映画も作っていないのです。

  • In other words, A24 was founded as a distribution company.

    つまり、A24は配給会社として設立されたのです。

  • And as your resident film nerd,

    そこで、映画オタクとして、

  • I have to give you a quick lesson on the moviemaking pipeline for this all to make sense.

    映画製作のパイプラインについて簡単に説明させていただきます。

  • So bear with me for a second.

    だから、ちょっとだけ我慢してください。

  • First, there's production, where the movie gets made.

    まず、映画が作られるプロダクションがあります。

  • Then there's distribution,

    それから、流通ですね、

  • where a company buys the rights to finished film and takes on the work of marketing it

    そして、完成した映画の権利を買い取り、マーケティングを担当する会社があります。

  • and making deals to connect it to companies that can show it to audiences.

    そして、それを観客に見せることができる企業につなげるための取引を行っています。

  • That's the third part, known as exhibition,

    それが、展示と呼ばれる第3の部分です、

  • where companies like movie theaters and streaming services show movies for the general public.

    映画館やストリーミングサービスなどの企業が、一般消費者向けに映画を上映する場所です。

  • The studios you're likely familiar with generally take on both production and distribution.

    みなさんがよくご存知のスタジオは、一般的に制作と配給の両方を担っています。

  • So something like Indiana Jones and the Dial of Destiny is produced by Disney.

    『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』のようなものは、ディズニーが制作しているわけです。

  • And then Disney also makes the trailers, posters, and deals with with exhibitors like AMC and Regal

    そして、ディズニーは予告編やポスターも作り、AMC やリーガルのような興行主との取引も行います。

  • to get that movie shown in theaters.

    その映画を映画館で上映してもらうために。

  • But smaller, independently produced films often go to film festivals like Sundance or Tribeca

    しかし、小規模な自主制作映画は、サンダンスやトライベッカのような映画祭に出品されることが多いです。

  • in hopes of getting the attention of a distributor,

    配給会社の目に留まることを期待して、

  • who will buy the rights to the film and will help them make those connections.

    映画化権を購入する人と、そのつながりを作るお手伝いをします。

  • In the beginning,

    当初、

  • A24's sole focus was to find great indie movies and buy the distribution rights for them.

    A24は優れたインディーズ映画を発掘し、その配給権を買い取ることだけを考えていました。

  • It's just easier that way. You don't need as much money.

    その方が楽なんです。 お金もそれほど必要ありません。

  • You know, it takes a lot of cash to produce a film.

    映画を制作するには、多額の資金が必要ですよね。

  • Doesn't take as much to just buy a film that's already made.

    すでに作られた映画を買うだけなら、それほど手間はかかりません。

  • Let's use Spring Breakers, their first hit,

    彼らの最初のヒット作である『スプリング・ブレイカーズ』をケーススタディとして、

  • as a case study to show how all their strategies come together.

    彼らの戦略がどのように組み合わされているかを紹介しましょう。

  • Spring Breakers was the first A24 film I saw.

    『スプリングブレイカーズ』は、私が初めて見たA24の作品です。

  • It was the first A24 film most people saw.

    ほとんどの人が最初に見たA24の作品です。

  • I think it was a very good introduction to the A24 style.

    A24 のスタイルを知る上で、とても良い入門書だったと思います。

  • The film has an extremely strong artistic vision from director Harmony Korine,

    この映画は、ハーモニー・コリン監督の芸術的なビジョンが非常に強い、

  • who A24 courted by making bespoke gun-shaped bongs.

    A24 が銃の形をした特注のボングを作ることで口説いた人です。

  • The movie had striking visual choices,

    この映画には印象的な映像の選択がありました、

  • like this rain that almost looks like blood

    この血のような雨

  • and a neon color palette that has become a staple of A24 films.

    そして、A24 作品の定番となったネオンカラーのパレットが特徴です。

  • It had a clear hook.

    明確なフックがありました。

  • You have these sort of Disney starlets like Selena Gomez

    セレーナ・ゴメスのようなディズニーのスターレットがいますが、

  • and they're, you know, getting up to no good and doing drugs.

    彼女たちは良くないことをして、ドラッグをやっています。

  • And if you were a young person who'd grown up on the Disney Channel,

    そして、ディズニーチャンネルで育った若い人たちは、

  • suddenly all these people you'd seen in this very squeaky clean entertainment

    突然、このとてもきれいなエンターテインメントで見てきた人たちが、

  • were getting very rough and grimy.

    とても荒んで、不潔になってしまったのです。

  • And on top of that, it had supremely memeable sequences.

    その上、最高にミーハーなシークエンスがあります。

  • James Franco has..

    ジェームズ・フランコは...

  • you know, the first of many A24 scenes that would just become this sort of perfect little tidbit.

    A24 の多くのシーンの中で、このような完璧な小ネタになる最初のシーンがあります。

  • He has this speech.

    こんなスピーチがあるそうです。

  • Look at my shit.

    私の荷物を見てください。

  • I got short. Every fucking color.

    短くなってしまいました。あらゆる色。

  • Scarface on repeat.

    スカーフェイスをリピート中。

  • It was just this weird sort of thing that really had just caught on.

    そんな奇妙なものが、今、流行っているのです。

  • Their innovative online marketing strategy leveraged gifs and memes to make the movie buzzy.

    GIF やミームを活用した革新的なオンラインマーケティング戦略で、映画の話題性を高めました。

  • Like this one that amassed over 20,000 thumbs up on Facebook,

    Facebook で2万件以上のサムズアップを集めたものもそうですが、

  • which, you know, doesn't sound like a lot now.

    今となってはあまりピンとこないですよね。

  • But you got to remember, this was 2013 back when the LA Times was calling likes thumbs ups.

    しかし、LA タイムズが「いいね!」をサムズアップと呼んでいた2013年当時のことを思い出してください。

  • Anyways, the marketing worked.

    とにかく、マーケティングがうまくいったんです。

  • The movie ended up setting per screen attendance records for its opening weekend

    この映画は、オープニングの週末に1スクリーンあたりの観客動員数を記録し、

  • as well as clocking the biggest premiere of the movie in limited release that year.

    その年の限定公開の映画としては最大のプレミア上映を記録しました。

  • The second weekend...

    2週目の週末は...

  • everybody talked a lot about how they hated the movie,

    みんなこの映画が嫌いだと言っていたのに、

  • but their first weekend was incredible.

    最初の週末はすごいことになっていたんです。

  • That movie was a huge word-of-mouth hit.

    あの映画は口コミで大ヒットしたんですよ。

  • If you look at how much money it made compared to other films,

    他の映画と比べたときの稼ぎを見るとね、

  • you know, it doesn't really stand out.

    あまり目立たないんですよ。

  • But if you look at how much money it makes compared to other, you know, independent films

    でも、あの時代の他のインディペンデント映画と比較して、どれだけのお金を稼いでいるかというと、

  • from that era, like, it was a huge hit.

    大ヒットしたんですよ。

  • And crucially, it proved that the A24 method worked.

    そして、決定的なのは、A24方式が有効であることを証明したことです。

  • If they could keep curating distinct, vibey movies,

    もし彼らが、個性的で生き生きとした映画を作り続け、

  • marketing them online for less money and more virality

    より少ない費用でよりバイラリティのあるオンラインマーケティングを行い、

  • and distributing them in a way where the box office can rival the budget,

    予算に見合った興行収入を得られるような方法で配給することができれば、

  • then they were in business.

    ビジネスとして成立します。

  • And, oh boy, were they in business.

    そして、なんと、彼らはビジネスで活躍していたのです。

  • They were able to create such a strong brand.

    そんな強いブランドを作ることができたのです。

  • You knew in your head kind of what an A24 film was.

    A24 の映画がどういうものか、なんとなく頭ではわかっていたんですね。

  • And I think that's down to their sense of taste.

    そしてそれは、その人のセンスによるものだと思います。

  • I don't know of any other studio that has such an almost like a personal style in that way.

    そういう意味で、個人的なスタイルに近いものを持つスタジオは他にないと思います。

  • They helped launch careers for Ari Aster, the Daniels, and Robert Eggers.

    アリ・アスター、ダニエルズ、ロバート・エガーズなどのキャリアアップに貢献しました。

  • And afforded directorial debuts to Greta Gerwig, Jonah Hill, and Bo Burnham.

    また、グレタ・ガーウィグ、ジョナ・ヒル、ボー・バーナムが監督デビューを果たしました。

  • They would find these up and coming directors and be like,

    新進気鋭の監督を見つけては、こう言うのです、

  • we are going to sort of usher you to the next level.

    私たちは、あなたを次のステージに導くような存在になるのです。

  • Ex Machina showed their shrewdness in marketing

    『Ex Machina』、マーケティングで見せた抜け目のなさとは、

  • as they created a Tinder account for Alicia Vikander's lead character,

    アリシア・ヴィキャンデルが演じる主人公の Tinder アカウントを作成したことで、

  • inviting men to watch the movie.

    男性に映画鑑賞を呼びかけます。

  • And films like Room became big hits at the Oscars.

    そして『ルーム』のような作品がアカデミー賞で大ヒットを記録しました。

  • They won their first Oscars in 2016.

    彼らは2016年に初めてアカデミー賞を受賞しました。

  • They won best actress for Brie Larson in Room.

    『ルーム』のブリー・ラーソンで主演女優賞を受賞しています。

  • They won best visual effects for Ex Machina.

    『Ex Machina』で視覚効果賞を受賞しています。

  • And they won Best Documentary for Amy.

    そして、『エイミー』で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しました。

  • So they had been on the scene, they had been respected.

    だから、彼らは現場にいて、尊敬されていたんです。

  • They had sort of known how to play the industry game.

    彼らは、業界のゲームのやり方をなんとなく知っていたのです。

  • You know, they weren't too cool for it.

    あまりにかっこよくなかったからでしょう。

  • They weren't holding their heads above it.

    頭を抱えていたわけではないのです。

  • And four years in,

    そして4年目に突入、

  • after curating a strong brand off of other people's movies,

    他人の映画で強力なブランドを構築した後、

  • they decided to produce one on their own.

    自分たちで作ろうということになったのです。

  • So Moonlight was the first film that they made themselves.

    『ムーンライト』は、自分たちで作った最初の映画だったんですね。

  • There was a bet on Barry Jenkins,

    バリー・ジェンキンスには賭ける思いがあり、

  • who had made only one other feature in eight years before this point,

    この時点まで8年間、他に1本しか長編を制作していませんでした、

  • and they basically said, like,

    こういった感じで、基本的には言われていました、

  • we will let you do totally whatever you want. We will support you.

    私たちは、あなたのやりたいことをとことんやらせてあげます。私たちはあなたをサポートします。

  • Visually, it does look a lot like other A24 films.

    ビジュアル的には、他のA24作品とよく似ていますね。

  • You know, you have that neon, you have that very subjective lighting.

    ネオンのような、非常に主観的な照明があるじゃないですか。

  • Moonlightthat was when they get the reputation, I think,

    ムーンライト - それは、彼らが評判になるときだったと思います。

  • for like, oh, you know, it's not just online hype.

    ああ、ネット上の誇大広告だけではないんだな、と感じています。

  • They're not just like buzzy.

    ただバズるようなものではありません。

  • They are going to release some great, great films.

    素晴らしい名作を世に送り出してくれることでしょう。

  • If you look at the films they have produced since Moonlight,

    『ムーンライト』以降の彼らの作品を見ると、

  • it's a lot of the movies we think of as like very-A24:

    とても A24 のようなイメージの映画が多いですね:

  • Uncut Gems,

    ノーカットジェム、

  • Everything Everywhere All At Once.

    エブリシング・エブリウェア・オールアットワンス

  • You know, it's these movies that are these big, bold brand statements.

    こういう映画こそ、大きく大胆なブランドステートメントになりますよね。

  • In 2017, they expanded to TV.

    2017年には、テレビにも進出しました。

  • When you talk to people who watch Euphoria,

    ユーフォニアムを観ている人に話を聞くと、

  • a lot of them don't know that it's an A24 series

    A24 シリーズであることを知らない人が多いようです。

  • because Euphoria airs on HBO,

    というのも、ユーフォリアはHBOで放送されているからです、

  • which is a very strong brand, a very big brand.

    非常に強いブランド、非常に大きなブランドです。

  • And that kind of crowds out the A24 of it all.

    そして、それが A24 を混同してしまうんです。

  • But Beef airs on Netflix, which has a much smaller brand.

    しかし、『BEEF』はブランドがもっと小さい Netflix で放送しています。

  • And, you know, suddenly that allows the A24 of it all to kind of jump out.

    そして、そのおかげで、突然、A24 が飛び出してくるんです。

  • And as a cherry on top...

    そして、チェリーとして...

  • they make merch for themselves, not just for the films.

    映画だけでなく、自分たちのためにグッズを作るのです。

  • You know, they will sell A24 T-shirts and A24 hoodies with that little logo on it.

    あの小さなロゴが入った A24 のTシャツや A24 のパーカーを販売するんです。

  • And that sort of helps build that sort of cult around this, you know, editorial sensibility that they have.

    そうすることで、彼らの持つ編集者としてのセンスに、ある種のカルト性を持たせることができるのです。

  • And they employ a lot of the techniques that the fashion industry has too.

    そして、ファッション業界も持っているテクニックを多く採用しています。

  • You know, they will do collaborations with, you know, online ceramics.

    彼らはオンラインの陶芸とコラボレーションする予定です。

  • They will do with limited edition drops,

    限定品のドロップでやってくれるでしょう、

  • where you've got to get your hands on something now.

    今すぐ何かを手に入れなければならない場所。

  • They build this sense of exclusivity around it,

    彼らは、その周囲に排他的な感覚を構築するのです、

  • where it becomes, you know, there're A24 merch heads, you know, who are really hoping to get the latest stuff.

    そうすると、A24 のマーチャンダイザーは、最新のものを手に入れたいと強く願っています。

  • It's something that no other indie studio has quite managed to pull off.

    これは、他のインディースタジオではなかなか実現できないことです。

  • When you look at their trajectory in retrospect,

    彼らの軌跡を振り返ってみると、

  • it's easy to be dazzled into thinking that they've got the Midas touch.

    「ミダス的な才能がある」と目がくらんでしまいがちです。

  • And in some ways they do. But...

    そして、ある意味、そうなのです。でも...

  • You know, we don't need to build them up too much.

    あまり多くを構築する必要はありません。

  • Like any studio, they make bad films too.

    どのスタジオもそうですが、悪い映画も作っています。

  • You just might not notice it

    気づかないだけかもしれません

  • because A24 puts out a ton of movies every year as compared to other studios,

    なぜなら、A24 は他のスタジオに比べ、毎年大量の映画を世に送り出しているからです、

  • both big and small.

    大きなものから小さなものまで。

  • In 2022, the studio put out 20 films.

    2022年、スタジオは20本の映画を世に送り出しました。

  • That's 2 more than Paramount,

    これは、パラマウントよりも2つ多く、

  • a studio that's way larger than they are.

    彼らよりもはるかに大きなスタジオです。

  • But they have a unique way of hiding their bad films and making them go away.

    しかし、彼らは駄作を隠して消すという独特の方法を持っています。

  • They had a deal with DirecTV.

    ディレクTVと契約していたのです。

  • They now have a deal with Apple TV,

    現在は Apple TV と契約しているそうです、

  • where, you know, movies that maybe they don't think are quite pass muster,

    そのような映画もあるんですが、そのような映画は、なかなか審査に通らないんです、