Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • So you want to be an orthodontist.

    矯正歯科医になりたいんですね。

  • You love teeth and want a specialty where you can have a great lifestyle, avoid back

    歯が好きで、素晴らしいライフスタイルを送れる専門性を求めている方、腰を痛めない方

  • pain, and delegate most of your tasks to your assistants.

    の苦痛を軽減し、ほとんどの仕事をアシスタントに任せることができます。

  • Let’s debunk the public perception myths and give it to you straight.

    世間の認識神話を否定して、ストレートに伝えよう。

  • This is the reality of orthodontics.

    これが矯正歯科の現実です。

  • Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com Welcome to our next installment in So You

    Dr. Jubbal, MedSchoolInsiders.com 次回の「So You」へようこそ。

  • Want to Be.

    なりたい姿。

  • In this series, we highlight a specific specialty within healthcare, such as orthodontics, and

    このシリーズでは、矯正歯科など、医療の中の特定の専門分野にスポットを当て

  • help you decide if it’s a good fit for you.

    を参考に、自分に合うかどうかを判断してください。

  • You can find the other specialties on our So You Want to Be playlist.

    その他の特技は、プレイリスト「So You Want to Be」でご紹介しています。

  • If you have a specific specialty you want covered, be sure to vote in our upcoming polls,

    もし、あなたが特定の専門分野をカバーしたいのであれば、是非、次回の投票に参加してください。

  • and to do that youll need to be subscribed.

    そのためには、購読している必要があります。

  • YouTube channel members receive additional perks and will get priority in helping us

    YouTubeチャンネル会員には、さらに特典があり、優先的に支援することができます。

  • decide future specialties.

    将来の専門分野を決める。

  • Click the Join button underneath this video for more information.

    このビデオの下にある参加ボタンをクリックすると、詳細が表示されます。

  • If you’d like to see what being an orthodontist looks like, check out my second channel, Kevin

    矯正歯科医がどのようなものか見たい方は、私のセカンドチャンネルである「Kevin」をご覧ください。

  • Jubbal, M.D., and more specifically our Day in the Life playlist, where we'll be covering

    Jubbal, M.D.のプレイリストを中心に、「Day in the Life」をご紹介します。

  • a day in the life of an orthodontist in the future.

    将来の矯正歯科医の一日。

  • Orthodontics is the specialty of dentistry that deals with the diagnosis, prevention,

    歯科矯正学は、診断、予防を扱う歯科の専門分野です。

  • and correction of malpositioned teeth and jaws.

    と歯や顎の不正な位置の矯正を行います。

  • Although orthodontists are best known for straightening teeth, a more accurate description

    矯正歯科医は歯の矯正でよく知られていますが、より正確な表現は

  • of what they do is ensure their patients have a healthyocclusion,” which includes

    を含む「咬合」を健全な状態にすることです。

  • proper alignment of teeth, jaws, and the bite.

    歯並び、顎、咬み合わせを正しくすること。

  • This means that the teeth are not only straight in the upper and lower jaws, but also fit

    これは、上下の顎の歯並びだけでなく、かみ合わせも

  • well when the jaws close together.

    を、顎を閉じたときによく見える。

  • Improper alignment of teeth and jaws can lead to a variety of problems including asymmetric

    歯並びや顎が悪いと、左右非対称など様々な問題が発生します。

  • growth of the jaws, irregular wear, impaction, and early loss of teeth.

    顎の成長、不規則な摩耗、インパクション、歯の早期喪失など。

  • In addition, issues such as crowding may inhibit your ability to adequately clean your teeth

    また、叢生(そうせい)などの問題により、歯の清掃が十分に行えない場合があります。

  • and gums which can lead to other issues down the road such as tooth decay, inflammation

    歯と歯ぐきを傷つけ、虫歯や炎症など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

  • of the gums, and loss of bone around the tooth.

    歯茎の腫れや、歯の周りの骨の減少など。

  • Other problems include difficulty with speech, chewing, and swallowing in addition to aesthetic

    その他、審美性に加え、発声、咀嚼、嚥下障害など

  • concerns if the jaws and bite are not fitting together properly.

    は、顎と咬み合わせがうまくいっていない場合に懸念されます。

  • Therefore orthodontists are critical in developing proper form and function in the oral cavity,

    そのため、歯科矯正医は、口腔内の形態と機能を正しく形成するために重要な役割を担っています。

  • which can ultimately help patients maintain their teeth for longer.

    その結果、患者さんがより長く自分の歯を維持することができるようになります。

  • Every patient is different, so it’s the orthodontist’s job to use a combination

    患者さん一人ひとりが違うので、矯正歯科医の仕事として、組み合わせで

  • of in-person exams and x-ray imaging to develop a personalized treatment plan.

    対面式検査とレントゲン撮影を行い、一人ひとりに合った治療計画を立案します。

  • Although most patients immediately think of braces when they hear orthodontics, these

    矯正歯科と聞いてすぐに歯列矯正を思い浮かべる患者さんがほとんどですが、これらの

  • are not the only tools in the orthodontist’s arsenal.

    は、歯科矯正医が使用する唯一のツールではありません。

  • There are a variety of appliances such as aligners, palatal expanders, micro-implants,

    アライナー、口蓋拡張器、マイクロインプラントなど、様々な器具があります。

  • headgears, and facemasks, also known as reverse pull headgear, that an orthodontist may use

    矯正歯科医が使用するヘッドギア、フェイスマスク(逆引きヘッドギアとも呼ばれる)。

  • to improve a patient’s bite.

    患者さんの噛み合わせを改善するために

  • The tools used will depend on the patient’s complexity and individual needs.

    使用するツールは、患者さんの複雑さや個々のニーズによって異なります。

  • An important method of differentiating an orthodontist’s practice is private practice

    矯正歯科医の重要な差別化手法として、個人開業があります

  • vs academic vs community clinics.

    対大学病院、対地域診療所。

  • Most orthodontists work in private practice.

    ほとんどの矯正歯科医は個人開業で仕事をしています。

  • Some own their practice and take care of the administrative work that comes along with

    ある人は、自分の診療所を持ち、それに伴う事務的な仕事を引き受ける。

  • owning a business.

    ビジネスを持つこと

  • Others work as an associate at private practices or work at a dental service organization,

    また、個人経営の診療所でアソシエイトとして働く人や、歯科医療サービス機関に勤務する人もいます。

  • or DSO, and only deal with the clinical aspects of orthodontics.

    またはDSOと呼ばれ、矯正歯科の臨床面のみを扱う。

  • Associate orthodontists have fewer administrative responsibilities while owner orthodontists

    アソシエイト矯正歯科医は管理責任が少ないが、オーナー矯正歯科医は管理責任がある。

  • juggle both the clinical and business aspects of the practice.

    臨床とビジネスの両面をこなす。

  • Although owning a practice does come with larger financial profits and no limits on

    診療所を所有すると、経済的な利益が大きくなり、また、診療所の制限もなくなりますが

  • income potential, there are more stresses associated with owning a business.

    また、ビジネスを行う上で、より多くのストレスがあります。

  • On the other hand, associateships are much less stressful but come with income limits.

    一方、アソシエイト職はストレスが少ないが、収入制限がある。

  • Other orthodontists choose to stay in academics or go into academics after a career in private

    他の歯科矯正医は、民間企業でのキャリアを積んだ後、学術界に留まるか、学術界に入ることを選択します。

  • practice.

    を実践しています。

  • These orthodontists are often more interested in research and teaching than in the business

    これらの歯科矯正医は、ビジネスよりも研究や教育に関心があることが多いのです

  • aspect of dentistry.

    歯科の側面から

  • While some academic orthodontists will largely forgo practicing clinical orthodontics in

    一部の学術的な矯正歯科医は、臨床矯正歯科の実践をほぼ見送ることになりますが

  • favor of research or administrative responsibilities, some will oversee complex cases that private

    研究職や管理職を優先し、中には民間企業が抱える複雑な案件を監督する人もいます。

  • practice orthodontists refer to academic institutions for multidisciplinary care.

    矯正歯科医が学際的な治療を行うために、学術機関を紹介します。

  • For instance, many craniofacial cases and some orthodontic cases requiring jaw surgery

    例えば、頭蓋顔面の症例の多くや、顎の手術を必要とする矯正の症例の一部は

  • are referred to academic institutions as they require multiple dental and medical specialties.

    は、複数の歯科・医科専門医を必要とするため、学術機関に照会しています。

  • Lastly, there are community clinics which are largely volunteer-based.

    最後に、主にボランティアで運営されているコミュニティクリニックがあります。

  • Orthodontists that work in these clinics tend to have a passion for orthodontics and are

    このようなクリニックに勤務する矯正歯科医は、矯正歯科に対する情熱を持っている傾向があり

  • either financially stable or work in private practice on the side.

    経済的に安定しているか、副業で個人事業主をしているか、どちらかです。

  • Community clinics often offer limited compensation and have fewer resources and staff, resulting

    地域診療所では、報酬が限られていることが多く、リソースやスタッフも少ないため、結果として

  • in more strenuous work for the orthodontist.

    矯正歯科医にとって、より負担の大きい仕事になります。

  • Although these practices are not common, they usually serve patients who need orthodontics

    これらの診療所は一般的ではありませんが、通常、矯正歯科を必要とする患者を対象としています。

  • as a medical necessity, such as those with craniofacial abnormalities, who cannot afford

    頭蓋顔面異常など、医療上の必要性から購入が困難な場合。

  • to seek treatment in private practice or academic settings.

    は、個人診療所や学術的な場で治療を受けようとします。

  • In terms of compensation, private practice orthodontists will typically make the most,

    報酬面では、個人経営の矯正歯科医が一般的に最も多く稼ぐことができます。

  • followed by academic orthodontists, and lastly community clinic orthodontists.

    次いで大学矯正歯科医、最後に地域診療所矯正歯科医と続きます。

  • That being said, there is a high degree of variability in compensation, especially within

    とはいえ、特に社内では報酬に高いばらつきがあります。

  • private practice.

    個人事業主

  • Let’s clear up some misconceptions about orthodontics.

    矯正歯科に関する誤解を解きましょう。

  • To start, many people believe that orthodontists only treat children.

    そもそも、矯正歯科は子供しか治療しないと思っている人が多いのでは?

  • In reality, orthodontists see a wide spectrum of patients starting from around age 7 to

    実際には、矯正歯科医が診る患者さんは、7歳くらいから、幅広く

  • age 70 and beyond in some instances.

    場合によっては70歳以上となります。

  • Another common misconception is that anyone who offers braces or aligners is an orthodontist.

    もう一つのよくある誤解は、歯列矯正やアライナーを提供する人は誰でも歯科矯正医であるということです。

  • This is not true.

    これは事実ではありません。

  • Although some general dentists and online companies offer orthodontic services, they

    一般歯科やネット企業でも矯正歯科のサービスを提供しているところはありますが

  • are not the same as an orthodontist.

    は、矯正歯科医とは違うのです。

  • To ensure proper treatment and avoid permanent damage to your teeth, the surrounding gums

    適切な治療を行い、歯や周囲の歯ぐきに永久的なダメージを与えないために

  • and bone, your smile, and even your facial appearance, it is best to seek treatment from

    を、そして笑顔も、顔立ちも、すべてにおいて。

  • an orthodontist who has completed an accredited residency program.

    公認レジデンシー・プログラムを修了した歯科矯正医。

  • Many people also think that orthodontics is an easy specialty.

    また、矯正歯科は簡単な専門分野だと思っている人が多いようです。

  • To a layperson, it may seem that orthodontists just put on braces and straighten people’s

    素人目には、矯正歯科医はただ歯列を整えて矯正しているように見えるかもしれません。

  • teeth.

    の歯があります。

  • In reality, orthodontics is much more complex than that.

    実際には、歯科矯正はもっと複雑なのです。

  • Orthodontists have to consider the patient’s bite and where the teeth are most stable within

    矯正歯科医は、患者さんの噛み合わせと、歯が最も安定する場所を考慮しなければなりません。

  • the bone, which varies from patient to patient.

    は、患者さんによって異なります。

  • There is also a great deal of physics and biomechanics involved in orthodontics that

    また、矯正歯科には物理学やバイオメカニクスが大きく関わっており

  • may not be apparent to those outside of the field.

    は、現場以外の人にはわからないかもしれません。

  • To become an orthodontist, you must first become a dentist, which requires completing

    矯正歯科医になるには、まず歯科医師になる必要があり、そのためには修了する必要があります。

  • college and four years of dental school.

    大学4年間と歯学部4年間。

  • If you know you want to be a dentist or orthodontist from high school, there are combined dental

    高校時代から歯科医師や矯正歯科医になりたいと考えている人は、複合型デンタル

  • programs that reduce the number of years required for college and dental school as well.

    大学や歯学部でも、必要な年数を短縮するプログラムがあります。

  • After dental school, you need two or three years of orthodontics residency to become

    歯学部卒業後、矯正歯科の研修医になるには2~3年必要

  • an orthodontist.

    歯科矯正医

  • There are two types of orthodontics residency programs: academic and hospital-based.

    歯科矯正学のレジデントプログラムには、アカデミックなものと病院を基盤とするものの2種類があります。

  • Academic orthodontics residency programs are often affiliated with a dental school and

    歯科矯正学のアカデミックレジデントプログラムは、多くの場合、歯学部の付属プログラムであり

  • include both a didactic component and a clinical component as part of their curriculum.

    は、カリキュラムの一部として、教学的要素と臨床的要素の両方を含んでいます。

  • This means that residents will split their time between the classroom and the clinic.

    つまり、研修医は教室とクリニックを行き来することになるのです。

  • These programs can either be two years or three years in duration.

    これらのプログラムは、2年または3年の期間があります。

  • One of the benefits of completing a three-year program is that they generally include a Master's

    3年制のプログラムを修了するメリットのひとつは、一般的に修士号が含まれることです。

  • degree upon completion whereas many two-year programs do not.

    多くの2年制のプログラムが修了時に学位を取得できないのとは対照的である。

  • Additionally, a full orthodontic treatment generally takes 2-3 years to complete, so

    さらに、一般的に完全な矯正治療には2~3年かかるので

  • residents in three-year programs will have the opportunity to see more complex cases

    3年制の研修医は、より複雑な症例を診る機会を得ることができる。

  • from beginning to end whereas students of two-year programs may not be able to see these

    2年制の学生は、最初から最後まで見ることができないかもしれません。

  • cases to completion.

    を完成させる。

  • That being said, there are definite downsides of three-year academic programs, the big one

    とはいえ、3年制大学のデメリットも確実に存在します。

  • being tuition.

    授業料である。

  • Unlike medical residencies where you are paid to be there, the majority of academic orthodontic

    お金をもらって参加する医科のレジデントとは異なり、アカデミックな矯正歯科の大半は

  • residencies charge tuition.

    レジデンスは授業料がかかります。

  • These residencies are not cheap either, with some schools charging upwards of $110,000

    これらのレジデンスは決して安くはなく、学校によっては11万円以上するところもあります。

  • per year.

    年間

  • Hospital-based orthodontic residencies are, as the name suggests, affiliated with hospitals

    病院附属の矯正歯科レジデンスは、その名の通り病院に附属するものです

  • instead of academic institutions.

    学術機関ではなく

  • They are generally two years long and, unlike academic programs, are mostly clinical with

    一般的に2年間で、学術的なプログラムとは異なり、ほとんどが臨床的なものです。

  • fewer didactic and research components.

    教学・研究要素が少ない。

  • In addition, many hospital residency programs offer stipends as opposed to charging tuition.

    さらに、多くの病院のレジデントプログラムでは、授業料を徴収する代わりに、奨学金を支給しています。

  • In terms of competitiveness, orthodontics is known for being one of the most competitive

    競争力という点では、歯科矯正は最も競争の激しい分野として知られています。

  • dental specialties, with only around 55% of applicants matching into orthodontics each

    歯科矯正科への進学率は約55%。

  • year.

    年です。

  • To match into orthodontics, you will have to be at the top of your class and have solid

    矯正歯科にマッチするためには、クラスでトップであること、そしてしっかりとした

  • research experience, extracurriculars, and letters of recommendation.

    研究経験、課外活動、推薦状など。

  • We have an entire playlist going over the most effective study strategies to help you

    私たちは、あなたのために最も効果的な勉強法を解説したプレイリストを用意しています。

  • on your way to becoming a top studentlink in the description.

    トップ学生への道を歩む - 説明にリンクがあります。

  • Dental students best suited for orthodontics are often well-rounded and highly motivated.

    歯科矯正学に最適な歯科学生は、豊かな教養と高いモチベーションを持っていることが多いのです。

  • They tend to be social and enjoy a low-stress environment with a healthy work-life balance.

    社交的で、ストレスが少なく、ワークライフバランスのとれた環境を好む傾向があります。

  • For orthodontists that want to further subspecialize, there is only one main fellowship option available.

    さらにサブスペシャリティを追求したい歯科矯正医にとって、主なフェローシップの選択肢は1つだけです。

  • Craniofacial orthodontics is a 1-year fellowship program that provides orthodontists with additional

    頭蓋顔面矯正学は、矯正歯科医にさらなる専門性を提供する1年間のフェローシッププログラムです。

  • training and skills in the management of complex craniofacial anomalies.

    複雑な頭蓋顔面異常の管理に関するトレーニングおよびスキル

  • This includes issues such as cleft lips and palate and other dentofacial deformities.

    唇裂・口蓋裂などの歯顎顔面奇形も含まれます。

  • Craniofacial orthodontists will often work as a part of a craniofacial team, which includes

    頭蓋顔面矯正医は、多くの場合、以下のような頭蓋顔面チームの一員として活動することになります。

  • plastic surgeons, oral surgeons, pediatricians, pediatric dentists, prosthodontists, speech

    形成外科医、口腔外科医、小児科医、小児歯科医、補綴医、言語聴覚士

  • pathologists, otolaryngologists, geneticists, and neurosurgeons among others.

    病理学者、耳鼻科医、遺伝学者、脳神経外科医など。

  • It should be noted that many orthodontists receive training in craniofacial orthodontics

    多くの矯正歯科医が頭蓋顔面矯正のトレーニングを受けていることに留意する必要があります。

  • during residency and will still treat craniofacial patients in their respective practices.

    研修期間中も、それぞれの診療所で頭蓋顔面患者の診療を行う予定です。

  • As such, those that pursue fellowships in craniofacial orthodontics are generally passionate

    そのため、頭蓋顔面矯正学のフェローシップを追求する人々は、一般的に情熱的です。

  • about treating patients with craniofacial abnormalities and want the extra experience,

    頭蓋顔面異常の患者を治療することに興味があり、さらに経験を積みたいと考えている。

  • or they are interested in working in academic or hospital settings.

    または、学術機関や病院での勤務に興味がある。

  • In terms of compensation, craniofacial orthodontists typically make less than general orthodontists

    報酬面では、頭蓋顔面矯正医は一般的な矯正医よりも低いのが一般的です。

  • as they will most likely be focusing on craniofacial syndromes instead of the more bread and butter

    というのも、彼らはおそらく、より日常的な研究ではなく、頭蓋顔面症候群に焦点を当てるからです。

  • orthodontic treatments which are often paid out-of-pocket.

    自己負担が多い歯列矯正治療。

  • There’s a lot to love about orthodontics.

    矯正歯科の魅力はたくさんあります。

  • To start, the lifestyle of an orthodontist is desirable relative to most medical and

    そもそも、矯正歯科医のライフスタイルは、多くの医療機関や歯科医院と比較して、望ましいものです。

  • dental specialties.

    歯科の専門分野。

  • Most orthodontists work regular 9-5 business hours.

    ほとんどの歯科矯正医は、9時から5時までの通常の営業時間で働いています。

  • The number of days you work depends on the lifestyle you wantsome will work only

    勤務日数は、希望するライフスタイルによって異なります。

  • a few days per month while others work 5-6 days a week.

    月に数日しか働かない人もいれば、週に5〜6日働く人もいます。

  • Although there is generally a tradeoff between lifestyle and compensation, orthodontists

    一般的に、ライフスタイルと報酬はトレードオフの関係にありますが、矯正歯科医は

  • are also at the higher end of compensation relative to other dental specialties.

    は、他の歯科専門分野と比較して、報酬も高い方です。

  • According to the U.S. Bureau of Labor Statistics, the average orthodontist takes home around

    米国労働統計局によると、平均的な歯科矯正医の収入は、約30万円です。

  • $267,000 per year.

    年額267,000ドル。

  • Orthodontics is also less physically demanding than many other dental specialties.

    また、歯科矯正学は、他の多くの歯科専門分野よりも肉体的な負担が少ないです。

  • Whereas most dental specialties struggle with strain on the back and hands from lengthy

    多くの歯科医師は、長時間の診療による腰や手への負担に悩まされていますが

  • procedures, much of an orthodontist's work can be delegated to assistants.

    の手順で、歯科矯正医の仕事の多くをアシスタントに任せることができます。