Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • This is the poinsettia.

    こちらはポインセチア。

  • Also known as la flor de nochebuena,

    としても知られています。la flor de nochebuena,

  • The Christmas star,

    クリスマスの星

  • The lobster flower,

    ロブスターの花です。

  • The flame leaf,

    炎の葉。

  • Euphorbia pulcherrima,

    Euphorbia pulcherrima,

  • and, one of its oldest names,

    そして、その最も古い名前のひとつ。

  • cuetlaxochitl.

    cuetlaxochitl.

  • In the US during the holidays, this plant, usually potted with bright red and green leaves, can be seen everywhere.

    休日のアメリカでは、この植物が。通常は鉢植えで、赤と緑の鮮やかな葉が特徴です。 は、どこでも見ることができます。

  • But the history of how it got here is less obvious.

    しかし、ここに至るまでの歴史ははあまり目立ちません。

  • And it's all wrapped up in the controversial legacy of this man: Joel Poinsett.

    そしてそれは、この男の物議を醸す遺産にすべて包まれているのだ。ジョエル・ポインセット

  • Poinsettias are native to this region, from Mexico down into Central and South America.

    ポインセチアはこの地域が原産地です。メキシコから中南米に至るまで

  • The Aztec called it cuetlaxochitl, meaning "flower that withers."

    アステカではクエトラキソチトルと呼ばれていた。しぼむ花

  • And unlike the potted varieties we see today, in the wild, these plants look like tall shrubs that flower in the winter season.

    しかも、現在のような鉢植えの品種とは違います。野生では高木に見える 冬の季節に花を咲かせる

  • It was a prized plant.

    珍重された植物だったのです。

  • The brilliant red colored leaves (which are leaves and not actually petals) were used to dye textiles, while the sap of the plants was used medicinally.

    鮮やかな赤色の紅葉(これは葉で、実際には花びらではありません) は、織物の染色に使われていました。 の樹液が薬用に使われました。

  • And by the 17th century, likely because of those red leaves that bloomed in time for the holiday season,

    そして、17世紀には、その紅葉のためかを、年末年始に合わせて開花させました。

  • Spanish friars used the flowers to decorate elaborate nativity displays in Mexico.

    スペインの修道士たちは、この花を使ってメキシコで精巧なキリスト降誕のディスプレイを飾った。

  • Spanish-speaking Mexicans named it la flor de nochebuena, the flower of Christmas Eve.

    スペイン語圏のメキシコ人は、これを「ラ・フロール・デ・ノチェブエナ」と名付けた。クリスマスイブの花

  • And for many in the country, it became forever linked to Christmastime

    そして、多くの国民にとって、それはクリスマスと永遠に結びつくものとなった。

  • For hundreds of years, common knowledge of the plant was largely contained to where it grew natively

    何百年もの間、一般的な知識としては、自生している場所にほぼ収まっていました。

  • That is, until Joel Poinsett.

    ジョエル・ポインセットが登場するまでは。

  • In 1825, Poinsett, a diplomat, amateur botanist, and South Carolina native, was appointed as the first ever US minister to Mexico.

    1825年、ポインセット。外交官、アマチュア植物学者、サウスカロライナ州出身。 が、米国初の駐メキシコ公使に任命された。

  • As the story goes, he came across cuetlaxochitl in a town called Taxcotook some cuttings, and shipped them off to the US to distribute to his botanist peers

    タクスコという街でクエトラコシトルに出会ったという話だ。それをアメリカに送って、植物学者仲間に配ったんです。

  • Eventually they caught on in the US, too.

    やがてアメリカでも流行りだした。

  • They were debuted at an 1829 flower show in Philadelphia.

    1829年にフィラデルフィアで開催されたフラワーショーでデビューした。

  • Nurseries began to grow and distribute the plants in the US.

    アメリカでは、苗木を栽培して流通させるようになった。

  • And its popularity as the "Christmas plant" exploded.

    そして、「クリスマスの植物」として爆発的な人気を博した。

  • The name "poinsettia" stuck, as a way to celebrate Joel Poinsett's legacy.

    ポインセチア」という名前が定着したのである。を、ジョエル・ポインセットの遺志を受け継ぐ形で開催します。

  • One that would grow to include not just minister to Mexico, but US Secretary of War,

    メキシコ公使だけでなく、発展していくものだ。が、米国陸軍長官。

  • and founding member of the institution that would later become the Smithsonian.

    と、後にスミソニアンとなる機関の創設メンバーであった。

  • But his legacy is a tainted one.

    しかし、彼の遺産は汚されたものである。

  • Take Poinsett's time as minister to Mexico, where he aggressively attempted to increase American influence in the country.

    ポインセットのメキシコ公使時代を考えてみよう。を設立し、アメリカの影響力を積極的に拡大しようとした。

  • One letter to Secretary of State Martin Van Buren — focused on the potential to "enlighten minds with liberal ideas" — revealed his thoughts on the Mexican population,

    国務長官マーティン・ヴァン・ビューレンへの1通の手紙-。リベラルな思想で心を啓発する」可能性に注目したのです。 は、メキシコの人々に対する彼の考えを明らかにした。

  • stating the Spaniards' "...constant intercourse with the aborigines, who were and still are degraded to the very lowest class of human beings...

    スペイン人が「...原住民と絶えず交流していた」と述べている。昔も今も人間の最下層に堕ちた者たち...。

  • contributed to render the Mexicans a more ignorant and debauched people.”

    メキシコ人をより無知で堕落した民族にすることに貢献した"

  • Poinsett, a slave owner himself back in the US, believed racial hierarchy between the indigenous and "white Creole" population could help progress in Mexico.

    ポインセットは、自身もアメリカに戻って奴隷の所有者だった。ホワイト・クレオール・ヒエラルキー は、メキシコの発展に貢献する可能性があります。

  • Poinsett also sought to expand American borders.

    ポインセットもまた、アメリカの国境を広げようとした。

  • At the time, the US looked like this...

    当時のアメリカはこんな感じでした...。

  • and he was tasked with negotiating a deal to buy Texas from Mexico.

    と、メキシコからテキサスを買い取る交渉の任に就いた。

  • But, before he could negotiate that deal, he ended up meddling so much in Mexican politics, that he was asked to leave the country.

    しかし、その交渉ができるようになる前にメキシコの政治にあれだけ口出ししておいて。 出国を要請されたこと。

  • It happened like this:

    こんなことがありました。

  • By helping to establish a network of freemason groups, known as the largest international secret society, he helped to gather men in Mexico with pro-American politics.

    フリーメイソングループのネットワークの確立に貢献することで国際最大の秘密結社として知られる。 メキシコで親米派を集めるのに貢献した。

  • Eventually, that organizing laid the groundwork for a public, pro-America political party in Mexico to gain steam, angering many within the Mexican government.

    やがて、その組織化が、メキシコで親米派の公明党が勢いを増す下地となったのである。メキシコ政府内の多くの人が怒っている。

  • His interference with local politics created so much conflict that Mexicans even coined the term "poinsettismo" to describe "officious and intrusive conduct".

    地方政治への干渉は、多くの対立を生んだメキシコ人が "poinsettismo "という造語を作ったこと。 を「悪意のある押しつけがましい行為」と表現しています。

  • And in 1829, at the request of the Mexican president, Poinsett was removed from his post.

    そして1829年、メキシコの大統領の要請でポインセットは解任された。

  • A few years later, after returning to the US, he was appointed US Secretary of War.

    数年後、アメリカに帰国した後...。アメリカの陸軍大臣に任命された。

  • In that role, he oversaw the forcible displacement of an estimated 20,000 indigenous Cherokee people from their homes, to push them west as a part of the Indian Removal Act.

    その際、彼は強制移住を監督した。2万人とも言われるチェロキー族の先住民を故郷から追放した。 インディアン移動法の一環として、彼らを西に押しやるために。

  • It was part of the ethnic cleansing known as the Trail of Tears that would go on to displace roughly 100,000 indigenous people.

    それは、「涙の道」として知られる民族浄化の一環であった。その結果、約10万人の先住民が移住することになったのです。

  • That cemented Poinsett's place in history, a man who believed in American expansion, at all costs.

    それが、ポインセットの歴史に名を残すことになった。アメリカの拡張を信じた男 何としてでも

  • Back in his home state of South Carolina, Poinsett's name lives on in many ways: a state park, a highway, a hotel, even a statue.

    故郷のサウスカロライナ州に戻って。ポインセットの名は、さまざまな形で生き続けている。 州立公園、高速道路、ホテル。 像も。

  • Though, his most well-known namesake is likely, still the plant.

    しかし、彼の最も有名な同名異人は、やはり工場でしょう。

  • Poinsettia production grew even more after years of engineering, creating fuller and more compact plants.

    ポインセチアの生産は、長年のエンジニアリングを経て、さらに伸びた。より充実した、よりコンパクトな植物を作ることができます。

  • Today, it's an industry worth around $170 million in the US alone.

    現在では、米国だけで約1億7000万ドルの産業となっています。

  • And importantly, it's a market the US has cornered, while shutting Mexico out.

    そして重要なのは、米国が追い詰めた市場であることだ。メキシコをシャットアウトしながら

  • Due to decades-old sanitation laws, there are restrictions on Mexican poinsettia growers who want to export potted plants to the US.

    何十年も前の衛生法のせいでメキシコのポインセチア生産者に規制がある 米国に鉢植えを輸出したい人。

  • It means the vast majority of the plants we see in stores in the US, are grown here.

    アメリカの店頭で見かける植物の大半がそうだということです。はここで栽培されています。

  • In recent years, many have found a, different, small way to honor this plant's history.

    とはいえ、近年は。を発見した人が多い。 この植物の歴史に敬意を表するための小さな方法です。

  • By rejecting the name poinsettia, and using its Aztec name, cuetlaxochitl.

    ポインセチアという名称を否定することでと、アステカ語の名称を使用しています。 cuetlaxochitl.

  • A name that, hopefully, reminds people of the true origins of the plant of the season.

    願わくは、その名を。いんねんをおもわせる その季節の植物の

  • Thanks for watching this Christmas edition of Missing Chapter, our series that explores how our past connects with our present.

    ミッシング・チャプターのクリスマス編をご覧いただき、ありがとうございました。過去と現在がどのようにつながっているのかを探るシリーズです。

  • This year, we've covered everything from reparations in New Zealand to Native American sign language.

    今年は、ニュージーランドの賠償問題からをネイティブアメリカンの手話に置き換えてみました。

  • You can find a link to all the episodes we've made in the description below.

    以下の説明で、これまでに制作したすべてのエピソードへのリンクがあります。

  • For each episode, we spend weeks reporting, speaking with experts, and poring over archival images and documents to present fact-checked stories.

    1話ごとに、何週間もかけて取材しています。専門家に話を聞いたり、アーカイブの画像やドキュメントを見たりして を使い、事実確認されたストーリーを紹介します。

  • You can help support our journalismand keep it freeby making a gift to Vox at vox.com/support-vox-video.

    私たちのジャーナリズムを支援し、無料を維持することができます。Vox.com/support-vox-videoでVoxに寄付をすることです。

  • With your support, we're able to keep telling these stories about hidden histories.

    皆様のご支援により、私たちはこのような隠された歴史の物語を伝え続けることができるのです。

This is the poinsettia.

こちらはポインセチア。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

クリスマスの植物として有名なこの植物の名前を変更するケース (The case to rename this famous Christmas plant)

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2023 年 01 月 23 日
動画の中の単語