Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • - The Latina community has such a large umbrella.

    - ラティーナ・コミュニティには、これだけ大きな傘があるのです。

  • - We're Mexican American, and that's who we are.

    - 私たちはメキシコ系アメリカ人であり、それが私たちの姿なのです。

  • - We can make big waves.

    - 大きな波を作ることができる。

  • - I love being a citizen of the world.

    - 私は世界市民であることを愛しています。

  • ♪ ♪

    ♪ ♪

  • CREWMEMBER: Time mark.

    タイムマーク。

  • REBECA HUNTT: No, those empanadas.

    REBECA HUNTT:いや、あのエンパナーダです。

  • JENNY LORENZO: This is guayaba. But this, I don't know.

    JENNY LORENZO: これはグアヤバです。でもこれは......わかりません

  • - Empanada. Esa es la que estoy diciendo.

    - エンパナーダ。Esa es la que estoy diciendo.

  • JENNY: Yeah, so we're having a conversation.

    JENNY: そう、それで会話をしているんです。

  • My first language was Spanish.

    私の第一言語はスペイン語でした。

  • I mean, growing up in Miami,

    つまり、マイアミで育ったということです。

  • you're surrounded by every,

    に囲まれています。

  • like, Latin American Caribbean culture possible.

    のように、中南米カリブ海の文化が可能です。

  • And so, that's why, like, when I started traveling later on

    だから、その後、旅をするようになったときに

  • with my family to, like, Tennessee and stuff,

    家族でテネシー州に行ったんだ。

  • people were like, "I like your accent." I'm like, "What accent?" You know, um.

    "あなたのアクセントが好き "と言われ私は、「どんなアクセント?あのね、うん。

  • - Yeah, and I, I felt like you felt in the sense that being in the border,

    - ええ、そして私も、あなたが国境で感じたようなことを感じたんです。

  • it's a bubble.

    バブルです。

  • And it was, like, until I started college.

    そして、大学に入るまで、そうでした。

  • And then some people would ask me, where you're from?

    そして、何人かの人が、あなたはどこから来たのかと聞いてくる。

  • And then I would say, "Oh, San Diego."

    そして、"ああ、サンディエゴね "と言うんです。

  • And then they were like, "No, where you're from,"

    そして、"いや、君の出身地は "ということになった。

  • 'cause th-there's an accent. And then I was like...

    「だって訛りがあるんだもん。そして、私は...

  • - Yes. - "What are you talking about?"

    - はい - "何の話だ?"

  • And then that's when you start thinking

    と考え始めると

  • and having those doubts about identity.

    と、アイデンティティに疑問を持つようになりました。

  • It's like, "Okay, so where am I from? What should I say?

    それは、「さて、私はどこから来たのだろう?なんて言えばいいんだろう?

  • Is it more accepted if I just say, 'Mexico, I'm Mexican?'"

    メキシコ、メキシコ人です」と言えば、もっと受け入れられるのでしょうか?"

  • But then you, you have, you know that part as well of being Mexican American

    しかし、あなたは、メキシコ系アメリカ人であることも知っているはずです。

  • and finding that common ground between the two.

    という共通項を見出すことです。

  • ANTHONY NGUYEN: So, when you land your, like, acting roles

    ANTHONY NGUYEN: それで、演技の仕事をするようになったら、どうですか?

  • do you feel like, "I gotta put on for my people?"

    "仲間のために "と思っているのか?

  • - Yes, every single time. Um...

    - はい、毎回です。あの...

  • And, for me, I don't, I don't like just acting.

    それに、私としては、ただ演技をするのは好きではないんです。

  • I love producing and, and writing.

    私はプロデュースと、そして書くことが好きです。

  • And I think it's because a lot of us, if you notice a lot of, like,

    そして、私たちの多くが、もしあなたが多くの、好きなものに気づいたら、それはだと思います。

  • Hispanic, Latinx actors right now that are making it big,

    今、ヒスパニック、ラテン系の俳優が大活躍しています。

  • they're not just wearing the one hat anymore.

    もう、ひとつの帽子をかぶっているだけではありません。

  • You can't wear the one hat.

    一つの帽子をかぶることはできない。

  • - He used to have to sneak out of his house

    - 昔は家からこっそり出ていたそうです

  • to film YouTube videos with me. I swear. JENNY: No!

    YouTubeの動画を一緒に撮影するために。本当よJENNY: No!

  • - Uh, like, we would sch-- we would schedule a shoot,

    - ええと、撮影のスケジュールを組むんです。

  • and then he would lie to his mom and say,

    とお母さんにウソをついて言うのです。

  • "Oh, yeah, I'm just gonna go hang out with friends

    "そうだ、ちょっと友達と遊びに行ってくる

  • and, like, go to the movies or something."

    とか、「映画にでも行こうか?

  • - We can make big waves, um, even if you do start on the internet.

    - インターネットから始めても、大きな波を作ることができるんですよ、あの。

  • - And my grandmother always pretend that she didn't like telenovelas,

    - そして、祖母はいつもテレノベーラが嫌いなふりをしていました。

  • but she-- but they were always on.

    でも、彼女は...でも、彼らはいつもオンになっていた。

  • [all laughing] - Somehow.

    [一同笑] - なんとなく。

  • - I know. And I remember Mujer, Casos de la Vida Real...

    - 知ってるそして、「Mujer, Casos de la Vida Real」を思い出した...。

  • [all laughing] which brought, like, re--

    [その結果、...

  • about, like, reenactments of, like, real stories that people sent in.

    を、実際にあった話を再現したものです。

  • And I thought it was interesting,

    そして、面白いなと思いました。

  • but it kinda-- it was, it w-- kinda bored me.

    でも、ちょっと...ちょっと...退屈でしたね。

  • And I also felt like there was-- The representation was...

    それと、表現が...。

  • JENNY: Mm-hm. - ...just not there for me.

    JENNY: Mm-hm.- ...ただ、私のためにそこにいない

  • Like, I just remember being like, "I don't know," like, "This is cool, but

    ただ、「よくわからない」「かっこいいけど」という感じだったのを覚えています。

  • nobody in my family looks like this."

    私の家族は誰もこんな風には見えません"

  • Yeah. - Yeah, growing up, my mom

    ああ、母がそうだった

  • would always watch novelas... like, the whole schedule.

    って、いつもノベライズを見てたんですよ、全部のスケジュールをね。

  • - How many Thalia ones?

    - タリアは何本?

  • - All of them. Todas. - All of them. Marimar.

    - すべてトダス- 全員ですマリマー

  • - Then I come home from school and El Gordo y la Flaca was always on.

    - そして、学校から帰ってくると、El Gordo y la Flacaがいつも流れていたんです。

  • El Gordo y la Flaca was always on, so, like, they kinda felt like family

    El Gordo y la Flacaはいつもオンエアされていたので、家族のような感じでした。

  • 'cause I would just see them-- - Yeah.

    だって... - そうだ

  • - Funny how telenovelas made an impact for all of us.

    - テレノベーラが私たち全員にインパクトを与えたのは面白いですね。

  • Like, growing up, it's, like, what everybody would watch.

    幼い頃は、誰もが見ていたようなものです。

  • And especially, when you mentioned Rebelde

    そして特に、Rebeldeについて言及されたとき

  • and thinking about that time, you know,

    とその時のことを思い浮かべながら、ね。

  • as a teenager trying to see where you belong.

    10代で自分の居場所を見つけようとするように。

  • It was easier, especially since I grew up in, in Mexico during that time,

    特に、私はその頃メキシコで育ったので、より簡単でした。

  • for me to find things to relate to.

    共感できる部分を見つけることができました。

  • - Yes. - ...that I would see on Rebelde,

    - そうです、Rebeldeで見たかったんです。

  • that I would do on Gossip Girl, for example.

    例えば、ゴシップガールでやるような。

  • Like, I would watch it and I liked it, but that's the thing about representation.

    見ていて好きになるような、でもそれが表現力というものです。

  • There's, like, not one single character

    キャラクターは一人もいません。

  • that would, like, look like me or that had a story similar to mine.

    というような、私と似たような話をする人がいました。

  • ♪ ♪

    ♪ ♪

  • I remember I called my mom, and I was like, "Mom, I wanna be a sports reporter."

    母に電話して、"ママ、僕はスポーツリポーターになりたいんだ "と言ったのを覚えています。

  • I, I can, like, still follow sports.

    私は、私は、私は、まだスポーツを追うことができます。

  • I have loved sports all my life.

    私はずっとスポーツが好きでした。

  • And then also do it,

    そしてまた、それを実行する。

  • and, and the media aspect of it, the storytelling.

    と、そしてメディアとしての側面、ストーリーテリング。

  • And then my mom was like, "Well, there you go. That's awesome."

    そしたら、母が「まあ、これでいいわね。すごいわね"

  • She's like, "Imagine now that being your job and getting paid for it

    彼女は、「それが仕事になって、お金をもらうことを想像してみてください」と言うんです。

  • when you're just, like, watching games on TV all the time."

    テレビで試合ばかり見ているようなときにね。

  • - [laughs] Well, that's great that they were so supportive.

    - まあ、それはそれで応援してくれてよかったんですけどね。

  • And your dad must be stoked. - Oh, yeah.

    お父様もガッツポーズでしょう。- あ、そうだ。

  • - Is he so proud? - My dad is my number one fan.

    - そんなに誇らしいの?- 父は私のいちばんのファンです。

  • - Speaking of family and, like, family, you know, do they even understand?

    - 家族とかといえば、あの、理解してもらえているのか?

  • 'Cause, like, for example, my family, they're supportive,

    だって、例えば、私の家族は、応援してくれている。

  • but they didn't really get it. They were like,

    という感じでしたが、あまり理解されませんでした。という感じでした。

  • "Oh, es que a ella le gustan las películas. No se."

    "Oh, es a ella le gustan las películas.いいえ、そうではありません"

  • Like, they didn't really... - Yeah.

    本当に...

  • - ...understood-- Like, get that I was--

    - ...理解した...俺が...理解したように...

  • I mean, I think now they understand more that I'm a director

    つまり、私が監督であることをより理解してもらえたと思います。

  • and, like, you know, going to film festivals with me

    映画祭に一緒に行ってくれたり

  • and stuff like that.

    といった感じです。

  • But I wonder, for you guys, like, what has it been--

    でも、あなた方にとっては、どうだったんでしょうね......。

  • what's your experience with your family

    ご家族とのご経験は?

  • and, like, your parents and that interaction like

    とか、ご両親のこととか、そういうやり取りをしながら

  • and how are they?

    とか、どうなんだろう?

  • - In the beginning, I would say for my own experience,

    - はじめに、私自身の経験で言うと。

  • my, my parents were always supportive; sports, school, everything.

    私の場合、両親はスポーツ、学校、すべてにおいて、常にサポートしてくれました。

  • But once I started making videos, like you said, it's brand new

    でも、動画を作り始めたら、おっしゃるとおり、真新しさ

  • and they always want the best for me.

    そして、いつも私のためにベストを尽くしてくれる。

  • So, I would say, in the beginning, they were scared.

    だから、最初のうちは、怖がっていたと言えるでしょう。

  • REBECA: Thought it was a distraction--

    気が散ると思って...

  • - They want the best. It's the immigrant experience.

    - 彼らは最高のものを求めている。それが移民の経験です。

  • Like, it's scary.

    みたいな、怖いですね。

  • So, they want us to be better off than they were... you know?

    だから、自分たちよりもいい暮らしをしろって...ね。

  • And it's-- So, I don't, I don't blame them for that.

    だから、そのことを責めるつもりはないんだ。

  • You know? - Now that I'm older, like, I acknowledge

    そうでしょう?- 年を取ってからは

  • that they just were scared.

    ただ、怖かっただけだと。

  • They didn't know what it was and what this YouTube world is--

    それが何なのか、このYouTubeの世界が何なのか、彼らは知らなかった--。

  • - But now they see. - Oh, yeah. And now--

    - しかし、今、彼らは見ている。- ああ、そうだ。そして今は...

  • ANTHONY: They love it. - My mom's actually in the videos.

    ANTHONY: みんな大好きなんだ。- 実は私の母がビデオに出演しています。

  • [laughter] So, it's like a full-circle moment, yeah.

    [だから、一回りしているようなものですね。

  • - Mira eso. Yes! - Totally!

    - Mira eso.そうだ!

  • - You sneaking away and now she's in the video.

    - こっそり逃げたら、今度は彼女がビデオに映ってる。

  • Did she want to be in the video? - Yes. She always asks him.

    彼女はビデオに出たかったのでしょうか?- はい。彼女はいつも彼に聞いています。

  • REBECA: So, she volunteers? - Yeah, she calls--

    それで彼女はボランティアを?- Yeah, she calls --

  • - Oh my god! That is incred-- That she is the one who asks to be--

    - なんてことだ!それは信じられない...彼女が頼んだのは...

  • - Yeah. - That's beautiful that she volunteers.

    - ボランティアに参加するのはいいことだ。

  • - Like, a full-circle moment. - Amazing.

    - 一周回っているような。- 驚きです。

  • Through our videos, we share our Mexican American experience...

    私たちはビデオを通じて、メキシコ系アメリカ人の経験を共有し...

  • JENNY: Yeah - ...which is okay and it's our reality.

    JENNY: ええ - ...それでいいんです、それが私たちの現実なんですから。

  • And there's others like us that go through similar experiences.

    そして、私たちのように同じような経験をする人たちがいるのです。

  • - It's okay to not be, you know, full Mexican from Mexico.

    - メキシコから来た完全なメキシカンでなくてもいいんです。

  • We're Mexican American, and that's who we are.

    私たちはメキシコ系アメリカ人であり、それが私たちの姿なのです。

  • ♪ ♪

    ♪ ♪

  • JENNY: We're saying goodbye now, I guess.

    JENNY: 私たちは今、お別れをしているんですね。

  • You know we're gonna talk in the parking lot.

    駐車場で話をするんだ

  • - More cafecito in the parking lot. [crosstalk]

    - 駐車場でカフェシートを増やす。[クロストーク]

  • - Close it down and they're kicking us out--

    - 閉鎖して追い出される...

  • - With the car door open. [all laughing]

    - 車のドアを開けたまま[すべての笑い]

  • - Wait, one more thing, one more thing, one more thing!

    - 待って、もうひとつ!もうひとつ!もうひとつ!」。

  • - Okay, bye. Okay, bye. Bye-bye.

    - オーケー、バイバイオーケー、バイバイ。バイバイ

  • ♪ ♪

    ♪ ♪

  • Hola, Hulu fans. Thanks for watching.

    Huluファンの皆様、ホラ。ご視聴ありがとうございます。

  • As always, make sure you like and subscribe and stay tuned

    いつものように、「いいね!」と「購読」をクリックして、ご期待ください。

  • for more stories surrounding Acentos Bienvenidos.

    Acentos Bienvenidosを取り巻くその他のストーリーについては、こちらをご覧ください。

  • Hasta luego.

    Hasta luego.

- The Latina community has such a large umbrella.

- ラティーナ・コミュニティには、これだけ大きな傘があるのです。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

A2 初級 日本語

Acentos Bienvenidos:コンカフェ|ランチ|Hulu (Acentos Bienvenidos: Con Café | Lunch | Hulu)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2022 年 11 月 21 日
動画の中の単語