Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Howdy fruit lovers.

    フルーツ好きの皆さん、こんにちは。

  • Welcome to Story time today, Little Apple and I are reading the story of the three billy goats, gruff.

    今日のお話の時間へようこそ。リトル・アップルと私は、3匹のビリー・ヤギのお話を読みます。ガツガツしています。

  • Well, actually it'll probably just have to be me doing the reading for the last time.

    まあ、実際には、私が最後の朗読をすることになるのでしょうけど。

  • Orange.

    オレンジ色

  • I'm not illiterate.

    私は文盲ではありません。

  • Oh, really?

    え、そうなの?

  • So you read today's book?

    それで今日の本を読んだのですか?

  • Well, no, but not because I can't, I just don't have the time at all.

    いや、でも、できないんじゃなくて、時間が全然ないんです。

  • I see not enough.

    十分でないようだ。

  • My newts in the day for little Apple.

    リトル・アップルのために、私のイモリを一日で。

  • Well, not to worry, I'm gonna read it to you and everybody else right now, once upon a time there were three billy goats who lived in a field, a big billy goat, a medium sized billy goat and a super duper, teeny tiny billy goat.

    心配しないで 今すぐ読んであげる 昔々あるところに 3匹のビリーゴートがいました 大きなビリーゴートと 中くらいのビリーゴートと 超超ちっちゃなビリーゴートです

  • I resent this casting decision.

    この配役決定には憤りを感じます。

  • By the way, one day the goats realized there was no grass left to eat in their field.

    ところで、ある日、ヤギたちは自分たちの畑に食べる草が残っていないことに気づきました。

  • They've eaten it all fortunately.

    幸いなことに全部食べてくれました。

  • Another field with beautiful green grass was just across the river, but in order to get there, they'd need to cross the bridge and this was no ordinary bridge.

    川を渡れば、緑の草原が広がっているのだが、そのためには橋を渡らなければならない。

  • A troll lived underneath and he loved to eat goats.

    その下にはトロールが住んでいて、ヤギを食べるのが大好きだった。

  • I love goats.

    私はヤギが大好きです。

  • Get in my bed.

    私のベッドに入りなさい

  • Oh man!

    やべえええええええええええええええええええええええええ

  • Oh man, Oh man, Oh man!

    やばい、やばい、やばい!

  • The small goat volunteered to go across the bridge.

    小さなヤギは、自ら進んで橋を渡ろうとした。

  • 1st, man, The troll was just about to pounce when an idea entered the small goats, walnut sized brain.

    トロールが飛びかかろうとしたとき、小さなヤギのクルミ大の脳にある考えが浮かんだ。

  • Pea sized brain walnut will be fine.

    豆粒大の脳みそクルミでも大丈夫です。

  • Anyway, the small goat looked up at the troll and said in a voice so teeny tiny, so ridiculously puny, so impossibly microscopic.

    とにかく、小さなヤギはトロールを見上げて、とても小さな、とんでもなくちっぽけな、どうしようもないほど微小な声で言いました。

  • We get it.

    私たちはそれを理解しています。

  • Orange.

    オレンジ色

  • Look troll.

    ルックトロール

  • You shouldn't ruin your appetite by eating me.

    私を食べて食欲を損なわないようにしないとね。

  • Another goat's gonna be along any minute and he's bigger than I am.

    もう一匹のヤギがもうすぐやってくるんだ、そいつは僕より大きいんだ。

  • I mean, what goat isn't?

    つまり、ヤギがそうでないことはないでしょう?

  • Am I right now?

    私は今、正しいのか?

  • The troll could indeed here larger footsteps approaching the bridge.

    トロールは、確かに橋に近づいてくる大きな足音を感じた。

  • So he let the small goat cross the bridge, but not without lobbying one last devastating insult.

    そこで、彼は小さなヤギを橋に渡らせたが、最後の壊滅的な侮辱を陳情することなく、そのヤギを渡らせることはできなかった。

  • The goats way as he passed by.

    ヤギが通り過ぎる道。

  • How's the weather down there?

    そちらの天気はいかがですか?

  • Okay, did that really serve the plot?

    なるほど、それで本当に筋が通ったのか?

  • The troll then turned to find a very tall goat preparing to cross the bridge, six ft six inches tall to be exact At shooting guard from the University of North Carolina, six time NBA champion and all time Gout, Michael Jordan what?

    トロールは、橋を渡る準備をしている非常に背の高いヤギを見つけるために回した、正確には6フィート6インチノースカロライナ大学のシューティングガード、6回NBAチャンピオンとすべての時間痛風、マイケル-ジョーダン何?

  • Yeah, so MJ dribbled up to the bridge, he fake left, went right, stuck out the top and posterized the troll and one orange, the three billy goats.

    MJはドリブルで橋まで行って、左に曲がって、右に曲がって、上から突き出して、トロールとオレンジと3匹のビリーゴートをポスターにしたんだ。

  • Gruff is a centuries old fairytale, Michael Jordan is not the goat in the story, you're more of a Lebron man.

    グルーは何世紀も前のおとぎ話、マイケル・ジョーダンは物語の中のヤギではなく、どちらかというとレブロン派なんでしょう。

  • Have it your way posterized and one, but the greatest of all time here, Orange in this story, goat just means goat, the farm animal.

    この物語の中で、ヤギは農作物のヤギという意味です。

  • Oh, I get it.

    ああ、なるほどね。

  • You want a story about the greatest farm animal of all time.

    史上最強の農耕民族の物語がいいのか

  • So a cow, obviously, No, that's not what I posterized and one, oh my gosh, this episode is awful.

    だから、牛は、明らかに、いや、それは私がポスターにしたものではない、そして、1つは、ああ、このエピソードはひどい。

  • Really, because I feel like this episode is the goat.

    本当に、このエピソードがヤギのような気がしますから。

  • What Orange can we please get back to the story.

    何 オレンジ......話を元に戻してください。

  • You may lack height, but you are right because there's still that really big goat.

    身長が足りなくても、あの本当に大きなヤギがいるのだから正しいのだ。

  • The troll hasn't dealt with yet.

    荒らしはまだ対処していない。

  • Um Did he get bigger since the last time we saw him?

    あの......前に見たときより、大きくなった?

  • Nah, you probably just got smaller now by this time the troll had worked up an appetite getting posterized is hard work.

    いや、きっと小さくなったんだよ、この頃には荒らしは食欲旺盛で、ポスター貼りは大変な作業なんだよ。

  • Has little apple can tell you from experience Orange.

    リトルアップルは、オレンジの経験からあなたに伝えることができます。

  • So the troll wasn't about to miss out on dinner again, even though he was up against the most formidable goat.

    だから、トロールは、最も手強いヤギを相手にしても、また夕食を逃すわけにはいかなかったのです。

  • Yet the generalized occupational aptitude test.

    それでも一般的な職業適性検査は

  • What the goat is a really hard test plus it's literally from a video game.

    What the goatは本当に難しいテストで、しかも文字通りビデオゲームからの引用です。

  • So in the end, all the goats got across the bridge and they spent the rest of their days beating all the green grass they wanted even Lebron, especially Lebron as for the troll, he was cut from the NBA but went on to have a halfway decent career in europe.

    結局、ヤギはみんな橋を渡って、レブロンも好きなだけ青草を叩いて余生を過ごしました。特にレブロンは、トロルのようにNBAから切られましたが、ヨーロッパで中途半端なキャリアを積んでいきました。

  • So the moral of the story is this boys and girls.

    つまり、この物語の教訓は、少年少女たちです。

  • Whenever you face an obstacle in life, don't try to work it out with words or anything like that.

    人生で障害に直面したとき、言葉で解決しようなどとは思わないことだ。

  • Just ask the most athletic friend, you have to posterized your opponent into Oblivion the Orange, that's a terrible moral really, I feel like it's arguably one of the greatest of all time.

    最も運動能力の高い友人に聞いてみてください。相手をポスタライズしてオブリビオンザオレンジにしなければならない、それは本当にひどい道徳です、私はそれが間違いなくすべての時間の最高の一つであるような気がします。

  • Now.

    今すぐ

Howdy fruit lovers.

フルーツ好きの皆さん、こんにちは。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

迷惑なオレンジ - ストーリータイム。3びきのやぎのがらがらどん! (Annoying Orange - Storytime: The 3 Billy Goats Gruff!)

  • 8 1
    林宜悉 に公開 2022 年 11 月 16 日
動画の中の単語