Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • believe me.

    を信じて

  • If I started murdering people, There'd be none of you left.

    もし私が人を殺し始めたら、あなた方は一人も残らないでしょう。

  • Welcome to watch Mojo.

    ようこそwatch Mojoへ。

  • And today we're taking a look at 10 disturbing interviews with killers.

    そして今日は、殺人犯への気になるインタビュー10選をご紹介します。

  • We are all evil in some form or another for this list.

    このリストのために、私たちは皆、何らかの形で悪である。

  • We're looking at instances where accused murderers chilled our bones with statements or body language during interviews.

    私たちは、殺人容疑者がインタビュー中の発言や身振りで私たちの心を凍らせた事例を調べています。

  • Did any of these moments freak you out?

    この中で、ビビッときた瞬間はありましたか?

  • Let us know in the comments number 10 john Wayne Gacy the netflix documentary that john Wayne Gacy tapes did a lot to point out the notorious serial killers, sociopathic tendencies when it came to shifting blame for his accused crimes.

    そのため、このような弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で恷も嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な弊順嶄で嶷勣な徭喇です。

  • That this wasn't the first time evidence to that end has come out.

    そのための証拠が初めて出てきたわけではないこと。

  • However, as documented by this piece from CBS news to Chicago back in 1992.

    しかし、1992年にCBSニュースがシカゴに配信したこの記事にあるように、このようなことがありました。

  • I don't believe in hitting hitting Children.

    私はチルドレンを叩くことを信じていません。

  • I don't believe in in spoiling a child either.

    私も子供を甘やかすのはよくないと思っています。

  • My my values are such that if you give enough love to the Children of murdering 33 kids and you say you didn't believe in hitting interviewer walter.

    私の価値観では、33人の子供を殺害した「子供たち」に十分な愛情を注ぎ、インタビュアーのウォルターを殴ることを信じていないと言うなら

  • Jacobson doesn't need to do much talking in his encounter with gacy as it quickly becomes clear that the former pogo the clown is trying his best to present alibi after alibi for his innocence is not one that I killed.

    ジェイコブソンはゲイシーとの出会いで多くを語る必要はない。かつてのポゴ・ザ・ピエロが、自分の無実を証明するために次々とアリバイを提示しようと懸命になっていることはすぐに明らかになるのだが、私が殺したのはその一つではない。

  • So I don't know nothing about him.

    だから、私は彼のことを何も知らないんです。

  • Gacy himself is composed for the most part, although there is a moment where he demonstrates his infamous rope trick with a shoelace that echoes the methodology of his horrible crimes and you just turn this and I said because it's an attorney.

    ゲイシー自身は、彼の恐ろしい犯罪の方法論を響かせる悪名高いロープトリックを靴ひもで実演する瞬間があるものの、ほとんどの部分は落ち着いていますし、あなたはこれを回すだけで、私は弁護士だからと言いました。

  • I said that's the only time I ever learned precisely the kind of not found on the ropes.

    私は、この時ばかりは、ロープに書かれていないようなことを正確に学んだと言ったのです。

  • Number nine Ted Bundy time can change many things about a person, including how they behave while being interviewed.

    9位 テッド・バンディの時間は、インタビュー中の振る舞いなど、その人の様々なことを変えてしまう。

  • The Ted Bundy featured in a 1977 jailhouse interview from KUTV news appears more in line with the suave yet cold blooded reputation Bundy had among other notorious serial killers.

    1977年のKUTVニュースによる刑務所でのインタビューに登場したテッド・バンディは、他の悪名高い連続殺人犯の間で、上品だが冷血という評判に沿ったものだったようだ。

  • You feel that everything will turn out a lot that you are.

    すべてが自分の思い通りになると感じているのでしょう。

  • Do you still feel that more than ever.

    今も昔と変わらずに感じているのでしょうか。

  • He smiles a lot during the peace and displays body language that appears relaxed and almost happy.

    ピース中は笑顔が多く、リラックスしているような、幸せそうなボディランゲージを見せる。

  • I'm not guilty.

    私は無罪です。

  • Does that, does that include the time I stole a comic book when I was five years old, Bundy keeps eye contact with his interview throughout most of their conversation and it's easy to become lulled into a false sense of security, which was exactly ted's intention.

    5歳の時に漫画を盗んだことも含まれるのか。バンディはインタビューの間中、ずっと目を合わせているので、つい安心しきってしまうが、それこそがテッドの意図するところだった。

  • If someone's crazy enough and not enough, do something like that, I can't stop him.

    十分にクレイジーで十分でない人がああいうことをしたら、止められないんです。

  • There's nothing I can do.

    私にできることは何もない。

  • Fast forward to the night before his execution and we see a fearful and pensive Ted Bundy, a man seeking to shift blame for his crimes during his interview with christian conservative evangelist James Dobson, There are forces that loosen in this country, particularly again, this kind violent pornography.

    この国には、特にまた、この種の暴力的なポルノを緩める力がある。

  • Number eight Richard Ramirez, The night stalker Richard Ramirez maybe one of the most frightening serial killers of all time.

    ナンバー8 リチャード・ラミレス ナイトストーカー リチャード・ラミレス 史上最も恐ろしい連続殺人犯の一人だろう。

  • Not only due to the brutality of his crimes, but also the projected aura of what many perceive to be pure evil.

    その犯罪の残虐性だけでなく、純粋な悪のオーラが投影されているため、多くの人がそう感じています。

  • Yes, I am evil, Not 100%, but I am evil.

    そうです、私は悪です、100%ではありませんが、悪です。

  • It's easy to see why during some of Ramirez's more notable interviews over the years, including one conducted with author Mike Watkiss, serial killers do on a small scale what governments do in the large one.

    作家のマイク・ワトキスが行ったインタビューも含め、ラミレスが長年にわたって行ってきた注目すべきインタビューでは、連続殺人犯は、政府が大きな規模で行っていることを小さな規模で行っているのだということが簡単に理解できる。

  • They are a product of the times and these are bloodthirsty times.

    彼らは時代の産物であり、今は血に飢えた時代なのです。

  • Ramirez is somewhat tense responses to Watkiss questioning imply a coiled rage and anger that's also exemplified by the night stalkers breathing as he seems to become annoyed with Watkiss.

    ラミレスは、ワトキスの質問に対してやや緊張した面持ちで答えるが、それは、ワトキスにイライラしているように見える夜のストーカーの呼吸にも例えられる、蟠った怒りと怒りを暗示している。

  • I'll tell you what I gave up on love and happiness a long time ago.

    愛も幸せも、とっくにあきらめたと言うのに。

  • Why I don't care to explain that.

    なぜそれを説明する気にならないのか。

  • Let the let the quote stand for itself.

    引用文はそのままにしておいてください。

  • Ramirez is comparatively more relaxed during a piece with Inside Edition, although that interview also hammers home the night stalker's obsession with satanism evil and the occult, I believe in the, in the evil in human nature, this is a wicked wicked world and in a wicked world, Wicked people are born.

    ラミレスはInside Editionのインタビューでは比較的リラックスしているが、そのインタビューでも夜のストーカーの悪魔崇拝とオカルトへの執着が強調されている。

  • Number seven, Edmund Kemper, there's something truly bone chilling about the matter of fact way in which the co ed killer.

    7位 エドマンド・ケンパー 共犯者の淡々とした話し方に、本当にゾッとさせられます。

  • Edmund Kemper describes his past in the 1981 documentary.

    エドマンド・ケンパーは、1981年のドキュメンタリー映画で自分の過去を語っている。

  • The killing of America, everything went towards killing him and I didn't, But I'm saying, Wow, it's uncanny, it was almost like it was meant to be that way and I said, Wow, this gotta stop Kemper's impressive intellect and well spoken nature belies the brutality of a man who committed his first murder at the age of 15 and it had been in a city, I would have been a mass murderer at age 15.

    アメリカを殺すこと、すべてが彼を殺すことに向かい、私はそうしなかった、しかし、私は言った、うわー、不気味だ、それはほとんどそのようになるように意図されているようだった、私は言った、うわー、これは止めなければならない ケンパーは印象的な知性とよく話す性格が、15歳で最初の殺人を犯した男の残忍性を裏切る、それが都市であれば、私は15歳で大量殺人犯になっていただろう。

  • I would have killed until they gunned me down.

    銃殺されるまで殺していたかもしれない。

  • I wouldn't have been able to reason my way out of it.

    私だったら、理屈をこねることはできない。

  • The killer even makes a self referential joke to his modus operandi of picking up Hitchhikers by putting on a pair of glasses and asking the camera whether they would get into a car with him.

    犯人は、メガネをかけてカメラに向かって「一緒に車に乗らないか」と、ヒッチハイカーのナンパの手口を自嘲気味にジョークにしているほどだ。

  • Now, would you get in the car with this man?

    さて、あなたはこの人と一緒に車に乗りますか?

  • Kemper's mental state comes across as perpetually active, like a bubbling pot of water about to boil over while the documentaries exploitative narration pushes the creep factor of this one.

    ケンペルの精神状態は、今にも沸騰しそうな鍋のように常に活発で、ドキュメンタリーの搾取的なナレーションが、この作品の不気味さを押し上げているように感じられる。

  • Over the top.

    オーバー・ザ・トップ

  • I am an american and I killed americans.

    私はアメリカ人で、アメリカ人を殺しました。

  • I am a human being and I killed human beings.

    私は人間で、人間を殺しました。

  • I did it in my society, number six, Jeffrey Dahmer's, there's no barely repressed rage within the demeanor of Jeffrey Dahmer as he discusses his history with interviewer stone phillips and I acted on my fantasies and that's where everything went wrong.

    私は自分の社会でそれを行ったのです 6番 ジェフリー・ダーマー インタビュアーのストーン・フィリップスに自分の歴史を語るジェフリー・ダーマーの態度にはかろうじて抑圧された怒りはありません 私は自分の空想のままに行動し、そこですべてがうまくいかなかったのです。

  • Nor are there any wild headline grabbing theatrics instead.

    また、見出しを飾るような荒唐無稽な演出もありません。

  • Dahmer's quiet and soft spoken recounting of his horrible crimes lends the piece that much more power.

    ダーマーの静かでソフトな語り口は、自分の恐ろしい犯罪を語る上で、作品にいっそうの迫力を与えている。

  • The only motive that there ever was, was to completely control a person, a person that I found physically attractive.

    唯一の動機は、私が肉体的に魅力的だと感じた人物を完全にコントロールすることだったのです。

  • There's the power of shock as he discusses the failed attempts at creating living zombies with the remains of his victims.

    犠牲者の遺骨で生きたゾンビを作る試みに失敗したことを語る衝撃のパワーがある。

  • Killing wasn't the objective.

    殺すことが目的ではありませんでした。

  • I just wanted to have the person under my complete control.

    ただ、その人を完全に自分のコントロール下に置きたかっただけなんです。

  • There's also the power of how Dahmer's moments of shocking violence are undercut by the killers, regret for the decisions he made and the futility of what seemed to be a date with infamy and destiny.

    また、ダーマーの衝撃的な暴力の瞬間が、殺人者、自分の下した決断への後悔、悪名と運命のデートのような無駄な行為によって損なわれていく様子も迫力満点である。

  • Once it happened the first time, it just seemed like it had control of my life.

    一度目は、それが私の人生を支配しているように思えたのです。

  • From there on in number five.

    そこから5番で。

  • Gary ridgway.

    ゲイリー・リッジウェイ

  • Gary ridgway A.

    ゲイリー・リッジウェイ A.

  • K.

    K.

  • A.

    A.

  • The Green River killer was one of the most prolific of all american serial murderers would be my finger over my driver's license to hide my name, ridgway was also perhaps one of the most unrepentant, a sentiment that's placed front and center during any of his interviews, A picture of my son.

    グリーンリバー・キラーは、アメリカの連続殺人犯の中でも最も多発した殺人犯の一人で、私の名前を隠すために運転免許証に指をかけていた。

  • No, I was a normal person.

    いや、普通の人でした。

  • Take for example, one he did with FBI psychopathy profiler, mary Ellen O'toole, where he very calmly describes how he would gain the trust of his victims.

    例えば、FBIのサイコパス・プロファイラー、メアリー・エレン・オートルと行ったもので、彼は非常に冷静に、どのようにして犠牲者の信頼を得るかを説明しています。

  • The only thing that would be better than that would be to have your son in the car with you.

    それよりも、息子さんを車に乗せてあげることが一番だと思います。

  • That would be a incredible Reuss that happened once O'toole manages to get ridgway talking in depth about his past, his upbringing and the dozens of victims attributed to the Green River killer's rampage No four Charles Manson.

    それはオトレが彼の過去、彼の生い立ちとグリーンリバーキラーの大暴れに起因する犠牲者の数十についての深さで話してリッジウェイを得るために管理したら起こった信じられないほどのロイスになりますいいえ4チャールズ-マンソン。

  • There has been a wealth of interview footage of Charles Manson released over the years, much of which can be used as evidence for the man's often unhinged persona.

    長年にわたり、チャールズ・マンソンのインタビュー映像が数多く公開されており、その多くは、彼の狂気に満ちた人格を示す証拠となるものである。

  • Do you feel blame?

    非難を感じるか?

  • Are you mad?

    気でも狂ったか?

  • Do you feel like?

    という感じですか?

  • And there's a lot of that here from this 1987 interview with today correspondent Heidi Shulman, I wouldn't do anything that I felt guilty about.

    1987年の特派員ハイディ・シュルマンとのインタビューによると、「私は罪悪感を感じるようなことは何もしない。

  • You don't feel guilty at all.

    罪悪感はまったくないんですね。

  • There's no need to feel guilty.

    罪悪感を持つ必要はない。

  • I haven't done anything I'm ashamed of.

    恥ずかしいことはしていない。

  • However, there's also this intent to shatter the myth of Manson as a leader and this is aided by the visual of Manson's scattershot presence during the interview.

    しかし、そこにはリーダーとしてのマンソンの神話を打ち砕くという意図もあり、インタビュー中のマンソンの散漫な存在感というビジュアルもそれを後押ししている。

  • Maybe I should have killed four or 500 people than I would have felt better.

    4人とか500人とか殺しておけば、もっと気が済んだかもしれない。

  • Then when I felt like I really offered society something.

    そして、本当に社会に何かを提供できたと思ったとき。

  • Although the occasionally violent outbursts by Manson have been well documented in this piece, it's the more soft spoken soundbites that reveal more about the man's own admitted failures and shortcomings my awareness and my consciousness is not the same as somebody that goes to school and as a mom and dad see not having parents have left me in another dimension.

    この作品では、マンソンが時折見せる暴力的な言動がよく描かれているが、よりソフトな語り口で、マンソン自身が認めた失敗や欠点がより明らかにされている。

  • So to say number three, this tool, this interview with oddest tool is the stuff of nightmares.

    だから、3番のこの道具、変な道具のインタビューは悪夢のようなものだと言っているのです。

  • There are a lot of reasons for this too, not the least of which is tools, explosive bursts of laughter and absolutely chilling smile.

    その理由は、道具や爆発的な笑い、冷ややかな笑顔など、たくさんあります。

  • Six are fire or I like those.

    6は火か、そういうのが好きなんです。

  • Additionally, there's the explicit nature of how tool describes his past crimes and how he and former associate and fellow killer, Henry lee Lucas seemed to easily disassociate the value of human life.

    さらに、ツールが過去の犯罪をどのように描写しているか、彼と元同僚で殺人鬼仲間のヘンリー・リー・ルーカスがいかに簡単に人命の価値を切り離していたかが、露骨に表れています。

  • The grainy and blown out a v quality of this interview footage only seems to add to the feeling of grime and filth left over by tools, gleeful accounts and delivery just like that, drinking a cup of talk smoky safe.

    このインタビュー映像の粒状性と吹き出しa vの品質は、ちょうどそのようなトークスモーキーセーフのカップを飲んで、ツール、嬉々としてアカウントと配信によって残された汚れと汚れの感覚を追加するように見えるだけ。

  • Number two is a Segawa unlike the majority of our other entries, he says, Sagawa isn't technically a serial killer.

    2番は瀬川 他のエントリーの大半と違って、佐川は厳密には連続殺人犯ではないそうです。

  • However, this interview footage from Vice is too disturbing not to make our list.

    しかし、「Vice」のインタビュー映像は、あまりにも不穏な空気を漂わせているため、このリストには入れませんでした。

  • Iowa's history and dark deeds are detailed in the documentary.

    アイオワの歴史と暗躍は、このドキュメンタリーに詳しい。

  • While himself describes the premeditated shooting and devouring of his classmate felt while he was living and studying in France.

    フランスに留学していた時に感じた、同級生の計画的な射殺と食い逃げを自ら描写しながら。

  • Saga was obsessions are also detailed in the piece as well as the legal loopholes that allowed the killer to escape prison time for his actions.

    また、佐賀県が執着していたこと、犯人が服役を免れるための法律の抜け道についても詳しく紹介されています。

  • Saga was quiet and fragile demeanor undercuts his words all spoken in equally hushed and inoffensive tones.

    佐賀は物静かで、儚げな雰囲気が漂うが、その言葉もまた、静かで無邪気なトーンで語られる。

  • It is a frankly horrifying and unbelievable story.

    率直に言って、恐ろしくて信じられない話である。

  • Before we continue, be sure to subscribe to our channel and ring the bell to get notified about our latest videos, you have the option to be notified for occasional videos or all of them.

    その前に、ぜひチャンネル登録をして、ベルを鳴らして最新動画のお知らせを受け取ってください!時々、またはすべての動画のお知らせを受け取るオプションがあります。

  • If you're on your phone, make sure you go into your settings and switch on notifications.

    スマホの場合は、設定から通知をオンにするようにしてください。

  • Number one Aileen Wuornos this interview with Aileen Wuornos on the eve of her execution is disturbing for a number of reasons, I'm okay, I'm okay.

    1位 Aileen Wuornos この処刑前夜のAileen Wuornosのインタビューは、様々な理由で不穏な空気を漂わせています。

  • God is going to be, there is christ going to be there all the angels and everything for starters, there are the crimes for which he was convicted but there are also the stories Eileen tells about her treatment in prison.

    神は存在する、キリストは存在する、すべての天使と手始めにすべてがある、彼が有罪判決を受けた罪があるが、アイリーンが語る刑務所での治療についての話もある。

  • They had, they had the intercom on in the room and they kept lying that it wasn't on and they were using sonic pressure on my head since 1997.

    彼らは部屋にインターホンをつけていましたが、ついていないと嘘をつき続け、1997年以来、私の頭に音波の圧力をかけ続けていました。

  • Her accusations of sonic torment and food tampering, speak to her paranoia and mental state during this time and then one day I didn't wash my food off and I was sick for three weeks, almost died, A state that gradually reaches a fever pitch during the interview, thanks a lot, I lost my life because of it.

    音波による拷問や食品改ざんの告発は、この間の彼女の被害妄想や精神状態を物語っている。そしてある日、食べ物を洗い流さずにいたら、3週間も体調を崩して死にそうになった。この状態は、インタビュー中に次第に熱を帯びてくる。どうも、そのせいで命を落としたらしい。

  • I couldn't even get a fair trial face as she directly addresses.

    彼女が直訴するような公正な裁判の顔すらできなかった。

believe me.

を信じて

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

殺人鬼の不穏なインタビュー10選 (10 Disturbing Interviews With Killers)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2022 年 09 月 20 日
動画の中の単語