Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Transcriber:

    翻訳: Miz Yamamoto 校正: Masaki Yanagishita

  • Thinking about the past week,

    先週こんなことはありませんでしたか?

  • did any of you forget where you put your phone?

    携帯をどこに置いたか忘れた

  • Did you have a word stuck on the tip of your tongue,

    喉まで出かかっているのに 言葉が出てこなかった

  • you couldn't remember the name of an actor

    俳優の名前や

  • or that movie a friend recommended?

    友人が薦めた映画の名前が思い出せなかった

  • Did you forget to take out the trash

    ゴミを出すのを忘れた

  • or move the laundry from the washer to the dryer

    洗濯機から乾燥機に洗濯物を入れ忘れた

  • or to pick up something from the grocery store you meant to buy?

    買おうと思っていた物を スーパーで買い忘れた --

  • What is going on here, is your memory failing?

    一体何が起きてるいるのでしょう? 記憶障害でしょうか?

  • It's not.

    そうではありません

  • It's doing exactly what it's supposed to do.

    こういうことが起きても当然なのです

  • For all its miraculous,

    記憶は私たちの生活において驚異的で 不可欠な幅広い役割を果たしますが

  • necessary and pervasive presence in our lives,

    完璧とは程遠いのです

  • memory is far from perfect.

    私たちの脳は人の名前や

  • Our brains are not designed to remember people's names,

    後ですることを記憶したり

  • to do something later

    体験すること全部の目録を作るように 設計されてはいません

  • or to catalogue everything we encounter.

    こうした欠陥は 最初から作り込まれているのです

  • These imperfections are simply the factory settings.

    超賢い人の記憶も当てになりません

  • Even in the smartest of heads, memory is fallible.

    円周率を10万桁まで暗唱したことで 知られる男性も

  • A man famous for memorizing over 100,000 digits of pi

    奥さんの誕生日や

  • can also forget his wife's birthday

    居間に来た理由を忘れるかもしれません

  • or why he walked into the living room.

    大半の人は今日起きたことを 明日にはほとんど忘れています

  • Most of us will forget the majority of what we experienced today

    これが繰り返されて 人生で起きたことの 大半を忘れてしまうのです

  • by tomorrow.

    考えてみてください

  • Added up, this means we actually don't remember most of our own lives.

    何を覚えて何を忘れるかは どうやって決められるのでしょう?

  • Think about that.

    極めて一般的な記憶障害の例を二つ挙げて

  • So what determines what we remember and what we forget?

    それらが全く正常である理由を説明します

  • Here are two examples of supercommon memory failures

    一つ目は 携帯 鍵 眼鏡 車などを どこに置いたか忘れてしまうこと

  • and why they're totally normal.

    今の瞬間を超えて残る記憶を作るために 必要となる最初の要素は

  • Number one, where did I put my phone,

    注意です

  • my keys, my glasses, my car?

    記憶はビデオカメラと違い

  • The first necessary ingredient in creating a memory

    見たことや聞いたことを逐一記録しません

  • that lasts longer than the present moment

    注意を払ったことしか覚えないのです

  • is attention.

    おそらく皆さんも経験のある例を挙げましょう

  • Your memory is not a video camera

    私はよくボストンから ケイプコッドまで運転します

  • recording a constant stream of every sight and sound you're exposed to.

    一時間ほど走ったところで サガモア橋を渡ります

  • You can only remember what you pay attention to.

    巨大な四車線の橋で 見逃すことは絶対ありません

  • Here's an example that will probably feel familiar.

    なのに さらに10マイルほど走った10分後

  • I often drive from Boston to Cape Cod.

    突然分からなくなるのです -- あれ?

  • About an hour into this trip I cross the Sagamore Bridge,

    橋をもう渡ったっけ?

  • a really big, four-lane, cannot-miss-it structure.

    橋を渡ったことを覚えてないのは

  • And then about 10 miles and a mere 10 minutes later,

    そもそも記憶が作られなかったからです

  • I'll suddenly wonder, wait,

    情報を認識するには目や耳だけでは不十分です

  • did I already go over the bridge?

    脳が感覚的な情報をまとめて 永続的な記憶に変えるためには

  • I can't recall going over the bridge

    注意による神経入力が必要です

  • because that memory was never created in the first place.

    この橋を何度も渡ったことがあり

  • It's not enough for my senses to perceive information.

    おそらく考え事をしていたか オーディオブックを聴いていたため

  • My brain can't consolidate any sensory information into a lasting memory

    注意が逸れて

  • without the neural input of attention.

    橋を渡った体験が数秒で脳から抜け落ち

  • So because I've driven over that bridge countless times

    跡形もなく消えてしまったのです

  • and because I was probably lost in thought or listening to an audio book,

    その最大の理由は何か -- 誰かが言ったこと

  • so my attention pulled elsewhere,

    ついさっき会った人の名前

  • the experience of driving over it slipped out of my brain within seconds,

    車を停めた場所

  • gone without a trace.

    大きな橋を渡ったかどうか

  • The number one reason for forgetting what someone said,

    それらを忘れる理由は 注意不足です

  • the name of a person you just met,

    二つ目は

  • where you parked your car

    人の名前が思い出せないこと

  • and whether you already drove over a really big bridge

    先日ある俳優の名前が思い出せなくなりました

  • is lack of attention.

    HBOのドラマ「ザ・ソプラノズ / 哀愁のマフィア」のトニー・ソプラノ役です

  • Number two,

    彼の名前が脳のどこかに 記憶されているのは確かで

  • "Oh, what is his name?"

    彼について色々言えるのですが

  • One day I couldn't come up with the name

    名前が出てきません

  • of the actor who played Tony Soprano in the HBO series "The Sopranos."

    結局諦めてググりました

  • I knew his name was stored somewhere in my brain,

    「トニー・ソプラノを演じた俳優」

  • and I could tell you all kinds of things about him,

    ジェイムズ・ガンドルフィニ

  • but I could not produce his name.

    そう それそれ

  • I eventually gave up and googled it.

    「喉まで出かかっているのに思い出せない」 と表現される喚語困難は

  • "Actor who played Tony Soprano."

    最も一般的な記憶障害の一つです

  • James Gandolfini.

    ある単語 -- 大抵の場合は 固有名詞を思い出そうとするのですが

  • Yes, that's it.

    どう頑張っても出てきません

  • Blocking on a word, also called tip of the tongue,

    これはなぜ起きるのでしょう?

  • is one of the most common experiences of memory failure.

    喚語困難が生じるのは

  • You're trying to come up with a word, most often a proper noun,

    探す単語につながるニューロン (神経単位)が一部しか活性化しないか

  • but you cannot, for the life of you, retrieve it on demand.

    活性化が弱いためです

  • Why does this happen?

    よく出てくるのは関連語 --

  • Blocking on a word can occur when there's only partial

    つまり音や意味が似ている言葉です

  • or weak activation of the neurons

    これらの筋違いな関連語は目的単語の 「アグリーシスター(醜い妹)」と呼ばれ

  • that connect to the word you're looking for.

    さらに厄介なのは

  • We often come up with a loosely related word instead,

    アグリーシスターに注意を絞ると 状況がさらに悪化する点です

  • something similar in sound or meaning.

    これらの「おとり語」につながる 神経経路に脳の働きが集中して

  • These obliquely related words are rather unfortunately called

    探す単語にたどり着きません

  • the ugly sister of the target.

    だから目的の単語を思い出そうとしても

  • And even more unfortunately,

    アグリーシスターしか浮かばないのです

  • zeroing in on an ugly sister will only make the situation worse.

    例を挙げると

  • These decoys lead your brain activity down neural pathways that go to them

    最近ボーイフレンドに聞きました

  • and not to the word you're looking for.

    「あの有名なサーファーの名前 何だったっけ?」

  • So now when you try to retrieve the word in question,

    「ランス?」

  • all you can come up with is the ugly sister.

    「いや ランスじゃないよ」

  • Here's an example.

    彼も分かってますが

  • I recently asked my boyfriend,

    思い出せません

  • "What's the name of that famous surfer?

    二人共途方に暮れてしまいました

  • Lance?

    私が違う名前をうっかり口走ったので

  • No, it's not Lance."

    彼の脳にアグリーシスターの 「ランス・アームストロング」が設定され

  • He knew who I was talking about,

    間違った神経領域にはまり込んで 出られなくなったのです

  • but he couldn't come up with it either.

    この現象もアグリーシスターが原因です

  • We were both stumped.

    思い出すのを諦めたらしばらくして

  • And turns out my blurting out the wrong name

    突然降って湧いたように名前が出てきました

  • set my boyfriend's brain to Lance Armstrong,

    レアード・ハミルトン

  • the ugly sister.

    そう それそれ

  • Now, he was stuck in the wrong neural neighborhood and couldn't get out.

    どうしてこうなったのでしょう?

  • The ugly sister also explains this phenomenon.

    思い出そうとするのを止めることで

  • Much later, once you've stopped trying to find the word,

    脳のアグリーシスターへの執着が解けて

  • it suddenly bubbles to the surface, seemingly out of nowhere.

    正しいニューロン群の活性化が 可能になるのです

  • Laird Hamilton.

    喉まで出かかっているのに 思い出せない --

  • Yes, that's it.

    特に人の名前が出てこない -- これは全く正常です

  • Why does that happen?

    こうしたことは 25歳の若者も週に何度かありますが

  • By calling off the hunt,

    彼らが気にしないのは

  • your brain can stop perseverating on the ugly sister,

    老化や記憶障害やアルツハイマー病など 頭のどこにもないからです

  • giving the correct set of neurons a chance to be activated.

    また若者は親の世代と違い

  • Tip of the tongue,

    携帯で検索することにも抵抗ありません

  • especially blocking on a person's name, is totally normal.

    この点について重要なのは

  • Twenty-five-year-olds can experience several tip of the tongues a week,

    多くの人は思い出せない単語をググるのは

  • but young people don't sweat them, in part because old age,

    カンニングと同じで逆に悪影響となり

  • memory loss and Alzheimer's are nowhere on their radars.

    記憶が弱ると心配しています

  • And unlike their parents,

    松葉杖のようにグーグルに頼っていると

  • they don't hesitate in outsourcing the job to their smart phones.

    そのうち健忘症になると懸念しています

  • Which brings me to an important point.

    この考えは間違いです

  • Many of you are worried that if you use Google to look up your blocked words

    トニー・ソプラノを演じた役者の 名前を検索しても

  • then you're cheating and contributing to the problem,

    記憶力が弱まることは全くありません

  • weakening your memory.

    同様に 精神的苦痛を味わって

  • You're worried that Google is a high-tech crutch

    絶対自分で思い出そうと頑張っても

  • that's going to give you digital amnesia.

    記憶は強くなりませんし

  • This belief is misinformed.

    トロフィーも手に入りません

  • Looking up the name of the actor who played Tony Soprano

    記憶の志士となる必要はないのです

  • doesn't weaken my memory's ability whatsoever.

    喉まで出かかっている言葉が思い出せないのは

  • Likewise, suffering through the mental pain

    記憶の取り出しにおける全く正常な不具合で

  • and insisting on coming up with his name on my own

    脳の構成による副産物なのです

  • doesn't make my memory stronger

    よく見えなければ眼鏡をかけるように

  • or come with any trophies for doing so.

    喉まで出かかっている単語をググることも 私が許可します

  • You don't have to be a memory martyr.

    記憶は驚くべき力で

  • Having a word stuck on the tip of your tongue

    私たちが行うほぼすべてのことに 不可欠な働きをしますが

  • is a totally normal glitch in memory retrieval,

    でもお母さんに電話することや

  • a byproduct of how our brains are organized.

    眼鏡をどこに置いたか

  • You wear glasses if your eyes need help seeing,

    先週火曜日のランチに何を食べたか 忘れたりもします

  • you have my permission to use Google

    イライラしますが 医者に行ったり パニックに陥ったり 恥じたりするのは不要です

  • if a word is stuck on the tip of your tongue.

    物忘れの大半は ヒトの正常な働きの一部なのです

  • Memory is amazing

    有難うございました

  • and is essential for the functioning of almost everything we do,

    デイビッド・ビエロ:視聴者に代わって僕から

  • but it will also forget to call your mother,

    大きな拍手を送ります

  • where you put those glasses,

    個人的にかなり安心しました

  • and what you ate for lunch last Tuesday.

    お礼を言わせてください

  • Frustrating, but not a cause for diagnosis, panic or shame.

    記憶のことが気になるのは誰も同じで

  • Most of what we forget is just a normal part of being human.

    パンデミックの後は特にそうです

  • Thank you.

    視聴者から既に質問が挙がっています

  • David Biello: I will stand in for the audience

    でも先に僕から 個人的にとても重要な質問を一つ

  • to give you my own personal standing ovation.

    心配なんですが 立ち上がって別の部屋に行く度に

  • I personally feel so much better.

    どうしてそこに来たのか 思い出せなくなるのです

  • So thank you for that.

    これって問題ですか?

  • I think we all get a little concerned about our memories,

    ナーバスになるべきでしょうか?

  • particularly after this pandemic.

    リサ:いいえ ナーバスにならなくて大丈夫

  • And I see that we already have some questions from the audience.

    これは私が最近書いた本で伝えたい 大切なメッセージの一つで

  • But before we get into that, I have to ask one very important personal question,

    多くの人 -- 特に40歳以上の人は

  • which is, should I be worried,

    物忘れしても正常なのに

  • because every time I get up and go to another room,

    それを気にし過ぎて

  • I forget why I've gone there.

    「大変だ 頭が変になった」

  • Is that is that troubling?

    「アルツハイマー病?」と考えてしまいます

  • Should I be nervous?

    思い出せない理由はこうです

  • LG: No, you should not be nervous.

    寝室にいて 本を読もうとします

  • And that's one of the big take-homes of why I wrote the book I just wrote,

    もう寝る時間で

  • there's so many people, especially over the age of 40,

    寝る前に本を読むのが習慣です

  • who experience normal moments of forgetting

    でも眼鏡がないことに気付きます

  • but now we are keyed into it

    多分台所にあるだろうと考えて

  • and we think, "Oh, my God, does this mean I'm losing my mind,

    台所に歩いて行きます

  • I'm going to get Alzheimer's."

    ここで作られる記憶には

  • So here's what happens when you have that --

    後で何かをしようという意図があり

  • so you're in your bedroom and you're getting ready to read a book,

    これを展望記憶と言います

  • it's bedtime,

    例えば 普段よくありますよね

  • that's what you do before bed.

    「後でスーパーに行ったら牛乳を買わないと」

  • And you realize you've forgotten your glasses.

    「お母さんに電話するのを覚えておかないと」

  • And you're like, they're probably in the kitchen.

    「クリーニングを取りに行かないと」

  • So you go walk down to the kitchen

    <