Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • So the purpose of learning a language is to be able to communicate.

    言語を学ぶ目的は、コミュニケーションが取れるようになることです。

  • You may be able to speak in 9 or 10 languages, but if you don't know basic communication skills, then what's the point?

    あなたは9カ国語、10カ国語で話すことができるかもしれませんが、基本的なコミュニケーション能力を知らないのであれば、何の意味がありますか?

  • So, this is why, maybe in the near future, I'm gonna be, um, sharing more videos about communication tips and all of that.

    なので、今後、コミュニケーションのヒントとなるようなビデオをもっと紹介するつもりです。

  • If you guys like it, please let me know in the comments or with the like button so that I know that I can make more videos like this.

    もし、皆さんが気に入っていただけたら、コメントや「いいね!」ボタンで教えてください。このようなビデオをもっとたくさん作ることができると思うからです。

  • And one important component of communicating, especially with strangers, is small talks.

    特に見知らぬ人とのコミュニケーションで重要な要素のひとつが、世間話です。

  • So, before you turn off the video because you just hate small talks, especially if you're introverts, think about it:

    世間話が嫌いだからと、この動画を消す前に、内向的な方たちは特に考えてみてください。

  • You cannot really get into deep conversations with someone without going through the small talk first.

    まず世間話を最初に経なければ、相手と深い話をすることはできません。

  • So, let's get into it.

    では、本題に入りましょう。

  • 1. Icebreakers

    1. アイスブレーカー

  • One, I usually start with an icebreaker.

    まず、私は通常、アイスブレーカーから始めます。

  • So, icebreakers could be anything.

    アイスブレーカーはなんでもいいです。

  • It could be compliments, it could be a common ground, it could be a joke or anything like that.

    それは褒め言葉かもしれないし、共通の話題かもしれないし、冗談とかそういうものかもしれません。

  • So, just whatever it is that you want.

    あなたが話したいものなんでもいいです。

  • For me, personally, I would not break the ice with introducing myself because it's like...

    私個人としては、自己紹介で打ち解けることはありません。というのも、まるで...

  • Imagine coming up to a stranger and just let them know, "Hi! I'm Naila".

    見知らぬ人に「こんにちは!私は Naila です」と声をかけることを想像してみてください。

  • I mean, it works for some people, but for me, I just don't really do that.

    一部の人にとってはうまくいきますが、私の場合はそれができません。

  • So, my favorite icebreaker to do is to come up with a common ground.

    なので、私が一番好きなアイスブレーカーは、共通の話題を出すことです。

  • So, to make an instant connection with strangers, with people you just metyou want to start with something in common between you both.

    知らない人、初対面の人と軽いつながりを作るには、まず二人の間に何か共通のものが必要です。

  • So, let's say you are at a networking event or a seminar, what is the one thing that you both have in common?

    では、ネットワーキングイベントやセミナーに参加したとしましょう。二人の共通点は何でしょうか?

  • Well, both of you are right there attending the event.

    そうですね、2人ともそのイベントに参加しています。

  • So, that's what you would have in common; that's what you can start with.

    つまり、これが共通点であり、そこから始めるのです。

  • So, some phrases that you can say would be:

    あなたが言えるいくつかのフレーズを挙げてみましょう。

  • "Wow, the speaker was really funny, don't you think?"

    「あのスピーカーは本当に面白かった。そう思わないですか?」

  • "Wow, that was the first time that I learned about X and X; what did you think?"

    「わあ......初めて○○と××を知りました。あなたはどう思いましたか?」

  • Those are some questions that you can ask, but you can also state some observations.

    これらは、あなたが尋ねることができるいくつかの質問ですが、いくつかの観察を述べることもできます。

  • "Wow, the room is a little cold; do you feel that?"

    「うわっ、部屋がちょっと寒いな。あなたもそう感じますか?」

  • "Wow, the decoration of this venue is just amazing."

    「この会場の装飾は本当に素晴らしい。」

  • "Ugh! Everybody here is dressed so casually or so formally; I feel underdressed or overdressed."

    「うわ。みんなとてもカジュアルかとてもフォーマルな格好だ。なんか私はカジュアルすぎるかフォーマルすぎるように感じるな」。

  • And, um maybe someone next to you would also relate to this kind of, um, difficulty, you know?

    もしかしたらあなたの隣にいる人も、このような難しさに共感してくれるかもしれませんね。

  • So, find a common ground because that is the easiest way for people to feel connected to you.

    なので、共通項を見つけることです。それが、人々があなたとのつながりを感じる一番簡単な方法だからです。

  • (2. Asking Questions) Then, I usually proceed to asking questions.

    (2. 質問をする)次に、たいていの場合、私は質問をします。

  • So, when I ask questions, I make sure that I ask open-ended questions instead of closed questions.

    ですから、質問をするときは、クローズド・クエスチョンではなく、オープンエンド・クエスチョンをするように心がけています。

  • So, close questions are the ones that would end with "yes" and, um, or "no".

    クローズド・クエスチョンとは、「はい」か「いいえ」で終わるような質問です。

  • It's like, "Is this is your first time here?" "Yes."

    例えば「ここは初めてですか?」「はい」のような感じです。

  • I mean those areit's actually a good question to ask, "Is this your first time here?"

    そういう質問、例えば「ここは初めてですか?」と聞くのはいい質問です。

  • But, normally, I like to ask questions that could lead to, like, longer conversations.

    でも、通常は、もっと長い会話になるような質問が好きです。

  • Like, "Oh, what brought you here?"

    例えば「何を持ってきましたか?」とか

  • "How did you find this event?"

    「どうやってこのイベントを見つけたのですか?」とか。

  • "So, how long have you been in this industry?" In design and finance and educationwhatever.

    「何年この業界にいますか?」デザイン、ファイナンス、教育、なんでも。

  • "What did you think about the presentation? He was a little dull, don't you think?"

    「プレゼンは何をしましたか?」「彼は少し退屈そうに見えましたが、そう思いませんか?」

  • "She was very funny; what do you think about that?"

    「彼女はとても面白かった。あなたはどう思いましたか?」

  • So, stuff like that.

    こんな感じです。

  • But one thing to note is that I make sure not to ask too many questions because some people do get, um, a little annoyed by that.

    ただ、1つ注意したいのは、あまり質問しすぎないようにすることです。なぜなら一部の人は少し多く質問されるのをいやがるからです。

  • I have personally experienced it; when people ask so many questions, I'm like, "Just leave me alone."

    私自身も経験があるのですが、いろいろと質問され、「もう一人にさせてくれ」という感じでした。

  • So, what I recommend you doing is that I would, let's say, ask three questions, four questions, max.

    そこで、私がお勧めするのは、3つ、最大でも4つの質問をする、ということです。

  • And if I seeif I can read their body language and they're just not interested in talking to me, they don't ask me questions back,

    そして、もし私が相手のボディランゲージを読み取り、彼らは私と話すことに興味がなく、私に質問を返さないとしたら

  • then, I just cut the conversation there.

    そこで話を終わらせます。

  • So, learn to read the room and learn to read body language of people; learn to feel it.

    だから、空気を読むこと、ボディランゲージを読む、それを感じることを学ぶのです。

  • 3. Compliments

    3. 誉め言葉

  • Third, I also like to add sprinkles of compliments.

    3つ目は、褒め言葉を散りばめることです。

  • So, I... I mentioned compliments a little earlier to use as ice breakersthat's actually really good.

    私は先ほどアイスブレイクに使う褒め言葉について少し触れましたが、それは実はとても良いことなんです。

  • But also make a note that, when you give compliments to someone, make it genuine.

    ただ、相手を褒めるときは、本当のことを言うことを意識してください。

  • Don't compliment to kiss ass; just compliment [on] things that you genuinely like about them.

    ごますりのために褒めるのではなく、あなたが純粋に相手の好きなところを褒めるのです。

  • Like, let's say if it was a language exchange where you both are practicing your language skills or English or something,

    例えば、お互いが英語など、語学を練習する言語交換の場だとすると、

  • tell them, "Wow! your French sounds really good!"

    「すごい!フランス語がとても上手ですね!」と伝えましょう。

  • "Wow, your English⏤I love your accent! How did you learn that?"

    「わぁ、あなたの英語、アクセントが素敵ですね!どうやって学んだのですか?」

  • "Wow, you sound so confident!"

    「すごい!とても堂々としてますね」

  • Or maybe you can also throw them some compliments about, you know, like, more surface-level things, like,

    あるいは、もっと表面的なことを褒めてもいいかもしれません。

  • "Wow, your hair is so pretty!"

    「わあ、きれいな髪ですね」

  • "I love your outfit!"

    「その服、素敵ですね!」

  • Like, "Nice shoes! You have a good taste."

    「いい靴ですね!センスいいですね」みたいな。

  • So, these things, kind of, like, stroke people's egos and then that they, umthat lowers their defenses.

    こういったことが、人々の自尊心を撫で、そして、人々の防御を低くするのです。

  • But don't overdo the compliments.

    しかし褒めすぎは禁物です。

  • If you give, like, one or two compliments, it's, um, it's enough.

    1、2回褒めれば、十分です。

  • More than that, it's just a bit like, "Okay, what does she want?"

    それ以上だと、「その女性は何が欲しいんだろう?」と感じてしまうでしょう。

  • And then, after I have a little bit of conversation,

    そして、少し会話をした後、

  • (4. Introduce Myself) that's when I will introduce myself.

    (4. 自己紹介) ここで自己紹介をするのです。

  • Because I only introduce myself if I know that, "Okay, this person is cool; I think I would like to talk a little bit more with her or with him then."

    「よし、この人はいい人だ。この人ともう少し話してみたい」と思ったときだけ自己紹介をします。

  • So, I'm gonna tell them my name.

    自分の名前を伝えます。

  • "I am Naila, by the way; what about you?"

    「私は Naila です。あなたは?」

  • Then you have all of these questions, "Oh, where are you from?"

    そして、「どこ出身ですか?」のような質問をします。

  • Like, "Oh, do you live here? How long have you lived here?"⏤this and that.

    「あら、このあたりに住んでいるのですか?何年くらい住んでいますか」のような感じです。

  • So, a lot of the basic introductory questions, that's when I would throw them all here.

    だから、基本的、入門的な質問は、このタイミングですべて投げます。

  • (5. Listening Skills) The last but not least is listening skills.

    (5. 聴く力)最後は聴く力です。

  • This is by far the most underrated but the most important skill to have when you're communicating.

    これは、圧倒的に過小評価されていますが、コミュニケーションをとる上で最も重要なスキルです。

  • To be a good communicator, you have to learn how to listen.

    良いコミュニケーターになるには、聴き方を学ばなければなりません。

  • One of my biggest pet peeves whenever I meet new people or just in a group of people and we're having a conversation are people who don't listen.

    私が初対面の人やグループで会話するときに一番ムカつくのは、人の話を聞かない人です。

  • I have very little tolerance for people who just don't value what I have to say.

    私は、私の言うことを尊重しない人には、我慢できません。

  • And normally, when I can read that they're not listening to me, that's when I just cut the conversation short and leave them.

    そして通常、相手が私の話を聞いていないことが読み取れたら、その時点で会話を切り上げて、その場を離れます。

  • I would consider good listeners to be people who show interest in what I have to say.

    私は、聞き上手とは、私の話に興味を示してくれる人だと考えます。

  • For people who ask questions, people who validate my point, people who show empathy, people who maintain eye contact.

    質問してくれる人、私の主張を肯定してくれる人、共感を示してくれる人、アイコンタクトを保ってくれる人などです。

  • So, when you are talking and then people ask you questions, it meanit means that they're listening to you; they want to know a little bit more.

    なので、あなたが話してた後に人があなたに質問をするというのは、その人があなたの話を聞いているということであり、もう少し知りたいと思っているということです。

  • And people who show validation and empathyit means that they understand your point; they have been where you've been before.

    受け入れ、共感する人というのは、あなたの言いたいことを理解してくれる人ということで、あなたが経験したことをその人も経験したということです。

  • And maintain eye contactof course, this differs across cultures

    そして、アイコンタクトを保つこと、もちろん、これは文化によって異なりますが、

  • But, normally, whenever I speak with someone and I can see that their eyes are wandering around; they're looking at the ceiling or they're kind of, like, looking at people going round around,

    通常誰かと話していると、その人の目が天井を見たり、周りを見ていたり、あちこちに目が行っているのがわかります。

  • that's when it gives me the idea that this person isn't one hundred percent listening to me, and that's when I also will cut the conversation short.

    これが、私が「この人は私の話を100%聞いていない」と思わせてくれる時で、その時には私も話を切り上げます。

  • So, definitely build those listening skills⏤I think this is something that I would like to talk about in the future videos.

    だから、絶対に聞く力をつけてください。そしてこのことは、今後のビデオでお話したいと思います。

  • Let me know if you want to hear them from me andyeah, that is it, actually.

    もし、私から聞きたいのであれば教えてください。今日はこれで終わりです。

  • Thank you so much, guys, for listening in today's video.

    このビデオを見てくださり、ありがとうございました。

  • I will see you next week in another, and until then, have a good day and bye-bye.

    来週もお会いしましょう、そしてよい一日を過ごして下さい。さようなら。

So the purpose of learning a language is to be able to communicate.

言語を学ぶ目的は、コミュニケーションが取れるようになることです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

A2 初級 日本語

【英会話】簡単な英語でOK!英語で「世間話」をする方法

  • 50691 1423
    たらこ に公開 2022 年 08 月 23 日
動画の中の単語