Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This is British explorer Percy Fawcett.

    こちらはイギリスの探検家、パーシー・フォーセット。

  • He was last heard from here deep in the Amazon Rainforest.

    最後に連絡があったのは、ここアマゾンの熱帯雨林の奥地でした。

  • In 1925, he was on his eighth expedition in the Amazon and he had one objective: to find the ruins of a lost city that he called Z.

    1925年、8回目のアマゾン探検に参加した彼の目的はただひとつ、「Z」と呼ばれる失われた都市の遺跡を見つけることでした。

  • The idea was based on rumors that had circulated for centuries that there was once large cities filled with people deep in the amazon.

    このアイデアは、何世紀も前から流れていた「かつてアマゾンの奥地に人が住む大きな都市があった」という噂に基づくものでした。

  • But Fawcett never found Z or any other city and for decades after his disappearance, experts believe that this rainforest was simply too hostile and too remote to ever have supported cities.

    しかし、フォーセットはZや他の都市を見つけることができず、彼の失踪後数十年間、専門家はこの熱帯雨林は単に敵対的で、都市を維持するにはあまりに辺鄙な場所だったと考えています。

  • Until recently when scientists began finding these, these ditches and mounds are man-made and they're all over the rainforest.

    最近になって科学者が発見し始めたのですが、これらの溝や塚は人工的なもので、熱帯雨林の至る所にあります。

  • Now, archaeologists think they finally know the answer to an ancient mystery "Where are the lost cities of the amazon?"

    今、考古学者たちは、"失われたアマゾンの都市はどこか?"という古代の謎の答えがついにわかったと考えています。

  • Here was the capital of the empire of the Incas, Cusco. Many fine massive walls built by the ancient inhabitants centuries before the Spaniards came, still stand...

    ここは、インカ帝国の首都クスコ。スペイン人が来る何世紀も前に古代住民が築いた立派な巨大な城壁が、今もたくさん残っています...

  • In the 16th century, European colonizers poured into Central and South America, bringing with them soldiers, disease, and plans to conquer it.

    16世紀、ヨーロッパの植民地主義者たちは、兵士や病気、そして征服計画を携えて中南米に押し寄せました。

  • They encountered many groups of indigenous people, some of whom had long ago built huge cities like Tenochtitlan founded by the Mexican people Around 1325 A.D.

    その中には、西暦1325年頃にメキシコ人が築いたテノチティトランのような巨大都市を築いていた先住民もいました。

  • And Cusco founded by the Incas around 1200 A.D.

    そして、西暦1200年頃、インカ人によって築かれたクスコ。

  • These cities were constructed with stone and featured well planned roads and neighborhoods.

    これらの都市は石造りで、計画的な道路や近隣の町並みが特徴です。

  • The Europeans took over both of them, and by the middle of the 16th century were hearing rumors of another city where a great lord goes about continually covered in gold dust and washes it away at night.

    そして、16世紀の中頃には、ヨーロッパ人がこの2つの都市を支配し、「大公が金粉にまみれて歩き続け、夜になるとそれを洗い流している」という噂を耳にするようになったのです。

  • Those rumors eventually became the legend of El Dorado, a city made of gold hidden in the amazon rainforest.

    その噂はやがて、アマゾンの熱帯雨林に隠された黄金でできた都市「エル・ドラド」の伝説となりました。

  • These impressive cities made a golden city seem plausible.

    これらの印象的な都市は、黄金都市をもっともらしく思わせるものでした。

  • So many Europeans set off in search of Eldorado, but they all failed.

    だから、多くのヨーロッパ人がエルドラドを求めて旅立ったけど、皆んな失敗しました。

  • Most ended in starvation, disease, and death.

    そのほとんどが飢えと病気、そして死という結末でした。

  • No one found a golden city, but they did record signs that one could exist spanish explorers claimed to see cities that glistened in white, great quantities of maize and town of disproportionate size and a chief with gold idols and very large towns to such an extent that they were astounded.

    黄金の都市は発見されなかったですが、存在する可能性のある兆候は記録されていました。スペインの探検家は、白く輝く都市、大量のトウモロコシ、不釣り合いな大きさの町、金の偶像を持つ首長、非常に大きな町を見たと主張し、彼らは驚いたほどでした。

  • Explorations continued over the next 200 years or so, but by the 19th century, the legend of El Dorado had been dismissed as a myth.

    その後200年ほど探検が続けられましたが、19世紀にはエルドラド伝説は神話として否定されました。

  • It wasn't until the early 20th century that these reports inspired a British explorer to revive the search.

    20世紀初頭になって、この報告に触発されたイギリスの探検家が捜索を再開したのです。

  • For two decades, Fawcett scoured the amazon for remnants of an ancient city focusing on two areas.

    フォーセットは20年間、アマゾンの2つの地域に焦点を当て、古代都市の名残を探し回りました。

  • The Western amazon in Bolivia and the southern amazon in brazil, but he couldn't find any of the things the early European explorers observed.

    ボリビアの西部アマゾンとブラジルの南部アマゾンに行ったけど、初期のヨーロッパ人探検家が観察したようなものは見つからなかったといいます。

  • He met indigenous people, but described them in his letters as living in small groups and simple villages and he didn't find any sign of stone ruins.

    彼は先住民に会いましたが、手紙には小さな集団と単純な村に住んでいると記述し、石の遺跡の痕跡を見つけることはできませんでした。

  • They seemed to support what had become near consensus among experts at the time that this rainforest was too inhospitable to support large, complex societies, let alone cities.

    当時、専門家の間では、この熱帯雨林は、都市はおろか、大規模で複雑な社会を支えるには人を寄せ付けないというのがほぼコンセンサスになっていたことを裏付けるかのようです。

  • Modern research estimates that around Fawcett's time, only a couple 100,000 people lived in the entire amazon rainforest.

    現代の研究では、フォーセットの時代には、アマゾンの熱帯雨林全体でも数10万人しか住んでいなかったと推定されています。

  • More racist theories at the time held that these indigenous people were too unsophisticated to build cities and others pointed to the amazon soil which appeared to be too infertile to support necessary large scale agriculture.

    当時は、先住民は都市を建設するほど素朴ではないとする人種差別的な説や、アマゾンの土壌は大規模な農業を行うには痩せすぎだとする説や、また、アマゾンの土壌は肥沃でないため、大規模な農業はできないとする説もあります。

  • But Fawcett was determined to prove cities existed and in the final letter to his wife, Faucet assured her by writing you need have no fear of any failure.

    しかし、フォーセット氏は、都市の存在を証明することを決意し、妻に宛てた最後の手紙の中で、「あなたはどんな失敗も恐れることはない」と断言しています。

  • Then he left his camp and was never seen again.

    その後、彼は自分のキャンプを去り、二度と姿を現すことはありませんでした。

  • For the next several decades.

    数十年間はです。

  • The amazon was believed to have always been relatively empty, but it turns out Fawcett was looking in the right place just for the wrong thing.

    このアマゾンは、もともと比較的空いている場所だと思われていました。しかし、フォーセットが探していたのは正しい場所であり、間違ったものであったことが判明しました。

  • One clue Fawcett missed was in the soil.

    フォーセットさんが見逃した手がかりは、土の中にありました。

  • In the 1960s, scientists discovered patches of extremely fertile soil analysis showed it contained much more nutrients than usual.

    1960年代、科学者たちは、非常に肥沃な土壌を発見し、分析したところ、通常よりもはるかに多くの栄養分が含まれていることがわかりました。

  • They called it terra preta or black earth and found lots of it in the amazon, especially along rivers.

    それをテラ・プレタ、つまり黒い土と呼び、アマゾンの特に川沿いでたくさん発見されました。

  • Further studies revealed that it was created by human waste or the intentional burning of the forest, which adds nutrients to the soil below.

    さらに調査を進めると、人間の排泄物や、森林を意図的に焼くことで下の土壌に栄養を加えてできたものであることがわかりました。

  • Terra preta was evidence that large scale agriculture was possible in the amazon.

    テラ・プレタは、アマゾンで大規模な農業が可能であることを示す証拠でした。

  • The next clue Fawcett missed would have also been hard to spot.

    フォーセットが見逃した次のヒントも、なかなか見つからないでしょう。

  • In the 1990s , along the Xingu River in brazil, a team of archaeologists led by University of Florida's Dr. Michael Heckenberger made a remarkable discovery.

    1990年代、フロリダ大学のマイケル・ヘッケンバーガー博士を中心とする考古学者のチームが、ブラジルのシングー川沿いで驚くべき発見をしました。

  • Working with the local indigenous people, they investigated these very long ditches and after mapping them realized these ditches were signs of a large settlement.

    地元の先住民と協力して、この非常に長い溝を調査し、地図を作成した結果、この溝が大規模な集落の痕跡であることに気づいたのです。

  • They were remnants of carefully designed walls centered around a plaza and some were roads that lead to more settlements.

    広場を中心に丁寧に設計された城壁の残骸であり、さらに集落へと続く道です。

  • In fact, just this part of the amazon about the size of New Jersey was once a network of dozens of settlements that experts believe could have been home to at least 50,000 people between 1250s and 1650 A.D..

    実際、ニュージャージー州ほどの大きさのこのアマゾンには、かつて数十の集落があり、紀元1250年代から1650年の間に少なくとも5万人が住んでいたと専門家は考えています。

  • These settlements were designed to get the most out of the forest without depleting it.

    これらの集落は、森を枯渇させることなく、森を最大限に活用するために設計されています。

  • There were delineated areas for gardens and orchards and deeply forested areas between the settlements used for keeping animals and medicinal plants.

    集落の間には、庭や果樹園、深い森林地帯があり、動物や薬草の飼育に利用されていました。

  • These were the lost cities of the amazon and there were many more.

    これらはアマゾンの失われた都市であり、他にもたくさんあったのです。

  • Over the past few decades, experts have uncovered evidence of large settlements all over the Amazon.

    過去数十年の間に、専門家たちはアマゾンのあちこちで大規模な集落の証拠を発見してきました。

  • A network of trenches here date back to 200-1200 A.D.,

    ここには紀元前200年から1200年にかけて作られた塹壕が残っています。

  • and suggest settlements that could have supported 60,000 people, which is much bigger than many European cities at that time.

    そして、当時のヨーロッパの多くの都市よりもはるかに大きな6万人をサポートすることができた集落を提案しています。

  • And in Bolivia, scientists recently used satellite technology to reveal remnants of U-shaped buildings on the top of pyramids 22 meters tall.

    また、ボリビアでは最近、科学者が衛星技術を利用して、高さ22メートルのピラミッドの頂上にU字型の建物の残骸があることを発見しました。

  • All these discoveries are leading experts to form a new consensus that the lost cities of the Amazon were once home to millions of people.

    これらの発見により、アマゾンの失われた都市にはかつて何百万人もの人々が住んでいたという新しいコンセンサスが専門家の間で形成されつつあります。

  • Fawcett didn't find large populations of indigenous people because an estimated 80-95% had died from smallpox and measles spread by the first generation of European colonizers between the 16th and 17th centuries.

    16世紀から17世紀にかけてヨーロッパから入植した第一世代が広めた天然痘やはしかで80〜95%が死亡していたと推定されるため、フォーセット氏は先住民の大集団を発見できなかったのです。

  • And he didn't find stone ruins because unlike Cusco and Tenochtitlan, the amazon's indigenous people built with wood and earth, which decompose over time.

    クスコやテノチティトランと違って、アマゾンの先住民は木と土で建てたので、石造りの遺跡は見つからなかったのです。

  • What remained was an amazon full of dense vegetation and swaths of infertile soil that appeared to be untouched by humans.

    そこには、鬱蒼とした植物と、人の手が入っていないような不毛の大地が広がっていました。

  • When in fact, humans had been engineering it for centuries, these lost cities show how humans and the rainforest once co-existed.

    実は何世紀も前から人間が手を加えていたのですが、これらの失われた都市は、かつて人間と熱帯雨林が共存していたことを物語っています。

  • A relationship we're only just beginning to understand.

    私たちが理解し始めたばかりの関係性。

This is British explorer Percy Fawcett.

こちらはイギリスの探検家、パーシー・フォーセット。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

【英語で歴史】アマゾンの失われた街はどのようにして発見されたか?

  • 3155 126
    林宜悉 に公開 2022 年 08 月 11 日
動画の中の単語