Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • it is here in Switzerland that the cocoa bean turned into the chocolate that we know today.

    カカオ豆から現在のようなチョコレートが生まれたのは、ここスイスの地です。

  • But most importantly they invented the country machine.

    しかし、最も重要なのは、彼らがカントリーマシンを発明したことだ。

  • The most important machine in the making process of chocolate.

    チョコレートの製造工程で最も重要な機械。

  • It makes chocolate smoother sweeter and creamier.

    チョコレートをよりなめらかに甘く、クリーミーに仕上げることができます。

  • But what else makes sweet chocolate so distinctive?

    しかし、それ以外にスイートチョコレートの特徴は何でしょうか?

  • Well today we're going to see how this turns into this beans are from the forest area variety which has a powerful taste of chocolate with no flowery aromas.

    さて、今日はこの豆がどのように変化するのか見てみましょう。この豆は森林地帯の品種で、花のようなアロマはなく、チョコレートの力強い味わいが特徴です。

  • A favorite for the swiss in Geneva sources is cocoa beans from Ghana where they're fermented and left to dry in the sun to bring out their full flavor.

    ジュネーブのスイス人は、ガーナ産のカカオ豆を発酵させ、天日で乾燥させることで、その風味を最大限に引き出しているのです。

  • Once the beans make it to the factory, which I know is a bit loud.

    豆が工場に届くと、ちょっとうるさいと思いますが。

  • The shells are broken so francois can expect the beans.

    殻が割れているので、フランソワは豆を期待することができます。

  • Look at it was okay.

    見てください......大丈夫でした。

  • Is on the yeah the traffic, your military monkeys.

    交通の便が良いのは、軍用猿のおかげです。

  • Brown colour beans are ideal.

    ブラウンカラーの豆が理想的です。

  • While the valid ones are more acidic but not all the acidic beans are tossed out.

    有効なものは酸性が強いが、酸性の豆がすべて捨てられるわけではありません。

  • About 30% of any batch of beans are violet because maintaining some acidity is important for Swiss chocolate at this stage or not After they're cleaned here.

    スイスのチョコレートは、この段階である程度の酸味を保つことが重要なため、どのロットの豆も30%ほどがバイオレットです。 ここで洗浄した後は、そうではありません。

  • 300 kg of cocoa beans are roasted in the cylinder at 135°C box.

    300kgのカカオ豆を135℃のボックスで円筒状に焙煎します。

  • Get out well, yeah.

    うまく抜ける、うん。

  • At the end of the roasting the cocoa Nibs should separate easily from the shell called the husk to do that uses this machine from 1937.

    焙煎が終わると、カカオニブはハスクと呼ばれる殻から簡単に分離され、1937年からこの機械を使用しています。

  • It works by cracking the beans and then blowing away the husks with a fan francois takes us to another level of the chocolate factory here.

    豆を割って、その殻を扇風機で吹き飛ばすという仕組みです。フランソワはここで、チョコレート工場のもう一つのレベルに案内してくれました。

  • The needs that we have just distracted are being ground.

    今、気を抜いたニーズが地続きになっているのです。

  • The grinding process actually starts to change the composition of the cabin which is mostly made up of fiber and fat in the robe.

    実はこの粉砕工程で、衣の繊維と脂肪が大部分を占める機内の組成が変わり始めるのです。

  • In the fiber coats.

    ファイバーコートでは

  • The fat at the end of the homemaking process, it will be the fast coating the fiber, creating a silky smooth chocolate.

    手作り工程の最後にある油脂は、繊維を高速でコーティングし、絹のような滑らかなチョコレートを作ることになる。

  • Hey, don't cellphone 43 machine for one of your subjects, the fat might still be trapped in the fiber by heating it up in the grinding process has definitely brought its acidity to life.

    おい、被写体のひとつに携帯電話43号機を使うなよ!粉砕工程で加熱することで繊維の中に脂肪がまだ閉じ込められているかもしれない、その酸味は確実に生きているんだ。

  • Oh, so therefore The liquid form marks the end of a lonely road for chocolate.

    というわけで、チョコレートにとって孤独な道のりの終わりを告げる液状化。

  • This mixer contains about 750 kg of chocolate liquid powder, milk and sugar.

    このミキサーには、約750kgのチョコレート液のパウダーと牛乳、砂糖が入っています。

  • The Swiss first combined milk with chocolate in 1875 but they learned it was better not to use liquid milk because the liquid and the fat do not bind.

    1875年にスイスで初めて牛乳とチョコレートを組み合わせたが、液体と脂肪が結合しないため、液体の牛乳を使わない方が良いことを知った。

  • So they opted for powder milk.

    そこで、粉ミルクを選択したのです。

  • Given chocolate as mover texture Francois uses whole make with at least 26% fat for its milk.

    チョコレートの質感を生かすために、フランソワは脂肪分26%以上の全乳を使用しています。

  • Chocolate recipe here at yeah, 106.

    チョコレートレシピはこちらyeah,106.

  • Now the conveyor belt is leading our chocolate to a roller.

    今、ベルトコンベアーは私たちのチョコレートをローラーに導いています。

  • This is yet another step to refine the paste.

    これもまた、ペーストを洗練させるためのステップです。

  • They measure the size of the tiny particles of fiber in the paste down to the micron which is 1000 of a millimeter.

    ペーストに含まれる繊維の微粒子を、1ミリの1000分の1であるミクロン単位で測定するのです。

  • The tiny particles in our chocolate paste are now at 300 microns And the goal is to refine them to as little as 18 with these rollers.

    現在、チョコレートペーストの粒子は300ミクロンですが、このローラーで18ミクロンまで細かくすることを目標としています。

  • The way to know if the chocolate is at the right micro level is a fluidity test here is mixing it with paraffin for the test.

    チョコレートが適切なミクロのレベルにあるかどうかを知る方法は、ここではパラフィンと混ぜてテストする流動性テストです。

  • Ella only.

    エラだけ。

  • That's a Here we go 18 microns.

    それが、Here we go 18ミクロンです。

  • The paste is perfect to go ahead with the counting.

    貼り付けは、カウントを進めるのに最適です。

  • Before the machine was invented, chocolate makers struggled to give chocolate a velvety texture and instead their final product was coarse and dry.

    この機械が開発される前は、チョコレートメーカーはベルベットのような質感を出すのに苦労しており、その代わりに粗く乾いたチョコレートになっていました。

  • Now counting works with a combination of grinding and mixing movements.

    今、カウントは、研磨と攪拌の動きを組み合わせて動作しています。

  • It's done in two stages in two different country machines in the first one, the chocolate is still dry and almost looks like a powder.

    2つの国の機械で2段階に分けて行います。最初の機械では、チョコレートはまだ乾いていて、ほとんど粉のような状態です。

  • The left into a shoe.

    左を靴に。

  • Just saying in the second country machine, the acidity is removed and the fat is extracted from the fiber, making the paste smoother.

    第二国機で言っただけで、酸味が抜けて繊維から脂肪が抽出され、より滑らかなペーストになります。

  • In total, the country can last from eight hours up to a whole day, depending on how the pace responds.

    ペースに合わせ、8時間から丸一日かかることもある。

  • Hold on After crunching the pace will still be a bit thick.

    待ってください。 クランチした後は、まだ少し濃いペースになります。

  • So based on its fluidity will run another test and add some cocoa butter.

    そのため、その流動性をもとに、もう一度テストを行い、ココアバターを追加する予定です。

  • Cocoa butter is nothing more than the fat will be talking about this whole time.

    ココアバターは、脂肪がずっと話している以外の何ものでもありません。

  • The chocolate conscious for another 40 minutes and then it's ready.

    さらに40分ほどチョコを意識して、出来上がりです。

  • But just to make sure that the fat is caught in the fiber.

    でも、念のため、脂肪は食物繊維でキャッチしてください。

  • The way we wanted to let's run another frigid test, wow, of course.

    もう1回フリガナをつけてみようというやり方は、もちろんワオ。

  • No tour of a chocolate factory is complete without a visit to the chocolate.

    チョコレート工場の見学には、チョコレートの見学は欠かせません。

  • Yeah, francois and his team create everything from small chocolates to speak.

    ええ、フランソワと彼のチームは、小さなチョコレートから話し相手まで、あらゆるものを作っています。

  • Chocolate cauldrons embellished with Geneva's coat of arms.

    ジュネーブの紋章をあしらったチョコレート製の大鍋。

  • They're called mommy.

    ママと呼ばれています。

  • And they are eaten in the cities.

    そして、それらは都市で食べられている。

  • But as much as I would like to attempt making my old cauldron, my chocolate making skills are not at this level yet, So francois decided it's best to go for a simple bar.

    でも、昔使っていた釜を作りたいとは思うのですが、私のチョコレート作りの技術はまだこのレベルではないので、フランソワはシンプルなバーが一番いいと思いました。

  • Okay.

    なるほど。

  • Mhm.

    ムムッ。

  • Mhm.

    ムムッ。

  • Who santa?

    サンタさんって誰?

  • Mm.

    ん。

  • Yeah, they're really good.

    ええ、本当に良いものです。

it is here in Switzerland that the cocoa bean turned into the chocolate that we know today.

カカオ豆から現在のようなチョコレートが生まれたのは、ここスイスの地です。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B2 中上級 日本語

スイスのチョコレートができるまで|Regional Eats (How Real Swiss Chocolate Is Made | Regional Eats)

  • 9 3
    林宜悉 に公開 2022 年 07 月 08 日
動画の中の単語