Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • From bizarre sightings to government cover-ups, people love a good story about aliens.

    奇妙な目撃談から政府の隠蔽工作まで、人々は宇宙人に関する良い話が大好きです。

  • We've always been a bit obsessed with them.

    私たちはいつも、ちょっとだけこだわっているんです。

  • Just think about all the films they starred.

    彼らが主演した作品を考えてみてください。

  • E.T., phone home.

    E.T.、故郷に電話しろ。

  • Our homeEarthis filled with life so far unmatched by anything we've found in space, but we're only a tiny part of the universe.

    私たちの住む地球は、宇宙で発見されたものとは比べものにならないほど生命に満ち溢れていますが、宇宙のほんの一部に過ぎません。

  • There has to be life out there somewhere else, right?

    どこかに生命が宿っているはずでしょう?

  • Scientists have been trying to answer that question for decades, but today, research is skyrocketing.

    科学者たちは何十年にもわたってその問いに答えようとしてきましたが、今日、研究は急増しています。

  • The next decade is probably gonna be packed with the most insights and the most data and the most knowledge in all of human history.

    これからの10年は、おそらく人類史上最も多くの洞察、最も多くのデータ、最も多くの知識で埋め尽くされることになるのでしょう。

  • Could we really be about to discover whether life exists out in space?

    本当に宇宙に生命が存在するのか、発見されようとしているのでしょうか。

  • Ancient Greek philosophers theorized about it.

    古代ギリシャの哲学者たちは、それについて理論的に説明しました。

  • 18th-century academics like Voltaire wrote about it.

    18世紀にはヴォルテールのような学者がそれについて書いています。

  • But the scientific search for life beyond Earth really kicked off in the 1950s with the dawn of the Space Age.

    しかし、地球外生命体の科学的探索は、宇宙時代の幕開けである1950年代に本格的に始まったのです。

  • By October 1957, the first artificial Earth satellite was pronounced ready.

    1957年10月には、最初の人工地球衛星の完成が宣言されました。

  • When the Russians sent the world's first satellite into space, the race was on.

    ロシアが世界初の人工衛星を宇宙に送ったとき、競争は始まったのです。

  • They've got the flag up now, and you're gonna see the stars and stripes.

    今は国旗を掲げていて、星条旗を見ることができるんです。

  • By the 70s, everyone wanted to know the answer to one question:

    70年代になると、誰もが一つの答えを知りたがるようになりました。

  • Is there life on Mars? ♪

    ♪火星に生命はいるのか♪

  • By 1976, America had landed a probe on our neighbor planet.

    1976年には、アメリカはお隣の惑星に探査機を着陸させました。

  • The world held its breath to see what or who might be up there.

    何が出てくるか、誰が出てくるか、世界中が息をのんだんです。

  • Who... who are you?

    誰...誰だ?

  • We're from Mars; don't be afraid.

    火星から来たんだ、怖がらないで。

  • But the reality was a bit disappointing.

    しかし、現実は少し残念なものでした。

  • Sorry, Bowie.

    ごめんね、ボウイ。

  • As soon as people sent satellites into orbit and beyond, they immediately discovered that these places didn't actually have life.

    人工衛星を軌道に乗せると、そこには生命が存在しないことがすぐに判明します。

  • The search for life was very prevalent in science fiction, but in science, it was seen as a little bit of a laughing stock.

    SFの世界では生命探査が盛んでしたが、科学の世界では少し笑いのネタとして捉えられていたんです。

  • There's no way of actually doing it; we didn't have enough technology to do it.

    実際にやるには、技術的に無理があったんです。

  • But, in the last two or three decades, astrobiology as a discipline has become this incredibly exciting frontier.

    しかし、ここ20〜30年の間に、宇宙生物学という学問は、非常にエキサイティングなフロンティアとなりました。

  • Not only for these big questions that many of us are interested in because of popular culture, [but] because scientifically, we can [also] start to answer them properly.

    大衆文化として多くの人が興味を持つような大きな疑問だけでなく、科学的にきちんと答えられるようになるのです。

  • But in the search for life beyond our own planet, what are we actually looking for?

    しかし、私たちの住む惑星以外の生命を探すには、実際に何を探せばよいのでしょうか?

  • Scientists hope to detect three things that can signify life.

    科学者たちは、生命を示す3つのものを検出することを期待しています。

  • The first is water.

    1つ目は、水です。

  • Water is the solvent for life on Earththat means that life works.

    水は地球上の生命の溶媒です。それは生命が働いていることを意味します。

  • So, water is the first thing that everyone has been looking for.

    そこで、誰もがまず求めているのが「水」です。

  • For liquid water to exist on a planet's surface, it has to be a very specific distance from the star it's orbiting.

    惑星の表面に液体の水が存在するには、その惑星が周回している恒星から特定の距離でなければならないのです。

  • Not too far away so that all the water on its surface will freeze,

    太陽から遠すぎて表面の水が凍ってしまうこともなく、

  • but the planet is also not too close to the sun so that it's not so hot all the liquid water on the surface would become vapor.

    また太陽から近すぎて表面の水が蒸発してしまうこともないです。

  • This perfect distance is nicknamed the "Goldilocks Zone".

    この絶妙な距離感を「ゴルディロックス・ゾーン」と呼んでいます。

  • Not too hot, not too cold.

    熱すぎず、冷たすぎない。

  • In the past 10 years, scientists have found 59 worlds outside our Solar System that are just right.

    過去10年間で、科学者たちは太陽系外にちょうどよい世界を59個発見しています。

  • The planet with the most potential is called "Teegarden B".

    最も可能性のある惑星は「ティーガーデンB」と呼ばれています。

  • 12 light years away, it is roughly the same size as Earth and receives a similar amount of light from its host star.

    12光年の距離にあり、地球とほぼ同じ大きさで、主星から同程度の光を受け取っています。

  • But it's one thing to think a planet might be able to sustain life.

    しかし、ある惑星が生命を維持できるかもしれないと考えるのは、一つのことです。

  • It's another thing entirely to know it actually has it.

    実際に搭載されていることがわかるのは、まったく別の話です。

  • What you then need is individual biosignatures.

    そこで必要になるのが、個々のバイオシグネチャーです。

  • And biosignatures is a very loose termwhat it basically means is specific molecules are only associated with life.

    バイオシグネチャーというのは非常に緩やかな言葉で、特定の分子が生命と結びついていることを意味します。

  • Elements like oxygen, which life on earth produces and replenishes, or methane, a compound life on earth creates.

    地球上の生物が作り出し、補給する酸素や、地球上の生物が作り出す化合物であるメタンなどの元素です。

  • Astrobiologist Sara Seager has identified at least 3,500 molecules that could be biosignatures.

    宇宙生物学者のサラ・シーガーは、バイオシグネチャーとなり得る分子を少なくとも3,500個特定しました。

  • So, there are plenty to look for.

    だから、探すのはたくさんあります。

  • But finding biosignatures does not necessarily mean intelligent life.

    しかし、バイオシグネチャーが見つかったからといって、必ずしも知的生命体が存在するとは限りません。

  • For decades, scientists have also been looking for something called "techno signatures".

    また、何十年もの間、科学者たちは「テクノシグネチャー」と呼ばれるものを探してきました。

  • If life evolves on the planet and gets to the point where it's... it communicate and build things and build technology like humans have on earth, then you can detect signs of that, too.

    もし生命が地球上で進化して、地球上の人類のようにコミュニケーションを取ったり、物を作ったり、テクノロジーを構築したりするようになったら、その兆候も検出できるはずです。

  • Techno signatures aren't that tricky to pick up on.

    テクノのサインは、それほどトリッキーなものではありません。

  • All you have to do is watch for telltale signs of technology like radio signals or the bright flash of a laser.

    無線信号やレーザーの明るい光など、技術の痕跡を見るだけでいいのです。

  • Despite looking, scientists have failed to find a convincing techno signature.

    しかし、科学者たちは納得のいくようなテクノサインを見つけることができなかったです。

  • But, in 1977, astronomers saw something that stopped them in their tracks.

    しかし、1977年、天文学者はあるものを見て、その足取りを止めたのです。

  • A strange signal coming from space.

    宇宙から届く不思議な信号です。

  • A handwritten note alongside says it all.

    手書きのメモが並んでいるのが、すべてを物語っています。

  • "Wow", which became the signal's name.

    「Wow」が信号の名前になりました。

  • Where this apparent signal came from, no one knows.

    この信号らしい信号がどこから来たのかは、誰も知りません。

  • Some might claim it is proof of life beyond Earth, but it hasn't been verified.

    地球外生命体の証拠だと主張する人もいるかもしれませんが、検証はされていません。

  • And finding genuine signs of alien technology relies on getting extremely lucky with timing.

    また、宇宙人の技術の本物の痕跡を見つけるには、タイミングが非常に幸運であることが必要です。

  • You're looking at a planet that's maybe 200 lightyears away, let's say.

    例えば、200光年の距離にある惑星を見ているとします。

  • So, that means you're seeing that planet 200 years ago, and vice versa.

    つまり、200年前の惑星を見ていることになるし、その逆もしかりです。

  • That planet, if life exists and is technological, is looking at us, and it looked, at let's say London,

    その惑星は、もし生命が存在し、技術を持っているならば、私たちを見ていますし、例えばロンドンを見ていました。

  • they'd... they'd see Victorians walking on the streets right now.

    ビクトリア朝時代の人が歩いているのを見たでしょう。

  • because that's... that's how long it'll take... take for the light to get there.

    なぜなら、それが...光が届くまでの...時間だからです。

  • Now, bear in mind, also, that these civilizations might be hundreds, millions of lightyears away.

    これらの文明は、何億光年、何百万光年も離れたところにあることも覚えておいてください。

  • So, the communication is not exactly quick, and we're talking many hundreds of generations of people on Earth before you get responses.

    ですから、コミュニケーションは決して迅速ではなく、反応が返ってくるまでに地球上の何百世代もかかるという話なのです。

  • So, detecting alien intelligence is... is really tantalizing, but it's also tragic 'cause we'll probably never be able to communicate with them if we did discover it.

    宇宙人の知性を発見することは...本当に興味深いことです。しかし、それは悲劇でもあります。なぜなら、もし発見したとしても、私たちは彼らとコミュニケーションすることができないからです。

  • That's why today's technology focuses more on looking for the bio than the tech note.

    だからこそ、今の技術は技術ノートよりもバイオを探すことに重点を置いています。

  • So, how are we looking for biological life?

    では、どのように生物の命を探しているのでしょうか?

  • One way is to scour the skies.

    ひとつは、空を探し回ること。

  • That means telescopes.

    つまり、望遠鏡です。

  • But not like those...

    でも、そういうのとは違う...。

  • ... more like these.

    ...このようなものです。

  • So, for several decades now, there have been telescopes in spaceand on Earththat have been able to detect the presence of planets around other stars.

    そこで、数十年前から宇宙や地球上の望遠鏡で、他の星の周りにある惑星の存在を検出することができるようになりました。

  • Now, the next generation of telescopes will be able to take pictures of those planets in much more detail.

    そして、次世代の望遠鏡は、そのような惑星をより詳細に撮影することができるようになるのです。

  • In December 2021, the largest and most powerful space telescope ever made was launched into orbit.

    2021年12月、史上最大・最強の宇宙望遠鏡が軌道に打ち上げられました。

  • The James Webb Space Telescope.

    ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡。

  • James Webb begins a voyage back to the birth of the universe.

    ジェームズ・ウェッブ、宇宙誕生への航海を始めました。

  • It's equipped with a 6.5-meter mirror, giving it a light collecting area more than six times greater than the world-renowned Hubble Telescope.

    6.5mの鏡を搭載しており、世界的に有名なハッブル望遠鏡の6倍以上の集光面積を誇ります。

  • If we crave some cosmic purpose, then let us find ourselves a worthy goal.

    もし、私たちが宇宙的な目的を渇望しているならば、自分自身にふさわしい目標を見つけよう。

  • It's also able to detect molecules of life like oxygen, a handy tool when looking for a habitable environment.

    また、酸素のような生命の分子を検出することができ、居住可能な環境を探すのに便利なツールです。

  • Towards the end of the decade, there are gonna be enormous ground-based telescopes with 40-meter wide lenses,

    10年後には、幅40メートルのレンズを持つ巨大な地上望遠鏡が登場することでしょう。

  • and these will be able to actually take pictures of things like clouds and atmospheres on these exoplanets.

    そして、これらの太陽系外惑星の雲や大気などを実際に撮影することができます。

  • So, you'll be able to do things like understand the climate of a different planet, you'll be able to understand what a day looks like on all these planets, which is incredible.

    ですから、違う惑星の気候を理解するようなこともできますし、すべての惑星の1日がどのようなものかを理解することもできるようになるわけで、これはすごいことです。

  • In the 2020s, three ground-based telescopes with mirrors 25 to 40 meters wide are expected to become operational.

    2020年代には、幅25〜40メートルの鏡を持つ3つの地上望遠鏡が稼働する予定です。

  • In the late 2030s, they could be joined by two proposed NASA spacecraft.

    2030年代後半には、NASAの提案する2つの宇宙船が加わる可能性があります。

  • One being specifically designed to take photographs of habitable planets.

    一つは、居住可能な惑星を撮影するために特別に設計されたものです。

  • An even better way of looking for signs of life is to visit places to scoop up bits of air or soil, [and] do scientific experiments with them using sophisticated instruments to really understand what's there.

    生命の痕跡を探すには、現地に行って空気や土のかけらをすくい上げ、高性能の装置を使って科学的な実験を行い、そこに何があるのかを本当に理解することがより良い方法です。

  • And there are many, many missions planned for the next decade.

    そして、今後10年間は多くのミッションが計画されています。

  • Probes are being sent to collect data from so far untouched parts of our Solar System, like Europa, one of Jupiter's moons, which seems to have canyons of ice.

    木星の衛星エウロパのように、氷の峡谷があるような、これまで未開拓の太陽系でデータを収集するための探査機が送られています。

  • Ice means that precious, life-giving element, water.

    氷とは、生命を育む大切なもの、水のことです。

  • In 2023, Europe's Jupiter Icy Moons Explorer will embark on a 12-year journey to see if it has the potential to support life.

    2023年、ヨーロッパの木星アイシー・ムーン・エクスプローラーは、生命維持の可能性を探る12年の旅に出発する予定です。

  • If life on Earth started with warm water sitting on rocks and interacting chemically, then perhaps, it could happen on... on one of those sorts of moons, too.

    もし地球の生命が、岩の上に置かれた温かい水と化学的な相互作用から始まったのなら、もしかしたら、そのような種類の月でも起こるかもしれません。

  • When it comes to general space explorationthese are quite cool missions, anywaybut they're all pretty much geared towards looking for life in ways that we've never been able to do before.

    一般的な宇宙探査といえば、これらは非常にクールなミッションです⏤しかし、それらはすべて、これまでできなかった方法で生命体を探すことを目的としています。

  • These missions cost hundreds of millions of dollars.

    これらのミッションには、数億円の費用がかかります。

  • Luckily, there seems to be a growing appetite to answer the fundamental question of whether life exists beyond Earth.

    幸いなことに、地球外に生命が存在するかどうかという根本的な問いに答えようとする意欲が高まっているようです。

  • NASA's 2022 budget is the largest it's been since the 60s.

    NASA の2022年度予算は、60年代以降で最大となります。

  • Astrobiology has really come of age; the 2020s is when it's gonna take flight.

    宇宙生物学は、2020年代に本格的な普及期を迎えると思います。

  • If life exists within our corner of the galaxy, most scientists in this field are confident that we'll discover some sign of it in the next decade.

    もし生命が銀河系の片隅に存在するならば、この分野のほとんどの科学者は、今後10年以内に何らかの兆候を発見できると確信しています。

  • If, however, we discover nothing in the next decade, that also tells us something profound.

    しかし、もし今後10年間に何も発見できなかったとしたら、それはそれで重大なことを物語っています。

  • It tells us that life is much, much, much more rare than we thought it was.

    それは、私たちが思っているよりもずっと、ずっと、ずっと希少な生命であることを教えてくれます。

  • I'm Alok Jha, science correspondent at "The Economist".

    エコノミスト誌の科学特派員、アロック・ジャーです。

  • To read more on this topic, please click on the link opposite.

    この件に関する詳細については、反対側のリンクをクリックしてください。

  • Thanks very much for watching, and don't forget to subscribe.

    ご視聴ありがとうございました。登録をお忘れなく。

From bizarre sightings to government cover-ups, people love a good story about aliens.

奇妙な目撃談から政府の隠蔽工作まで、人々は宇宙人に関する良い話が大好きです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

【エコノミスト】「宇宙人」は本当に存在するの?!

  • 3364 128
    林宜悉 に公開 2022 年 06 月 27 日
動画の中の単語