Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • It's hard to imagine but just 300 years ago,

    想像もつかないが、ほんの300年前。

  • it was widely believed that insects spontaneously spawned

    虫は自然発生的に生まれると信じられていた

  • from dust, mud or rotten meat.

    ほこりや泥、腐った肉などから

  • Their reproduction was felt to be so strange and frightening,

    その再現性がとても不思議で怖く感じられたのです。

  • they were known as beasts of the devil.

    悪魔の獣と呼ばれた。

  • It's partly thanks to the work of naturalist and illustrator,

    それは、ナチュラリストでありイラストレーターである彼の仕事のおかげでもある。

  • Maria Sibylla Merian,

    マリア・シビュラ・メリアン

  • that we can now find this idea amusing.

    このアイデアを面白いと思えるようになったこと。

  • Today Merian is celebrated as one of the world's first ecologists.

    今日、メリアンは世界初のエコロジストの一人として賞賛されている。

  • She is admired by Sir David Attenborough,

    デービッド・アッテンボロー卿に賞賛される。

  • who described her as one of the most significant contributors

    最も重要な貢献者の一人であると述べています。

  • to entomology, the study of insects.

    を、昆虫学(昆虫を研究する学問)に置き換えたものです。

  • But she faced many challenges in her journey to educate the world,

    しかし、彼女が世界を教育する旅には、多くの困難があった。

  • not least because of her sex.

    というのも、彼女の性別のせいでもある。

  • Born into a family of artists in Frankfurt in 1647,

    1647年、フランクフルトの芸術家一家に生まれる。

  • Merian spent her childhood collecting insects

    メリアンは幼少期に昆虫採集を行った

  • and drawing them in remarkable detail.

    と、驚くほど細かく描かれています。

  • In 1665, she married and soon had two daughters.

    1665年、彼女は結婚し、すぐに2人の娘を授かった。

  • In an age where a woman's place was thought to be in the home,

    女性の居場所は家庭にあると思われていた時代。

  • she defied convention,

    彼女は慣例を破った。

  • publishing her first book, New Book of Flowers, in 1675.

    1675年、最初の著書『新・花物語』を出版。

  • Merian was one of the first to describe

    メリアンは

  • the metamorphosis of insects in detail,

    昆虫の変態を詳しく解説しています。

  • declaring that all moths and butterflies

    かちょうせん

  • hatch from eggs after reproduction and do not just magically appear.

    生殖を経て卵から孵るのであって、魔法のように現れるわけではありません。

  • In 1699, Merian, by then divorced,

    1699年、メリアンは離婚していた。

  • sold her belongings and set sail to Suriname in South America

    持ち物を売り払い、南米のスリナムへ船出した。

  • with one of her daughters, Dorothea.

    娘のドロテアと。

  • She's thought to be the first woman to travel in the name of science.

    彼女は科学の名のもとに旅をした最初の女性だと考えられている。

  • After a long sea journey, they set off into the jungle,

    長い船旅の後、彼らはジャングルへと旅立った。

  • battling through thick clouds of black flies

    蝿取合戦

  • that inflicted skin-ripping bites - but it was worth it.

    しかし、その甲斐はあった。

  • The jungles of Suriname were a naturalists' paradise,

    スリナムのジャングルは、ナチュラリストのパラダイスだった。

  • teeming with species that would later be documented

    後に記録されることになる種族で溢れかえっている

  • in Merian's groundbreaking work,

    メリアンの画期的な著作の中で

  • 'The Metamorphosis of the Insects of Suriname', published in 1705.

    スリナムの昆虫の変態」、1705年発行。

  • Its stunning illustrations depicted stages of development of Suriname's

    スリナムの発展段階を見事なイラストで表現しています。

  • veracious caterpillars and vibrant butterflies,

    旺盛なイモムシや鮮やかな蝶々。

  • as well as many other creatures from this exotic habitat.

    をはじめ、この異国の地で暮らすさまざまな生き物が登場します。

  • Uniquely for the time, she also portrayed insects surrounded

    また、当時としては珍しく、周囲を取り囲む昆虫も描いています。

  • by the plants they relied on,

    植物に頼っていた。

  • revealing their relationship to the wider ecosystem.

    生態系との関係を明らかにします。

  • She was the first to show that the change from caterpillar to butterfly

    彼女は、芋虫から蝶に変わることを初めて示した

  • depended on a number of plants.

    は、多くの植物に依存していた。

  • Though she had planned to stay longer,

    でも、もっと長くいるつもりだったんですよ。

  • Merian's adventure was cut short by illness

    メリアンの冒険は、病気で中断された

  • and after two years she returned to Amsterdam.

    そして2年後、彼女はアムステルダムに戻りました。

  • Given the challenges of working in a humid and unfamiliar environment,

    湿度が高く、慣れない環境での仕事の難しさを考えると。

  • it is remarkable how many species she was able to observe

    多くの種を観察することができたのは驚くべきことです。

  • and catalogue in that time.

    とカタログを作成しました。

  • Her writing is also notable for acknowledging the mistreatment

    また、彼女の著作は、虐待を認めている点でも注目されています。

  • of enslaved indigenous and African people

    奴隷にされた先住民やアフリカ人の

  • and their contribution to her research.

    と、彼女の研究に貢献した。

  • She wrote in her description of the peacock flower,

    彼女は孔雀の花の説明でこう書いている。

  • 'The Indians, who are not treated well by their Dutch masters,

    「オランダ人の主人から良い扱いを受けていないインディアン。

  • use the seeds to abort their children,

    は、自分たちの子供を堕胎させるために種を使用します。

  • so that they will not become slaves like themselves.'

    彼らが自分たちのような奴隷にならないように』。

  • Merian suffered a stroke in 1715 that left her unable to work.

    メリアンは1715年に脳卒中で倒れ、働けなくなった。

  • She died two years later, aged 69.

    2年後、69歳で亡くなった。

  • However, Merian's legacy has endured.

    しかし、メリアンの遺志は受け継がれている。

  • To date, at least six plants, nine butterflies, two bugs,

    現在までに、少なくとも植物6本、蝶9匹、虫2匹。

  • a spider and a lizard, have been named after her.

    クモやトカゲの名前も彼女の名前にちなんで付けられた。

  • Despite being over 300 years old, her work on the biodiversity

    300年以上前の作品であるにもかかわらず、生物多様性に関する彼女の研究は

  • of Suriname is still valued by scientists

    スリナムの科学者たちは、今もその価値を認めています。

  • and could show us how some species may adapt to climate change.

    そして、ある種が気候変動にどのように適応していくかを示してくれるかもしれません。

It's hard to imagine but just 300 years ago,

想像もつかないが、ほんの300年前。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

マリア・シビュラ・メリアン:科学を変えた女性|BBC Ideas (Maria Sibylla Merian: The woman who changed science forever | BBC Ideas)

  • 8 1
    Summer に公開 2022 年 06 月 09 日
動画の中の単語