Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • Okay, so in this lesson we're going to be talking about the correct techniques to use during the reading section of the academic Eilts when you're taking the test.

    さて、今回のレッスンでは、アカデミックエイルのリーディングセクションで、テストを受ける際の正しいテクニックについてお話します。

  • So again remember that this material is coming from triple W dot e help dot com for more practice materials, practice exams lessons as well as more videos.

    この教材は、トリプルWドットeヘルプ・ドット・コムから、より多くの練習教材や模擬試験のレッスン、そしてより多くのビデオが提供されていることを、もう一度覚えておいてください。

  • Please visit us there and triumphal course.

    ぜひ、現地で凱旋コースに足を運んでみてください。

  • Okay, so again, in this lesson we will be talking about um correct techniques during the reading section of the academic isles.

    さて、今回もアカデミックアイルズのリーディングセクションでのウム正しいテクニックについてお話します。

  • Okay, so again, remember that the reading section in the academic cults has three passages, you have one hour total to read the three passages and answer the questions.

    では、もう一度、アカデミックカルトのリーディングセクションには3つのパッセージがあり、合計1時間で3つのパッセージを読み、質問に答えるということを覚えておいてください。

  • One passage has anywhere from 500 to 700 words, which is about 1.5 to 1 and three quarter pages.

    1つのパッセージは500字から700字で、1.5ページから1.4ページ程度に相当します。

  • And then each passage has about 13-14 questions.

    そして、各パッセージには13~14問ほどが用意されています。

  • Now there are many different types of questions and I'll talk to you about that in a second.

    さて、質問にはいろいろな種類がありますが、それについてはまた後日お話します。

  • Um the total number of questions are 40, so in the one hour you need to read the three passages and answer the 40 questions.

    えーと、問題数は全部で40問なので、1時間で3つのパッセージを読んで40問に答える必要があるんです。

  • Okay, a lot of students complain that the 20 minutes for each passage is not enough time.

    なるほど、1パッセージ20分では時間が足りないと訴える生徒が多いですね。

  • Um this is not true and I will show you that 20 minutes is actually quite a bit of time to read and answer questions when you have a strong or intermediate level in english.

    20分というのは、中級以上の英語力があれば、問題を読んで答えるのに十分な時間なのです。

  • Now, a lot of teachers and courses for Eilts um suggest to students that they should skim and scan for the questions and not even read the passage.

    今、多くの先生やアイルツウムの講座では、「問題を読み飛ばしてスキャンし、文章も読まないでください」と生徒に勧めています。

  • I absolutely disagree with this idea and I'm going to tell you why.

    私はこの考えに全く同意できないので、その理由をお話しします。

  • So the people who make the aisles, they their goal is that the students who get a high score so score over 6.5 should be able to read the passage in the correct way and then answer the questions.

    通路を作る人たちは、6.5点以上の高得点を取った生徒が正しい方法で文章を読み、質問に答えられるようにすることを目標としているわけです。

  • So what they do is they use some interesting questions like true false, not given, which makes it very difficult or even impossible to score a very high mark on the isles.

    そのため、「true false」や「not given」といった面白い問題が出題され、アイルで高得点を取るのは非常に難しい、あるいは不可能とさえ言われています。

  • Why?

    なぜ?

  • Because it's very difficult to skim and scan for answers that are not given or that are false according to the passage.

    なぜなら、与えられていない答えや、パッセージによると間違っている答えを探すために、ざっと読んでスキャンするのは非常に難しいからです。

  • Now, of course, as we've discussed in the key strategies.

    さて、もちろん、重要な戦略で述べてきたように

  • Another reason that this is difficult is because of paraphrasing.

    もう一つ難しいのは、パラフレーズ(言い換え)があることです。

  • So most of the answers in the passage, especially keywords are paraphrased.

    だから、パッセージの答え、特にキーワードはほとんどがパラフレーズになっている。

  • So you're not going to see the same word in the passage as the question.

    だから、質問と同じ単語が通路に表示されることはないでしょう。

  • Maybe for some of the really easy questions, a few of them, But most of the questions will be paraphrased using synonyms, anthems and negatives, grammar expressions, phrase all verbs and so on.

    本当に簡単な問題については、数問かもしれませんが、ほとんどの問題は、同義語、対義語、否定語、文法表現、フレーズオール動詞などを使って言い換えることになります。

  • And you just simply cannot skim read for paraphrasing.

    また、言い換えのためのスキムリードは単にできないだけです。

  • So these kinds of techniques for the test maker paraphrasing and including questions like true false, not given multiple choice and other ones that have extra or false information make it very, very difficult if not impossible to get a high score with skimming and scanning.

    ですから、このようなテストメーカーの言い換えテクニックや、true false、与えられていない多肢選択問題など、余分な情報や嘘の情報がある問題を含めると、スキミングやスキャンで高得点を取ることは不可能ではないにしても、とても難しいのです。

  • So it's strange.

    だから、不思議なんです。

  • But my first advice to all of you is please don't skim and scan if you want to get 6.57 or higher on the academic Eilts, you need to use different techniques and I'm going to show you those techniques.

    しかし、皆さんへの最初のアドバイスは、アカデミックエイルで6.57以上を取りたいなら、スキミングやスキャンをしないでください、別のテクニックを使う必要があります、そして、私はそのテクニックを紹介します。

  • Okay, so um the first point here is do not skim and scan for answers two questions if you want to get a score Over six or 6.5.

    さて、最初のポイントは、6点以上、あるいは6.5点を取りたいのであれば、2問の答えを読み飛ばしたり、スキャンしたりしてはいけないということです。

  • Okay, so again, skimming and scanning is not the right way to get a high score.

    なるほど、やはり飛ばし読みやスキャンは高得点を取るための正しい方法ではないのですね。

  • So the question here is what is the right way to get a high score and what is a good way to finish the passages on time?

    では、ここで問題になるのは、高得点を取るための正しい方法と、時間内にパッセージを終わらせるための良い方法とは何かということです。

  • So I'm going to explain that to you next using a passage from a e helps academic Eilts curriculum book.

    そこで、次にe helps academic Eiltsのカリキュラムブックの一節を使って説明することにします。

  • Alright, let's have a look at that.

    さて、それでは見てみましょう。

  • Alright, so here we are looking at reading passage one from test two of the curriculum book and the title is Tristan da cunha, an island of remote curiosity.

    それでは、カリキュラムブックのテスト2のパッセージ1を読んでみましょう。タイトルは「Tristan da cunha, an island of remote curiosity(トリスタン・ダ・クーニャ、好奇心の島)」です。

  • So the first step, when you get to the reading section of the academic isles is look at the title of the passage.

    ですから、アカデミックアイルズのリーディングセクションに行ったら、まず、パッセージのタイトルを見ます。

  • A lot of students ignore the title.

    タイトルを無視する学生が多いんです。

  • They think they're saving time by ignoring the title.

    タイトルを無視することで時間を節約しているつもりなのだろう。

  • Again, this is not true.

    繰り返しになりますが、これは事実ではありません。

  • The title of a passage or any story gives a general idea of the information that will be discussed and these passages are written by experts.

    文章や物語のタイトルは、議論される情報の一般的なアイデアを与え、これらの文章は専門家によって書かれたものです。

  • So the titles usually include quite a bit of information about what is written about in the passage.

    だから、タイトルには、そのパッセージに書かれていることについての情報がかなり含まれているのが普通である。

  • So again step one is to read the title carefully try to understand the title and then in your mind, ask yourself the three important questions of critical thinking of what, why, how again, when you practice this, you can be very fast with it.

    そして、クリティカルシンキングの3つの重要な質問、「何を」「なぜ」「どのように」を自分に問いかけるのです。

  • Um and this should only take you about maybe 20 seconds.

    この作業は20秒くらいで終わるはずです。

  • Okay, so now let's read the passage.

    さて、では次にその箇所を読んでみましょう。

  • Try to read along with the british speaker and again when you hear the reader here, just remember that she's actually reading a little bit faster than you need to.

    また、この読み手の声が聞こえたら、彼女は必要以上に速く読んでいることを思い出してください。

  • So you can even be a little bit slower than her speed during the exam.

    だから、試験中は彼女のスピードより少し遅めでも大丈夫です。

  • Alright, let's read and listen, Tristan da cunha, an island of remote curiosity.

    さてさて、読んで聞いて、トリスタン・ダ・クーニャ、人里離れた好奇心の島。

  • Tristan da cunha is an island in the south pacific ocean formed by volcanic activity and part of the british overseas territory called Saint Helena ascension and Tristan da cunha.

    トリスタン・ダ・クーニャは、南太平洋に浮かぶ火山活動でできた島で、セントヘレナ・アセンションとトリスタン・ダ・クーニャというイギリスの海外領土の一部です。

  • Tristan da cunha is generally considered to be the most remote inhabited place on earth because of its extreme isolation and small population.

    トリスタン・ダ・クーニャは、その極端な孤立と人口の少なさから、一般に地球上で最も遠隔地にある居住地と考えられている。

  • Tristan da cunha is a fascinating experiment in sociology and genetics.

    トリスタン・ダ・クーニャは、社会学と遺伝学の魅力的な実験である。

  • The island was first discovered in 15 06 by a Portuguese explorer named Trista Todos Una who named the island after himself.

    1506年、ポルトガルの探検家トリスタ・トドス・ウナによって初めて発見され、自らの名をとって島と名付けられた。

  • The name of the island was later anglicized by the inhabitants into Tristan da cunha.

    島の名前は、後に住民によってトリスタン・ダ・クーニャと英語化された。

  • In 1816, the United Kingdom annexed the island taking control of it, They used it as a marine military base for a number of decades in the 19th century before it fell into disuse after the construction of the Suez Canal.

    1816年、イギリスがこの島を併合し、支配下に置き、19世紀には数十年にわたり海上軍事基地として使用されたが、スエズ運河の建設後、使われなくなった。

  • The Second World War however, brought renewed purpose to the island.

    しかし、第二次世界大戦によって、この島は新たな目的を持つことになった。

  • It was used as a top secret british naval station code named H M.

    英国海軍の極秘基地として使用され、コードネームは「H M」。

  • S.

    S.

  • Atlantic, I'll.

    アトランティック、I'll。

  • The purpose of the station was to monitor the waters for german u boats.

    その目的は、ドイツのUボートを監視することだった。

  • According to a recent census, the island has a population of just 263 people who mainly reside in the settlement known as Edinburgh of the Seven Seas.

    最近の国勢調査によると、この島の人口はわずか263人で、主に「Edinburgh of the Seven Seas」と呼ばれる集落に住んでいるとのことです。

  • It is thought that the residents of the island descend from just 15 ancestors, of which eight were male and seven were female because the reproduction pool is so small, the residents of the island suffer from a number of medical disorders.

    島の住民の祖先はわずか15人で、そのうち8人が男性、7人が女性だと言われている。繁殖力が弱いため、島の住民にはさまざまな病気がある。

  • There is rampant asthma on the island, which is thought to be a result of the known fact that three of the original founders of the island suffered from asthma based on the endemic asthma afflicting inhabitants of the island.

    これは、島の住民に喘息が蔓延していることから、島の創始者のうち3人が喘息に苦しんでいたことが知られているからだと思われる。

  • Today, it is thought that there is a genetic underpinning for the condition.

    現在では、この症状には遺伝的な背景があると考えられています。

  • Further evidence comes from Islanders commonly suffering from glaucoma, a degenerative eye condition which left untreated can result in blindness.

    また、緑内障は、放置すると失明する可能性のある病気であり、島民がよくかかる病気である。

  • There are just eight surnames.

    苗字は8つだけです。

  • Among the 263 residents of Tristan Da Cunha, Corresponding roughly to the eight original male ancestors.

    トリスタン・ダ・クーニャに住む263人のうち、およそ8人の男性の祖先に相当する。

  • Since there is almost no immigration to the island, The surnames are kept intact for many generations.

    島への移民がほとんどないため、苗字は何世代にもわたってそのまま残されている。

  • Education on the island is very limited.

    島の教育は非常に限られています。

  • Children only attend school until the age of 15 with the option of taking the british standardized test for secondary school graduates.

    子どもたちは15歳までしか学校に通わず、中学卒業時に英国の統一試験を受けることができます。

  • Once they have completed schooling.

    学校教育を終えたら

  • As a consequence of the low quality of education, standardized test scores are generally very poor.

    教育の質の低さの結果として、標準化されたテストのスコアは一般的に非常に悪いです。

  • Another indication of the island's remoteness and relative lack of contact with the outside world is that the english spoken amongst its natives is very different from that spoken of the rest of the world.

    また、この島が遠隔地であり、外界との接触が比較的少ないことを示すものとして、島の人々の間で話されている英語が世界の他の地域で話されている英語と大きく異なっていることが挙げられる。

  • Arguably one of the most interesting facts about tristan da cunha was that until the aftermath of the Second World War, the only currency in place was the potato.

    トリスタン・ダ・クーニャの最も興味深い事実は、第二次世界大戦後まで、通貨はジャガイモだけだったということだ。

  • For example, the newspaper, the Tristan Times could be purchased for four big potatoes.

    例えば、新聞「トリスタン・タイムス」は、大きなジャガイモ4個で購入することができた。

  • Today.

    今日は

  • Tristan de Acuna uses the british pound as its currency, which is odd because neighboring ST Helena 2173 kilometers away of which Tristan de Acuna shares its status as a british overseas territory uses the ST Helena pound and not the british pound.

    トリスタン・デ・アクーナは英国ポンドを使用しているが、2173キロメートル離れた隣国のSTヘレナでは英国ポンドではなくSTヘレナポンドを使用しているのが不思議である。

  • Since Tristan de Acuna was formed by volcanic activity and the volcano which formed it is still active.

    トリスタン・デ・アクーナは火山活動によって形成され、形成した火山は現在も活動を続けているためです。

  • The inhabitants of the island living in constant danger of volcanic eruption.

    火山噴火の危険と隣り合わせの島民。

  • The last such eruption occurred as recently as 1961 when all of the Islanders had to be evacuated to England.

    このような噴火が最後に起こったのは1961年のことで、島民は全員イギリスに避難せざるを得なかった。

  • While some communities around the world participating fire earthquake or tornado drills.

    地震や竜巻などの防災訓練に参加する地域もありますが、そのような地域でも、「防災訓練」を行うことができます。

  • The residents of Tristan da cunha participate in evacuation drills where they practice the protocol for evacuation of the island in case of volcanic eruption.

    トリスタン・ダ・クーニャの住民は避難訓練に参加し、火山噴火の際の島外への避難手順を訓練しています。

  • The Tristan economy is built mainly upon farming.

    トリスタンの経済は、主に農業で成り立っています。

  • All land is owned by the community that is to say there is no individual land ownership.

    すべての土地は共同体の所有物であり、個人の土地所有権は存在しない。

  • Another significant part of the economy is the exploitation of crayfish and lobster mainly to japan and the United States.

    また、日本やアメリカ向けにザリガニやロブスターの漁獲も盛んである。

  • A fire that occurred in 2008 greatly affected both the domestic and export economies.

    2008年に発生した火災は、国内・輸出の両経済に大きな影響を与えました。

  • Tristan Ian's are fiercely proud and independent people even when given the choice to stay in England after exile due to the volcanic eruption, Almost every resident returned to the island.

    トリスタン・イアンの人々は非常に誇り高く独立心の強い人々で、火山噴火でイギリスへ亡命した後も、ほとんどの住民が島へ戻ってきたという。

  • Alright, so now that we have read the passage and Hopefully we have at least a 60-70% understanding of the information contained in the passage, we're ready for step four, which is of course answering the question.

    さて、ここまでで文章を読み、文章に含まれる情報を少なくとも60~70%理解できたとしたら、次はステップ4、つまり、もちろん質問に答える番です。

  • So here you're putting your answers directly into the answer booklet, make sure to pay attention to your spelling if you're writing words and what's really key here is that you should be able to answer half of the questions without looking back at the passage.

    ここで、解答を直接解答集に書き込むわけですが、単語を書く場合はスペルに注意すること、そしてここで本当に重要なことは、パッセージを見返さずに問題の半分を答えられるようにすることです。

  • Okay, so again you shouldn't be searching for each answer in the passage and I promise you that if you practice this at home and you make yourself try to answer the questions without searching and without looking back and you will be able to get about half of them In this way.

    家で練習して、答えを探さず、振り返らず、半分くらいは答えられるようになることを約束します。

  • All right, so step four is answering questions.

    では、ステップ4は質問に答えるということですね。

  • Mhm.

    ムムッ。

  • So, to watch the rest of this video and for more practice materials like this, as well as interactive lessons, please visit us at triple w dot A E help dot com.

    このビデオの続きや、このような練習用教材、またインタラクティブなレッスンは、triple w dot A E help dot comでご覧いただけますので、どうぞご利用ください。

  • If you have any questions, just let us know.

    何かご不明な点があれば、お知らせください。

Okay, so in this lesson we're going to be talking about the correct techniques to use during the reading section of the academic Eilts when you're taking the test.

さて、今回のレッスンでは、アカデミックエイルのリーディングセクションで、テストを受ける際の正しいテクニックについてお話します。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

アカデミックIELTSリーディングの例題とテクニック1 (Academic IELTS Reading Example and Techniques 1)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2022 年 06 月 05 日
動画の中の単語