Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • well at 20 minutes to five, we can now say the decision taken in 1975 by this country to join the common market has been reversed by this referendum to leave the Eu you know, whether you think Brexit is a good or a bad idea at this point.

    1975年にこの国が下した共通市場への参加という決断は、今回のEU離脱という国民投票によって覆されたと言えるでしょう。

  • One thing is beyond doubt, it's an idea whose time has come the dawn is breaking On an independent United Kingdom.

    ひとつだけ間違いなく言えることは、独立したイギリスの夜明けは、その時が来たということです。

  • This isn't something that just happened, but the world witnessed last Friday was the culmination of a pressure movement that started over 20 years ago.

    これは今起こったことではなく、先週の金曜日に世界が目撃したのは、20年以上前に始まった圧力運動の集大成だったのです。

  • The movement that has evolved and devolved across the years and bided its time exploiting every national and political crisis to achieve its end, of course, choosing a starting point for this is a bit arbitrary.

    長い年月をかけて進化・発展し、あらゆる国家的・政治的危機を利用して目的を達成するために時間をかけてきた運動は、もちろん、その出発点を選ぶことは少し恣意的である。

  • There have been so called eurosceptics since 1973 when the UK first joined what was then called the european community, but if I had to pick a date, I might pick september 20th 1988 when Prime Minister Margaret Thatcher gave a famous speech in bruges laying out a number of the ideas that would influence euroscepticism for years to come.

    しかし、1988年9月20日、マーガレット・サッチャー首相がブルージュで行った有名なスピーチで、この後何年にもわたってユーロセプティズムに影響を与えることになる数々のアイデアを披露した。

  • We have not successfully rolled back the frontiers of the state in Britain only to see them re imposed at a european level with the european superstate exercising a new dominance from brussels.

    私たちは、英国で国家の境界線を後退させることに成功したわけではなく、欧州の超国家がブリュッセルから新たな支配力を行使して、欧州レベルで再び境界線を押し付けるのを見るだけなのです。

  • The result of the speech was something called the bruges group, a conservative think tank that promoted rolling back the use trend towards centralization.

    その結果、ブルージュ・グループと呼ばれる、中央集権化の流れを止めることを推進する保守系シンクタンクが誕生したのである。

  • Remember this was at the end of the soviet union and the world's great experiment with socialism, any form of one party centralization was a feared prospect by many.

    ソビエト連邦が崩壊し、社会主義の大きな実験が始まった頃で、一党独裁は多くの人々に恐れられていた。

  • One member of the bruges group, the historian Alan Skid took the idea a step further and launched his own political party.

    ブルージュのメンバーの1人で、歴史家のアラン・スキッド氏は、このアイデアをさらに進めて、自分の政党を立ち上げた。

  • It was called the Anti Federalist League.

    反連邦主義者同盟と呼ばれるものである。

  • And it's one aim was to remove Britain from the EU.

    そして、その目的のひとつは、イギリスをEUから追い出すことでした。

  • We can't run our own affairs.

    自分たちのことは自分たちでできない。

  • Nobody can.

    誰もできない。

  • This should be all too obvious.

    これは、あまりにも当たり前のことだと思います。

  • But Skids party had problems from the very start.

    しかし、スキッズパーティーには最初から問題があった。

  • In 1992 the Anti Federalist League went up for only one seat in parliament and only got 10.2% of the vote and it was the same in the european elections in 1995.

    1992年、反連邦主義者同盟は国会で1議席しかとれず、得票率は10.2%にとどまり、1995年の欧州選挙でも同じだった。

  • The young movement just lost faith and skids ability to lead them.

    若いムーブメントが信頼を失い、スキッドに指導力がなくなっただけのことだ。

  • And there were internal arguments about whether the party which was soon renamed UKIP or the United Kingdom Independence Party, should remain a single issue pressure group or expand into other issues and become a real party.

    そして、すぐにUKIP(イギリス独立党)と改名されたこの党は、単一問題の圧力団体のままでいるべきか、他の問題にも手を広げて本当の政党になるべきか、内部で議論が交わされたのです。

  • Then, in 1994 arrival eurosceptic party called the referendum party exploded onto the scene.

    そして、1994年に国民投票党というユーロセプティブな政党が登場し、爆発的な人気を博した。

  • Led by billionaire James Goldsmith who had no such problems with infighting.

    億万長者のジェームズ・ゴールドスミス氏は、内輪もめなどとは無縁の人物だった。

  • All he wanted to do was have a referendum about leaving the EU and once they got it, they would disband.

    彼がやりたかったのは、EU離脱に関する国民投票を行い、それが実現したら解散することだった。

  • We can only stop our politicians betraying our trust By holding a referendum, which is legally binding on the government.

    政治家が私たちの信頼を裏切るのを阻止するには、政府を法的に拘束する国民投票を実施するしかないのです。

  • The referendum party trounced Ukip in 1997.

    国民党は1997年にUkipを惨敗させた。

  • But both were trounced by Tony Blair and the rise of new labor which would hold the country for the next 13 years.

    しかし、両者ともトニー・ブレアと新労働党の台頭によって惨敗し、その後13年間、この国を支配することになる。

  • And yet for those who were looking closely, it was possible to see Elaine opening up for doubt about the Eu in 92 only 9% thought Britain should leave the Ec by 97 that number had risen to 14%.

    しかし、よく観察してみると、92年にイギリスがEUから離脱すべきと考えたのはわずか9%だったが、97年には14%にまで上昇していたのだ。

  • And if you added to those who thought the Ec should at least reduce its powers And you have 66% of the electorate expressing some form of euroscepticism.

    そして、Ecは少なくともその権限を縮小するべきだと考える人たちを加えると、有権者の66%が何らかの形でユーロ圏に懐疑的であることを表明していることになるのです。

  • There are a number of reasons why europe was brought into voter's minds, but the most significant has got to be the signing of the mastering treaty and the adoption of a single currency, something that in 1997 only 16% of britons were in favor of.

    ヨーロッパが有権者に注目された理由はいくつかあるが、最も重要なのは、1997年にはイギリス人の16%しか賛成していなかったマスタリング条約の調印と単一通貨の採用であろう。

  • Despite these trends, UKIP looked dead in the water, but it was about to hit a few strokes of good luck.

    こうした流れにもかかわらず、UKIPは死に体かと思われたが、いくつかの幸運に見舞われることになる。

  • Well, bad luck for James Goldsmith who passed away only three months after the 97 election, effectively disbanding UKIP's only direct competitor, Alan Skid was replaced by more aggressively populist figures like Nigel Farage who won himself a seat in 1999.

    ジェームズ・ゴールドスミスは97年の選挙からわずか3ヶ月で他界し、UKIPの唯一の直接のライバルであったアラン・スキッドは、1999年に自ら議席を獲得したナイジェル・ファラージなど、より積極的なポピュリストに取って代わられたのである。

  • And ironically, the european parliament by 2000 and one.

    そして皮肉なことに、2000年までの欧州議会と1。

  • Despite not winning any parliament seats in Westminster, UKIP had become the fourth party in the U.

    ウェストミンスターでは議席を獲得できなかったものの、UKIPは米国で第4党となった。

  • K.

    K.

  • After Labor conservatives and the liberal democrats, their profile rose even more when robert, kilroy Silk, a former mp and chat show personality joined the cause as you know that in May this year politicians in London decided to open our doors to a potential 73 million migrants from eastern europe.

    労働保守党、自由民主党に続き、元議員でトーク番組のパーソナリティでもあるロバート・キルロイ・シルクが参加したことで、彼らの知名度はさらに上がりました。ご存知のように、ロンドンの政治家は今年5月、東欧からの7,300万人の移民を受け入れることを決定しました。

  • That 73 million kilroy Silk was a controversial figure, stemming mostly from an article he wrote called We owe Arabs Nothing Silk delivered UKIP's largest victory in 2000 and four as european parliamentary elections coming in third above the liberal democrats.

    その7300万キロシルクは、彼が書いたWe owe Arabs Nothingという記事に端を発し、物議を醸した。シルクは2000年と4月の欧州議会選挙でUKIPの最大の勝利をもたらし、自由民主党より3位となったのだ。

  • But more infighting eventually ousted him from the party within that year.

    しかし、内輪もめが多く、結局、その年のうちに党から追放された。

  • Yet, his example shows the willingness of UKIP to engage in the worst forms of populism race baiting nationalism and fear throughout the two thousands and into the 20 tens.

    しかし、彼の例は、UKIPが2,000人から20,000人の間ずっと、ナショナリズムと恐怖を餌にしたポピュリズム人種の最悪の形態に従事する意志を示している。

  • You kept capitalized on a growing sentiment among the british people of national decline in the post colonial era, most keenly felt by the oldest citizens who made up the core of the vote to Brexit and they capitalized to on crises like the financial meltdown in 2008.

    英国国民の間で高まっていた植民地時代以降の国の衰退という感情、特にBrexitへの投票の中核を担った高齢の国民が強く感じていたことを利用し、2008年の金融崩壊のような危機を利用し続けたのですね。

  • The riots that swept the country in 2000 and 11 and now the migrant crisis and international terrorism, UKIP and the far right assigned folk devils too many of these cases like immigrants, Muslims, minorities and welfare recipients.

    2000年と11年に国を席巻した暴動、そして今、移民危機と国際テロ、UKIPと極右は、移民、イスラム教徒、少数民族、生活保護受給者など、これらの事例のあまりに多くをフォークデビルとして割り当てているのです。

  • All of these things can bolster resentful nationalism, but they have to be triggered by something closer to home in this case.

    これらはすべて、恨み節的なナショナリズムを強化するものだが、この場合、より身近なものが引き金になるはずである。

  • A lot of the research points to the idea of class trajectory.

    多くの研究が、クラスの軌跡という考え方を指摘しています。

  • I have no G.

    Gがないんです。

  • P as all powerful in my area.

    私の地域ではPをオールパワーで。

  • I can't get onto the housing ladder and have three kids in one room.

    住宅の梯子には乗れないし、1部屋に3人の子供がいる。

  • The place where I grew up is now was a lovely area but is now a no go zone.

    私が育った場所は今、素敵な地域でしたが、今は立ち入り禁止区域になっています。

  • How are you?

    お元気ですか?

  • Might I can see my standard living in my family stand living going down because of this influx that we can't control.

    Might 私たちがコントロールできないこの流入のせいで、私の家族の生活水準が下がるのは目に見えています。

  • You can't say that UKIP is the soul force behind Brexit.

    UKIPがBrexitの魂的な力だと言うことはできない。

  • But they've been there throughout the years to help link these real feelings of falling trajectories.

    しかし、彼らはずっとそばにいて、こうしたリアルな軌跡の落差をつなぐ手助けをしてくれました。

  • Two emotions about national decline and moral panics that group, the public and fear growing from miniscule roots into a significant player in the country's politics.

    国の衰退とモラルパニックに関する2つの感情がグループ化し、国民と恐怖が極小の根から国の政治における重要なプレーヤーに成長したのです。

  • The United Kingdom is not a far right state with a nationalistic, anti immigrant and racist people, But their decision last week to leave the EU one by a 52% majority of 72% of the population Can be viewed as an expression of a reactionary far right politics.

    イギリスは極右国家ではなく、ナショナリズム、反移民、レイシストの国民性を持っていますが、先週、72%の人口のうち52%の多数決でEUから離脱する決定を下したことは、反動的な極右政治の表現と見ることができます。

  • And that's the point about far right political organizations.

    そして、極右の政治団体についての指摘です。

  • They use the fulcrum of populism and fear to lift many times their weight in people.

    彼らはポピュリズムと恐怖を支点に、自分の体重の何倍もの人々を持ち上げているのです。

  • The ideas that animated this vote are there in Thatcher's speech from 1988.

    1988年のサッチャーの演説の中に、この投票の原動力となった考え方がある。

  • Of course, the irony is that Thatcher herself campaigned for Britain to join the E.

    もちろん、皮肉なことに、サッチャー自身はイギリスをEに加盟させるためのキャンペーンを行ったのである。

  • C.

    C.

  • The first time around in 1975.

    1975年の初回。

  • Even greater irony is that the unchecked capitalism she championed as Prime Minister, led to a form of globalization that has ravaged the middle class.

    さらに大きな皮肉は、彼女が首相として擁護した野放しの資本主義が、中産階級を荒廃させるグローバリゼーションにつながったということだ。

  • The real cause of the frustration that UKIP exploits to advocate a leave vote.

    UKIPが離脱票を主張するために悪用するフラストレーションの真の原因。

  • But that's the difference that 40 years can make Brexit.

    しかし、それが40年の歳月がもたらすブレックスの差なのです。

  • Re contextualize is all these small phenomena threads a string through them and shows that transformation doesn't always have to move forward.

    Re contextualizeは、これらすべての小さな現象に糸を通し、変革は必ずしも前に進む必要はないことを示すものです。

  • Mhm.

    ムムッ。

  • Yeah.

    そうですね。

  • Hey guys, thanks for watching.

    やあ、みんな、見てくれてありがとう。

  • Sorry, this is a day late Vidcon pushed me back, but hank Green took responsibility for it on twitter, so you can blame him for that.

    すみません、1日遅れでVidconに押し戻されましたが、hank Greenがtwitterで責任を取ってくれたので、その点は責めてください。

  • Um if you want to subscribe to this channel, click right here and if you want to pledge to this channel, help me keep making more videos.

    このチャンネルを購読したい方はここをクリック、このチャンネルに寄付したい方はもっとビデオを作るのを手伝ってください。

  • You can click right there on my Patreon.

    私のPatreonは、そこをクリックすればいいんです。

  • Thank you guys so much.

    皆さん、本当にありがとうございました。

  • I'll see you next Wednesday for something new cheers.

    来週の水曜日、また何か新しいチアーズでお会いしましょう。

well at 20 minutes to five, we can now say the decision taken in 1975 by this country to join the common market has been reversed by this referendum to leave the Eu you know, whether you think Brexit is a good or a bad idea at this point.

1975年にこの国が下した共通市場への参加という決断は、今回のEU離脱という国民投票によって覆されたと言えるでしょう。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

ブレグジットはいかにして皆に忍び寄るのか (How Brexit Snuck Up On Everyone)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2022 年 05 月 18 日
動画の中の単語