Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The villain era is something I've noticed that typically happens to chronic people pleasers.

    悪役の時代というのは、習慣的に人を喜ばせる人によく起きることだと思います。

  • So if you're someone who has spent the majority of your life caretaking, being constantly available, and self-betraying in order to appease others,

    ですから、もしあなたが人生の大半を人の世話を焼くことで過ごし、常に利用され、他人をなだめるために自己を裏切ってきた人だとしたら、

  • welcome, it's time to embrace your villain era.

    ようこそ。今こそ、悪役時代を受け入れる時です。

  • When a chronic people pleaser starts to communicate their wants and needs clearly, prioritize themselves and assert and maintain boundaries,

    習慣的に人を喜ばせることが好きな人が、自分の望みやニーズを明確に伝え、自分を優先しを、境界線を主張し維持するようになると、

  • this is not going to be well received by the people around you.

    周りからの評判が悪くなるでしょう。

  • I have two really good friends who used to be chronic people pleasers.

    私の友人で、以前は習慣的に人を喜ばせることが好きだった人が2人います。

  • They displayed all of the typical behaviors, agreeing even when they disagreed, apologizing too much, letting people take advantage of them, and taking (the) blame when it wasn't theirs.

    同意できなくても賛成する、謝りすぎる、人に利用される、自分の責任ではないのに責任を取るなど、典型的な行動が見受けられました。

  • But over the past two years, I've witnessed them starting to step into their power.

    しかし、この2年間、私は彼らが力を発揮し始めたのを目の当たりにしてきました。

  • They've started putting themselves first, speaking up for what they need and want, and setting clear boundaries with friends and partners.

    自分を第一に考え、必要なもの、欲しいものを口に出し、友人やパートナーとの間に明確な境界線を設けるようになったのです。

  • The results: A fuck ton of fallouts.

    その結果、大量の副産物が生まれました。

  • The people around them were like,

    周りの人たちは次のような感じでした。

  • Wait, I'm not getting the same level of limitless giving at the expense of yourself anymore. This isn't fair.

    待って、あなたが自分を犠牲にしてまでしてきた、無限の施しを今はもう同じレベルで得ていません。これはフェアじゃない。

  • This isn't the relationship dynamic I stand up for. In fact, my needs aren't being met.

    これは私が守る関係性のダイナミクスではありません。実際、私のニーズは満たされていません。

  • Because of this disconnect, my friends were labeled as villains.

    実際、この断絶のせいで、私の友人は悪役のレッテルを貼られました。

  • It was like the mental gymnastics olympics.

    まるでメンタルの体操のオリンピックのようでした。

  • So many narratives were created about how they were villains for no longer providing the same energy that they used to.

    かつてのようなエネルギーが得られなくなり、悪役になったという話がたくさん作られました。

  • My friend summed it up with this beautiful analogy,

    私の友人は、これを次のようなこの美しい例えで要約しました。

  • Hi, could I order room service.

    ルームサービスを頼みたいのですが。

  • Oh, I'm so sorry, it's 3 AM, so the kitchen is closed.

    あ、すみません、夜中の3時なので厨房は閉まっています。

  • You used to have 24/7 room service.

    以前は24時間365日ルームサービスがありましたよね。

  • Yes, we did. Unfortunately, we now have set hours, so the kitchen is open from 7 AM to...

    はい、そうです。残念ながら、営業時間を設定するようになりました。 なので厨房は7時からオープンです...

  • What? That's not fair.

    え?それはフェアじゃない。

  • Last time I was here, I could order a cheese burrito at 3:43 AM and I want my cheese burrito at 3:43 AM again.

    前回来たときは、午前3時43分にチーズブリトーを注文できたので、また午前3時43分にチーズブリトーを食べたいです。

  • I'm so sorry, ma'am.

    申し訳ありません。

  • But as I said, the kitchen is open at 7 AM, so in three hours...

    でも、さっきも申した通り、キッチンは朝7時から開いているので、3時間後には...

  • I don't want to wait three hours.

    3時間も待ちたくありません。

  • Okay. I want to order my burrito.

    いいですか、私はブリトーを注文したいの。

  • I want my 24/7 room service. 24/7. 24/7.

    24時間365日のルームサービスがほしいです。年中無休の。

  • And look, this isn't malicious by the people around them, right?

    それに、これは周囲に悪意があるわけじゃないですよね?

  • So much of this is subconscious and unaware.

    その多くは潜在意識や無意識によるものです。

  • There is a part of us that feels threatened when a dynamic shifts. We feel unimportant when someone's level of giving changes.

    私たちの中には、ダイナミクスが変化することに脅威を感じる部分があります。誰かの与えるレベルが変わると、重要でなく感じるようになります。

  • Especially if that giving used to be endless for taking, and it's way easier to tell ourselves,

    特に、その与えることが以前は無限であった場合は、自分に次のように言い聞かせた方がずっと楽です。

  • Oh, that person just feels like they're too good for me now.

    「ああ、あの人は「(以前は無限に与えていた人が)今の私には勿体ない」と思っているだけなんだ」と。

  • Rather than confront the idea that maybe the dynamic we participated in wasn't equal or even kind to the people-pleasing person.

    私たちがいたダイナミズムは、人を喜ばせる人にとって対等ではなかった、あるいは親切ではなかったかもしれない、という考えるよりも。

  • It's really easy for us to make up narratives that shield our ego, and I know that I have definitely been guilty of this.

    私たちは、自分のエゴを守るための物語を作るのは簡単で、私は、間違いなくこのことに罪悪感を抱いていることを知っています。

  • It's really freaking hard to look at someone through, like, a compassionate lens and depersonalized their growth as not a personal attack on us.

    思いやりのレンズのようなもので誰かを見て、その人の成長を自分への個人攻撃ではないと脱人格化するのはとても難しいんです。

  • And on top of that, it's very hard to witness someone growing for the better when you feel stuck, right?

    その上、自分が行き詰まっているときに、誰かがより良い方向に成長していくのを目の当たりにするのは、とても辛いことですからね。

  • It's so difficult to see someone become happier when you're still miserable.

    自分は惨めなままで、誰かが幸せになるのを見るのはとても辛いことです。

  • And it's very scary when someone is able to grow and change and become a more fulfilled person because witnessing that means you're fully capable of it too.

    誰かが成長し、変化し、より充実した人間になるのを目撃するのはとても怖いことです。なぜなら、それは自分も十分にそれが可能であるということこと意味するからです。

  • And of course, it's easier to stay exactly where we are, ignoring our problems instead of addressing them.

    そしてもちろん、問題に対処するのではなく、問題を無視したまま現状にとどまる方が簡単です。

  • So I urge you (to) embrace your villain era.

    だから、ぜひ悪役の時代を受け入れてください。

  • People are going to project how they feel about themselves onto you anyway.

    人はいずれにせよ、自分がどう感じているかをあなたに投影するものです。

  • Anyone who is a real one and deserves to be in your life will see your change and your growth, and either talk to you about it honestly or just be happy for you.

    本物であなたの人生にふさわしい人は、あなたの変化や成長を見て、それについて正直に話すか、ただあなたのために喜んでくれることでしょう。

  • I'm Anna Akana. Thank you to the patrons who supported today's video and thank you to BetterHelp for sponsoring today's episode.

    アカナ・アンナでした!本日の動画をサポートしてくださったパトロンの皆様、本日のエピソードをスポンサーしてくださった BetterHelp の皆様、ありがとうございました。

The villain era is something I've noticed that typically happens to chronic people pleasers.

悪役の時代というのは、習慣的に人を喜ばせる人によく起きることだと思います。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

「お人好し」はもう辞めて「悪役」になってみよう?!

  • 3623 178
    林宜悉 に公開 2022 年 09 月 13 日
動画の中の単語