Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • On the 28th of November 1919 in Washington, the first international labor standard of the ILO was adopted.

    1919年11月28日、ILOの第1回国際労働総会がワシントンで開催されました。

  • The Hours of Work (Industry) Convention 001 limited working time to 8 hours a day and 48 hours a week.

    工業の労働時間条約001により、労働時間は1日8時間、週48時間に制限されています。

  • An average work week for a full-time manufacturing employee in the United States in 1890 was 100 hours.

    1890年の米国における製造業のフルタイム従業員の平均労働時間は週100時間でした。

  • The origins of the movement for an 8-hour day began with the Industrial Revolution in Britain.

    イギリスの産業革命は、1日8時間労働を求める運動の原点です。

  • In 1817, British textile manufacturer Robert Owen raised the demand and coined the phrase: 8 hours labor, 8 hours recreation, 8 hours rest.

    1817年、イギリスの繊維メーカー、ロバート・オーウェンは、「8時間労働、8時間レクリエーション、8時間休息」という言葉を生み出し、その要求を実現させました。

  • The first piece of British legislation governing work hours was the Factory Act of 1833, limiting the workday for children in factories.

    労働時間を規定するイギリス初の法律は、工場で働く子どもたちの労働時間を制限する1833年の工場法でした。

  • In the United States, the Labor Reform Association founded in 1864 and the Grande 8-Hour League of Massachusetts formed a year later became the centers of the American movement.

    アメリカでは、1864年に設立された「労働改造協会」と、その1年後に結成された「グランド8時間マサチューセッツ連盟」が運動の中心となっていました。

  • Meanwhile, in Australia, trade unionist James Stephens led stonemasons in Melbourne to agitate for an 8-hour working day, which they eventually won.

    一方、オーストラリアでは、労働組合員のジェームズ・スティーブンスがメルボルンの石工を率いて1日8時間労働制を求める運動を展開し、最終的にこれを勝ち取りました。

  • With the growing integration of the world economy and the development of the global trade union movement, the call for an 8-hour working day became global.

    世界経済の統合が進み、世界的な労働組合運動が発展する中で、1日8時間労働を求める声は世界的なものになったのです。

  • By the start of the 20th century, the 8-hour workday was becoming a reality for more and more people, and at the end of the First World War, 8-hour laws of varying scope had been enacted across Europe.

    20世紀に入ると、8時間労働はより多くの人々にとって現実のものとなりました。第一次世界大戦の終わりには、ヨーロッパ各地でさまざまな範囲の8時間労働法が制定されました。

  • In the meantime, the social situation was explosive, and labor unrest widespread.

    一方、社会情勢は爆発的に悪化し、労働不安が蔓延していました。

  • "Unrest so great that the peace and harmony of the world are imperiled."

    「世界の平和と調和が損なわれるほど大きな不安」です。

  • To face this challenge, the International Labor Organization was created in 1919 as part of the Treaty of Versailles.

    そのため、1919年、ベルサイユ条約によって国際労働機関が設立されました。

  • The peace treaty included the declaration that "the adoption of an 8-hours day or a 48-hours week as the standard to be aimed at" was of "special and urgent importance".

    平和条約には、「目指すべき基準として1日8時間または1週48時間を採用することが特別かつ緊急に重要である」と宣言されました。

  • This urgent call was soon met at the first session of the International Labor Conference in Washington in 1919, with the adoption of convention 001.

    この緊急の要請に応えたのが、1919年にワシントンで開かれた国際労働会議の第1回会合で、第001号条約が採択されてすぐに満たされました。

  • A landmark for workers' rights, the convention has had far-reaching impact on normalizing the 8-hour workday, and has been an enduring pillar of modern working life.

    この条約は、労働者の権利のための画期的なものであり、8時間労働の正常化に大きな影響を与え、現代の労働生活の不朽の柱となっています。

On the 28th of November 1919 in Washington, the first international labor standard of the ILO was adopted.

1919年11月28日、ILOの第1回国際労働総会がワシントンで開催されました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語

メーデーに見たい!1日8時間労働がどうやって定着したのか?

  • 526 34
    Elise Chuang に公開 2022 年 04 月 30 日
動画の中の単語