Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Triple? Truffle? Shuffle? Trouble. Let’s leave the Elizabethan wordplay out of it for

    トリプル?トリュフ?シャッフル?トラブルエリザベス朝の言葉遊びは置いといて

  • a moment and take a look at a Sonic game, a bit closer to that heyday of Sonic 3, that

    ソニック3の全盛期に近いソニックのゲームを見てみましょう。

  • managed to push the Game Gear to the breaking point. Put aside the fact that we actually

    ゲームギアを限界まで追い込むことに成功しました。それはさておき、実際に

  • saw this game in the states a month before its Japanese release, which was unheard-of

    日本発売一ヶ月前にアメリカでこのゲームを見たのは前代未聞でした。

  • in ‘94. Disregard the strange history of developer Aspect Digital Entertainment, a

    を'94年に発表した。開発者であるアスペクト・デジタル・エンターテイメントの奇妙な歴史を無視して

  • company primarily concerned with making Sonic games for the 8-bit systems (Master System

    マスターシステム

  • and Game Gear) well into the ‘90s, as well as porting Fatal Fury to the Genesis a couple

    やゲームギア)を90年代にも移植し、Fatal Furyをジェネシスに移植しています。

  • times, producing various Disney and Coca-Cola-flavored licensed games for the Game Gear, and creating

    ゲームギア用にディズニーやコカ・コーラ味のライセンスゲームを制作したり、ゲーム機を制作したりしていました。

  • a Wonderswan version of Makai Toushi SaGa, AKA The Final Fantasy Legend. Forget all that.

    a Wonderswan版マカイトウシ・サガ、別名ファイナルファンタジーレジェンド。そんなことは忘れて

  • Here’s the important part: This is a Sonic game, on admittedly constrained and unwieldy

    ここからが重要なところです。これは、明らかに制約の多い、扱いにくいソニックのゲームです。

  • hardware, that manages to be exactly what a Sonic game should be. Just fast enough,

    ハードウェア、それはまさにソニックゲームのあるべき姿であることを管理しています。十分な速さで。

  • just complex enough, and able to riff on the very mechanics that typified the series.

    充分に複雑で、シリーズの特徴であるメカニックをうまく使いこなすことができました。

  • No 3D, no fighters, no racing, none of that. This is just original Sonic the Hedgehog (or

    3Dも戦闘機もレースも何もない。これはただのオリジナルソニック・ザ・ヘッジホッグ(または

  • Tails if you so choose) platforming, with all the innovations up through Sonic 3 (and

    あなたがそう選択した場合はテイルズ)プラットフォーミング、ソニック3(と

  • this title’s direct predecessor, Sonic Chaos) intact. There are rocket shoes. There are

    本作の直接の前身である「ソニックカオス」をそのままに。ロケットシューズがありますロケットシューズがある

  • spring power-ups, where youre effectively just riding a huge bouncy platform. There’s

    事実上巨大な跳ね返り台に乗っているだけのバネのパワーアップですそこには

  • huge levels, rivalling what the Genesis had to offer, despite this being a Game Gear title.

    ゲームギアのタイトルであるにもかかわらず、ジェネシスが提供していたものに匹敵する巨大なレベル。

  • Hit a Chaos Emerald box, and if youve got 50 rings, a warp appears to take you to another

    カオスエメラルドの箱を押すと、50個の指輪を持っていると、ワープして別の場所に行くことができます。

  • huge platforming section, where you can wrest one of said gems away from series newcomer

    巨大なプラットフォームセクションでは、シリーズの新人から宝石の1つを奪うことができます。

  • NackFang the Sniperweasel. (Once Sega settles on a name, so will I.) But best of all: There’s

    スナイパーイタチのNackFang。セガが名前を決めたら私もそうします) しかし何よりも良いのはそこには

  • one button. One lonely button, because that’s all you need for a Sonic game. This is exactly

    一つのボタン。寂しいボタン1つ、ソニックゲームに必要なのはそれだけだから。これはまさに

  • the gameplay that made people like the series in the first place, and what would survive

    そもそもシリーズを好きになったゲーム性、生き残るもの

  • only in the fantastic Sonic Advance series for the GBA. Case in point: The end of Sunset

    GBAのための素晴らしいソニックアドバンスシリーズでのみ。ケース・イン・ポイント。サンセットの終わり

  • Park zone 2. You hit the sign, as youve done a bajillion times before... but then

    パークゾーン2今まで何度も何度もやっていたように看板にぶつかったが...

  • you just keep running. No score-tallying screen, no explanation; the game just starts scrolling

    走り続けるだけです。スコア集計画面も説明もなく、ただスクロールしていくだけのゲーム

  • and youve gotta keep up, and dodge pits, and knock down weird spike-ball-carrying bat

    ピットをかわして、スパイクボールを持った変なバットを叩きのめす

  • things. Then you catch up to the engine, realize youre at the front of the train, and that

    のことに気づく。そして、エンジンに追いつき、自分が列車の先頭にいることに気づく。

  • youve already transitioned into Act 3: the boss fight. That’s a well-designed transition.

    第3幕のボス戦に移行していますねうまく設計された移行だな

  • I’m completely willing to stomach some slightly less-than-responsive controls for a game with

    のゲームのために、少し反応の悪いコントロールを我慢してもいいと思っています。

  • that kind of confidence.

    そういう自信がある。

  • If you don’t feel like buying a Game Gear and eleven thousand batteries, youve got

    ゲームギアと1万1000本のバッテリーを買う気にならない人は

  • two options for playing Triple Trouble today: Either on Sonic Gems Collection on the GameCube,

    トリプルトラブルをプレイするための2つの選択肢があります。ゲームキューブのソニックジェムズコレクションのどちらか。

  • or on the 3DS Virtual Console. I’d lean toward the latter, as the GameCube version

    もしくは3DSのバーチャルコンソールゲームキューブ版の方がいいな

  • might happen to have a problem with this boss right here. I remembered him as taking about

    このボスに問題があるかもしれない彼のことを覚えています

  • a dozen hits to enter raining-fiery-death-mode, but today I spent the better part of five

    雨が降ってきて死ぬモードに入るのに12回もヒットしたが、今日は5回分の時間を費やした。

  • minutes just mangling him and getting nowhere whatsoever. Still. If you must blow up Game

    数分後には、彼を混乱させただけで 何も手に入らなかったそれでもゲームを爆破しなければならないなら

  • Gear games onto your big olplasma telemabob, Sonic Triple Trouble is among your best choices.

    あなたの大きい ol' プラズマ telemabob にゲームをギアし、ソニック トリプル トラブルはあなたの最高の選択肢の中にあります。

Triple? Truffle? Shuffle? Trouble. Let’s leave the Elizabethan wordplay out of it for

トリプル?トリュフ?シャッフル?トラブルエリザベス朝の言葉遊びは置いといて

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ソニック ゲーム トリプル シリーズ トラブル シューズ

CGRundertow SONIC TRIPLE TROUBLE for セガゲームギア ビデオゲームレビュー

  • 20 1
    阿多賓 に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語