Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The global road network is one of the largest systems ever built by man.

    世界の道路網は、人類がこれまでに構築した最大のシステムの一つです。

  • In the United States alone, the total length of roadway exceeds 6.6 million kilometers, enough to circle the Earth 165 times.

    アメリカだけでも道路の総延長は660万kmを超えて、地球を165周するのに十分な長さです。

  • While relatively simple to build as compared to other structures like skyscrapers or dams,

    高層ビルやダムなど他の構造物に比べれば、比較的簡単に建設することができます。

  • the sheer scale of the global network makes road construction one of the largest sources of material consumption on our planet.

    道路建設は、世界規模のネットワークであるため、地球上で最も多くの資材を消費する場所のひとつとなっています。

  • While road types can vary greatly depending on their use, location and construction method,

    道路の種類は、用途や場所、工法によって大きく異なります。

  • the majority are formed from crushed rock, sand and asphalt in a process that releases volatile organic compounds (VOCs) into the atmosphere.

    その多くは、岩石や砂、アスファルトを砕いて作られました。その過程で揮発性有機化合物(VOC)を大気中に放出しています。

  • In order to curb the environmental impact of road construction, a number of new innovations are now being trialed.

    道路建設による環境負荷を抑制するために、今、さまざまな新しい試みが行われています。

  • Replacing some of the finite resources used in road construction with one of humanity’s most notorious waste products, all whilst extending the life of the roadway itself, makes a lot of sense.

    道路建設に使われる有限な資源の一部を、人類が最も苦手とする廃棄物で代替しました。しかも道路自体の寿命を延ばすことは、非常に理にかなっているのです。

  • In India, the process of melting plastic to fill in potholes has been happening on a small scale for a number of years.

    インドでは、プラスチックを溶かして穴埋めする作業が数年前から小規模に行われています。

  • British engineer, Toby McCartney, recognized the benefit of using plastic in roads while travelling the country,

    イギリスのエンジニア、トビー・マッカートニーは、国内を旅しているうちに、道路にプラスチックを使用することの利点に気づきました。

  • and developed a method of turning plastic bottles into small pellets that could be added to an asphalt mix to increase its bulk.

    ペットボトルを小さなペレットにしてアスファルトの混合物に加えて、かさを増す方法を開発しました。

  • McCartney’s solution has created roadways that are 60% stronger and last 10 times longer than those built with conventional methods.

    マッカートニーのソリューションにより、従来の工法に比べて60%の強度を持って、10倍長持ちする道路が誕生しました。

  • The UK county of Cumbria quickly noticed the benefits of this innovation and have adopted the process for new public roads in the region.

    英国カンブリア州では、この技術革新のメリットにいち早く着目して、地域の新しい公道にこのプロセスを採用しました。

  • Using 3 to 10 kilograms of waste plastic per ton of asphalt, and with roughly 10 tons of asphalt used in every kilometer of roadway construction,

    アスファルト1トンあたり3〜10kgの廃プラスチックを使用して、道路建設1kmあたりおよそ10トンのアスファルトを使用します。

  • this process has the potential to lock-up a considerable amount of waste material that could otherwise end-up in landfill or our oceans.

    このプロセスにより、これまで埋立地や海域に捨てられていた大量の廃棄物を固定化できる可能性があります。

  • Taking things a step further, Dutch company KWS, together with Wavin and Total, have developed PlasticRoad: a prefabricated, modular roadway made from recycled plastic.

    オランダの KWS 社は、Wavin 社、Total 社と共同で、再生プラスチックでできたプレハブ式のモジュール式道路「PlasticRoad」を開発しました。

  • The product’s anticipated lifespan is three times longer than that of a normal road build-up.

    製品の想定寿命は、通常の路面積み重ねの3倍です。

  • It’s also four times lighter and can be constructed 70% faster than a traditional asphalt roadway.

    また、従来のアスファルト道路に比べると、4倍軽くて、70%のスピードで施工することが可能です。

  • PlasticRoad’s hollow design allows service pipes and cables to be fed through its road deck without the need for extensive digging.

    プラスチックロードは中空構造になっているため、配管やケーブルを道路デッキに通すことができて、大がかりな掘削は必要ありません。

  • Some of the space can also be used to store excess water during storms.

    また、一部のスペースは、暴風雨時の余剰水の貯留に利用することができます。

  • With a number of trial projects now planned, including this bike path in the Netherlands, which opened in September 2018,

    2018年9月に開通したオランダのこの自転車道をはじめ、現在、多くのトライアルプロジェクトが計画されています。

  • you could see prefabricated plastic roads on a street near you in the not too distant future.

    遠くない未来に、プラスチック製のプレハブ道路が身近にあるかもしれません。

  • Incorporating solar panels directly into the road network has the potential to turn an otherwise static piece of infrastructure into a major source of renewable energy production.

    道路網に直接ソーラーパネルを設置することで、従来は固定されていたインフラを再生可能エネルギーの主要な生産源に変える可能性があります。

  • Companies such as Solar Roadways in the United States, Wattway in France, and SolaRoad in the Netherlands

    米国の Solar Roadways、フランスの Wattway、そしてオランダの SolaRoad などの企業は、

  • have all developed prototype systems that are durable enough to withstand traffic loads and the elements.

    いずれも交通負荷や風雨に耐える耐久性のあるシステムを試作しています。

  • While the concept may sound advantageous, critics have raised a number of concerns around this new type of roadway,

    このコンセプトは、一見すると有利に聞こえるかもしれません。しかしこの新しいタイプの道路をめぐっては、評論家たちからさまざまな懸念が出されています。

  • including the safety of vehicles driving over the toughened glass or silica that is required to protect the photovoltaic elements,

    太陽電池素子を保護するために必要な強化ガラスやシリカの上を走る車の安全性と、

  • and how effective horizontal solar panels can be as compared to those positioned diagonally on roofs.

    屋根に斜めに設置するソーラーパネルと比較して、水平に設置するソーラーパネルがいかに効果的であるかということです。

  • Several pilot schemes are now underway, seeking to overcome these challenges.

    現在、これらの課題を克服するために、いくつかのパイロット計画が進行中です。

  • With a drive to reduce pollution, recycle plastic and construct a more sustainable built environment,

    公害を減らして、プラスチックをリサイクルして、より持続可能な建築環境を構築することを目的としています。

  • innovative solutions like these could make a significant difference when applied to something as vast as the global road network.

    このような革新的なソリューションは、世界の道路網のような広大なものに適用すれば、大きな違いをもたらすでしょう。

  • If you enjoyed this video and would like to get more from the definitive video channel for construction, subscribe to The B1M.

    この動画を楽しんでいただいて、建設関連の動画をもっと見たい方なら、ぜひ The B1M を登録してください。

The global road network is one of the largest systems ever built by man.

世界の道路網は、人類がこれまでに構築した最大のシステムの一つです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

A1 初級 日本語 道路 プラスチック 建設 ソーラー パネル オランダ

地球に優しい!廃棄物から作る未来の道路の姿とは

  • 5859 258
    Jeff Chiao に公開 2022 年 03 月 14 日
動画の中の単語