Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Every day, this power plant in eastern Turkey chews up thousands of tires, then burns them to generate electricity for 30,000 homes.

    トルコ東部にあるこの発電所では、毎日何千本ものタイヤを噛み砕き、それを燃やして3万世帯分の電気を作っています。

  • Turning tires to energy is one way to deal with the billions of tires that usually end up in landfills around the world.

    タイヤをエネルギーに変えることは、通常、世界中で埋め立てられる数十億個のタイヤを処理する方法の一つです。

  • And it's become more popular in the last decadeindustrial-scale plants popping up in China, the United States, and Canada.

    この10年の間、中国、アメリカ、カナダで工業規模の工場が建設され、普及が進んでいます。

  • The process is especially valuable in Turkey, which imports most of its oil and gas, and it contributes at least $8 million a year to Turkey's economy, according to ERA Environmental Technologies.

    ERA Environmental Technologies 社によると、このプロセスは、石油とガスのほとんどを輸入しているトルコでは特に価値が高く、トルコの経済に少なくとも年間800万ドル貢献しているとのことです。

  • (Turkish) It simply looks like a tire, but is a rich resource.

    (トルコ語)単にタイヤのように見えますが、実は豊富な資源ですよ。

  • Automakers produced three billion tires worldwide last year.

    自動車メーカーは昨年、全世界で30億本のタイヤを生産しました。

  • The key ingredient in most of those tires is synthetic rubber made from petroleum.

    そのタイヤの多くは、石油を原料とする合成ゴムが主成分です。

  • Basically, tires are poisonous for the environment.

    基本的に、タイヤは環境にとって毒なのです。

  • Pollution from car tires washes into waterways in the Pacific Northwest, and scientists say it's killing salmon populations.

    太平洋岸北西部の水路に流れ込む自動車のタイヤによる汚染は、サケの個体数を減少させていると科学者は指摘しています。

  • And down the line, they eventually release chemicals into groundwater and air if they are left to break down in landfills.

    そして、埋立地で分解されたまま放置されると、やがて地下水や大気中に化学物質が放出されることになります。

  • So what can we do with them?

    そうだったら、それらを使って何ができるのでしょうか。

  • I'm strongly in favor of anything but just landfilling them. That makes no sense whatsoever.

    ただ埋立処分すること以外には強く賛成です。それは全く意味がないですから。

  • But what you wanna do is, as responsibly as possible, get the most value out of this.

    しかし、やりたいことは、できる限り責任を持って、この価値を最大限に引き出すことでしょう。

  • Tires can be burned to create energy, but experts say they can also be highly toxic.

    タイヤは燃やしてエネルギーを生み出すことができますが、専門家によると、タイヤは強い毒性を持つこともあるそうです。

  • What I think is happening is it's all the other stuff that's put into the tire in addition to the petroleum, like the sulfur.

    私が思うに、タイヤに含まれる石油以外の物質、例えば硫黄などが原因だと思います。

  • It's when you burn that that you start to get this increase in toxicity.

    それを燃やすと、毒性が強くなるんです。

  • That's where the problem isnot the petroleum, per se. It's all the other junk that's incorporated in the petroleum to make it into a tire.

    問題はそこなんです、石油そのものではありません。タイヤにするために、石油に混じっている他のすべてのゴミが問題なのです。

  • So what about finding new uses for old tires?

    では、古いタイヤの新しい使い道を探すのはどうでしょう。

  • They can be used to produce cement, or ground into crumbs and shaped into mats, like the ones used in playgrounds.

    接合剤の原料になったり、パン粉に砕いて運動場のマットのような形にしたりすることができます。

  • In India, one startup company turns tires into fashionable sandals.

    インドでは、あるスタートアップ企業がタイヤをおしゃれなサンダルに変身させています。

  • Still, energy's becoming the main destination for the thousands upon thousands of tires we throw away yearly.

    しかし、毎年何千何万本も捨てられているタイヤの主な行き先は、エネルギーになりつつあるのです。

  • The tire-fueled power plant in Turkey recycles 20,000 tons every year.

    トルコのタイヤ燃料発電所では、毎年2万トンを再利用しています。

  • (Turkish) We both contribute to the country's economy by generating electricity, and we also eliminate the environmental damage of the tire, one of the world's most dangerous wastes.

    (トルコ語)発電による国の経済への貢献と、世界で最も危険な廃棄物の一つであるタイヤの環境負荷の解消を両立しています。

  • First, machines use magnets to separate the thin metal wires from inside the tires.

    まず、機械が磁石を使って、タイヤの中から細い金属線を切り離します。

  • The rubber that's left is heated to produce something called pyrolytic oil.

    残ったゴムを加熱して、熱分解油というものを作ります。

  • The oil can then be burned to generate electricity.

    その石油を燃やして発電することができるのです。

  • It's still not the most environmentally friendly process overall.

    やはり全体的に環境に優しいプロセスとは言えませんね。

  • But it does mean that these hunks of rubber, coated in fuel and fueled with byproducts, that could have sat in landfills releasing harmful chemicals for decades,

    しかし、燃料でコーティングされ、副産物で燃料化されたこれらのゴムの塊は、有害な化学物質を放出しながら何十年も埋立地に放置されていたかもしれないことを意味するのです。

  • are instead powering Turkish homes and contributing to the economy.

    それはトルコの家庭の電力をまかない、経済にも貢献しているのです。

  • It's really great material. I mean, after all, a little bit of it's lost by erosion on the surface of the tire.

    本当に素晴らしい素材です。結局、タイヤの表面で侵食されて少しずつ失われていくんですけどね。

  • And at some point, there isn't enough tread to use it before, but most of the tire is still there.

    そして時々、それまで使っていたトレッドが足りなくなり、でもタイヤの大部分は残っています。

  • So let's use all of that technology that created such a great material in the first place. Let's use it again.

    だから、最初にあんなに素晴らしい素材を生み出した技術を全部使いましょう。もう一度その技術を使いましょう。

Every day, this power plant in eastern Turkey chews up thousands of tires, then burns them to generate electricity for 30,000 homes.

トルコ東部にあるこの発電所では、毎日何千本ものタイヤを噛み砕き、それを燃やして3万世帯分の電気を作っています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

A1 初級 日本語 タイヤ トルコ 石油 発電 燃やし ゴム

【エコ技術】いらなくなったタイヤが電気に変わる?!

  • 5475 238
    Jeff Chiao に公開 2022 年 02 月 26 日
動画の中の単語