Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What if morality is just a fiction  

    道徳がフィクションだとしたら

  • used by the herd of inferior human  beings to hold back the few superior men?

    劣った人間の群れが、少数の優れた人間を抑えるために使われるのか?

  • In this Sprouts special with  Stephen Hicks, we examine  

    スティーブン・ヒックスのスプラウト特集では、次のようなことを検証します。

  • Nietzsche's explanation for how ethics develop  

    ニーチェは倫理がどのように発展するかを説明しています。

  • and the consequences for master types living inworld that's dominated by the morality of a slave.

    と、奴隷の倫理観に支配された世界に生きるマスタータイプの結末を描いています。

  • PART 3 “MASTER-SLAVE MORALITY and  the origin of the bad conscience

    第3部「MASTER-SLAVE MORALITYと良心の呵責の起源

  • Nietzsche argued that there are two  explanations for how morality develops.

    ニーチェは、道徳が発達する過程には2つの説明があると主張しました。

  • Part of the story is bio-psychological —  in terms of what morality resonates with  

    この物語の一部は、生物心理学的に、どのような道徳観に共鳴するかという点で

  • what psychological type of person one is. The  other part of the story is cultural, because  

    人はどのような心理的タイプの人間なのか。もう一つの部分は文化的なもので、なぜなら

  • different moral codes develop under different  survival circumstances, and so Nietzsche searches  

    異なった道徳規範は異なった生存状況の下で発達するものであり、ニーチェはそれを検索した。

  • history for the survival circumstances that  necessitated the development of slave morality

    奴隷道徳を発達させなければならない生存状況の歴史を

  • In the West, Nietzsche finds the slave  morality's roots in the Judeo-Christian  

    西洋では、ニーチェは、奴隷道徳のルーツをユダヤ・キリスト教の

  • traditionIn a decisive set of events  that occurred early in Jewish historythe  

    伝統-ユダヤ人の歴史の初期に起こった決定的な出来事、すなわち

  • enslavement of the jews in Egypt. The  significant result of the Jews' being enslaved 

    エジプトでのユダヤ人の奴隷化ユダヤ人が奴隷にされたという重大な結果は

  • for a long time was the development  and internalization of a moral code  

    は、長い間、道徳的な規範の開発とその内面化でした。

  • suitable for surviving slavery.

    奴隷として生きていくのに適した

  • Suppose that you are a slave: how do you  survive? And if you have children who are  

    仮にあなたが奴隷だったとしたら、どうやって生きていくのか?また、もしあなたに子供がいて、その子供が

  • born into slavery, what survival strategies will  you teach them? In order to survive, a slave must  

    奴隷として生まれた彼らに、どのような生存戦略を教えるのでしょうか?生き延びるために、奴隷は

  • obey the master. This does not come naturally. So  the first lesson is: you must stifle your nature.

    マスターに従うこと。これは自然なことではありません。だから、最初のレッスンは、「自分の自然を押し殺さなければならない」ということです。

  • Suppose the master strikes youthe desire  

    師匠に打たれたとすると、欲望が

  • for revenge comes naturally  — but you have to stifle it.

    復讐心は自然に生まれるものですが、それを抑えなければなりません。

  • Suppose the master tells you  to waitbeing inactive does  

    マスターから「待て」と言われたとしますが、非アクティブでは

  • not come naturallybut you must  suppress your desire for activity.

    自然にできることではありませんが、活動したいという気持ちを抑えなければなりません。

  • Suppose the master tells you  to do something you do not  

    師匠から指示があったとします。

  • want to doyou must override your  desire to do what you want and obey.

    をしたい-という気持ちを上書きして従わなければなりません。

  • Generalizing, you must train yourself to restrain  your natural impulses and to internalize a humble,  

    一般化すると、自分の自然な衝動を抑制し、謙虚さを内包するように訓練しなければならない。

  • patient, obedient self. You know you must do  this because slaves who do not end up dead.

    忍耐強く、従順な自分。そうしなければならないことはわかっていますが、そうしない奴隷は死んでしまうからです。

  • Consequently, Nietzsche asserts, slave virtues  have survival value: obedience, humility,  

    その結果、ニーチェは奴隷の美徳には生存価値があると主張します。

  • forgiveness, and patience are good for slavesAnd those are the traits slaves will drill into  

    許すこと、我慢することは奴隷にとって良いことです。 そしてそれらは、奴隷がドリルで叩き込む特性です

  • Their children if they want them to survive. Over  time, the slave virtues become cultural values.

    彼らの子供たちが生き延びるためには時が経つにつれ、奴隷の美徳は文化的価値になっていく。

  • In every generation many people are sheep-like  and do not especially mind being slaves.  

    いつの時代も、多くの人は羊のように、奴隷であることを特に気にしません。

  • But others resent it, and here the  story Nietzsche tells becomes darker.

    しかし、それに反発する人もいて、ニーチェの語る物語はここで暗くなっていく。

  • In order to survive they must direct  their natural strength and assertiveness  

    生き残るためには、持ち前の強さと自己主張の強さを発揮しなければなりません。

  • against the expression of their  own strength and assertiveness.  

    自分の強さや主張を表現することに対して

  • This naturally leads them to resent the  master stronglybut they also start to hate  

    当然、主人を強く恨むようになりますが、同時に憎しみも出てきます。

  • themselves for doing what the master says and  for their own role in suppressing themselves.

    マスターの言うとおりにしていた自分と、自分を抑圧していた自分の役割について。

  • Psychologically, hating oneself causes unbearable  pressure inside: because the outward discharge of  

    心理学的には、自分を嫌いになることで、心の中に耐え難い圧力がかかります。

  • the instinct gets inhibited and turns backward  against man himself. Hostility, cruelty,  

    本能が抑制され、人間そのものに逆らうようになる。敵意、残酷さ。

  • joy in destructionall this turned  against the possessors of such instincts:  

    このような本能の持ち主には、破壊の喜び、これらすべてが敵対する。

  • that is the origin of the 'bad conscience'

    それが「良心の呵責」の原点です。

  • Hatred of the strong, self-hatredand revenge fantasies to ease the pain  

    強者への憎悪、自己嫌悪、苦痛を和らげるための復讐の妄想

  • become the lived psychological reality  of such slaves. Make this psychological  

    は、そのような奴隷の生きた心理的現実となります。この心理的なものを作る

  • reality a matter of months and years, and  the results will be ugly and poisonous.

    現実には数ヶ月、数年の問題で、結果は醜く、毒になるだろう。

  • More provocatively, Nietzsche argues that such  slave individuals who feel the internal war most  

    さらに挑発的に言えば、ニーチェはそのような奴隷のような人間が、内的な戦争を最も感じていると主張している。

  • strongly become the social leaders of the slaves  — that is to say, they become their priests.  

    は、奴隷の社会的指導者、つまり彼らの聖職者になるのです。

  • It is because of their impotence that in  them hatred grows to monstrous proportions.

    「彼らが無力であるがゆえに、彼らの中では憎しみが怪物のような大きさになるのです。

  • In their leadership role, it is the priests  who most strongly advocate meekness, humility,  

    リーダーとしての役割を担う司祭は、柔和さ、謙虚さを最も強く主張します。

  • and obedienceand who condemn the  aggressive strength and pride of the masters.  

    そして、マスターの攻撃的な強さとプライドを非難します。

  • The priests are not in a position to  use physical power against the masters.  

    僧侶たちは、マスターに対して物理的な力を使える立場にはありません。

  • Instead the priests develop and use  morality as their weapon of confrontation.

    その代わりに、神父たちは道徳を発展させ、対立の武器とします。

  • In the Judeo-Christian tradition, slave  morality becomes part of a revenge strategy. Its 

    ユダヤ・キリスト教の伝統では、奴隷道徳は復讐戦略の一部となります。その

  • point is to enable the weaker  to survive in a harsh worldbut  

    弱い人たちが厳しい世界で生きていけるようにするのがポイントですが

  • also to undermine the master type's  confidence in themselves and eventually 

    また、マスタータイプの自分に対する自信を失わせ、最終的には

  • bring down the masters so as  to exact a spiritual revenge.

    マスターを倒して、精神的な復讐をするために。

  • So: Strength, aggression, weakness,  

    だから強さ、攻撃性、弱さ。

  • resentment. Is morality really about  us getting along together in the world

    憤りを感じます。道徳とは、本当に世の中で仲良くするためのものなのでしょうか?

  • Or is it really a tool of power, a survival  strategy, and a way for the losers to strike  

    それとも、本当は権力の道具であり、生存戦略であり、敗者の打開策なのか。

  • back against the successful? Those are the  hard questions Nietzsche makes us live with.

    成功者への反発?それは、ニーチェが私たちに突きつけた難問である。

  • THE END

    THE END

  • What are your thoughts on moralityDo you agree with Nietzsche

    道徳についてはどのようにお考えですか? ニーチェに賛成ですか?

  • For more information, to reach Stephen  Hicks's full account of the German philosopher  

    詳しくは、スティーブン・ヒックスのドイツの哲学者についての詳しい説明をご覧ください。

  • or to download this video without background  music, check the descriptions below.

    また、BGMなしの動画をダウンロードするには、以下の説明をご覧ください。

What if morality is just a fiction  

道徳がフィクションだとしたら

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 道徳 マスター ユダヤ 生存 心理 主張

Nietzscheマスターとスレイブ (Nietzsche: Master and Slaves)

  • 6 1
    Summer に公開 2021 年 12 月 28 日
動画の中の単語