Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The story of Starbucks began here at Seattle's historic Pike Place Market, where three friends opened a little specialty coffee store in 1971.

    スターバックスの歴史は、1971年にシアトルの歴史あるパイクプレイスマーケットで、3人の友人が小さなスペシャルティコーヒーショップを開いたことから始まりました。

  • They sold whole bean coffee from places like Colombia, Indonesia, and Ethiopia.

    彼らはコロンビア、インドネシア、エチオピアなどのホールビーンコーヒーを販売していました。

  • Coffee they roasted themselves and hand-scooped into paper bags.

    自分たちで焙煎して、手ですくって紙袋に入れたコーヒー。

  • To name the place, they look to the nearby waterfront for inspiration.

    名前をつけるにあたっては、近くのウォーターフロントを参考にしたそうです。

  • They chose the name Starbucks, evoking a character from the classic novel, "Moby Dick".

    彼らは名作小説「Moby Dick」の登場人物をイメージして、スターバックスという名前にしました。

  • For the logo, they chose a siren as alluring as the coffee itself.

    ロゴマークには、コーヒーのように魅力的なセイレーンを選びました。

  • 10 years later, a young New Yorker named Howard Schultz traveled to Seattle and walked down the market's cobblestone streets for the first time and into Starbucks.

    その10年後、若きニューヨーカー、ハワード・シュルツがシアトルを訪れ、市場の石畳の道を歩いて、初めてスターバックスに足を踏み入れました。

  • From that first sip of Sumatra, he became entranced with the coffee and the company and joined in 1982 as the Director of Operations and Marketing.

    一口目のスマトラコーヒーから、彼はコーヒーと会社に魅了され、1982年にオペレーション&マーケティングのディレクターとして入社しました。

  • Another year, and another cobblestone road, brought him to the streets of Milan, Italy.

    さらに1年後、また別の石畳の道を通って、彼はイタリアのミラノの街にやってきました。

  • It was there Howard noticed these casual, welcoming coffee houses everywhere.

    そこでハワードが気づいたのは、カジュアルで居心地のよいコーヒーハウスがどこにもある光景でした。

  • All who entered these cafes were greeted with the same warmth and enthusiasm, whether it was their first visit ever or their third that day.

    これらのカフェに入ったすべての人は、初めての訪問であろうと、その日の3回目の訪問であろうと、同じ暖かさと熱意で迎えられました。

  • The people holding cups of espresso and cappuccinofamily, friends, co-workers, even perfect strangers, seem to be so present, so connected.

    エスプレッソやカプチーノのカップを持っている人たちは、家族、友人、同僚、そして全くの他人でさえも、とても存在感があり、つながっているように見えたのです。

  • And all amid the joyful clatter of coffee grinders, steaming milk, and Italian opera.

    そして、コーヒーグラインダーの音や、ミルクをスチームする音、イタリアのオペラの音など、楽しい音が響いています。

  • Howard was exhilarated by his idea to bring Italy's cafe and espresso culture back home with him.

    ハワードは、イタリアのカフェやエスプレッソの文化を自国に持ち帰りたいというアイデアに胸を躍らせました。

  • He convinced Starbucks to open a test cafe in a single downtown store.

    彼はスターバックスを説得して、ダウンタウンの一店舗にテストカフェをオープンさせました。

  • And on a rainy morning in Seattle, Starbucks served its first cafe latte.

    そして、雨の降るシアトルの朝、スターバックスは初めてカフェラテを提供しました。

  • For the cup of good coffee, I just walk half a block north on Fourth Avenue to Starbucks.

    美味しいコーヒーを飲みたいなら、4番街を北に半ブロック歩いてスターバックスに行くだけです。

  • All those great caffeine-charged drinks with the Italian names; cafe latte, cafe macchiato, and mocha.

    カフェラテ、カフェマキアート、モカなど、イタリア語の名前がついたカフェイン入りの飲み物。

  • I love it.

    大好きです。

  • In 1987, Howard and a group of investors acquired Starbucks, merging Starbucks Coffee with the Il Giornale coffee houses Howard had started two years before.

    1987年、ハワードと投資家グループはスターバックスを買収し、スターバックス・コーヒーと、ハワードが2年前に始めたコーヒーハウス「イル・ジョルナーレ」を統合しました。

  • Starbucks opened its first stores outside the Puget sound in Chicago and Vancouver, Canada.

    スターバックスは、ピュージェット湾以外の地域では、シカゴとカナダのバンクーバーに最初の店舗をオープンしました。

  • A culture started to form; a culture that would serve as a foundation for the young company's values.

    文化が形成され始めました。 若い会社の価値観の基盤となる文化が。

  • Starbucks wrote its first mission statement, guided by a commitment to maintain its uncompromising principles as it grew.

    スターバックスは、成長しても妥協しない原則を維持するという決意のもと、最初のミッションステートメントを作成しました。

  • Starbucks also did something unheard of in the retail industry in those days, offering full health benefits to employees, even those working part time.

    また、スターバックスは当時の小売業界では珍しく、パートタイムで働く従業員にも健康保険を完備していました。

  • And then Starbucks made its employees partners, offering equity in the company through bean stock.

    そして、スターバックスは従業員をパートナーとして、豆株で会社に出資させたのです。

  • By the time Starbucks' initial public offering came around in 1992, Starbucks was really starting to take off.

    1992年にスターバックスが株式を公開した頃には、スターバックスは本格的に軌道に乗り始めていました。

  • Starbucks coffee was served on airlines, in airports, and the company was even making a splash on something called the World Wide Web.

    スターバックスのコーヒーは航空会社や空港で提供され、同社はワールドワイドウェブと呼ばれるものでさえ評判になっていました。

  • Soon, you could see the siren on storefronts in Los Angeles and New York.

    まもなく、ロサンゼルスやニューヨークの店頭でもこのセイレーンを目にすることができました。

  • We started to make the experience all our own, adding comfy chairs and playing jazz and blues.

    私たちは座り心地の良い椅子を置いたり、ジャズやブルースを流したりして、自分たちらしい体験を提供するようになりました。

  • Customers liked our music so much we began making our own CDs, beginning with the blue note blend.

    お客様は私たちの音楽をとても気に入ってくださり、ブルーノート・ブレンドをはじめとする自分たちのCDを作り始めたのです。

  • By our 25th anniversary in 1996, Starbucks was ready to expand beyond the US and Canada.

    創立25周年を迎えた1996年には、スターバックスはアメリカとカナダ以外にも進出する準備ができました。

  • To be honest, no one was sure how this would go.

    正直なところ、誰もがどうなるかわからない状態でした。

  • 2, 1!

    2、1!

  • Japan embraced Starbucks, and the company soon opened more stores in Asia-Pacific, before moving on to Europe.

    日本ではスターバックスが受け入れられ、スターバックスはすぐにアジア太平洋地域に店舗を増やし、その後、ヨーロッパにも進出しました。

  • Each day, somewhere in the world, we open three Starbucks stores.

    毎日、世界のどこかで3つのスターバックスの店舗がオープンしています。

  • Today, it's our turn.

    今日は私たちの番です。

  • China, the Middle East, Latin America, and the Caribbean.

    中国、中東、ラテンアメリカ、そしてカリブ地域。

  • Then you see their bewildering menu.

    そして、迷うほどのメニューを目にします。

  • You don't see the word "coffee" anywhere.

    どこにも「コーヒー」の文字はありません。

  • Starbucks continued to pop up in more pop culture as well, in movies, TV shows, and late-night comedy.

    スターバックスは、映画やテレビ番組、深夜のコメディなど、より多くのポップカルチャーに登場するようになりました。

  • Uh, the category: Top 10 Things You Don't Want to Hear from a Guy at Starbucks.

    えーと、カテゴリーは 「スターバックスで男性から聞きたくないことトップ10」

  • Starbucks was trying all kinds of new things.

    スターバックスは様々な新しいことに挑戦していました。

  • Some were hits, like frappuccino.

    フラペチーノのようなヒット商品もありました。

  • Good evening; welcome to Starbucks.

    こんばんは、スターバックスにようこそ。

  • I'll take your order when you're ready.

    あなたの準備ができ次第、ご注文を承ります。

  • And people flocked to our first drive-thru.

    そして、最初のドライブスルーには人々が集まってきました。

  • Other ideas?

    他のアイディアは?

  • Well, perhaps they were just ahead of their time.

    まあ、時代の先端を行っていたのかもしれません。

  • Starbucks tried to make the world a little bit better.

    スターバックスは、世界を少しでも良くしようとしました。

  • Starting the Cup Fund to help partners in crisis.

    危機に瀕したパートナーを支援する「カップ・ファンド」を開始。

  • Opening its first farmer support center.

    初のファーマーサポートセンターを開設。

  • Planting community gardens.

    コミュニティ・ガーデンの設置。

  • And reading to kids.

    そして、子供への読み聞かせ。

  • But by 2007, some cracks were starting to show.

    しかし、2007年には、いくつかの亀裂が生じ始めました。

  • Going from 1,000 to 13,000 stores, Starbucks was seemingly everywhere.

    1,000店舗から13,000店舗になり、スターバックスはどこにもあるような存在になりました。

  • But with growth came sacrifice, and customers felt the experience had become too sterile, cookie-cutter.

    しかし、成長には犠牲がつきもので、顧客はそこでの経験があまりにも不毛になり、大量生産的になったと感じていました。

  • Same-store sales declined for the first time in history.

    既存店売上高は史上初めて減少しました。

  • No company is immune from the impact of the recession, not even the one-time darling of Wall Street, Starbucks.

    不況の影響を受けない企業はありません。かつてウォール街で愛されたスターバックスも同様です。

  • It was clear: The company had to do something.

    この企業が何かをしなければならないというのは、明白でした。

  • And so, it did.

    そして、そうしたのです。

  • Starbucks Partners rededicated themselves to coffee, to their customers, and to each other.

    スターバックス・パートナーは、コーヒーに、顧客に、そしてお互いに再誓約しました。

  • Starbucks refocused on its core values and on reigniting people's passion for coffee and innovation.

    スターバックスは、自社のコア・バリューを再確認し、コーヒーとイノベーションに対する人々の情熱を再び呼び起こすことに注力しました。

  • The company's new mission became a guiding star: To inspire and nurture the human spiritone person, one cup, and one neighborhood at a time.

    会社の新しい使命は、指針となる星となりました。人間の精神を鼓舞し、育むこと。一度に1人、1カップ、1つのエリアで。

  • This mission gave partners a purpose and something to believe in when they needed it most.

    このミッションは、パートナーが最も必要としているときに、目的と信じるものを与えてくれました。

  • And they got to work rebuilding the company.

    そして、会社の再建に向けて動き出したのです。

  • Partners returned to their love affair with coffee, and thanked customers for their loyalty and reached out to them in new ways, always listening and learning.

    パートナーは、コーヒーへの愛着に立ち返り、お客さまのロイヤルティに感謝し、常に耳を傾け学びながら、新しい方法でお客さまに働きかけました。

  • And Starbucks made its stores a better reflection of the neighborhoods they served.

    また、スターバックスは、店舗をより地域に密着したものにしました。

  • As Howard would say, "Dream big, and then, Dream bigger."

    ハワードが言うように、「大きく夢を見て、それからさらに大きく夢を見る。」

  • We bought a farm we named Hacienda Alsacia, celebrating coffee in the places where coffee is grown, in stores, and in the hearts of partners and customers.

    私たちは、ハシエンダ・アルサシアと名付けた農園を購入し、コーヒーが栽培されている場所、店舗、そしてパートナーやお客様の心の中にあるコーヒーを讃え、お客様のいる場所でお客様と出会い、テクノロジーを使ってつながりを深めていきます。

  • Meeting customers where they are and using technology to help improve the connection.

  • In 2017, in the spot where it all began, Starbucks started a new chapter when Howard handed over his key to the Pike Place store to a new CEO, Kevin Johnson.

    2017年、すべてが始まった場所で、ハワード氏がパイクプレイス店の鍵を新CEOのケビン・ジョンソン氏に渡したことで、スターバックスは新しい章をスタートさせました。

  • The 1912 key is a symbol, but this key is also the key to our future.

    1912年のキーはシンボルですが、このキーは私たちの未来へのキーでもあります。

  • Each day, we dedicate ourselves to living our values, creating a culture of inclusion and warmth where everyone is welcome.

    私たちは日々、私たちの価値観を実践し、誰もが歓迎される包容力と温かみのある文化を創造することに専念しています。

  • How to act with boldness and courage to challenge the status quo.

    現状を打破するために、大胆に、勇気を持って行動する方法。

  • For the past 50 years, the Starbucks mission and values have been not only an anchor for this journey, but the wind in our sails.

    この50年間、スターバックスのミッションと価値は、この旅のアンカーであると同時に、私たちの帆に吹く風でもありました。

  • Who we were in the beginning is who we are today.

    最初の頃の私たちが、今の私たちなのです。

The story of Starbucks began here at Seattle's historic Pike Place Market, where three friends opened a little specialty coffee store in 1971.

スターバックスの歴史は、1971年にシアトルの歴史あるパイクプレイスマーケットで、3人の友人が小さなスペシャルティコーヒーショップを開いたことから始まりました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語

創業50周年!スターバックスコーヒー50年の歴史を振り返ろう

  • 459 32
    林宜悉 に公開 2021 年 12 月 18 日
動画の中の単語