Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hey guys! I just learned about a dog named Chaser.

    やあ、みなさん!私はチェイサーという名前の犬のことを知ったところです。

  • Chaser is a border collie who has a vocabulary of more than 1,000 words, that's like the same as a 4-year-old child.

    チェイサーはボーダーコリーで、1,000語以上の語彙を理解できます。それは、4歳の子供と同じ程度です。

  • But what makes Chaser even more special, is that he can even separate nouns from verbs.

    しかし、チェイサーをさらに特別にしているのは、彼が名詞と動詞を分けることもできることなんです。

  • Take lips. Take lips. Do it girl, do it! Good girl, good girl.

    唇を取って。唇だよ。やってごらん!いい子、いい子。

  • Paw lamb. Paw lamb, paw lamb, Chaser. Good girl, good girl!

    ラムを触って。ラムだよ、チェイサー。いい子、いい子!

  • Nose ABC, nose ABC. Good girl, good girl!

    ABCを鼻で触って。ABCだ。いい子、いい子!

  • This is Oliver. Oliver, you think you're smarter than Chaser? What do you say? What do you say?

    こちらはオリバーです。オリバー、自分がチェイサーより賢いと思うかい?どう思う?どう思う?

  • Yeah, let's go find out. Come on!

    うん、確認してみよう。おいで!

  • Get your ball. Where's your ball?

    ボールを取って。ボールはどこかな?

  • Get your bone. Where's your bone? Nope, that's your ball.

    骨を取って。骨はどこ?いや、それはボールだ。

  • Where's your bone? Bone. Bone. Nope.

    骨はどこかな?骨だ。骨。違う。

  • Find your bone? Where's your bone?

    骨を探して。骨はどこかな?

  • Okay, so maybe Oliver's not that good at this particular test, but the fact that we even try to communicate with dogs, and that they communicate back with us,

    まあ、オリバーはこのテストが 得意じゃないかもしれないけど、私たちが犬とコミュニケーションを取ろうとすること、そして犬が私たちにコミュニケーションを返してくれることは、

  • means that the human-dog relationship is truly something special.

    人間と犬の関係が本当に特別なものであることを意味しています。

  • Who's the best boy? Who's the best boy?

    誰が一番いい子かな?誰かな?

  • I… have been known to talk to dogs a little.

    僕は犬と少し話す人だって知られてるんだ。

  • Who's the good boy? Who's the good boy?

    誰がいい子かな?誰かな?

  • Or... a lot.

    もしくは、かなりね。

  • Who is the smartest doggy in the world?

    世界で一番賢いワンコは誰かな?

  • It's hard to know if they're responding to the words, or just the emotion in my voice, or the fact that I sound ridiculous.

    彼らが言葉に反応しているのか、それとも声に含まれる感情だけに反応しているのか、それとも私がバカみたいに聞こえるのからなのかを知るのは難しいです。

  • Well, one recent study suggests it's both...or all three.

    最近の研究では、その両方であることが示唆されています。あるいは3つのすべてね。

  • Researchers at the University of Sussex played sounds out of speakers on both sides of a dog.

    サセックス大学の研究者たちは、犬の両脇に置いたスピーカーから音を鳴らしました。

  • When dogs heard commands stripped of their emotional context, they turned their head to the right, suggesting they process verbal meaning in their left hemisphere.

    犬は、感情的な文脈が取り除かれた命令を聞いたとき、頭を右に向けました。これは、犬が言葉の意味を左半分で処理していることを示唆しています。

  • And when they heard the emotional sounds in the voice, but the words were jumbled, they turned to the left, suggesting they process emotional sounds on the right.

    そして、音声に含まれる感情の音が聞こえるものの、単語がごちゃごちゃしている場合、左を向きました。つまり、感情音を右で処理していることが示唆されました。

  • These experiments show that dogs can definitely separate the meaning of words from the emotions attached.

    これらの実験から、犬は言葉の意味とそれに付随する感情を、確実に分けて考えることができるのだとわかりました。

  • But how much information do they take from each?

    しかし、それぞれからどれだけの情報を得ているのでしょうか?

  • When I ask my dogs "Do you want to go for a walk?" they aren't processing the real meaning of that sentence the way we do, like

    私が犬に「散歩に行きたいか」と聞いたとき、彼らはその文の本当の意味を私たちのように処理していません。

  • Hmm, let me see, do I want to go for a walk right now? Get some exercise? Maybe I'm not feeling it today.

    「うーん、そうだなあ。今すぐ散歩に行きたいかなあ?何か運動したいかな?今日はそんな気分じゃないかも。」

  • But I'm a dog, what does it even mean to want something?

    「でも、僕は犬だし。そもそも「したい」ってどういうことだろ?」なんていう風には。

  • As good as dogs are with words, in many of our interactions there's probably a good amount of Clever Hans at play.

    犬が言葉を使うのと同じように、私たちのやりとりの多くでは、「賢馬ハンス」がかなりいるでしょう。

  • In the early 1900's a horse named Hans was said to be able to solve simple math problems by tapping his hoof to represent numbers. 2 + 3?

    1900年代初頭、ハンスという馬は、蹄を叩いて数字を表すことで、簡単な数学の問題を解くことができたといいます。2 + 3?

  • Smart horse! It was later found, though, that Hans couldn't do math at all.

    賢い馬だね!しかし、後にハンスは数学が全くできないことが判明しました。

  • He was just responding to tiny cues from his handlers, maybe their facial expressions would tense as he got close to the right answer,

    彼は、調教師たちの小さな合図に反応していただけなのです。正解に近づくと彼らの表情が強張ったり、

  • or they would exhale when he tapped the right number.

    正しい数字をタップすると息を吐いたりしていたのでしょう。

  • Clever Hans demonstrates that while we might think of language as something we experience mainly through our ears, we communicate meaning using more than just sound frequencies.

    言語は主に耳を通して体験するものだと考えられていますが、私たちは音の周波数以上のものを使って意味を伝えていることを、クレバーなハンスは示しています。

  • In his book The Expression of the Emotions in Man and Animals, Charles Darwin argued that the way that we outwardly express and interpret emotions evolved from animals,

    チャールズ・ダーウィンは、著書の『人間と動物における感情の表現』の中で、人間の外見上の感情の表現方法や解釈方法は、動物から進化したものであり、

  • and that our ability to recognize fear, happiness, sadness, even across species, is universal, and innate. It's something that we're born with.

    恐怖、幸福、悲しみを認識する能力は、種を越えても普遍的であり、先天的であると主張しています。それは、私たちが生まれながらにして持っているものなのです。

  • Today, scientists are still debating whether Darwin was right, but recent research suggests that we do share one special bit of emotional intuition with our canine companions.

    今日(こんにち)、科学者たちはダーウィンが正しいかどうかをまだ議論しています。しかし、最近の研究によると、私たちは犬の仲間たちと、ある特別な感情的直感を共有していることがわかりました。

  • Dogs are the only non-primate animals that seek out eye contact with humans.

    犬は霊長類以外の動物の中で唯一、人間とのアイコンタクトをする動物です。

  • Their wolf ancestors, even tame ones, although they're close enough genetically to interbreed with dogs, won't look us in the eyewhich is why you can never, ever trust a wolf.

    オオカミの祖先は、飼いならされたものでさえ、遺伝子的には犬と交配できるほど近いのですが、私たちの目を見ようとはしません。だから、オオカミを決して信用することはできないのです。

  • How am I doing?

    私どうかな?

  • When reading emotions in other people we tend to look disproportionately and unconsciously to the right side of their face.

    他人の感情を読み取るとき、私たちは不均衡かつ無意識に、顔の右側を見る傾向があります。

  • The dogs share this so-called left-gaze bias, but only when looking at human faces, not when they look at other dogs.

    このいわゆる左凝視のバイアスは、犬にも共通しています。しかし、それは人間の顔を見るときだけで、他の犬を見るときは違います。

  • It seems like they genuinely want to understand what we're telling them and what it means.

    彼らは私たちが何を言っているのか、そしてそれが何を意味するのかを本当に理解したいと思っているようですね。

  • And we seem to understand them too, or at least we think we do.

    そして、私たちも彼らを理解しようとしているようです。と言うか、少なくとも、私たちはそうしていると思っています。

  • Researchers in Hungary tested people's ability to interpret the meaning of recorded dog barks, and found that many people really can speak dog.

    ハンガリーの研究者が、録音された犬の鳴き声の意味を解釈する能力をテストしたところ、多くの人が本当に犬語を話すことができることがわかりました。

  • What do you think this bark means?

    この鳴き声は何を意味すると思いますか?

  • Okay, that dog's angry. That's pretty easy.

    ええ、この犬は怒っています。とても簡単ですね。

  • What about this one?

    ではこれはどうでしょう?

  • Do you want to go for a walk?

    散歩に行きたい?

  • Okay, that dog wants to go for a walk. One more.

    うん、あの犬は散歩に行きたいね。ではもう一つ。

  • I have no idea what that means.

    これは何を意味するか全くわかりません。

  • If you think about it, this dog-human language connection makes a lot of sense.

    考えてみれば、この犬と人間の言葉のつながりは、とても理にかなっています。

  • We've co-evolved with these creatures for the past 10,000 years or so.

    私たちは過去1万年ほどの間、この生物と共進化してきたのです。

  • We've molded them from wolves into puppies with our hands and our brains, and our voices.

    私たちは、手と頭脳と声によって、オオカミから子犬へと彼らを形成してきたのです。

  • Even if we don't always understand each other, well, they're always there to listen, and that's the real meaning of a best friend. Isn't it buddy?

    たとえいつも理解し合えるわけではなくても、まあ、彼らはいつでもそこで話を聞いてくれます。そして、それが本当の親友というものでしょう。だろう?

  • Wait a second. Sorry.

    ちょっと待って。ごめんね。

  • Hello? Um, yeah, sure. It's for you.

    もしもし?えー、うん。ああ。君あての電話だ。

  • Hello? This is Oliver.

    もしもし?オリバーです。

  • Hello. This is dog.

    もしもし。犬だよ。

  • Oh, hey Luna!

    ああ、ルナ!

  • Have you seen Vanessa? She's been out for hours! I miss her.

    ヴァネッサを見た?長いことでかけてるの!さみしいわ。

  • Ruh roh!

    あらら。

  • Um, thanks Luna! If you want to find out more about dog behavior, head on over to BrainCraft and find out if they really miss us when we're gone. Stay curious.

    えー、ルナありがとう。犬の行動についてもっと知りたい方は、BrainCraft にアクセスして、私たちがいなくなると犬が本当に寂しがるかどうかを調べてみてください。好奇心を忘れずに。

  • Good boy. Oh, and special thanks to Oliver.

    いい子だね。ああ、それからオリバーに感謝します。

Hey guys! I just learned about a dog named Chaser.

やあ、みなさん!私はチェイサーという名前の犬のことを知ったところです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 オリバー 感情 ハンス 意味 オオカミ 散歩

犬は人間が何を考えているかがわかる?

  • 4512 189
    林宜悉 に公開 2022 年 01 月 15 日
動画の中の単語