Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • you can say it to the people.

    は、人々に向かって言うことができます。

  • Some of the best moments from when the kids were little is when I would speak to them and they'd start smiling, bye bye kai is just about three months old right here.

    子供たちが小さかった頃の最高の瞬間は、私が話しかけると子供たちが笑顔になることです。bye bye kaiはちょうどこの3ヶ月くらいです。

  • He's totally responding to the sound of my voice.

    私の声にすっかり反応しています。

  • Yes.

    はい。

  • And as time goes on he gets even better at hearing.

    そして時間が経つにつれ、彼はさらに聞き取りやすくなっていきます。

  • But I want to know how this development works and what I can do to help things along.

    しかし、この開発がどのように行われているのか、自分に何ができるのかを知りたいのです。

  • Yeah.

    うん。

  • Mm hmm.

    ふむふむ。

  • Anatomically are structurally the ear is fully developed.

    解剖学的にも構造的にも、耳は完全に発達しています。

  • When an infant is born, the inner ear starts to develop first followed by middle ear and then the outer ear, the hearing nerve is also developed.

    乳児が生まれると、まず内耳が発達し始め、次に中耳、外耳と続き、聴覚神経も発達していきます。

  • But the nerve fibers in the hearing are very rudimentary.

    しかし、聴覚の神経線維は非常に初歩的なものです。

  • They're not fully developed at work.

    仕事では完全に成長していない。

  • So basically babies are born with fully functioning ears ready to go and take in sound.

    つまり、赤ちゃんは耳が完全に機能している状態で生まれ、音を取り込むことができるのです。

  • In fact they can start listening at 18 weeks in Utero.

    実際には18週目の胎児から聴き始めることができます。

  • But to be clear, we're not just looking at the Ears when it comes to building.

    しかし、はっきり言って、建築に関しては耳だけを見ているわけではありません。

  • Those sensory skills.

    その感覚的なスキルを

  • Were also looking at the brain.

    脳にも注目しています。

  • So the maturation of the nerve fibers in their hearing system as well as the development of processing in the brain occurs with exposure to sound.

    そのため、音に触れることで聴覚器官の神経線維の成熟や脳内処理の発達が起こります。

  • After an infant is born.

    乳児が生まれた後

  • Uh What does that mean exactly?

    それはどういうことですか?

  • You could think of an infant's hearing system as a seed which needs that auditory stimulate rich environment all of the sounds in the environment for early sprouting.

    乳児の聴覚システムは、種のようなものだと考えることができます。その種が芽を出すためには、環境中のすべての音に対する聴覚的刺激が必要です。

  • But it's through these repeated exposures to different kinds of sounds that the nerve fibers start to develop.

    しかし、このように様々な種類の音に繰り返し触れることで、神経線維が発達し始めるのです。

  • But it's the exposure to sound that allows the maturation of that pathway, the neural development that ultimately leads to speech language development.

    しかし、音に触れることで、その経路の成熟や、最終的に音声言語の発達につながる神経の発達を促すことができるのです。

  • I got a I feel like with my first child, I feel like I was talking to him through telepathy than actual words, which makes sense because that was my one child that had a speech delay.

    一人目の時は、言葉よりもテレパシーで話しかけているような気がしましたが、言葉の遅れがあった一人目の子供だったので納得です。

  • Whereas my younger kids, they are surrounded with speech, whether it be me talking to them, asking them how their day is, even before they could actually respond or whether it's their older siblings talking to them now.

    一方、下の子供たちは、子供たちが返事をする前に私が話しかけたり、今日はどうだったかと聞いたり、あるいは兄姉が話しかけたりと、言葉に囲まれています。

  • No child will be the same after four of them.

    4回目以降も同じような子供はいないでしょう。

  • I would know.

    私ならわかる。

  • But there is a timeline to follow along with.

    しかし、タイムラインがあるので、それに沿って進めていきます。

  • In the early months of life, the child should be able to respond or startled by loud sounds.

    生後数ヶ月で、大きな音に反応したり、驚いたりすることができるようになります。

  • So if the baby is asleep and there is a loud, sudden sound that should wake up the child when we think about 4 to 7 months of 4 to 6 months of age, babies at this stage will start to turn to sounds a little bit.

    ですから、赤ちゃんが眠っているときに、大きな音、突然の音があった場合、生後4~6ヶ月の4~7ヶ月頃を考えると、この時期の赤ちゃんは少しずつ音に目を向けるようになります。

  • They will also start to respond to pleasure or displeasure by creating sounds themselves.

    また、自分で音を出すことで、喜びや不快感に反応するようになります。

  • Like babies will start to giggle a little the next stage group probably around in the 7 to 11 months or one year of age this day, we start to see early signs of what we call deceptive language development.

    赤ちゃんが少し笑い始めるように、次の段階のグループは、おそらくこの日の生後7ヶ月から11ヶ月、または1歳の頃に、「欺瞞的言語発達」と呼ばれる初期の兆候が見られるようになります。

  • They may also start to indicate by gestures like simple, like high fives and bye byes.

    また、ハイタッチやバイバイなどの簡単なジェスチャーで意思表示をするようになるかもしれません。

  • So they'll start to understand language more.

    そうすれば、彼らはもっと言語を理解するようになるでしょう。

  • Now let's back up all the way back to the hospital when and if it is born they go through the standard screening process and hearing is one of the things doctors check.

    さて、話を病院に戻すと、生まれたときには標準的な検査が行われ、医師がチェックする項目のひとつに聴覚があります。

  • And even if they passed the first test babies will continue to get tested at every checkup visit you have with the pediatrician.

    また、最初の検査に合格しても、赤ちゃんは小児科医の診察を受けるたびに検査を受けることになります。

  • So these milestones really help us know if our baby is on track with their ability to hear and respond to sound.

    そのため、赤ちゃんが音を聞いて反応する能力を順調に身につけているかどうかを知るためには、これらの節目がとても役に立ちます。

  • If you do notice that your little one isn't hitting milestones it's worth mentioning it to their doctor with about 1.7 and 1000 births in the U.

    もし、お子さんの成長が遅れていると感じたら、医師に相談することをお勧めします。アメリカでは出生数の約1.7倍の数のお子さんが生まれています。

  • S.

    S.

  • Results in hearing loss in that category.

    そのカテゴリの難聴の結果

  • Kids that are born with hearing loss about 40% of the times.

    生まれながらにして約40%の確率で難聴になる子供たち。

  • It's some sort of environmental cause about 15 to 25% of those are due to cmu.

    ある種の環境的な原因で、そのうち15~25%はcmuが原因です。

  • I wasn't aware of the things that actually cause hearing loss.

    実際に難聴の原因となるものを意識していませんでした。

  • Especially in young kids like me getting older.

    特に私のような若い子が年を取ると

  • Yes my hearing is on its way out of the door.

    そう、私の聴力はドアの外に向かっているのです。

  • But as far as in little kids like knowing that general C.

    しかし、小さな子供たちには、一般的なCを知ってもらいたいと思っています。

  • M.

    M.

  • V.

    V.

  • That one of its most common symptoms is hearing loss completely unaware of.

    その代表的な症状の一つが、全く気づかないうちに難聴になっていること。

  • But I think that's a lot with parenting is that if your child isn't going through it you aren't aware of all the possibilities and things that somebody else might be going through and when I talk about identification.

    しかし、子育てにおいては、自分の子供が経験していなければ、他の誰かが経験しているかもしれないすべての可能性や物事に気づかないということがよくあると思います。

  • There are essentially two things that we're looking at.

    基本的には2つのことを考えています。

  • We're looking at what is the degree of hearing loss and what is the type of loss.

    難聴の程度は何か、難聴のタイプは何かを調べています。

  • And after we have identified the degree and type of hearing loss, a child is usually referred to a pediatric otolaryngologist to help further with medical diagnosis in terms of origins of hearing loss is the cause reversible treatable et cetera.

    そして、難聴の程度とタイプを特定した後、難聴の原因は何か、その原因は可逆的か、治療可能かなどの医学的診断を行うために、通常は小児耳鼻科医に紹介します。

  • Uh they both are soothed by music.

    二人とも音楽に癒されています。

  • Right?

    そうですね。

  • So when the doctor talks about a degree of hearing loss, she's actually referring to what I learned is called the decibel scale for Children.

    そのため、医師が難聴の程度を語るとき、実際には「子供のためのデシベルスケール」と呼ばれるものを参照していることがわかりました。

  • What we consider normal is about 0 to 15 DB HL is considered a normal range and then 71 to 90 is severe hearing loss.

    私たちが正常と考えるのは、0~15DBHL程度が正常範囲とされ、その後71~90が高度難聴となります。

  • And beyond that is considered a profound here.

    そしてそれ以上は、ここでは深遠とされています。

  • Now, if a baby doesn't fall within what they consider a normal hearing range, there are so many resources that are available to caregivers and Children.

    もし、赤ちゃんが正常な聴力範囲に入らない場合、介護者や子どもたちが利用できるリソースがたくさんあります。

  • When a child is identified as an infant, they are connected to early start services.

    子どもが乳児と認識されると、アーリースタートサービスにつながります。

  • That is a team of interventionists, behavioral therapist, speech language therapists that are working with the family in providing support in any way that the family or child may need.

    これは、介入者、行動療法士、言語療法士などのチームが、家族と協力して、家族や子どもが必要とするあらゆる方法でサポートを提供するものです。

  • When the child turns three, then they receive all support services to the school district.

    子どもが3歳になると、その後は学校区へのすべての支援サービスを受けることになります。

  • Secondly, I want you to know that if your child as a hearing loss, your child will still be able to have a very fulfilling childhood as well as his adult life And you can have a village of professionals as well as a support system that will be your partner through this process.

    次に、もしお子さんが難聴になったとしても、お子さんは子供時代や大人になってからも充実した生活を送ることができるということを知っていただきたいと思います。 そして、このプロセスにおいてパートナーとなる専門家やサポートシステムの村を持つことができます。

  • And don't forget about the family, friends and anyone else in your network.

    そして、家族や友人などのネットワークも忘れてはいけません。

  • That can help thank you for watching seeker baby.

    それは助けになります......Seeker Babyを見てくれてありがとう。

  • I'm Angel Akita more and I hope you're learning as much about babies as I am.

    私はエンゼル秋田の方ですが、私と同じように赤ちゃんのことを勉強してほしいと思っています。

  • If there's a baby topic, you want us to cover, leave us a comment and keep coming back to seeker for more on babies.

    赤ちゃんの話題で取り上げてほしいものがあれば、コメントを残してください。そして、これからもseekerで赤ちゃんの話題を探してください。

  • See you next time.

    また次の機会にお会いしましょう。

you can say it to the people.

は、人々に向かって言うことができます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 発達 赤ちゃん 聴覚 子供 神経 生後

赤ちゃんの成長に伴う聴力の変化について (How a Baby’s Hearing Changes As They Grow)

  • 22 1
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 21 日
動画の中の単語