Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Oh, all right.

    ああ、わかった。

  • What do you think?

    どうでしょうか?

  • Mhm.

    ムムム。

  • Yeah, you're standing in a street in a british town in the late victorian era.

    そう、あなたはヴィクトリア朝末期のイギリスの町の通りに立っている。

  • The old queen's still on the throne.

    老いた女王はまだ王座にいる。

  • It's a time between the old world and the new.

    古い世界と新しい世界の間の時間です。

  • It's a winter's night cold and moonless.

    月のない、寒い冬の夜。

  • You should also imagine one more thing.

    また、もう一つのことを想像してみてください。

  • There's electric streetlight high off the ground.

    地面から高い位置に電飾がある。

  • The lamp is flickering and hissing underneath the streetlight stands A woman, she has an intelligent, determined face and curly hair pinned in a mound on top of her head.

    街灯の下では、ランプがチカチカと音を立てている。 知的で決意に満ちた顔立ちで、カールした髪を頭の上でマウンド状に留めている女性が立っている。

  • She's staring up at the electric light.

    電灯を見上げている。

  • It's an arc lamp, a wisp of lightning crackling between two electrodes.

    それはアークランプで、2つの電極の間で稲妻がパチパチと音を立てている。

  • She's listening to the hips, noticing that when the ark buzzes, the light dims, she knows those lights threw off sparks, they can start fires.

    彼女は腰の音に耳を傾け、箱舟がブザーを鳴らすとライトが暗くなることに気づき、そのライトが火花を散らして火事を起こすことを知っている。

  • She's imagining a future where electric light could be bright even and safe.

    明るくて安全な電気の未来を想像しているのです。

  • She's thinking how can I make that happen for her?

    どうすれば彼女のためにそれを実現できるかを考えている。

  • To Mark Certain had always had to be ingenious.

    Markにとって、Certainは常に独創的でなければならなかった。

  • Born into a Jewish family in Portsmouth in 1854, Her father was dead by the time she was seven, leaving the family with little more than a pile of debt.

    1854年、ポーツマスのユダヤ人家庭に生まれた彼女は、7歳の時には父親が亡くなり、一家には借金の山が残されていた。

  • But her, to Mark Certain was what you might call a bright spark and always inventive.

    しかし、Mark Certain氏にとっての彼女は、いわゆる光り輝く存在であり、常に創意工夫を凝らしていた。

  • She was stubborn, tomboyish and outspoken.

    彼女は頑固で、おてんばで、率直な性格でした。

  • Every evening for a year after a full day of work, Mark Certain studied for the Cambridge University entrance exam.

    Mark Certain氏は、1年間、仕事が終わった後、毎晩、ケンブリッジ大学の入学試験の勉強をしていました。

  • She passed in 1874 with Honours in Mathematics and English.

    彼女は1874年に数学と英語の優等生として合格しました。

  • She was an astonishingly hard worker and made her first recorded invention a speak mama, nanometer.

    彼女は驚くほどの努力家で、最初の発明を記録したのは、「Speak mama, nanometer」でした。

  • That would draw a graph of a person's pulse.

    それは、人の脈拍のグラフを描くことです。

  • After graduating, she carried on teaching and inventing.

    卒業後、彼女は教育と発明を続けた。

  • In 1888, she delivered a series of six hugely popular public lectures on electricity, in which he held out to her audience, a compelling vision of an electrified future.

    1888年、彼女は電気に関する6回の講演を行い、大きな反響を呼びました。この講演では、電気で満たされた未来についての説得力のあるビジョンが聴衆に示されました。

  • Electric arc lights were used in street lamps.

    街路灯に電気アーク灯が採用された。

  • They provided incredibly bright lightning in a bottle, but they were volatile and poorly understood.

    これらは、ボトルの中で信じられないほど明るい光を放つものでしたが、不安定で理解されていませんでした。

  • To make them safe and reliable.

    安全で信頼できるものにするために

  • Someone needed to invent a way to precisely control their dangerous temperamental power.

    誰かが、その危険な気性を正確にコントロールする方法を発明しなければならない。

  • So her to Mark said, and asked herself, why did arc lights flicker, and how could she stop them doing it?

    そこで彼女はマークに、「なぜアークの照明が点滅するのか、どうしたらそれを止められるのか」と自問した。

  • She put together an intricate and comprehensive set of experiments to test out every possibility.

    彼女は、あらゆる可能性を検証するために、緻密で包括的な実験を行った。

  • She often had to hold the ark steady by hand for four or five hours to get consistent results.

    安定した結果を得るためには、4時間も5時間も手で箱舟を支えなければならないこともあった。

  • And Mark that and deduced the electric arc hissed when oxygen was present in small craters in the carbon surface.

    そして、マークは、カーボン表面の小さなクレーターに酸素が存在すると、電気アークがヒスると推理した。

  • The hiss was the sound of the carbon oxidizing.

    ヒスノイズはカーボンが酸化する音である。

  • To stop this happening her to Mark Certain invented and patented a new kind of carbon rod coated with a copper film to stop oxygen reaching the sides of the electrodes as she predicted this gave a steadier arc a more dependable light.

    これを防ぐために、彼女はMark Certain社と共同で、酸素が電極の側面に到達しないように銅の膜でコーティングした新しいカーボンロッドを発明し、特許を取得した。

  • Her to Mark Certain wanted to make streetlights safer and she did the arc light, helped create a new after dark world of working, playing shopping and exploring.

    彼女とMark Certain氏は、街灯をより安全にしたいと考え、彼女はアークライトを開発し、仕事をしたり、遊んだり、買い物をしたり、探索をしたりする新しい日没後の世界を作りました。

  • She ended up sparking life into detonators, three D printing and maybe one day rocket launchers for space travel her to mark certain tamed lightning.

    彼女は結局、起爆装置、3Dプリンター、そしていつかは宇宙旅行用のロケットランチャーに命を吹き込み、ある種の飼いならされた稲妻をマークすることになった。

  • The ark that burned so brightly between the electrodes of those early lights was uncontrollable.

    初期のライトの電極の間で明るく燃えていた箱舟は、コントロールできなかった。

  • A wisp of lightning if you like, Mark Seaton got that lightning under her control and gave it to the world.

    マーク・シートンは、その稲妻を自分のコントロール下に置き、世界に向けて発信した。

  • Yeah, Yeah.

    うん、うん。

  • Thanks for watching.

    ご覧いただきありがとうございます。

  • If you enjoyed that, be sure to check out these videos next and if you haven't already hit the subscribe button and click the bell to get a notification.

    また、まだ登録されていない方は、登録ボタンを押し、ベルをクリックすると通知が届きます。

  • Each time we uploaded new video.

    その都度、新しい映像をアップロードしました。

Oh, all right.

ああ、わかった。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 電気 稲妻 カーボン 発明 マーク ライト

雷を飼いならした女|ヘルタ・マークス・アイルトン|BBCアイデア (The woman who tamed lightning | Hertha Marks Ayrton | BBC Ideas)

  • 11 1
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 18 日
動画の中の単語