Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Patrick Star show does not Star Patrick Star at least not the Patrick Star you recognize from here or even here, this Patrick star lives in a world of chaos, a world where dinosaurs roamed the earth and spongebob is a monster.

    パトリック・スターのショーは、パトリック・スターのスターではなく、少なくともあなたがここやここで認識しているパトリック・スターではなく、このパトリック・スターは混沌とした世界に住んでいます。

  • Uh and all of it was set off by a single clumsy mistake.

    そして、そのすべてが、たった一つの不器用なミスによって引き起こされた。

  • There's more than one universe in bikini bottom in spongebob.

    スポンジボブのビキニボトムには1つ以上の宇宙がある。

  • We've already established that characters can travel through both time and universes.

    キャラクターが時間と宇宙の両方を移動できることはすでに確立されています。

  • First squid word going forward and backward in time.

    時間を進めたり戻したりする最初のイカ語。

  • I'd better go to bob.

    そろそろボブに行ってみようかな。

  • Yeah, yeah.

    ええ、ええ。

  • And later Plankton uses the transmogrified or to actually visit an alternate universe.

    そして後にプランクトンは、変身したかを使って、実際に別の宇宙を訪れる。

  • The life switcher was a success.

    人生の切り替えが成功した。

  • The Krusty Krab is mine.

    Krusty Krabは私のものです。

  • And if there's one thing I've learned from every time travel story is that once you do it, the space time continuum never really goes back to normal, but back to Patrick in the Patrick Star show, he is much younger.

    タイムトラベルの物語から学んだことは、一度タイムトラベルをすると、時空間連続体は決して元に戻らないということです。

  • Somewhere between here.

    この間のどこか。

  • Hello and here.

    こんにちは、ここです。

  • He's living with his mom, dad, sister Squad, Dina grandpa and pet, ouchy.

    ママ、パパ、妹のスクワッド、ディナのおじいちゃん、ペットのウッチーと一緒に暮らしています。

  • Patrick and squid Dina produce a talk show that rarely goes as planned.

    パトリックとイカのディナがプロデュースするトークショーは、ほとんど計画通りには進まない。

  • It gets delayed by stare standoffs, couch spelunking and even a weird smell or to maris that freaky funky smell coming from.

    睨み合ったり、ソファに潜ったり、変な臭いがしたり、その変な臭いがどこから来るのかわからなかったりして、遅れてしまいます。

  • But what you'll notice throughout is that Patrick's house is stranger than you'd expect.

    しかし、全体を通して気づくのは、パトリックの家が想像以上に奇妙だということです。

  • Like let's start with his bedroom door, open it once and you'll get an angry night sprinting toward oops, wrong door open it again and it's the cold vacuum of space for a third time.

    例えば、彼の寝室のドアから始めましょう。一度でもドアを開ければ、怒った夜が走ってきます。

  • It's just a normal door.

    普通のドアですよね。

  • Now, that's enough evidence right there.

    これで十分な証拠が揃った。

  • Seriously, a portal to another dimension.

    マジで異次元への入り口。

  • Pretty much puts a bow on my Multiverse theory, but hold your applause because of course I've barely even started in one episode.

    私の多元宇宙論に一石を投じたわけですが、もちろんまだ1話も始まっていないので拍手は控えてください。

  • Patrick ends up diving deep into his couch cushions, looking for a lost remote.

    パトリックは紛失したリモコンを探して、ソファのクッションに深く潜ってしまう。

  • This place is a gold mine and what usually might be an opportunity to find some loose change for Patrick, it's a wormhole to a completely couch based world.

    この場所は金鉱のようなもので、通常はパトリックの小銭を見つけるチャンスかもしれないが、完全にソファベースの世界へのワームホールとなっている。

  • So massive.

    とても重厚感があります。

  • He needs a rope to find his way back out.

    帰り道を探すのにロープが必要だ。

  • I was wrong.

    私は間違っていた。

  • Seriously flying sock monsters are pretty weird even by spongebob standards, but it's not only Patrick's couch that does this as all furniture seems to be connected to this strange alternate universe.

    空飛ぶ靴下のモンスターは、スポンジ・ボブの基準から見てもかなり奇妙ですが、これはパトリックのソファだけではなく、すべての家具がこの奇妙な別世界とつながっているように見えます。

  • It's so normal that there's even commercials for tours through your own furniture.

    自分の家具を巡るツアーのCMもあるくらい、普通のことです。

  • Imagine eight luxurious days, seeing your couch, your love seat, even your credenza.

    贅沢な8日間を想像してみてください。ソファやラブシート、クレデンザまで見ることができます。

  • Like you've never seen them before.

    今まで見たことがないような

  • But let's bring it back for a minute because there aren't only multiple worlds, but also multiple.

    しかし、世界が複数あるだけではないので、ちょっと戻してみましょう。

  • Patrick's in this scene.

    パトリックはこのシーンで

  • Patrick falls off a bookshelf and is caught by none other than himself.

    本棚から落ちたPatrickは、他でもない自分自身に捕まってしまう。

  • Don't worry me.

    心配しないでください。

  • I've got to do.

    しなければならないのです。

  • There I go.

    ほらね。

  • Glad I bought that self help book now.

    今となっては、あの自己啓発本を買ってよかった。

  • Multiple Patrick's is nothing new.

    マルチプル・パトリックスは何も新しいことではありません。

  • Some of his clones might even still be working at the chum bucket.

    彼のクローンの中には、まだチャムバケットで働いている者もいるかもしれない。

  • But this one is clearly different.

    しかし、これは明らかに違います。

  • He emerges from a book that's much smaller than he is and for the first time.

    彼は、自分よりもずっと小さい本の中から、初めて姿を現します。

  • Both Patrick's no, they're the same.

    両方のパトリックのいや、彼らは同じです。

  • Listen again and see if you can hear what I mean.

    もう一度聞いてみて、私の言いたいことがわかるかどうか。

  • Don't worry me, I've got to go there I go.

    心配しなくても、私はそこに行かなければなりません。

  • Even if book Patrick was some kind of clone, he would never call the real one I and me unless of course they're actually the same Patrick in two places at once.

    仮に本のパトリックがクローンのようなものだったとしても、もちろん同じパトリックが同時に2つの場所にいるのでなければ、本物のパトリックをI and meと呼ぶことはないだろう。

  • The Patrick Star show universe is a weird place but it gets even weirder because in a different scene, we see a different stop motion version of Patrick where he now works for Plank Einstein and has apparently helped build a monster version of Spongebob.

    パトリック・スターのショーの世界は奇妙な場所ですが、さらに奇妙なことに、別のシーンでは、パトリックがプランク・アインシュタイン社で働いていて、スポンジ・ボブのモンスター版を作るのを手伝っているという、別のストップモーション版のパトリックが登場します。

  • Release the whirly brains.

    渦巻き状の脳みそを解放する。

  • The weirdest thing though is that they're also watching the same Patrick Star show that we are.

    でも一番不思議なのは、彼らも私たちと同じパトリック・スターの番組を見ていることです。

  • That show is made by idiots for morons.

    あの番組はバカがバカのために作っている。

  • That's why I'm not.

    だからこそ、私は

  • The only way they could possibly do that is if they're in an alternate universe, that intersects just enough to allow tv broadcasts through.

    そんなことができるのは、テレビ放送が通じる程度に交差した別世界にいる場合だけだ。

  • If you're still not convinced, then this final piece of evidence will change your mind cut you.

    それでもまだ納得がいかないという方は、この最後の証拠があなたの考えを変えてくれるでしょう。

  • But to do that, to rewind a bit to the camp for R.

    しかし、そのためには、Rのためのキャンプに少しでも巻き戻すこと。

  • Three in this episode or universe.

    このエピソードやユニバースでは3つ。

  • As I'll demonstrate, Spongebob had discovered the crabby patty formula much earlier than expected.

    スポンジ・ボブは、予想以上に早く「カニカマ」を発見していたのである。

  • Say could you tell me what the ingredients for these patties are.

    このパテの材料を教えてください。

  • Oh sorry.

    ああ、ごめんなさい。

  • Mr plankton, I can never remember things like that particles.

    プランクトンさん、私はあの粒子のようなものは絶対に覚えられません。

  • That's why I wrote them down on this lift.

    だからこそ、このリフトに書き込んだのだ。

  • You know, kind of like a formula.

    公式のようなものですね。

  • So Sandy hatched a plan to put it back to normal.

    そこでサンディは、元の状態に戻す計画を立てた。

  • This is little cheeks calling.

    これは、リトルチークコールです。

  • Big cheeks come in.

    大きなほっぺたが入ってくる。

  • Big cheeks over affirmative little cheeks.

    肯定的な小さなほっぺたより大きなほっぺた。

  • This is big cheeks receiving you from the future.

    これは、未来からあなたを受け取る大きなチエックです。

  • How are things going in the past?

    過去の状況はどうですか?

  • They're going great.

    順調に進んでいます。

  • Sandy.

    サンディ

  • Your plan worked perfectly.

    あなたのプランは完璧に機能しました。

  • The formula burned up before Mr plate to nab it now it can be safely rediscovered in the future.

    この数式は、ミスター・プレートが捕まえる前に燃え尽きてしまいましたが、今後は安全に再発見されるでしょう。

  • Mission accomplished timeline preserved.

    ミッション達成のタイムラインを保存

  • Now everything can continue just the way it's always been.

    これで、今まで通りの生活ができます。

  • While Sandy may think she's talking to her past self, she's actually talking to an alternate version from a different timeline.

    サンディは過去の自分と話していると思っているかもしれませんが、実際には別のタイムラインの別バージョンと話しているのです。

  • Infinite timelines, Infinite universes.

    無限のタイムライン、無限のユニバース。

  • That's the only way they could possibly have a conversation with each other without, you know, the unraveling of space and time as we know it.

    それは、彼らがお互いに会話をするための唯一の方法であり、我々が知っているように、空間と時間が解けてしまうことはありません。

  • And on top of that, their worlds don't even look the same.

    しかも、その世界観は同じではありません。

  • How could Sandy grow up in three D.

    サンディが3Dで育つとは。

  • But then go back to two D.

    しかし、その後、2Dに戻る。

  • As an adult.

    大人になってから

  • I don't know about you but dimensions don't usually change like that high speed word.

    私はあなたのことを知らないが、通常、次元はそのような高速の言葉のようには変化しない。

  • Okay, maybe it happens sometimes, but one question still remains.

    さて、たまにはそういうこともあるかもしれませんが、一つの疑問が残ります。

  • How did spongebob come up with the crabby patty formula in the first place?

    そもそもスポンジ・ボブはどのようにして「カニカマ」の製法を思いついたのでしょうか?

  • Because in that universe he was supposed to spongebob, you idiot.

    あの世界では、彼はスポンジ・ボブになるはずだったんだよ、バカだね。

  • You're a genius.

    あなたは天才です。

  • I am.

    私です。

  • The whole reason Sandy crossed universes was to clean up the timeline, but instead she disrupted the course of an entire other universe.

    サンディが宇宙を渡る理由は、タイムラインをきれいにすることでしたが、代わりに別の宇宙全体の流れを乱してしまいました。

  • Guess we'll just have to wait to see how that plays out now.

    今後の展開を見守りたいと思います。

  • You could write these examples off as just part of the world of bikini bottom, but that doesn't answer the question of why they're part of bikini bottom.

    これらの例は、ビキニボトムの世界の一部だと考えることもできますが、それではなぜビキニボトムの一部なのかという疑問に答えられません。

  • And I bet you're also asking who damaged the space time continuum so massive, so entirely that it caused multiple timelines to get crossed, tied up and merged into one single show.

    そして、複数のタイムラインが交差し、結ばれ、1つの番組に統合されるほど、巨大で完全な時空連続体を損傷したのは誰か、という疑問もあるでしょう。

  • Well that my friends, I have an answer to and it all falls on squid word.

    その答えは、イカの言葉にあります。

  • That's right.

    そうなんです。

  • When he broke the time machine way back in episode 14, it let Plankton travel to a parallel universe, Sandy to permanently alter another and ultimately allowed the Patrick Star Show to exist without that none of this would even be possible.

    第14話で彼がタイムマシンを壊したことで、プランクトンはパラレルワールドに行き、サンディは別の世界を永久に変えてしまい、最終的にはパトリック・スター・ショーの存在を許してしまったのだ。

  • Patrick Star show is a perfect example of what happens when timelines and universes get mixed together and as time moves forward, I can only imagine how much stranger this universe will become, but I guess I'm grateful to squid word because in a way he gave us some really fun new spongebob shows.

    パトリック・スターのショーは、時間軸や宇宙が混ざり合って起こる完璧な例であり、時間が進むにつれて、この宇宙がどれほど奇妙なものになっていくのか想像することしかできません。しかし、ある意味では、私たちに本当に楽しい新しいスポンジボブのショーを与えてくれたので、私はイカ語に感謝しているのです。

  • And if you ever notice something strange within a show that might not make total sense, Just know you can thank squid word for it and I'll collect my money now.

    もし、番組の中で何か意味のないことに気がついたら、イカの言葉に感謝してください。

The Patrick Star show does not Star Patrick Star at least not the Patrick Star you recognize from here or even here, this Patrick star lives in a world of chaos, a world where dinosaurs roamed the earth and spongebob is a monster.

パトリック・スターのショーは、パトリック・スターのスターではなく、少なくともあなたがここやここで認識しているパトリック・スターではなく、このパトリック・スターは混沌とした世界に住んでいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 SpongeBob パトリック スター サンディ 宇宙 タイム

狂気の多元宇宙のパトリック・スター⭐️?| スポンジ (Patrick Star in the Multiverse of Madness ⭐️? | SpongeBob)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 15 日
動画の中の単語