Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • What if I told you that there's a plan to bring back wooly mammoths back to Siberia?

    ウーリーマンモスをシベリアに戻す計画があると言ったらどうだろう?

  • Wild right?!? And if resurrecting a 6-ton creature that's been extinct for about 4,000 years isn't crazy enough, wait till you hear this:

    ワイルドでしょう!?約4,000年前に絶滅した6トンの生物を復活させたら

  • They're hoping to enlist these shaggy creatures to help us solve a mammoth-sized problem.

    年の間にも十分にクレイジーではありませんでしたが、これを聞いてみてください......彼らはこのような人たちを参加させたいと思っています。マンモスサイズの問題を解決するために、毛むくじゃらの生き物たちが協力してくれました。

  • But before we get to that particular issue, we've got to rewind, about 20,000 years ago.

    しかし、この問題に取り組む前に、約2万年前に巻き戻さなければなりません。

  • Let's hit the scene!

    現場に行ってみよう!

  • It was a time when giant woolly mammoths roamed the grasslands of Northern Siberia.

    巨大な毛長マンモスが北シベリアの草原を闊歩していた時代。

  • During this time, much of the water on the planet was busy being ice,

    この間、地球上の水の多くは氷になることに忙しく、それによって

  • which made the rest of the northern hemisphere a dry grassland ecosystem that was sorta like a cold-weather version of the African Savanna.

    北半球の残りの地域では、寒冷地のような乾燥した草原の生態系が形成されていました。アフリカのサバンナのバージョンです。マンモスの草原として知られており

  • It's known as the Mammoth Steppe, and the abundant grassland was perfect for large grazing herbivores like bison, oxen, reindeer, and of course, the wooly mammoth.

    豊かな草原は、バイソン、オウシ、トナカイなどの大型の草食動物にとって最適でした。

  • Mammoths were great ecosystem engineers.

    もちろん、ウーリーマンモスです。マンモスは偉大な生態系エンジニアでした。マンモスは生態系を破壊して

  • They knocked down trees and shrubs, making room for light colored grasses that reflected more sunlight than the darker trees, keeping ground temperatures cooler.

    樹木や低木は、太陽の光をより多く反射する明るい色の草のためのスペースになっています。濃い色の木で、地面の温度を低く保つことができます。

  • In the winter, they trampled through the snow, exposing the ground to the arctic chill.

    冬になると、雪を踏みしめ、地面を寒さにさらしていました。そして

  • By maintaining their grassland home, they also protected a perpetually-frozen layer of carbon-rich soil underneath, called permafrost.

    草原を維持しながら、炭素を多く含む永久凍土層を守っています。

  • By the end of the last Ice Age though, most of the mammoths vanished, and the grasses of the steppe did too.

    その下には永久凍土と呼ばれる土壌があります。しかし、最終氷期の終わりには、ほとんどの地域でマンモスが消えて、草原の草も消えた。

  • We don't know whether to point the finger at humans, climate, or some other cause, but what we do know is that the ecosystem changed significantly.

    人間のせいなのか、気候のせいなのか、それとも他の原因なのかはわかりませんが分かっていることは、生態系が大きく変化したことです。

  • Fast forward to today, and the arctic is warmer and wetter. That poses a serious problem for our climate.

    早速ですが、今日は北極はより暖かく、より湿っています。それは気候にとって深刻な問題となります。

  • The human-induced rise in global temperatures is causing the permafrost to melt.

    人為的な地球温度の上昇により、永久凍土の融解が進んでいます。中には

  • During an almost twenty year period, scientists saw the arctic permafrost lose approximately 1.7 billion metric tons of carbon each winter.

    科学者たちは、約20年の間に北極の永久凍土が約1.7%減少したことを確認しました。

  • And if it continues to thaw, that carbon-rich soil will decompose, emitting enormous amounts of greenhouse gases, equivalent to burning all the forests on the planet three times.

    毎年冬になると、10億トンの炭素が発生します。そして、このまま雪解けが進むと、その炭素が豊富な土壌が分解されると、燃焼に匹敵する膨大な量の温室効果ガスが発生します。 地球上のすべての森林を3倍にします。何千頭もの毛長マンモスを再導入することで

  • By reintroducing thousands of woolly mammoths back to Siberia, scientists hope to restore the grasslands that once protected the permafrost.

    科学者たちは、かつて永久凍土を守っていた草原をシベリアに戻すことを望んでいます。

  • But to do that, they need to start with one woolly mammoth, and we're all out at the moment, so I guess someone's got to make one!

    しかし、そのためには、1頭のマンモスから始める必要があり、私たちは全員が瞬間、誰かが作らなければならないと思います。

  • A new company called Colossal is up to the challenge.

    コロッサルという新しい会社が挑戦しています。

  • Leading the team is George Church, a key member of the Human Genome Project, who pioneered the genomic sequencing techniques that we use today.

    チームを率いるのは、ジョージ・チャーチ。ヒトゲノムプロジェクトでは、現在使用されているゲノム配列決定技術の先駆者であるその

  • The team hopes to use ancient DNA recovered from unearthed mammoths to fight the climate crisis.

    チームは、発掘されたマンモスから回収された古代のDNAを、気候危機に立ち向かうために利用したいと考えています。

  • Only problem is? DNA degrades over time, getting damaged by water, radiation, and exposure to air.

    ただ、DNAは時間の経過とともに劣化し、水や放射線、被ばくなどでダメージを受けてしまいます。

  • Even the very best samples are missing data, so the DNA can't be used to make an exact clone.

    を空気中に放出します。最高のサンプルであっても、データが欠けているので、DNAを使って

  • So, the team turned to the Asian elephant, the mammoth's closest living relative.

    そのため、マンモスに最も近い親戚であるアジアゾウに注目しました。そこで研究チームは、マンモスの最も近い生きた親戚であるアジアゾウに注目しました。

  • Even though there's a difference of 1.4 million DNA letters between the two species, they still share 99.6% of their genetic makeup.

    2つの種の間には140万のDNA文字の違いがあるというのに。

  • The group selected more than 50 traits that helped mammoths tolerate the cold,

    その結果、99.6%の遺伝子を共有することになりました。このグループは、50以上の形質を選択してマンモスが寒さに耐えるために、耳を小さくしたり、尾を短くして熱損失を減らしたりしたこと

  • like smaller ears and shorter tails to reduce heat loss and frostbite, a thick layer of fat to stay warm, and their signature fur coat.

    凍傷になっても大丈夫なように、体を温めるために厚い脂肪の層があり、特徴的な毛皮を持っています。

  • Using CRISPR/Cas9 gene editing technology, they're cutting the specific sections of the Asian elephant DNA, and copying and pasting the mammoth traits in their place.

    CRISPR/Cas9遺伝子編集技術を用いて、アジア人の特定の部分を切断しています。象のDNAをコピーして、マンモスの形質をコピー&ペーストしたものです。

  • Next, they'll need to transfer an elephant nucleus with the hybrid DNA into an elephant egg cell, which has never been done before.

    次に、ハイブリッドDNAを持つゾウの核をゾウに移植する必要がある。

  • Electrical pulses simulate fertilization, causing the egg to divide and create an embryo. And here's where things get even more interesting.

    今までになかった卵細胞。電気パルスで受精をシミュレート卵子が分裂して胚が作られます。そして、ここからがさらに興味深い点です。

  • The plan is for the embryo to develop in an artificial womb.

    人工子宮の中で胚を成長させる計画です。

  • This technique was already tested back in 2017 on premature lambs,

    この技術は、2017年に未熟な子羊ですでに実験されていましたが、人工的に作った

  • but building an artificial uterus big enough to house a 2000-pound-mega-fetus for its entire 22-month development has yet to be attempted.

    2000ポンドのメガ胎児が22ヶ月間成長するのに十分な大きさの子宮は、未だにを試みています。

  • If they're successful, the result will be a mammoth-elephant hybrid that some are calling a "mammophant", orelemoth”.

    成功すれば、マンモスと象のハイブリッドが誕生する。

  • If Colossal's hybrids are going to protect the permafrost, they'll need to get started quickly.

    マンモファント」や「エレモス」と呼ばれているものです。もし、コロッサルのハイブリッドが守るのは

  • But with a timeline of 5 years for the birth of the first calf, and at least 14 until the animal is old enough to reproduce,

    そのためには早急に着手する必要があります。しかし、5年というタイムラインでは最初の子牛の誕生から、繁殖可能な年齢になるまで少なくとも14年間。

  • these hybrid elephants might not be helping us solve our climate crisis anytime soon.

    このハイブリッド象は、すぐには気候危機の解決に役立たないかもしれません。

  • In the meantime, the tech can still be used for a bunch of really game-changing research.

    その間にも、この技術は本当に画期的な研究のために使われることでしょう。

  • Like improving artificial wombs to help premature infants, helping the endangered Asian elephant become more resilient to disease,

    未熟児のための人工子宮の改良や、絶滅危惧種であるアジアゾウの支援など。

  • and making genetic tweaks to animal organs so they're more suitable for transplant into humans.

    病気に強くなったり、動物の臓器の遺伝子を調整して

  • While this all sounds really cool, there are a lot of technical hurdles and ethical questions that remain unanswered, like should we even bring back an extinct species?

    より人間への移植に適したものになります。これはとても素晴らしいことですが、一方では技術的なハードルが高く、倫理的にも答えの出ていない問題がたくさんあります。

  • So while we wrestle with these questions, this visionary program could inspire equally ambitious projects that we'll need to tackle the climate crisis in the years to come.

    絶滅した種を復活させることができるのか?私たちがこのような疑問を抱いている間に、この先見性のあるこのプログラムは、気候危機に対処するために必要な、同様に野心的なプロジェクトを刺激する可能性があります。

  • And who knows, one day we may see our woolly friends walk the earth again.

    これからの時代に。そして、いつの日か、私たちの毛むくじゃらの友達が再び地球を歩く姿を見ることができるかもしれません。

  • If my mention of artificial wombs piqued your curiosity, check out this video on why scientists grew a lamb in a bag!

    人工子宮の話をしたことで、あなたが興味を持ってくれたら好奇心、科学者が袋の中で子羊を育てた理由について、このビデオを見てみましょうでは、"元に戻す "をクリックしてみましょう。

  • So can we just hitundoon the extinction of animals like the woolly mammoth? Should we even be doing that?

    マンモスのような動物の絶滅を危惧しているのでしょうか?私たちはそんなことをするべきなのでしょうか?と

  • Let us know in the comments below. Make sure to subscribe and thanks for watching Seeker.

    は、以下のコメントでお知らせください。また、Seekerをご覧いただきありがとうございました。

What if I told you that there's a plan to bring back wooly mammoths back to Siberia?

ウーリーマンモスをシベリアに戻す計画があると言ったらどうだろう?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 dna ハイブリッド 子宮 気候 生態 絶滅

羊毛マンモスを復活させるワイルドな計画 (The Wild Plan To Bring Back Woolly Mammoths)

  • 11 1
    Summer に公開 2021 年 10 月 20 日
動画の中の単語