Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • To be criticised is never pleasant. It is rarely a good day when we have to read an

    批判されることは決して楽しいことではありません。を読まなければならない日は滅多にありません。

  • unflattering social media post about ourselves, when we are given harsh feedback on a project

    自分自身についての不名誉なソーシャルメディアへの投稿、プロジェクトについての厳しいフィードバックを受けたとき

  • or hear that we are being gossiped about by strangers.

    とか、知らない人から噂されているとか。

  • However, the question of how much criticism needs to hurt depends on something which has

    しかし、どの程度の批判が必要なのかは、これまでの何かに依存しています。

  • nothing to do with the specific attack we happen to face: how much we happen to like

    たまたま直面した具体的な攻撃とは無関係に、たまたま好きになっただけで

  • ourselves.

    自分たちのことです。

  • The degree to which we buckle in the wake of negative comments reflects how we, deep

    否定的なコメントを受けたときに、どれだけ動揺するかは、私たちの心の奥底にあるものを表しています。

  • down, feel about ourselves. When we carry within us a sufficient ballast of love, criticism

    自分自身について感じています。私たちが十分な愛のバラストを自分の中に持っているとき、批判は

  • need never be very much more than niggling. We can overcome it by dinner time - or at

    悩んでいてもしょうがない。夕食の時間までには克服できるでしょう-あるいは

  • least the end of the week. We can take on board with relative good humour that we are

    少なくとも週の終わりには。私たちは、相対的に良いユーモアを持って受け止められるのは

  • not necessarily loved by everyone, that not everything we do is perfect and that there

    必ずしもすべての人に愛されるわけではなく、私たちの行動のすべてが完璧ではなく、そこには

  • may be one or two outright enemies, who would prefer us dead - even while most people tolerate

    私たちの死を望んでいる真の敵が1人か2人いるかもしれませんが、ほとんどの人は

  • us easily enough. There need be nothing surprising or terrifying in being doubted by a few others.

    私たちには簡単にできます。他の数人に疑われても、驚くことも怖がることもありません。

  • But for the more vulnerable ones among us, there is no option but to experience criticism

    しかし、私たちの中のより弱いものにとっては、批判を経験する以外に選択肢はありません。

  • as an assault on our very right to exist. We don't hear that we are being mildly upbraided

    我々の生存権に対する攻撃である。私たちは、自分たちが穏やかに非難されていることを聞いていません

  • for an aspect of our work; we at once feel that we are being told to disappear. It isn't

    私たちは、自分の仕事のある部分に対して、「消えろ」と言われているような気がしてなりません。それは

  • just one or two people who are mocking us, the whole world is apparently thinking only

    私たちを馬鹿にしているのは一人や二人ではなく、全世界の人たちが考えているのは明らかに

  • of how ridiculous we are. We will never get past this moment of negative assessment; the

    自分がどれだけ馬鹿げているか。このネガティブな評価の瞬間を乗り越えることはできません。

  • hatred will never end. It's a catastrophe.

    憎しみは決して終わらない。大惨事になる。

  • If criticism from outside proves devastating, it is because it so readily joins forces with

    もし外部からの批判が壊滅的なものであるならば、それはそれだけで簡単に手を組んでしまうからである。

  • an infinitely more strident and more aggressive form of criticism that has long existed inside

    の中に存在していた、限りなく緊張感のある、より攻撃的な批判の形。

  • of us. We are already struggling so hard to tolerate ourselves against inner voices that

    私たちの私たちはすでに、以下のような内なる声に対して、自分を容認するために必死になっています。

  • confidently assert how undeserving, ugly and devious we are, that there is no room left

    自分がいかに価値のない、醜い、悪賢い人間であるかを自信を持って主張することで、自分の居場所がなくなってしまう。

  • for us to take on further reminders of our awfulness. The key of present criticism has

    それは、私たちが自分たちの恐ろしさをさらに思い知らされるためです。現在の批判の鍵は

  • inserted itself into a lock of historic hatred - and let loose an unmasterable surge of self-loathing.

    歴史的な憎しみの錠前に自らを挿入し、抑えきれない自己嫌悪の波を放ったのです。

  • When we are suffering, we should remember that we aren't exceptionally weak; we almost

    私たちが苦しんでいるとき、私たちは特別に弱いわけではないことを思い出してください。

  • certainly had a far worse childhood than the average person.

    確かに、平均的な人よりもはるかに悪い子供時代を過ごしました。

  • Once upon a time, we were probably humiliated and shamed without being soothed, held or

    むかしの私たちは、おそらく、なぐさめられたり、抱かれたりすることなく、辱められたり、恥をかかされたりしていたのではないでしょうか。

  • reassured, and this is why we now take current criticism so much to heart. We don't know

    だからこそ、私たちは今の批判を真摯に受け止めることができるのだと思います。私たちが知らない

  • how to defend ourselves against our enemies because we have never been deeply appreciated.

    敵から身を守るにはどうしたらいいのか、それは我々が深く評価されたことがないからだ。

  • We already hate ourselves so much more than our worst enemies ever will. A part of us

    私たちはすでに、最悪の敵よりもはるかに自分自身を憎んでいます。私たちの一部は

  • is responding to adult challenges with the vulnerability of a child who faced disdain

    は、大人の挑戦に対して、軽蔑された子供のような弱さで対応しています。

  • on a scale they couldn't master. The present challenge feels like a catastrophe because

    自分たちの手に負えない規模である。現在の課題が大惨事のように感じられるのは

  • catastrophe is precisely what was once endured.

    大惨事とは、まさにかつて耐え忍んだものである。

  • We may not easily be able to stop feeling unhappy about criticism, but at least we can

    批判されて嫌な思いをするのをやめるのは簡単ではないかもしれませんが、少なくとも

  • change what we feel unhappy about. Our vulnerability need not be - as we initially, instinctively

    不幸だと感じていることを変える。私たちの脆弱性は必要ありません - 私たちが最初に、本能的に

  • think - a sign that we are actively awful. It is evidence that we were, long ago, denied

    と思うのは、私たちが積極的にひどい目にあっていることの証です。それは、私たちが大昔に、否定されたという証拠です

  • the sort of love that we would have needed in order to remain more steadily and generously

    私たちが、より安定して、より寛大であり続けるために必要だったであろう、ある種の愛。

  • on our own side at moments of difficulty.

    困難な時には自分の味方になってくれます。

To be criticised is never pleasant. It is rarely a good day when we have to read an

批判されることは決して楽しいことではありません。を読まなければならない日は滅多にありません。

字幕と単語
AI 自動生成字幕

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語 批判 惨事 憎し 攻撃 弱い 対し

批判はなぜこんなにも傷つくのか (Why Criticism Can Hurt so Much)

  • 32 3
    Summer に公開 2021 年 10 月 20 日
動画の中の単語