Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On Valentine's Day in 1895, the most famous  playwright in the English speaking world,  

    1895年のバレンタインデーに、英語圏で最も有名な劇作家である

  • Oscar Wilde, presented his new play, The  Importance of Being Earnest, in London at  

    オスカー・ワイルドは、ロンドンで新作「The Importance of Being Earnest」を発表しました。

  • St. James Theatre. The audience was packed with  celebrities, aristocrats and famous politicians,  

    St.James劇場。会場には著名人や貴族、有名政治家などが集まりました。

  • eagerly awaiting another triumph from  a man universally heralded as a genius.  

    天才と呼ばれる彼の新たな勝利を待ち望んでいた。

  • At the end of the performance, there wasstanding ovation. Critics adored the play  

    公演終了時にはスタンディングオベーションが起こりました。評論家も絶賛

  • and so did audiences, making it Wilde's  fourth major success in only three years

    観客にも好評で、ワイルドはわずか3年で4度目の大成功を収めました。

  • Yet, only a few short months later, Wilde  was bankrupt and about to be imprisoned.  

    しかし、それからわずか数ヶ月後、ワイルドは破産し、投獄されようとしていた。

  • His reputation was in tatters and his life  ruined beyond repair. It was, as everyone  

    彼の評判はボロボロになり、彼の人生は修復不可能なほど台無しになった。それは、誰もが

  • then and now agreed, a tragedy, the swift fall  of a great man due to a small but fateful slip

    当時も今も変わらないのは、偉大な人物が小さな、しかし運命的なミスによって急速に没落していくという悲劇である。

  • The story of how Oscar Wilde went  from celebrity playwright to prisoner,  

    オスカー・ワイルドが有名な劇作家から囚人になるまでの物語。

  • in such a short space of time, has much to  teach us about disgrace and infamy. We don't  

    このような短い時間の中で、私たちは不名誉と悪名について多くのことを教えられました。私たちには

  • have to be acclaimed to understand that Wilde's  poignant tragedy urges us to abandon our normal  

    ワイルドの痛快な悲劇が、私たちに普段の生活を捨てるように促していることを理解するには、高い評価を受けなければなりません。

  • moralism and have sympathy for those who  stray, it calls for us to extend our love  

    道徳主義で、道を踏み外した人に同情するのではなく、愛を広げることが求められます。

  • not just to those who obviously deserve  it but precisely to those who seem not  

    明らかにそれに値する人だけでなく、そうでないと思われる人にも正確に与えられる。

  • to. We talk a lot of what a civilised world  should be like. We might put it like this: a  

    にしました。文明的な世界とはどうあるべきか、という話をよくします。それは次のようなものです。

  • civilised world would be one in which Oscar Wilde  could have been forgivenand in which those who  

    文明世界とは、オスカー・ワイルドが許される世界であり、また、そのような世界の中でも

  • make errors of judgement could be treated with  high degrees of sympathy and, even, of kindness.  

    判断ミスをしても、同情や優しさをもって接することができる。

  • It would be a world in which we could remember  that good people can at times do bad things –  

    それは、善良な人々が時に悪いことをするということを忘れないような世界です。

  • and should not pay an eternal price for them. Wilde's tragedy began several years earlier,  

    そして、そのために永遠の代償を払うべきではない。ワイルドの悲劇はその数年前から始まっていた。

  • when he was introduced to a beguiling young  man named Lord Alfred Douglas. Douglas,  

    彼は、ロード・アルフレッド・ダグラスという魅力的な青年に引き合わされた。ダグラスは

  • known to family and friends as 'Bosie',  was extremely handsome, charming and  

    家族や友人から「Bosie」と呼ばれていた彼は、非常にハンサムで、魅力的で

  • arrogant.

    傲慢である。

  • By 1892, a year after they had met, the two men  

    出会ってから1年後の1892年には、2人は

  • had fallen profoundly in love. Although Wilde  was married with two children, he spent much of  

    は、深い恋に落ちていた。結婚して二人の子供がいたものの、ワイルドはそのほとんどを

  • his time with Bosie: there was a sixteen year age  gap, Douglas was twenty-four, Wilde forty. They  

    ダグラスは24歳、ワイルドは40歳と、16歳の年齢差があった。彼らは

  • travelled together, stayed in hotels and  hosted large dinners for their friends.

    一緒に旅行したり、ホテルに泊まったり、友人のために大規模なディナーを開いたりしました。

  • By 1894, the pair were constantly seen together  in public and rumours of their love affair had  

    1894年になると、二人は常に公の場で一緒にいる姿が目撃されるようになり、恋愛の噂が流れた。

  • spread as far as Bosie's father, the Marquess  of Queensbury. The Marquess was a cruel,  

    それは、ボージーの父親であるクイーンズベリー侯爵にまで及んだ。侯爵は残酷な人だった。

  • aggressive character, known for inventing  the 'Queensbury Rules' of amateur boxing.  

    アマチュア・ボクシングの「クィーンズベリー・ルール」を考案したことで知られる、攻撃的な人物。

  • Having decided that Wilde was corrupting his sonhe demanded that the pair stop seeing each other

    ワイルドが息子を堕落させていると判断した彼は、二人が会うのをやめるように要求した。

  • When Wilde refused, Queensbury began to hound  him across London, threatening violence against  

    拒否したワイルドは、クィーンズベリーがロンドン中で彼を追い回し、暴力を振るうと脅し始めた。

  • restaurant and hotel managers if they  allowed Wilde and Bosie onto the premises

    レストランやホテルの経営者が、ワイルドとボージーを敷地内に入れてしまったら。

  • Queensbury booked a seat for the opening  night of The Importance of Being Earnest.  

    クィーンズベリーは、『真面目な話』の初日の席を予約した。

  • He planned to throw a bouquet of rotting  vegetables at Wilde when he took to the stage

    腐った野菜の花束をワイルドに投げつけようとしたのだ。

  • When Wilde heard about the stunt, he had  him barred from the theatre and Queensbury  

    このスタントを聞いたワイルドは、彼を劇場から締め出し、クィーンズベリーが

  • flew into a rage. He tried to accost Wilde  after the performance at the Albemarle Club  

    怒りが爆発した。アルベマール・クラブでの公演後、ワイルドに声をかけようとしたが

  • in Mayfair. When the porters refused to let  him in, he left a calling card which publicly  

    メイフェアのホテル。ポーターに断られたとき、彼はテレフォンカードを残しました。

  • accused Wilde of having sex with other men. Since homosexuality was illegal and deeply  

    ワイルドが他の男性とセックスしていると告発したのです。同性愛は違法であり、深く

  • frowned upon in Victorian society this was a dangerous accusation

    ヴィクトリア朝の社会では、このような告発は危険なものでした。

  • Seeing no end to Queensbury's bullying behaviour,  

    クィーンズベリーのいじめ行為には終わりが見えない。

  • Wilde decided to take legal action. By suing  Queensbury for libel, Wilde hoped to clear  

    ワイルドは、法的手段に訴えることにした。クィーンズベリーを名誉毀損で訴えることで、ワイルドは以下のことをクリアにしたいと考えました。

  • his name and put an end to the harassment.

    彼の名前を出して、嫌がらせに終止符を打ちました。

  • When the trial began, Wilde was confident.  

    裁判が始まったとき、ワイルドは自信を持っていた。

  • He took the stand and gave witty, distracting  answers during his cross-examination

    証言台に立ち、反対尋問ではウィットに富んだ気の抜けた回答をしていた。

  • Within a few days, however,  

    しかし、数日後には

  • the tide had turned against him.

    流れは彼に逆らっていた。

  • It became clear that Queensbury's lawyers  

    クィーンズベリーの弁護士は、このような事態を想定していた。

  • had hired private detectives to uncover an  uncomfortable truth: that both Wilde and Bosie had  

    私立探偵を雇って、ワイルドとボージーの二人が不愉快な真実を明らかにしたのだ。

  • hired male prostitutes. Some had even blackmailed  Wilde in the past, successfully extorting  

    雇われた男性娼婦たち。その中には、過去にワイルドを脅迫していた者もいました。

  • money from him in return for their silence. The trial was hopeless and Wilde withdrew his  

    沈黙を守る見返りに、彼からお金をもらった。裁判は絶望的なものとなり、ワイルドは撤回した。

  • case, but events had spiralled beyond his control. Queensbury's lawyers forwarded their evidence to  

    しかし、事態は彼の手に負えなくなってしまった。クィーンズベリーの弁護士は、その証拠を

  • the Director of Public Prosecutions and Wilde  was soon arrested on charges of gross indecency

    ワイルドは、すぐに公然わいせつの容疑で逮捕された。

  • The legal costs left him bankrupt and  theatres were forced to abandon his plays

    この訴訟費用で彼は破産し、劇場は彼の作品を放棄せざるを得なくなった。

  • Wilde's criminal trial began at the Old Bailey  on April 26. He faced twenty-five charges,  

    ワイルドの刑事裁判は、4月26日にオールド・ベイリーで始まった。彼は25の容疑をかけられていた。

  • all of which surrounded his sexual  relationships with younger men

    これらはすべて、若い男性との性的関係をめぐるものでした。

  • Wilde continued to deny the allegations  and the jury could not reach a verdict,  

    Wildeはその主張を否定し続け、陪審員は評決に達することができませんでした。

  • but when the prosecution were allowed to try Wilde  

    しかし、検察側がワイルドの裁判を許可したときには

  • a second time he was eventually found guilty.

    が、2度目の有罪判決を受けた。

  • The judge said at his sentencing, “It is the worst  

    裁判官は彼の判決で、「最悪です。

  • case I have ever tried. I shall pass the severest  sentence that the law allows.  

    私が今まで試した中で法が許す限りの厳しい判決を下します。

  • Wilde was sentenced to two years' of hard labour.  

    ワイルドは2年間の重労働を課せられた。

  • Inmates in London's Pentonville Prison, where  he was sent, spent six hours a day walking on  

    彼が送られたロンドンのペントンビル刑務所の受刑者たちは、1日6時間かけて、歩いて

  • a heavy treadmill or untangling old  rope using their hands and knees

    重いトレッドミルを使ったり、手や膝を使って古いロープを解いたりしています。

  • For someone of Wilde's luxurious background, it  was an impossible hardship. His bed was a hard  

    贅沢な暮らしをしていたワイルドにとって、それはありえないほどの苦労だった。彼のベッドは、硬い

  • plank which made it difficult to fall asleepPrisoners were kept alone in their cells and  

    睡眠をとるのが困難な板状のものです。 囚人は独房に一人で入れられており

  • barred from talking to one another. He suffered  from dysentery and became physically very frail

    互いに話すことを禁じられた。赤痢にもなり、体も弱ってしまった。

  • After six months, he was transferred  to Reading Gaol. As he stood on the  

    半年後、彼はレディング刑務所に移された。の上に立ったとき、彼は

  • central platform of Clapham Junction, with  handcuffs around his wrists, passers-by began  

    クラパム・ジャンクションの中央ホームで、手首に手錠をかけられた状態で、通行人が

  • to recognise the celebrity playwright. They  laughed and mocked. Some even spat at him

    笑われたり、馬鹿にされたり。彼らは笑い、嘲笑した。中には彼に唾を吐く人もいた。

  • 'For half an hour I stood  there,' he wrote afterwards,  

    30分間、私はそこに立っていた」と後から書いている。

  • 'in the grey November rain surrounded byjeering mob. For a year after that was done to me,  

    11月の灰色の雨の中、暴徒に囲まれて」。それから1年間、私はそのようにされました。

  • I wept every day at the same hour  and for the same space of time.'

    私は毎日、同じ時間、同じ空間で泣いていました』。

  • During his last year in prison,  

    獄中最後の年に

  • Wilde wrote an anguished essay, De Profundis:  'I once a lord of language, have no words in  

    ワイルドは『デ・プロフンディス』という苦悩に満ちたエッセイを書きました。

  • which to express my anguish and my shame…  Terrible as was what the world did to me,  

    私の苦悩と恥ずかしさを表現するために......世界が私にしたことは恐ろしいことでした。

  • what I did to myself was far more terrible still….  The gods had given me almost everything. But I let  

    私が自分自身にしたことは、はるかに恐ろしいことでした。.... 神々は私にほとんどすべてを与えてくれました。しかし、私は

  • myself be lured into long spells of senseless and  sensual ease…I allowed pleasure to dominate me.  

    私は快楽に支配されていた。

  • I ended in horrible disgrace. There is only  one thing for me now, absolute humility… I  

    私はひどい不名誉で終わった。今の私にはただ一つ、絶対的な謙虚さがあります...私は

  • have lain in prison for nearly two years… I have  passed through every possible mood of suffering…  

    私は2年近く刑務所にいて、ありとあらゆる苦しみを経験しました...。

  • The only people I would care to be with now  are artists and people who have suffered:  

    今、一緒にいたいと思うのは、アーティストや苦しんでいる人たちだけです。

  • those who know what beauty is, and those who  know what sorrow is: nobody else interests me.' 

    美しさを知っている人、悲しみを知っている人、それ以外の人には興味がありません」。

  • In May 1897, Wilde was finally released. He set  sail for Dieppe in France the very same day

    1897年5月、ワイルドはようやく釈放された。その日のうちにフランスのディエップに向けて出航した。

  • His wife, Constance, had changed her name  and moved abroad with their two sons,  

    妻のコンスタンスは名前を変えて、2人の息子を連れて海外に移住していた。

  • Vyvyan (now 11) and Cyril (12). Wilde would never  see his children again; he missed them every day.

    ヴィヴィアン(現在11歳)とシリル(12歳)である。ワイルドは子供たちと二度と会うことはない。毎日のように子供たちに会いに行っていた。

  • Constance agreed to send him money on the  

    コンスタンスは、彼にお金を送ることに同意した。

  • condition that he end his relationship  with Bosie, but only a few months later,  

    という条件で、ボジーとの関係を終わらせたが、数ヶ月後には、ボジーとの関係は終わっていた。

  • the pair reunited and the money stopped. They moved to Naples and Wilde began using  

    二人が再会すると、お金の流れが止まりました。二人はナポリに引っ越し、ワイルドは次のように使い始めた。

  • the name Sebastian Melmoth, inspired by  the great Christian martyr Saint Sebastian  

    キリスト教の偉大な殉教者である聖セバスチャンにちなんで、Sebastian Melmothと名付けられました。

  • and a character from a Gothic novel  who had sold his soul to the devil

    とは、悪魔に魂を売ったゴシック小説の登場人物のこと。

  • They hoped to find privacy abroad, but the scandal  seemed to follow them wherever they went. English  

    海外でプライバシーを確保したいと思っていたが、どこに行ってもスキャンダルがつきまとうようになった。英語

  • patrons recognised them in hotels and demanded  they be turned away. After Constance stopped  

    パトロンはホテルで彼らを認識し、彼らを追い出すことを要求した。コンスタンスが止めた後

  • sending money, Bosie's mother offered to pay their  debts if he returned home and the pair once again  

    送金したところ、ボージーの母親が「帰ってくれば借金を返す」と言ってくれて、二人は再び

  • parted ways; it proved equally impossible. Scorned by many of his former friends,  

    しかし、それは不可能に近いことでした。多くの旧友から軽蔑された。

  • Wilde moved to Paris where he lived in relative  poverty. He spent most of his time and money in  

    ワイルドはパリに移り住み、比較的貧しい生活を送っていた。彼は時間とお金のほとんどを

  • bars and cafes, borrowing money whenever  he could and drinking heavily. His weight  

    バーやカフェで、お金を借りては大酒を飲んでいました。彼の体重は

  • ballooned and his conversation dragged. He  was slowly inebriating himself to death

    その結果、彼の会話は途切れ途切れになってしまった。彼はゆっくりと自分を酔わせて死んでいった。

  • When a friend suggested he try to write another  comic play, he replied: “I have lost the  

    友人が「また漫才を書いてみたら」と言ったとき、彼はこう答えた。「私は、もう

  • mainspring of life and art […] I have pleasuresand passions, but the joy of life is gone.” 

    人生と芸術の原動力(中略)私には快楽と情熱があるが、人生の喜びはなくなってしまった」。

  • His final piece of writing, a poem, The Ballad of  Reading Gaol, was published in 1898. The author's  

    彼の最後の作品である詩「The Ballad of Reading Gaol」は1898年に出版された。作者の

  • name was listed as 'C.3.3.' – Wilde's cell block  and cell number from his time in the prison

    の名前が「C.3.3」と記載されていました。- ワイルドが刑務所にいた頃のセルブロックとセルナンバー。

  • Towards the end of 1900, Wilde developed  meningitis and became gravely ill.  

    1900年の終わり頃、ワイルドは髄膜炎を発症し、重篤な状態に陥った。

  • A Catholic priest visited his hotel  and baptised him into the church.  

    カトリックの神父が彼のホテルを訪れ、教会の洗礼を受けました。

  • He died the following day at the age of 46. 

    翌日、46歳で亡くなりました。

  • More than a century later, in 2017, a law was  passed to exonerate those who had been convicted  

    一世紀以上経った2017年には、有罪判決を受けた人を無罪にする法律が成立しましたが

  • due to their sexuality and Oscar  Wilde received an official pardon  

    性を理由に、オスカー・ワイルドは公式に恩赦を受けた。

  • from the UK government. 'It is hugely important,'  declared a government minister, 'that we pardon  

    英国政府からの要請です。恩赦を与えることは非常に重要である」と政府の大臣が宣言した。

  • people convicted of historical sexual offences  who would be innocent of any crime today.' 

    歴史的な性犯罪で有罪判決を受けた人たちが、今日では無罪になってしまう」。

  • Our society has become generous towards  Wilde's specific behaviourbut it  

    私たちの社会は、ワイルドの具体的な行動に対して寛大になっていますが、それは

  • remains moralistic towards a huge number of other peoples   

    膨大な数の他民族に対して道徳的な態度をとり続ける

  • and ways of life 

    と生き方

  • Many of us wouldacross the ageswant to comfort and befriend Oscar Wilde. It's a touching hope,  

    私たちの多くは、時代を超えて、オスカー・ワイルドを慰めたい、仲良くしたいと思っています。それは感動的な希望です。

  • but one that would be best employed in extending  understanding to all those less talented and less

    しかし、才能のない人たちや苦手な人たちへの理解を深めるためには、最適な方法があります。

  • witty figures who are right now facing grave difficulties  

    今、大変な困難に直面しているウィットに富んだ人物たち。

  • and still, deserve compassion. That

    そして、それでもなお、同情に値するのです。 その

  • would be true civilisation and a world in which  Wilde's horrifying downfall had not been in vain.

    が真の文明となり、ワイルドの恐ろしい没落が無駄ではなかった世界になるだろう。

  • Our online shop has a range of books and gifts that address the most important and often neglected aspects of life. Click now to learn more.

    私たちのオンラインショップでは、人生において最も重要でありながら、軽視されがちな側面を取り上げた書籍やギフトをご用意しています。 今すぐクリックして、詳細をご覧ください。

On Valentine's Day in 1895, the most famous  playwright in the English speaking world,  

1895年のバレンタインデーに、英語圏で最も有名な劇作家である

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ワイルド ベリー オスカー 二人 ホテル ダグラス

オスカー・ワイルドの没落とは (The Downfall of Oscar Wilde)

  • 4 1
    Summer に公開 2021 年 10 月 13 日
動画の中の単語