Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • What if you can live forever?

    もしも永遠に生きられるとしたら?

  • Okay, maybe not forever, but would you take 150 years?

    さて、永遠ではないかもしれませんが、150年はかかるでしょうか?

  • A new study is shedding light on how we age and may even show us a way to push the limits on human lifespan.

    新しい研究は、人間がどのように年をとるのかを明らかにし、人間の寿命の限界を超える方法を示しているかもしれません。

  • So, not to get all metaphysical, but what is age, anyway?

    そこで、形而上学的な話になりますが、そもそも年齢とは何でしょうか?

  • Let's start by talking about the age we're most familiar with: chronological age.

    まず、私たちにとって最も身近な年齢である「年代」についてお話しましょう。

  • You know, the one that's marked on the calendar as your birthday.

    カレンダーに誕生日と書かれているものですね。

  • But this isn't the best way to gauge your health.

    しかし、これでは自分の健康状態を把握することはできません。

  • If you wanna find out what toll all that mileage has taken on your body, you need to know your biological age.

    走行距離による体への負担を知るには、自分の生物学的年齢を知る必要があります。

  • Biological age describes the accumulated damage to your cells caused by genetics and factors like pollution, disease, and chronic lack of sleep, as well as the natural decline of cells over time.

    細胞に蓄積されたダメージを表す生物学的年齢遺伝や、公害、病気、慢性的な睡眠不足などの要因によって引き起こされます。 また、時間の経過とともに細胞が自然に減少することもあります。

  • As age increases, DNA accumulates damage, mitochondria break down, and the telomeres at the ends of our chromosomes shorten.

    年齢が上がるにつれ、DNAにはダメージが蓄積され、ミトコンドリアは壊れ、染色体の末端にあるテロメアは短くなります。

  • This functional decline causes our organs to deteriorate, increasing our biological age as a result.

    この機能低下により、内臓が劣化していきます。その結果、私たちの生物学的年齢は上昇します。

  • Until recently, scientists thought the process was irreversible.

    最近まで、科学者たちはこのプロセスは不可逆的なものだと考えていました。

  • But within the last couple (of) decades, scientists are learning that cells can revive through a process known as "Anastasis".

    しかし、ここ数十年の間に、「アナスタシス」と呼ばれるプロセスで細胞が蘇ることがわかってきました。

  • Greek for "rising to life."

    ギリシャ語で「生命への上昇」を意味します。

  • In a breakthrough study in 2008, a group of biologists conducted an experiment where they put human cancer cells in ethanol to initiate cell death.

    2008年の画期的な研究では、生物学者のグループが実験を行いました。ヒトのがん細胞をエタノールの中に入れて、細胞死させるというものです。

  • When the cells were removed from the toxin and put in a fresh petri dish, they came back to life!

    毒素を抜いた細胞を新しいシャーレに入れると生き返ったのです。

  • Which is huge!

    これは大きいですね!

  • Then, in 2019, a group of scientists from Yale gained worldwide attention when they briefly revived the cellular function in brains of pigs just four hours after they passed.

    そして2019年、イェール大学の科学者グループが、豚が亡くなってからわずか4時間後に脳の細胞機能を短時間で蘇らせ、世界的に注目を集めました。

  • But why do this?

    しかし、なぜこんなことをするの!?

  • Well, experiments like these could help us better understand how cells regenerate, and maybe one day, even extend human lifespan.

    このような実験は、細胞がどのように再生するのかを理解するのに役立ちます。そして、いつの日か人類の寿命を延ばすことができるかもしれません。

  • But before we do that, we first need to know what those lifespan limits are.

    しかし、その前にまず、その寿命の限界を知る必要があります。

  • To explore that question, a team of researchers in 2021 used a standard blood test to measure "wear and tear" on the body.

    この疑問を解決するために、2021年の研究チームは、標準的な血液検査で体の「消耗度」を測定しました。

  • They collected data from more than 500,000 people of all ages.

    彼らは50万人以上のあらゆる年齢層の人々からデータを集めました。

  • But instead of looking at individual data points associated with aging, they combined them into a single number called the dynamic organism state indicator, or DOSI for short.

    しかし、加齢に伴う個々のデータを見るのではなくそして、それらを1つの数字にまとめたのが「Dynamic Organism State Indicator」、略して「DOSI」です。

  • A person's DOSI value changes over time depending (on) how their body responds to stress.

    人のDOSI値は、ストレスに対する体の反応によって、時間とともに変化していきます。

  • When a person gets sick or injured, their DOSI value goes up.

    病気やケガをすると、DOSI値が上がります。

  • The length of time that it takes for them to recoverand their DOSI to return to normalis what's known as resilience.

    回復してDOSIが元に戻るまでの時間の長さが、レジリエンスと呼ばれるものです。

  • Unsurprisingly, the researchers found that resilience decreased steadily with age.

    意外なことに、レジリエンスは年齢とともに着実に低下することがわかりました。

  • This explains why taking a tumble at age 20 is no big deal, but that same fall at 90 would be a lot harder to get up from.

    20歳で転んでも大したことないのに、90歳で同じように転んだら立ち上がるのが大変になるのはそのためです。

  • People's physical activity over time was also analyzed, and the data showed a decrease in recovery rates as people aged.

    また、人々の運動量の推移を分析したところ、加齢とともに回復率が低下するというデータが得られました。

  • This matched the decline in resilience measured by the DOSI data, which confirmed the results were telling us something important about how people age.

    これは、DOSIデータで測定されたレジリエンスの低下と一致しています。この結果は、人がどのように年をとるかについて重要なことを語っていることを確認しました。

  • What the team found was a trend of declining resilience over time.

    その結果、時間の経過とともにレジリエンスが低下する傾向にあることがわかりました。

  • Let's say, you're perfectly healthy and do everything "right".

    仮に、あなたが完全に健康で、すべてのことを「正しく」行っているとしましょう。

  • If you were to hit somewhere between 120 and 150 years old, your resiliency would putter out and get to a point where your recovery time is so long you don't recover at all.

    もし、あなたが120歳から150歳くらいになったとしたら、あなたの回復力は底をついてしまうでしょう...。と、回復時間が長すぎて、全く回復しない状態になってしまうのです。

  • The TLDR: Even if you're living your best life, according to this study, you won't make it past 150.

    TL;DR:この研究によると、たとえあなたが最高の人生を送っていたとしても、150歳を超えることはできないでしょう。

  • But here's the upside.

    しかし、ここからが本番です。

  • If we treat the underlying causes of resilience loss, we could develop life-extending treatments that can one day help us live beyond the known limits.

    レジリエンス低下の根本的な原因を治療すれば、いつの日か既知の限界を超えて生きることができる延命治療法が開発されるかもしれません。

  • And while increasing our lifespan sounds nice, if we're able to boost resilience, we have the potential to increase our healthspan, too.

    寿命を延ばすのもいいですが、レジリエンスを高めることができれば、健康寿命も延ばせる可能性があります。

  • Which helps us gain more healthy years alive, and that sounds like a life better lived to me.

    その結果、より多くの健康寿命を得ることができ、私にとってはより良い人生を送ることができるようになります。

  • Do you know any 100-year-olds?

    100歳の人はいますか?

  • Projections suggest there will be 3.7 million centenarians across the globe by 2050.

    2050年には世界で370万人の百寿者が誕生するとの予測もあります。

  • If you wanna know about one way to live longer with your telomeres, check out this video from Maren!

    テロメアで長生きするための一つの方法を知りたい方はMarenのビデオをご覧ください。

  • Don't forget to subscribe and keep coming back to Seeker.

    これからもSeekerをよろしくお願いします。

  • Thanks for watching.

    ご覧いただきありがとうございます。

What if you can live forever?

もしも永遠に生きられるとしたら?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 細胞 寿命 年齢 回復 生物 データ

【英語で雑学】人間は最長で何歳まで生きられる?最新の研究でわかってきた!

  • 3277 161
    Summer に公開 2021 年 10 月 11 日
動画の中の単語