Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • [The explosion in this video were controlled by an experienced, professional pyrotechnician. Do not attempt this.]

    [このビデオの爆発は、経験豊かなプロの花火師によってコントロールされています。絶対に真似しないでください]

  • There is one kilo of Semtex plastic explosive back there.

    セムテックスのプラスチック爆弾が1キロ後ろにあります。

  • This ought to look good.

    これはいい感じでしょう。

  • Okay. That didn't look great on camera. Neither did I.

    おっけい。カメラ映りが悪いな、 俺もだ。

  • The film industry has a lot of tricks to make the explosions in movies look like the audience expects them to: all fire and flame and devastation.

    映画業界では、映画の爆発を観客の期待通りに見せるために、様々な仕掛けが施されています:すべての火と炎と惨状です。

  • So now, we've seen what an actual explosion looks like, let's see how Hollywood does it.

    さて、実際の爆発がどのようなものかを見てきましたが、ハリウッドがどのように行うかを見てみましょう。

  • There are two parts to the trick, and the first is what you're actually blowing up.

    仕掛けは2つあり、1つ目は実際に吹き付けるものです。

  • We've just blown up one kilo of Semtex 1A, which is a PETN based plastic explosive.

    PETN ベースのプラスチック爆弾であるセムテックス 1A を1キロ爆発させたところです。

  • Now that's real military explosive.

    これが本当の軍事用爆弾です。

  • So for a Hollywood effect, we don't actually use the Semtex, because it does a lot of damage. It's designed to do damage for its military purpose.

    ですから、ハリウッドの効果として、セムテックスを実際に使うわけではありません。軍事的な目的のためにダメージを与えるように設計されているのです。

  • We don't want that. We want something that looks nice but does the minimum amount of damage possible.

    私たちが欲しいのは、そんなものではありません。見た目がよくて、ダメージが最小限なものがいいんです。

  • So what we're going to use is some detonating cord to burst a bag full of petrol, and that will be ignited as it goes out by an ignition charge off to one side.

    そこで、ガソリンの入った袋を破裂させるための起爆紐を使い、片側にある点火器で点火して外に出します。

  • And we're going to do this in three pots called mortar pots.

    そして、これをモルタルポットと呼ばれる3つのポットで行うのです。

  • And that will direct the fuel as it flies out.

    そして、それが燃料が飛び出す方向を指示します。

  • And then it gets ignited, and that produces a nice, big explosive effect.

    そして、それに点火することで、素晴らしい大きな爆発効果を生み出すのです。

  • There are loads of flames and fire and dirty smoke.

    炎と火と汚い煙が満載です。

  • We do that to just pointing towards the camera.

    それを、ただカメラに向けるだけにしているのです。

  • We don't want to bother sending it backwards or to the sides, particularly.

    特に後方や側方にわざわざ送るようなことはしたくありません。

  • We only want it where it's going to do the effect that we want.

    私たちが望むような効果を発揮する場所にしか、それは必要ないのです。

  • For the three pots full of fuel, we're probably going to use less than 10 grams in each of them.

    3つのポットいっぱいの燃料の場合、それぞれ10グラム弱を使うことになるでしょうね。

  • The reason we're getting a bigger effect using less explosive is because of the fuel.

    少ない火薬で大きな効果が得られるのは、燃料のおかげなんです。

  • We're putting that in there because that will catch fire.

    それは火がつくから入れているんです。

  • Big, big yellow flames, lots of dirty black smoke, because it's a mixture of kerosene, petrol, diesel, and any other muck I happen to have lying around.

    灯油、ガソリン、軽油、その他、その辺に転がっている泥を混ぜたものだから、大きな大きな黄色い炎とたくさんの汚い黒煙が出ます。

  • Those were in plastic bags in front of the explosive charge.

    それらはビニール袋に入れられ、爆薬の前に置かれていました。

  • The explosive charge is just there to propel the fuel out, vaporize it, make a big cloud of it, which can then be ignited.

    爆薬は、燃料を外に出して気化させ、大きな雲を作り、それに点火するためにあるのです。

  • So the visual effect is from the cloud of fuel igniting, and the explosive is just used to create that cloud.

    つまり、燃料の雲に着火することで視覚効果を発揮し、火薬はその雲を作るために使われているだけなのです。

  • This is detonating cord. It's a thin plastic tube with some fiber winding inside it, but, down the very center, it's powdered PETN, Pentaerythritol Tetranitrate, a high explosive.

    これは起爆コードです。細いプラスチックのチューブの中に繊維が巻いてあって、真ん中には粉末のPETN(ペンタエリスリトールテトラニトラ)が入っている、高性能の爆薬です。

  • And when this stuff goes off, it will detonate along its length.

    そして、これが爆発すると、その長さ方向に沿って爆発するのです。

  • That's about six kilometers a second. So it's pretty powerful.

    これは秒速約6キロメートルです。つまり、かなり強力なのです。

  • But what we're going to do for the Hollywood effect is to reel it up, and make like little flat pads of it.

    しかし、ハリウッド効果を出すためには、それを巻き取って、小さな平らなパッドのようなものを作ることなのです。

  • When that detonates, the blast from it will fracture the plastic bag and spread the fuel out and create our cloud of vapor that we want to ignite.

    爆発すると、その爆風でビニール袋が破れ、燃料が拡散して、発火させたい蒸気の雲ができるのです。

  • The important thing to remember is when you're using things like detonators, or the high explosives in a mortar pot, you need to separate it from the actual steel pot.

    重要なのは、起爆装置や、すり鉢の中の高火薬などを使うときは、実際の鉄鍋と分離する必要があるということです。

  • Because the shock waves from the high explosive going off can actually travel into the steel, and actually peel bits of it off and create fragmentation.

    爆薬の衝撃波が鋼鉄に伝わり、鋼鉄の破片が剥がれ、破片ができるためです。

  • So you need to put a lump of foam between the explosive and the mortar pot to make sure that it doesn't break up and damage the actors you might have close by.

    だから、爆薬とすり鉢の間に泡の塊を挟んで、爆薬がバラバラになって近くにある役者にダメージを与えないようにする必要があります。

  • With all the explosives in place, the second trick is how you film it.

    爆薬が揃ったところで、2つ目の仕掛けは、それをどう撮影するかです。

  • By moving the camera back and zooming in, you make it look like your actor is much, much closer to the explosion, and it means the whole frame is filled up while everyone's still at a safe distance.

    カメラを後ろに下げてズームインすることで、俳優が爆発にもっともっと近づいているように見せることができますし、全員が安全な距離にいながらフレーム全体を埋め尽くすことができるのです。

  • Then, you shoot in slow motion.

    そして、スローモーションで撮影します。

  • You make the explosion seem even longer by shooting from multiple angles and repeating it several times, and use all the cinematic lens and color tricks you can to make it look... well, more cinematic.

    複数のアングルから撮影して爆発を何度も繰り返すことでさらに長く見せ、映画的なレンズや色のトリックを駆使して、より映画的に見せる......ということですね。

  • And you tell your actor not to flinch.

    そして、役者には「ひるむな」と言うんですね。

  • Also, you hope he doesn't give a cheesy grin to camera.

    また、カメラに向かって安っぽい笑みを浮かべないようにと願っていますね。

  • Like, we had one take, and what I did was...

    1回のテイクで、私が行ったことは......。

  • I should—I should've done sort-of cold steel glare down the camera. I just had a grin on my face cause I'm firing a thing!

    カメラに向かって冷ややかな目で睨みつけるような感じで撮ればよかったんですが、私はただニヤニヤしていただけです。

  • Did that work?

    うまくいきましたか?

  • I was looking this way.

    こっちを向いていました。

  • I really wanted to look at the explosion.

    どうしても爆発を見たかったのです。

  • Oh, there is... there is a lot on fire back there, isn't there. Wow.

    あぁ、あそこでは、後ろが燃えていますね、そうでしょ?すごい。

[The explosion in this video were controlled by an experienced, professional pyrotechnician. Do not attempt this.]

[このビデオの爆発は、経験豊かなプロの花火師によってコントロールされています。絶対に真似しないでください]

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

B1 中級 日本語

全然違う?!リアルな爆発が映画の演出と似ていない理由とは

  • 1940 82
    Jeff Chiao に公開 2022 年 04 月 29 日
動画の中の単語