Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A lack of confidence is often put down to something we call shyness. But beneath shyness,

    自信のなさは、しばしば「シャイネス」と呼ばれるものに起因します。しかし 恥ずかしさの下に

  • there may lie something more surprising, pernicious and poignant. We suffer from a suspicion of

    そこにはもっと驚くべき、悪質で痛烈なものが潜んでいるかもしれません。という疑念に悩まされています。

  • ourselves that gives us a sense that other people will always have good reasons to dislike

    自分が嫌いな人には、必ずそれなりの理由があるという感覚を持つことができます。

  • us, to think ill of us, to question our motives and to mock us. We then become scared of the

    私たちのことを悪く思ったり、動機を疑ったり、馬鹿にしたりします。そして、私たちは、そのようなことに怯えるようになります。

  • world, speak in a small voice, don't dare to show our face at gatherings and are frightened

    世の中には、小さな声で話したり、人が集まるところに顔を出す勇気がなかったり、おびえていたりするものがあります。

  • of social occasions because we fear that we are ideal targets for ridicule and disdain.

    嘲笑や軽蔑の対象となることを恐れて、社会的な場での活動を控えています。

  • Our shy manner is the pre-emptive stance we adopt in the face of the blows we feel that

    私たちのシャイな態度は、以下のような打撃に直面したときにとる先制的な姿勢です。

  • other people want to land on us. Our shyness is rooted in a sense of unworthiness.

    他の人が私たちに着地したいと思っています。私たちのシャイネスの根底にあるのは、価値のない感覚です。

  • As shy people, when we find ourselves in a foreign city in which we know no one, we can

    恥ずかしがり屋の私たちは、誰も知らない異国の地に身を置くと

  • be thrown into panic at the prospect of having to enter a busy restaurant and order a meal

    忙しいレストランに入って食事を注文しなければならないことにパニックに陥る。

  • on our own. Dogged by a feeling that no one especially wants to know us, that we are outside

    自分の力で。誰も私たちのことを特に知りたがらないという感覚に悩まされ、私たちは外にいるのだと

  • the charmed circle of the popular and the desirable, we are sure that our leprous condition

    人気者や憧れの人たちの魅力的な輪の中で、私たちは私たちの癩病の状態を確信しています。

  • will be noticed by others and that we will be the target of sneering and viciousness.

    は、他の人の目に留まり、嘲笑や悪意の対象となってしまいます。

  • We unknowingly impute to strangers the nasty comments that we are experts at making to

    私たちは知らず知らずのうちに、自分が得意としている他人への嫌なコメントを他人に押し付けています。

  • ourselves; our self-image returns to haunt us in the assumed views of others. We imagine

    自分の自己イメージは、他人の想定した見解の中で、自分自身に返ってきます。私たちが想像するのは

  • that groups of friends will take mean delight in our solitary state and read into it appalling

    友人グループが私たちの孤独な状態を意地悪に楽しみ、そこに恐ろしいものを読み込んでしまうこと。

  • conclusions about our nature. They will see right through our veneer of competence and

    私たちの性質についての結論を出します。彼らは私たちの有能さの皮を見破って

  • adulthood and detect the deformed and unfinished creature we have felt like since the start.

    大人になって、最初から感じていた変形した未完成の生物を検出します。

  • They will know how desperate we have been to win friends and how pitiful and isolated

    私たちがどれだけ必死に友人を獲得しようとしてきたか、どれだけ哀れで孤立していたかを知っているだろう。

  • we are. Even the waiter will fight to restrain their desire to giggle at our expense in the

    私たちはで私たちを犠牲にして笑いたいという欲求を抑えるために、ウェイターでさえも戦うでしょう。

  • kitchen.

    のキッチンです。

  • A comparable fear haunts us at the idea of going into a clothes shop. The sales attendant

    洋服屋さんに入るときにも、同じような恐怖感があります。販売員が

  • will surely immediately sense how unfit we are to lay claim to the stylishness on offer.

    このようなスタイリッシュなデザインは、私たちには似つかわしくないとすぐに感じられるでしょう。

  • They may suspect we lack the money; they will be appalled by our physique. We lack the right

    お金がないと疑われるかもしれないし、体格が悪いと呆れられるかもしれない。私たちには権利がない

  • to pamper our own bodies.

    自分の体を大切にするために

  • It can be as much of a hurdle to attend a party. Here too our fundamental imagined awfulness

    パーティーに参加するのも同じくらいハードルが高いですよね。ここでも私たちの根本的な想像上のひどさ

  • is perpetually at risk of being noticed and exploited by others. As we try to join a group

    は、他人に気づかれ、利用される危険性を常にはらんでいます。グループに参加しようとすると

  • of people chatting animatedly, we dread that that they will swiftly realise how unfunny

    楽しそうに話している人たちを見ていると、いかに面白くないかすぐにわかってしまうのではないかと不安になります。

  • we are, how craven our nature is and how peculiar and damned we are at our core.

    私たちは、どれほど悪魔のような性質を持っているのか、そして私たちの核心部分がどれほど特異で呪われているのか。

  • The novelist Franz Kafka, who hated himself with rare energy, famously imagined himself

    小説家のフランツ・カフカは、自分自身を憎むことに並々ならぬエネルギーを注いでいたが、彼は自分自身を想像したことで有名だ。

  • into the role of a cockroach. This move of the imagination will feel familiar to anyone

    をゴキブリの役にしてみました。この想像力の動きは、誰もが身近に感じることでしょう。

  • sick with self-disdain. We, the self-hating ones, spontaneously identify with all the

    自己嫌悪で病んでいる。自己嫌悪に陥った私たちは、自発的にすべての

  • stranger, less photogenic animals: rhinoceroses, blobfish, spiders, warthogs, elephant seals

    他にも、サイ、ブロブフィッシュ、クモ、イボイノシシ、ゾウアザラシなど、写真映えしない動物たちがいます。

  • We skulk in corners, we run away from our shadow, we live in fear of being swatted away

    隅っこでコソコソしたり、自分の影から逃げたり、叩かれるのを恐れて生きていたり

  • and killed.

    と殺されました。

  • It is no surprise if, against such an internal background, we end up 'shy'. The solution

    このような内面的な背景から、「人見知り」になってしまうのは当然のことです。解決策は

  • is not to urge us blithely to be more 'confident'. It is to help us to take stock of our feelings

    は、無闇に「自信を持て」と勧めるものではありません。それは、自分の気持ちを把握するためのものです。

  • about ourselves that we have ascribed to an audience, that is, in reality, far more innocent

    実際にはもっと無邪気な視聴者に当てはめていた自分自身についての

  • and unconcerned than we ever imagine. We need to trace our self-hatred back to its origins,

    そして、私たちが想像している以上に無関心であること。自己嫌悪の原因をたどる必要があります。

  • repatriate and localise it, and drain it of its power to infect our views of those we

    それを再配置して局所化し、私たちが見ている人を感染させる力を奪います。

  • encounter. Everyone else isn't jeering, or bored or convinced of our revoltingness;

    遭遇します。他のみんなは嫉妬したり、退屈したり、私たちの反乱性を確信したりしません。

  • these are our certainties, not theirs. We don't have to whisper in a circumspect manner

    これは私たちの確信であって、彼らの確信ではありません。私たちは周到に囁く必要はありません

  • and enter each new conversation, restaurant or shop with a sheepish air of apology. We

    そして、新しい会話やレストラン、お店に入るたびに、申し訳なさそうな顔をしています。私たちは

  • can cast aside our introverted circumspection once we realise the distortions of our self-perception,

    は、自己認識の歪みに気づけば、内向的な周到さを捨てることができます。

  • and can come to believe in a world that has far better things to do than

    とか、もっといいことがある世界を信じられるようになります。

  • to despise us.

    私たちを軽蔑するために。

A lack of confidence is often put down to something we call shyness. But beneath shyness,

自信のなさは、しばしば「シャイネス」と呼ばれるものに起因します。しかし 恥ずかしさの下に

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 自己 他人 嫌悪 確信 想像 感覚

人見知りを克服する方法 (How to Overcome Shyness)

  • 70 4
    Summer に公開 2021 年 10 月 06 日
動画の中の単語