Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In 2018, it was estimated that more than 175 million Americans would go out and celebrate Halloween.

    2018年に、1億7,500万人以上のアメリカ人がハロウィーンを祝うと推定されていました。

  • The total amount spent on costumes, candies, and decorations nationwide?

    コスチューム、キャンディー、デコレーションにかけた総額は?

  • A whopping $9 billion.

    なんと、90億ドルです。

  • Putting on a costume and going out trick-or-treating is the most well-known Halloween tradition.

    コスチュームを着てトリック・オア・トリートに出かけるのは、最もよく知られたハロウィーンの伝統です。

  • The top two costumes worn by adults in 2018?

    2018年に大人が着用したコスチュームのトップ2は一体何でしょう?

  • Witch and vampire.

    魔女とヴァンパイアです。

  • Even pets participate in this holiday.

    ペットも一緒に参加しています。

  • The top costume for our furry friends that same year was a pumpkin.

    同年、動物たちの衣装のトップはカボチャでした。

  • Halloween is a holiday that celebrates all things terrifying, but its origins are closer to all things holy.

    ハロウィーンは、恐ろしいものを祝う祝日ですが、その起源は聖なるものに近いものです。

  • In fact, the celebration was once called "All Hallows' Eve", and it celebrated the lives of Catholic saintsbut more on that later.

    実際には、かつては「All Hallows Eve」と呼ばれ、カトリックの聖人の生活を祝うものでした。それについては後ほど詳しく説明します。

  • So, when did we start to dress up as monsters and carve out pumpkins for a holiday that commemorated saints?

    いつから聖人を記念する祝日にモンスターの格好をしたり、カボチャを彫ったりするようになったのでしょうか?

  • And what does trick-or-treating have to do with an ancient Catholic holiday?

    また、トリック・オア・トリートは、古代のカトリックの祝日とどのような関係があるのでしょうか?

  • You're watching Explore Mode, and in this episode, we're going to dive into the origins of Halloween.

    今回のエピソードでは、ハロウィーンの起源を探っていきます。

  • Halloween as we know it today does not have a single origin.

    現在、私たちが知っているハロウィーンの起源はひとつではありません。

  • It's more of a mix and match of different traditions that evolved and migrated with the people who practiced them from Europe to the rest of the world.

    それは、ヨーロッパから世界に向けて人々と共に進化し移動してきた様々な伝統のミックス&マッチと言えるでしょう。

  • But let's start with a 2,000-year-old Celtic festival called Samhain.

    まずは2,000年の歴史を持つケルトのお祭りサウィン祭から見ていきましょう

  • This pagan holiday marked the end of the harvest season and the beginning of winter.

    この異教の祝日は、収穫期の終わりと冬の始まりを告げるものでした。

  • It was celebrated on the eve of October 31st and ended on November 1st.

    10月31日の前夜祭で、11月1日に終わりました。

  • On October 31, the Celts would burn livestock and part of the summer harvest as sacrifices to the Celtic deities to symbolically share their harvest with the gods.

    10月31日に、ケルト人は、家畜や夏の収穫物の一部を神々への生け贄として燃やし 収穫物を神々と共有することを象徴していました。

  • Apart from marking the end of the year's most abundant period, the Celts believed that on the night winter started, a door to the world of the dead would open, allowing spirits and supernatural beings to wander into the world of the living.

    1年の中で最も充実した時期の終わりを告げるものでもあり、ケルト人は冬が始まった夜に、 死者の世界への扉が開くと信じていて、 霊や超自然的な存在が生者の世界に迷い込むことを許します。

  • In order to please the potential monsters and fairies crossing over to the human world, the Celts would prepare offerings for them and wear costumes and masks to hide their true identities from the spirits.

    人間界に渡ってくる可能性のあるモンスターや妖精たちを喜ばせるために、ケルト人は精霊のために供物を用意し、精霊から自分の正体を隠すために衣装や仮面をつけていました。

  • The festival was celebrated in parts of the United Kingdom, Ireland, and northern France, which is until Catholicism entered the picture.

    イギリス、アイルランド、北フランスの一部で祝われていましたが、それもカトリックが入るまでのことです。

  • Around the 8th Century, Catholicism was expanding and they weren't too fond of pagan festivities like Samhain.

    8世紀頃にはカトリックが拡大しており、サウィン祭のような異教徒の祭りをあまり好まなかったようです。

  • So Pope Gregory III took a church-sanctioned holiday that celebrated martyrs and saints on May 31st and moved it to November 1st.

    そこで、教皇グレゴリー3世は、5月31日に殉教者や聖人を祝う教会公認の祝日を、11月1日に移したのです。

  • We know this holiday today as All Saints Day.

    今日ではこの祝日は All Saints Day として知られていますが

  • But back then, it was known as "Hallowmas", which can be roughly translated into "the mass for the holy people".

    当時は Hallowmas と呼ばれていました。聖なる人々のためのミサ

  • And the evening before, October 31st, was known as All Hallows' Eve, which eventually ended up being abbreviated into Halloween.

    前日の10月31日の夜にはAll Hallows' Eve と呼ばれ、やがて Halloween と略されるようになりました。

  • Ironically, the Christian celebration was heavily influenced by Samhain.

    皮肉なことに、キリスト教の祭典はサウィン際の影響を強く受けています。

  • Because the holiday celebrated the souls of those who had passed, Christian devouts believed that the spirits of the deceased were allowed to roam the Earth to seek their final vengeance from those who had harmed them before moving on to the afterlife.

    亡くなった人たちの魂を祝う祝日だったのでキリスト教の信者たちは、亡くなった人の霊が徘徊してもよいと考えていました 自分を傷つけた人に最後の復讐をするために地球に戻ってきて、死後の世界へと進む。

  • As a precaution, the living would dress up in costumes or wear masks to avoid being targeted by vengeful ghosts.

    生きている人は、復讐心に燃えた幽霊に狙われないように、仮装をしたり、マスクをしたりしていました。

  • In Guatemala, people didn't hide away from the evil spirits that visited on Hallowmas, instead, they scared the ghouls away.

    グアテマラでは、人々はハロウマスに訪れる悪霊から身を隠すのではなく、グールを怖がらせて追い払いました。

  • During All Saints Day, people in some Latin American countries visit the graves of their loved ones to decorate their tombs with offerings and mementos from their past lives on Earth.

    万聖節には、中南米のいくつかの国では、愛する人のお墓を訪れ、お供え物や地上での前世の思い出の品々をお墓に飾ります。

  • In the town of Sumpango in Guatemala, though, locals realized that evil spirits would also come down during this holiday, scaring the souls of their loved ones.

    しかし、グアテマラのスンパンゴという町では、この祝日には悪霊も降りてきて、 大切な人の魂を脅かすことになると考えたのです。

  • Finally, after years of this inconvenience, the people of Sumpango went to the town elders to look for a solution.

    このような不便な状況が何年も続き、ついにスンパンゴの人々は町の長老たちに解決策を求めました。

  • Their answer?

    その答えは?

  • Scare those evil spirits back.

    悪霊を退治することです。

  • The town leaders told their people that the loud sound of paper against the wind would be enough to ward off these demons and so the townspeople got to work.

    町の指導者たちは、風に紙をあてる大きな音があれば、鬼を追い払うことができると人々に伝え、町の人々は取り掛かりました。

  • They created large, colorful kites and flew them across the sky on All Saints Day, warding off the spirits and allowing their loved ones to visit peacefully.

    大規模なものを作ったのです、万聖節の日にはカラフルな凧を大空に飛ばし、 霊を追い払い大切な人が安心して訪れることができます。

  • This tradition lives on today, and every year, the people of Sumpango spend months making these enormous kites that can reach from 16 to 52 feet in height.

    その伝統は今も受け継がれていて、毎年スンパンゴの人々は何ヶ月もかけて、高さが16~52フィートにもなる巨大な凧を作ります。

  • However, the kites made today aren't only to ward off ghouls.

    しかし、現在作られている凧は、妖怪を追い払うためだけのものではありません。

  • Now, they're seen as mystical message carriers that can connect the human world to the spirit world.

    今では、人間の世界と精神世界をつなぐ神秘的なメッセージの伝達とみなされています。

  • Halloween traditions have their roots in Europe.

    ハロウィーンの伝統は、ヨーロッパにそのルーツがあります。

  • In 15th-century England, poor children would go out "souling", which means they would go from door to door asking for soul cakes in exchange for prayers for the giving family's deceased to be liberated from purgatory.

    15世紀のイギリスでは、貧しい子供たちは、ソウリングに出かけて、 これは、一軒一軒の家を回って魂のケーキを頼み贈った家族の故人が煉獄から 解放されるように祈ることと引き換えに魂のケーキをもらうというものです。

  • The Scottish and people in other parts of Britain and Ireland practiced another tradition called "guising", in which children would put on costumes and, in exchange for treats, they'd put up a performance of some sort.

    スコットランド人とイギリス・アイルランドのその他の地域の人々「ガイジング」という別の伝統を行っていて、 子供たちが衣装を着て、 お菓子と引き換えに 何かのパフォーマンスを行うというものです。

  • If the neighbors liked the kids' tricks, they'd get gifts such as nuts, apples, or coins.

    子供たちの芸が近所の人たちに気に入られると、木の実やリンゴ、コインなどのプレゼントがもらえました。

  • This is thought to be the origin of trick-or-treating.

    これがトリック・オア・トリートの起源だと考えられています。

  • As the years passed, the celebration became more and more popular in Europe, but it didn't make its way into America until the 1840s during the Potato Famine,

    年月が経つにつれ、この祭典はヨーロッパでますます人気が高まっていき、アメリカに伝わったのは1840年代になってからで、

  • which caused a large group of Irish and Scottish immigrants to enter the US and Canada, and with them, they brought Halloween.

    ジャガイモ飢饉の影響で、アイルランドやスコットランドからアメリカやカナダへの移民が増え、その際にハロウィーンも持ち込まれました。

  • The Irish and Scottish families introduced Halloween traditions like pumpkin carving, bobbing for apples, dressing up in costumes, and of course, trick-or-treating.

    アイルランドやスコットランドの家庭では、カボチャの彫刻、リンゴの収穫、コスチュームの着用、そしてもちろんトリック・オア・トリートなどのハロウィーンの伝統が紹介されました。

  • When kids were denied candy, they'd play a small prank on the neighbors, like stealing a wheel from their wagon or stealing the gates to their houses.

    お菓子をもらえない子供たちは、近所の人の馬車の車輪を盗んだり、家の門を盗んだりして、ちょっとしたいたずらをしていました。

  • Although bobbing for apples was popularized by Halloween celebrators, its roots are both Celtic and Roman.

    りんご割りは、ハロウィーンにちなんで広まったものですが、そのルーツはケルト人とローマ人にあります。

  • When Romans conquered Celtic territories, they brought with them apple trees, which to them, represented Pomona, the goddess of plenty.

    ローマ人がケルト人の領土を征服したとき、彼らはリンゴの木を持ってきましたが、これは彼らにとって豊穣の女神ポモナを象徴するものでした。

  • Many rituals surrounding abundance, wealth, and fertility would be celebrated with apples.

    豊かさ、富、豊穣にまつわる多くの儀式は、リンゴで祝われました。

  • It was particularly popular to predict romance.

    特にロマンスを予言するのが人気でした。

  • It was believed that if a woman placed an apple under her pillow, she would meet her future partner in her dreams.

    女性が枕元にリンゴを置くと、夢の中で未来のパートナーと出会うことができると信じられていました。

  • An early version of bobbing for apples would have women race towards a line of hanging apples, the first to bite one would be the first to marry.

    初期のアップル・ボビングは、女性たちがリンゴを吊るした列に向かって競争し、最初にリンゴをかじった人が最初の結婚相手になるというものでした。

  • Eventually, the apple made its appearance in Halloween parties.

    やがて、りんごはハロウィンパーティーに登場するようになりました。

  • In the 1800s, the most popular game was Snap-Apple.

    1800年代、最も人気のあったリンゴゲームは Snap-Apple でした。

  • Here's how it worked:

    その仕組みはこうです:

  • A piece of wood would be hung horizontally from the roof, on one side there'd be an apple, on the other, a burning candle.

    屋根から木を水平に吊るし、片方にはリンゴ、もう片方には燃えるロウソクを吊るします。

  • The stick was then spun around by the players, and the participants had to take a bite of the apple without getting burned by hot wax.

    その後、棒をプレイヤーが回転させ、参加者は熱いワックスで火傷しないようにリンゴをかじらなければなりませんでした。

  • Needless to say, Snap-Apple wasn't a kid-friendly game.

    言うまでもなく Snap-Apple は子供向けのゲームではなかったです。

  • So, later on, bobbing for apples in a container full of water became more popular among family Halloween parties.

    その後、家庭のハロウィンパーティーでは、水を入れた容器の中でリンゴをとるアップル・ボビングが流行りました。

  • But, although now we see trick or treating as an innocent holiday activity for children, in the past, it was associated with teenage rioters.

    しかし、今でこそトリック・オア・トリートは子供たちの無邪気な休日のアクティビティとして見られますが、かつては10代の暴徒のイメージがありました。

  • Time for an Express Explore Explanation!

    Express Explore の説明の時間です

  • Start the clock.

    時計をスタートさせます。

  • In 1920s America, the tradition of trick-or-treating was taken over by mischievous youngsters that would use Halloween as an excuse to commit acts of vandalism.

    1920年代のアメリカでは、トリック・オア・トリートの習慣は、ハロウィーンを口実に破壊行為を行ういたずら好きな若者たちに引き継がれました。

  • Teenagers reportedly started slashing car tires, setting fires, stoning windows, and attacking authorities.

    10代の若者たちは、車のタイヤを切ったり、火をつけたり、窓に石をぶつけたり、公社を攻撃したりし始めたました。

  • Things got so bad that in 1925, police broke up a Halloween teenage gathering by shooting at the adolescents.

    1925年には、ハロウィーンに集まった若者たちを警察が銃撃して解散させたほどです。

  • Trick-or-treating for children didn't come back until after the Second World War, during which sugar rationing regulations were set.

    子供のためのトリック・オア・トリートが復活したのは、第二次世界大戦後、砂糖の配給規則が制定されてからです。

  • However, in the 1950s, the Baby Boomer Generation brought back the innocence of trick-or-treating, and it hasn't left since.

    しかし、1950年代にベビーブーマー世代がトリック・オア・トリートの無邪気さを取り戻し、それ以来トリック・オア・トリートは残っています。

  • Halloween celebrations today seem to attract more young adults.

    最近のハロウィーンは、若い世代が増えているようです。

  • According to the National Retail Federation, consumers ages 18 to 24 years old are the most likely demographic to celebrate the scary holiday this year.

    全米小売業協会によると、今年は18歳から24歳までの消費者が、この怖い祝日を祝う可能性が最も高い層となっています。

  • Data shows 73% of American young adults will dress in a costume and, surprisingly, 23% of them will go out trick-or-treating.

    データによると、アメリカの若年層の73%がコスチュームを着て、驚くことに,23%がトリック・オア・トリートに出かけるとのことです。

  • Social media also plays a role in modern Halloween.

    現代のハロウィンでは、ソーシャルメディアも一役買っています。

  • 25% of women looked for costumes on Pinterest and 19% of men took to YouTube to look for their disguises.

    女性の25%は Pinterest で、男性の19%は YouTube で仮装グッズを探しました。

  • But regardless of where you get your DIY costume inspiration from or how you celebrate Halloween, it's still the one holiday that will bring everyone together in the name of all things terrifying, and that is worth dressing up for.

    しかし、どこからDIYコスチュームのインスピレーションを得ようと、どのようにハロウィーンを祝おうと、恐ろしいものの名の下に皆が集まり、 仮装する価値がある休日であることに変わりはありません。

  • Thanks for watching Explore Mode, if you liked this video, hit the thumbs-up button.

    Explore Mode をご覧いただきありがとうございます。この動画を気に入っていただけましたら、イイねを押してください。

  • If you want to explore even more with us, make sure to hit the subscribe and bell button so you get a notification whenever we upload a new episode.

    新しいエピソードがアップロードされるたびに通知を受け取ることができるように、登録とベルボタンを押してください。

  • If you're interested in more of our videos, check out our playlist.

    私たちの動画をもっと見たいという方は、プレイリストをご覧ください!

  • See you next week, in the meantime, remember to keep your explore mode on.

    それではまた来週、それまでの間、探索モードを忘れないでください。

In 2018, it was estimated that more than 175 million Americans would go out and celebrate Halloween.

2018年に、1億7,500万人以上のアメリカ人がハロウィーンを祝うと推定されていました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 トリート 祝日 トリック リンゴ コスチューム 祝う

【教えたくなる雑学】ハロウィンはなぜ仮装したりカボチャを飾るの?

  • 5212 300
    nao に公開 2021 年 10 月 27 日
動画の中の単語