Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • When I was 15, I got my first professional audition.

    15歳のとき、初めてプロのオーディションを受けました。

  • It was a commercial for cable subscriptions or bail bonds⏤I don't really remember.

    ケーブル寄付金の加入者向けのCMだったのか、保釈金のCMだったのか、よく覚えていないですが。

  • But what I do remember is that the casting director asked me, "Uh, could you do that again? But just this time, sound more Latina."

    ただ、覚えているのは、キャスティングディレクターに「あの、もう一度やってもらえますか?でも、今度はもっとラテン系の声で 」と言われました。

  • It took me most of the car ride home to realize that by "sound more Latina", she was asking me to speak in broken English, and I couldn't figure out why the fact that I was an actual, real-life, authentic Latina didn't really seem to matter.

    帰りの車の中で、「もっとラテン系の声で」というのは、彼女が私にカタコトの英語で話せと言っているのだと気づくのに時間がかかりました。そして、私が実際の、リアルな、本物のラテン系であるという事実が、なぜか重要ではないように思えたのです。

  • Anyway, I didn't get the job.

    とにかく、その仕事に採用されなかったんです。

  • I didn't get a lot of the jobs people were willing to see me for: the gangbanger's girlfriend, the sassy shoplifter, pregnant Chola number two.

    ギャングのガールフレンド、生意気な万引き犯、妊娠中のコラ2号など、人々が私を見たがっていた仕事の多くは得られませんでした。

  • These were the kinds of roles that existed for someone like me; someone they looked at and saw as too brown, too fat, too poor, too unsophisticated.

    これは、私のような人間に存在する役割であり、彼らが見ると、「褐色すぎ、太りすぎ、貧乏すぎ、素朴すぎ」と映ったのです。

  • I kept receiving the same message again and again and again, that my identity was an obstacle I had to overcome.

    私のアイデンティティは、自分が克服しなければならない障害であるという、同じメッセージを何度も何度も受け取ったのです。

  • And so I thought, "Come at me, obstacle! I'm an American; my name is America."

    そこで私は、「かかってこいよ、障害!」と思いました。「アメリカ人だよ。名前はアメリカだよ」と。

  • "I trained my whole life for this. I'll just follow the playbook. I'll work harder."

    「私はこのために人生をかけてトレーニングしてきた。脚本を従うだけ。もっと頑張ろう。」と思いました。

  • I stayed out of the sun so that my skin wouldn't get too brown.

    肌が茶色くなりすぎないように、日差しを避けていました。

  • I straightened my curls into submission.

    自分のカールをまっすぐにしました。

  • I constantly tried to lose weight; I bought fancier and more expensive clothes.

    常に体重を減らそうとしたり、ファンシーで高価な服を買ったりしました。

  • All so that when people looked at me, they wouldn't see a too-fat, too-brown, too-poor Latina.

    それは、人々が私を見るときに、太りすぎ、褐色すぎ、貧弱すぎるラテン系女性に見えないようにするためです。

  • They would see what I was capable of, and maybe they would give me a chance.

    私の能力をちゃんと見て、チャンスを与えてくれるかもしれないと思いました。

  • Just a few years ago, my agent called to explain to me why I wasn't getting a role in a movie.

    つい数年前、エージェントから電話があり、映画の役をもらえなかった理由を説明されました。

  • He said, "They loved you, and they really, really do wanna cast diversely, but the movie isn't financeable until they cast the white role first."

    「彼らはあなたを愛していて、本当は多様な役を演じさせたいと思っていたけど、白人役を先にキャスティングしないと映画の資金調達ができないんだ」と言っていました。

  • I went through this process for years of accepting the failure as my own, and then feeling deep shame that I couldn't overcome the obstacles.

    失敗を自分のものとして受け入れ、そして障害を克服できなかったことを深く恥じるというプロセスを何年も繰り返しました。

  • But this time I heard a new voice, a voice that understood my tears and my pain were not about losing a job.

    しかし今度はある声を聞いたんです。私の涙や痛みが失業のせいではないと理解してくれた声なんです。

  • They were about what was actually being said about me

    それは私について実際に言われていることについてでした。

  • what had been said about me, my whole life by executives and producers and directors and writers and agents and managers and teachers and friends and family, that I was a person of less value.

    これまでの人生で、エグゼクティブ、プロデューサー、ディレクター、ライター、エージェント、マネージャー、教師、友人、家族から言われ続けてきたこと、つまり、私は価値の低い人間だということです。

  • I couldn't change what a system believed about me while I believed what the system believed about meand I did.

    システムが私について信じていることを私が信じている間は、システムが私について信じていることを私が変えることはできませんでした。

  • I, like everyone around me, believed that it wasn't possible for me to exist in my dream as I was.

    周りの人と同じように、夢の中で自分がそのまま存在することはあり得ないと信じていました。

  • And I went about trying to make myself invisible.

    だから、自分の姿を消そうとしました。

  • What this revealed to me was that it is possible to be the person who genuinely wants to see change while also being the person whose actions keep things the way they are.

    このことから私が感じたのは、純粋に変化を求める人と、現状を維持するための行動をとる人が同時にいられる可能性があるということです。

  • Change will come when each of us has the courage to question our own fundamental values and beliefs, and then, see to it that our actions lead to our best intentions.

    変化は、私たち一人ひとりが自分の基本的な価値観や信念を疑う勇気を持ち、自分の行動が最善の意図につながることを確認したときに訪れます。

  • I am just one of millions of people who have been told that in order to fulfill my dreams, in order to contribute my talents to the world, I have to resist the truth of who I am.

    私はただ、自分の夢を叶えるために、自分の才能を世界に貢献するために、自分という人間の真実に抵抗しなければならないと言われてきた何百万人もの人々の中の一人に過ぎません。

  • My identity is not my obstacle.

    私の個性は、私の障害ではありません。

  • My identity is my superpower.

    私の個性は私の超能力です。

  • I, for one, am ready to stop resisting and to start existing as my full and authentic self.

    私は、抵抗するのをやめて、完全で本物の自分として存在し始める準備ができています。

When I was 15, I got my first professional audition.

15歳のとき、初めてプロのオーディションを受けました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED ラテン 障害 女性 存在 信じ

【TED】私は私、アイデンティティは超能力であって障害じゃない!

  • 5209 268
    Julianne Sung に公開 2021 年 10 月 28 日
動画の中の単語