Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • While searching for a kidney donor, a Boston woman named Karen Keegan stumbled upon a mystery.

    腎臓のドナーを探しているときに、カレン・キーガンというボストンの女性はある謎にぶつかりました。

  • When her three adult sons underwent genetic testing to determine whether they were a match for kidney donation, the test showed that two of them weren't actually her sons.

    成人した3人の息子が腎臓提供に適しているかどうかの遺伝子検査を受けたときのこと, 検査の結果そのうちの2人は実際には彼女の息子ではないことがわかりました。

  • Keegan knew she was her sons' mothershe had conceived and given birth to them.

    キーガンは自分が息子たちの母親であることを知っていました—彼女は彼らを妊娠して産んだのです。

  • Figuring there must have been an error, her doctors pursued further testing, only to uncover something even more confusing:

    何かの間違いではないかと思い、医師はさらなる検査を進めたところ、さらに不可解なことが判明しました。

  • She was her children's biological aunt.

    彼女は子供たちの実の叔母だったのです。

  • It turned out that Keegan had a second genome in some tissues and organs.

    その結果、キーガンは一部の組織や臓器で2つ目のゲノムを持っていることが判明しました。

  • In other words, some of her cells had a completely different set of genes from the others.

    つまり、彼女の細胞の中には、他の細胞とは全く異なる遺伝子を持つものがあったのです。

  • This second set of genes belonged to her twin sister who had never been born.

    この2つ目の遺伝子は彼女の双子の妹のものでした—生まれてこなかった人がいました。

  • This condition, where an individual has two genomes present in the tissues of their body, is called chimerism.

    人の人間が2つのゲノムを持っている状態で体内の組織に存在しているのは、 キメリズムと呼ばれています。

  • The name comes from Greek mythology, where a chimera is an amalgam of three different animals.

    名前の由来はギリシャ神話からきていて、キメラは3つの異なる動物の合体です。

  • Individuals with chimerism might have two-toned skin or hair or different-colored eyes, but most are believed to have no visible signs of the condition.

    キメリズムを持つ人は2色の肌や髪を持っていたり、2色の目を持っていたりします。 しかしほとんどの場合目に見える兆候はないと考えられています。

  • Chimerism can come from a twin in-utero, from a tissue or organ transplant, or happen between a fetus and a pregnant woman.

    メリズムは子宮内の双子、組織や臓器の移植、あるいは胎児と妊婦の間で起こるものです。

  • So how exactly does it happen?

    では、具体的にはどのようなことが起こるのでしょうか?

  • In one of the most common forms, a mother and fetus swap cells in the flow of nutrients across the placenta.

    最も一般的な形態の一つは、母体と胎児が栄養分の流れの中で 細胞を交換するというものです。

  • The mother can inherit fetal stem cells, undifferentiated cells that are able to develop into any specialized cell.

    母親は胎児の幹細胞を受け継ぐことができ、この幹細胞は未分化の細胞で、どんな特殊な細胞にも成長することができます。

  • The fetal cells initially go undetected because the mother's immune system is suppressed during pregnancy.

    妊娠中は母親の免疫力が低下しているため最初は胎児の細胞が検出されません。

  • But in some cases, cells with the fetus' DNA persist in the mother's body for years or even decades without being destroyed by her immune system.

    しかし場合によっては、胎児のDNAを持つ細胞が母親の免疫システムによって破壊されることなく 何年も何十年も母親の体内に残ることがあります。

  • In one case, a mother's liver was failing, but suddenly started to regenerate itself.

    肝臓が悪くなっていた母親の肝臓が、突然再生し始めたという例もあります。

  • Her doctors biopsied her liver, and found DNA in the regenerated tissue from a pregnancy almost 20 years earlier.

    医師が彼女の肝臓を生検したところ、再生した組織から約20年前の妊娠時のDNAが検出されました。

  • The fetal stem cells had lodged in her liver and specialized as liver cells.

    胎児の幹細胞は彼女の肝臓に留まり、肝細胞として機能していました。

  • Karen Keegan, meanwhile, acquired her second genome before she was born.

    一方カレン・キーガンは、生まれる前に2つ目のゲノムを持ちました。

  • Very early in her own mother's pregnancy with her, Keegan had a fraternal twin.

    実母が彼女を妊娠したごく初期に、キーガンは二卵性双生児を授かりました。

  • Keegan's embryo absorbed some fetal stem cells from her twin's embryo, which did not develop to term.

    キーガンの胚は、双子の胚から胎児の幹細胞の一部を吸収していましたが、その胚は満期まで発育しませんでした。

  • By the time Keegan's fetus developed an immune system, it had many cells with each genome, and the immune system recognized both genomes as her body's own, so it didn't attack or destroy the cells with the second genome.

    キーガンの胎児が免疫システムを発達させる頃には 、ゲノムごとに多くの細胞があり、 そして免疫システムが両方のゲノムを自分の体のものだと認識したのです— のため2番目のゲノムを持つ細胞を攻撃したり破壊したりすることはありませんでした。

  • We don't know how much of her body was composed of cells with this second genomethat can vary from one organ to another, and even between tissues within an organ.

    この第二のゲノムを持つ細胞が、彼女の体の中でどのくらいの割合を占めていたのかはわかりません臓器ごとに、あるいは臓器内の組織ごとにも異なります:

  • Some might have no cells at all with the second genome, while others might have many.

    また2番目のゲノムを持つ細胞が全くない場合もあれば、多くの細胞がある場合もあるでしょう。

  • At least some of the egg-producing tissue in her ovaries must have carried the second genome.

    卵巣にある卵子を作る組織の少なくとも一部が2番目のゲノムを持っていたはずです。

  • Each time she conceived, there would be no way to predict which genome would be involved, which is how two of her children ended up with the genes of a woman who had never been born.

    彼女が妊娠するたびに、どの遺伝子が関与するかを予測することはできません— そのため彼女の子供2人は、生まれたことのない女性の 遺伝子を持つことになったのです。

  • This can also happen to fathers.

    これは父親にも起こりうることです。

  • In 2014, when ancestry testing determined that a father was actually his baby's biological uncle, researchers discovered that 10% of the father's sperm carried a second genome from an embryonic twin.

    2014年祖先の検査により、父親が実は赤ちゃんの実の叔父であることが判明したとき、 研究者たちは、父親の精子の10%が、胎児の双子からの 第2のゲノムを持っていることを発見しました。

  • Cases like this challenge our perception of genetics.

    このようなケースは、私たちの遺伝に対する認識を覆すものです。

  • Though there are very few documented cases of chimerism from an embryonic twin, we're all amalgams to some extent, carrying around the different genetic codes of our gut bacteria and even our mitochondria.

    しかし、胚性双生児からのキメラの記録はほとんどありません私たちは皆、どこかで融合し、 腸内細菌やミトコンドリアの異なる遺伝子コード を持ち歩いています。 また、8人に1人が双子の妊娠からスタートしていることを考えると、 2つのゲノムを持つ人はもっとたくさんいるかもしれません—

  • And given that 1 in 8 individual births started out as twin pregnancies, there could be many more people with two genomes, and many more lessons to learn about the genes that make us who we are.

    私たちを作っている遺伝子について、まだまだ学ぶことがありますね。

While searching for a kidney donor, a Boston woman named Karen Keegan stumbled upon a mystery.

腎臓のドナーを探しているときに、カレン・キーガンというボストンの女性はある謎にぶつかりました。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 細胞 ゲノム 胎児 遺伝 双子

【TED-ED】あなたにも秘密の双子がいるかもしれない

  • 19 0
    nao に公開 2021 年 09 月 22 日
動画の中の単語