Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • These eight ferocious notes open one of the most explosive pieces of music ever composed.

    この8つの猛烈な音は、作曲された曲の中でも最も爆発的な曲の1つの始まりでしょう。

  • Ludwig van Beethoven's "Symphony No. 5" premiered in 1808 on a blisteringly cold Vienna night.

    ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの『交響曲第5番』は、1808年の極寒のウィーンの夜に初演されました。

  • The piece was just one small part of a lengthy program, and the orchestra had been hastily assembled and under-rehearsed.

    このメロディーは、長い曲の中のほんの一部であり、オーケストラは急遽集められ、リハーサルも十分ではありませんでした。

  • But despite this inauspicious premiere, the symphony quickly won acclaim.

    しかし、このような不運な初演にもかかわらず、この交響曲はすぐに高い評価を得ました。

  • One critic likened the piece to "glowing beams of light piercing through the darkness".

    ある評論家は、この作品を「暗闇に突き刺さる光の輝き」と喩えしました。

  • This intensity persists throughout the composition, and its dramatic musicality continues to move listeners today.

    この強さは曲全体に貫かれており、そのドラマチックな音楽性は今も聴き手を感動させているでしょう。

  • So what exactly makes Beethoven's "Fifth" so captivating?

    では、ベートーヴェンの『交響曲第5番』の魅力とは一体何なのでしょうか。

  • When the symphony premiered, Beethoven already had a formidable reputation.

    この交響曲が初演されたとき、ベートーヴェンはすでに確固たる名声を得ていました。

  • While his peers produced music exclusively for religious functions or private events held by their wealthy patrons, Beethoven was one of the first freelance composers.

    ベートーヴェンは、同世代の作曲家たちが、宗教行事や裕福なパトロンの私的なイベントのためだけに音楽を作っていたのに対し、フリーランスの作曲家の先駆けとなりました。

  • He made his living composing and selling his music to publishers in multiple countries and showcasing his compositions to an adoring public.

    彼は、作曲して複数の国の出版社に販売し、自分の作曲した曲を憧れの人々に披露することを生業としていました。

  • This career choice gave him the flexibility to compose for self-expression, and Beethoven was always pursuing new ways to translate his powerful emotions into music.

    この職業選択は、自己表現のための作曲に柔軟性を与え、ベートーヴェンは自分の強い感情を音楽の形に転換するための新しい方法を常に追求していました。

  • At the time, most composers worked within the Classical style, which offered limited options for a piece's overarching structure and instrumentation.

    当時、ほとんどの作曲家は古典派のスタイルで活動していたので、曲の全体的な構成や楽器編成の選択肢は限られていました。

  • Beethoven composed most of his earlier pieces in this tradition, following in the footsteps of role models like Mozart and Haydn.

    ベートーヴェンは、モーツァルトやハイドンのようなお手本となる人物に倣って、初期の作品のほとんどをこの伝統に基づいて作曲しました。

  • But with his "Fifth Symphony", he experimented with elements of Romanticism.

    しかし、『交響曲第5番』では、ロマン主義の要素を実験的に取り入れていました。

  • This blossoming mode of composition was known for its expressive melodies, extended forms, and surprising instrumentations.

    表現力豊かなメロディー、拡張された形式、意外性のある楽器編成などで知られる、花が開いたような作曲様式です。

  • The first movement of Beethoven's "Fifth" uses a Classical sonata form, in which a central musical idea is explored, developed, and repeated in an altered manner.

    ベートーヴェンの『第5番』の第1楽章は、古典派のソナタ形式を採用しており、中心となる音楽的なアイデアが探求され、発展し、変化しながら繰り返されています。

  • Within these parameters, he explores a simple idea with incredible depth.

    その中で、彼はシンプルなアイデアを驚くほど深く掘り下げていきます。

  • A single rhythmic motif serves as the building block for most of the movement: three short notes followed by a lingering fourth.

    この楽章のほとんどは、3つの短い音の後に4つ目の音が続くという、つのリズム・モチーフで構成されています。

  • One of Beethoven's biographers would later call this pattern the "fate motif", because it suggests the figure of fate knocking at the door.

    後にベートーヴェンの伝記作家の一人は、このパターンを「運命のモチーフ」と呼んでいます。運命を代表しているキャラクターがドアをノックしているようなイメージだからです。

  • While it's not clear if Beethoven composed the motif with fate in mind, these notes certainly create a gripping hook.

    ベートーヴェンが運命を意識してこのモチーフを作曲したかどうかは確かではありませんが、この音符が心をつかむフックになっています。

  • The rhythmic pattern creates forward movement, while the prolonged fourth note signals doom.

    リズムパターンは前進を意味し、長く続く第4音は破滅を意味します。

  • This motif haunts the symphony, including its accompanying parts and rhythmic flourishes.

    このモチーフは、付随するパートやリズミカルな装飾を含めて、交響曲につきまとっています。

  • Beethoven experiments with dozens of variations, playing out across different instruments and pitches.

    ベートーヴェンは何十ものバリエーションを試し、楽器や音程を変えて演奏しています。

  • Throughout the piece, this motif is passed around the orchestra like a whisper, gradually reaching more and more instruments until it becomes a roar.

    このメロディーは、オーケストラの中を囁くように伝わり、徐々に楽器の数が増えていき、最終的には轟音となっていきます。

  • The motif's inventive repetition is a large part of what makes this piece so memorable, but it's not the only innovation on display.

    このモチーフの独創的な繰り返しが、この作品を印象的なものにしている大きな要因ですが、革新的なものはそれだけではありません。

  • This was the first major orchestral composition to use trombones, and Beethoven also employs a high-pitched piccolo and a low-pitched contrabassoon to give the orchestra a wider range than most Classical compositions.

    トロンボーンを使用した最初のメジャーなオーケストラ曲であり、ベートーヴェンは高音のピッコロと低音のコントラバスーンも採用して、他のクラシック曲よりも広い音域を実現しています。

  • Exaggerated musical dynamics further heighten the drama.

    誇張された音楽のダイナミクスがドラマをさらに盛り上げます。

  • And harmonically, the piece has a clear emotional arcbeginning in a somber C minor and ending in a triumphant C major.

    また、和声的にも、厳かなハ短調で始まり、勝利のハ長調で終わるという明確な感情の弧を描いています。

  • This progression, from ominous unease to majestic resolution, is a testament to Beethoven's ability to inject raw emotionality into his music.

    不吉な不安感から壮大な結末へと向かうこの流れは、ベートーヴェンが音楽に生の感情を注入する能力があることを証明しています。

  • He wrote this symphony while battling with hearing loss, and his anguish can be heard in the composition's thunderous and repeating musical phrases.

    彼は難聴と闘いながらこの交響曲を作曲しましたが、その苦悩は、雷鳴のように繰り返される音楽のフレーズにも表れています。

  • Beethoven continued to compose even after he became completely deaf, producing innovative music until his death in 1827.

    ベートーヴェンは、耳が聞こえなくなってからも作曲を続け、1827年に亡くなるまで革新的な音楽を生み出しました。

  • And the "Fifth Symphony's" central motif has continued to resound through the ages.

    そして、『第5交響曲』の中心的なメロディーは、時代を超えて響き続けています。

  • Outside of concert halls, the piece has become a symbol for suspense, revelation, and triumph.

    コンサートホール以外では、この作品はサスペンス、啓示、勝利の象徴となっています。

  • The fate motif sounds out the letter V in Morse code, and during World War II, the "Fifth Symphony" became a code for victory amongst the Allies.

    運命のモチーフはモールス信号の「V」の文字を鳴らすもので、第二次世界大戦中、『第5交響曲』は連合国側の勝利の暗号となりました。

  • The iconic composition can be found in film scores, and it's even been explored through musical reinterpretations and visual art.

    この象徴的な楽曲は、映画のスコアにも登場し、音楽的な再解釈やビジュアルアートによっても探求されています。

  • But, whatever the context, Beethoven's "Fifth" takes its listeners through a dark world, then guides them into the light.

    しかし、どのような状況であっても、ベートーヴェンの『第5番』は、聴き手を暗い世界に連れて行き、そして光へと導いてくれました。

These eight ferocious notes open one of the most explosive pieces of music ever composed.

この8つの猛烈な音は、作曲された曲の中でも最も爆発的な曲の1つの始まりでしょう。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ウィーン 作曲 爆発 始まり

【TED Ed】秘密がある?!世界で最も有名な交響曲、ベートーヴェンの第5番『運命』が心を掴む理由とは?

  • 276 14
    Julianne Sung に公開 2021 年 11 月 04 日
動画の中の単語