Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi. Look, I'm really sorry about this, but as you probably know,

    申し訳ありませんが、ご存じのように、今回の件は

  • the way we spell things in English is not always the way we say them.

    英語の綴りは、必ずしも私たちの言い方とは限りません。

  • Take these four letters, for example, o u g h.

    この4文字を例にとると、o u g h。

  • How do we pronounce them? Well, it all depends.

    どうやって発音するの?まあ、それはすべてによる。

  • Put a 't' at the end and we have'ought'.

    最後に't'をつけると'ought'になります。

  • So, o u g h is pronounced [aw]

    だから、o u g h は[aw]と発音します。

  • But put a 't' at the beginning and it's 'tough'.

    しかし、頭に「t」をつけると「tough」になります。

  • o u g h is now pronounced [uff].

    o u g h は今では[uf]と発音されています。

  • So far so bad!

    これまでのところ、とても悪いです

  • But now let's add one more letter to make 'though'.

    しかし、今度はもう1文字加えて「though」にしてみましょう。

  • o u g h is [o]

    o u g h is [o] 。

  • Again, one more letter, r, makes 'through'.

    ここでも1文字多いrが「through」を作っています。

  • o u g h is [ew]

    O U G H IS [EW]

  • Can we keep going?

    続けることができますか?

  • Yes we can.

    はい、できます。

  •   Let's add another letter, o, we have thorough.

    もう1つの文字、oを加えて、徹底しています。

  • o u g h is now [u].

    o u g h は今、[u]になっています。

  •   OK, add one more letter and,

    OK、もう1文字追加して

  • actually that's it. We can't extend any further with just one letter.

    実はそれだけなんです。一文字だけでは、これ以上は伸ばせません。

  • But you see the point,

    しかし、あなたはこの点を理解しています。

  •   the same letters pronounced five different ways.

    同じ文字を5つの異なる方法で発音しています。

  • Five!

    ファイブ!」と。

  •   You know that's not the end of it.

    それだけでは終わらないことを知っている。

  • Depending on what part of the English speaking world you come from,

    英語圏のどの地域から来たのかにもよりますが。

  • there are around 11 different ways of pronouncing o u g h.

    o u g h の 発 表 方 法 は 約 1 1 通りあります。

  • Eleven!

    イレブン!

  • Why is this?

    これはなぜでしょうか?

  • Well, a long time ago, the way we spelt things wasn't really fixed.

    さて、昔、私たちの言葉の綴り方は決まっていませんでした。

  • So people wrote things down the way they thought they sounded.

    そのため、人々は自分が思った通りの音を書いていました。

  • Gradually over time, the spellings became fixed,

    徐々に時間をかけて、綴りが固定されていきました。

  • particularly after the printing press was invented in the 15th century.

    特に、15世紀に印刷機が発明されてからは。

  • Unfortunately, although spellings were fixed,

    残念ながら、スペルは修正されましたが

  • something called The Great Vowel Shift was happening.

    The Great Vowel Shift」と呼ばれる現象が起きていた。

  • This was a period of about two hundred years

    これは、約200年の期間

  • when for a number of reasons, the way we pronounced vowels in English

    様々な理由から、英語の母音の発音方法が

  • completely changed.

    が一変した。

  • I know, crazy, huh?

    そうだね、クレイジーだよね。

  •   So how does this help us today?

    では、これが現代の私たちにどう役立つのか。

  • Well, to be honest, not at all.

    まあ、正直言って、全然ダメです。

  • But don't panic.

    でも、慌てないでください。

  • There aren't actually that many o u g h words anyway,

    いずれにしても、実際にはそれほど多くの言葉はありません。

  • and most of those are quite common. So you may already know them.

    そして、そのほとんどが一般的なものです。だから、あなたはすでにそれらを知っているかもしれません。

  • Are there any rules if you come across a word you don't know?

    知らない単語が出てきたときのルールはありますか?

  • Well, some guidelines, but not really rules.

    ガイドラインはあっても、ルールはない。

  • If a word ends in o u g h t then it is more than likely pronounced [awt]:

    語尾が o u g h t で終わっている単語は、おそらく [awt] と発音されます。

  • thought, bought, brought, fought, ought, nought, sought.

    思った、買った、持ってきた、戦った、すべき、ない、求めた。

  • If it's two syllables and ends in o u g h,

    2音節で、o u g h で終わるものなら。

  • it's probably [u]: thorough, borough.

    it's probably [u]: thorough, borough.

  • Other than that, the best way of finding out the pronunciation

    それ以外にも、発音を知るための一番の方法は

  • is to use a dictionary because with 11 different possibilities,

    は、11の異なる可能性を持つため、辞書を使用することです。

  • you might guess the right one, but the odds are not great.

    のように、正しいものを当てられるかもしれませんが、その確率は高くありません。

  • For example, and this is completely true, when researching this topic,

    例えば、これは完全に事実なのですが、このテーマを調べるときに

  • I came across an English word I hadn't seen before. S o u g h.

    今まで見たことのない英単語に出会いました。S o u g h 。

  • It's a verb which means to make a soft whistling sound

    柔らかい口笛のような音を出す」という意味の動詞です。

  • like the wind blowing through the trees.

    木々の間を吹き抜ける風のように

  • I said a soft whistling sound!

    柔らかい口笛のような音を出してみました

  • That's better.

    そのほうがいい。

  •   But how to pronounce it?

    でも、どうやって発音するの?

  • Was it sough like dough, sough like cough, sough like rough,

    それは生地のような、咳のような、荒れたような咳だった。

  • sough like plough, sough like through, sough like hiccough?

    sough like plough, sough like through, sough like hiccough?

  • I guessed sough like cough.

    咳のようなものだと思いました。

  • Was it a good guess?

    当たっていましたか?

  • Nope!

    Nope!

  • Annoyingly it can actually be pronounced two different ways,

    困ったことに、この言葉は実際には2つの異なる発音をすることができます。

  • but neither of them the way I guessed.

    しかし、どちらも私が想像していたようなものではありませんでした。

  • If you want to know the correct way, you'll have to do what I did.

    正しい方法を知りたければ、私と同じことをするしかない。

  • Look it up. It's the best way. Bye.

    調べるんだ。それが一番の近道です。じゃあね。

  • You didn't really think I'd go without telling you.

    私が何も言わずに行くとは思わなかったでしょう。

  • If you've stayed this long. I think you deserve the answer.

    ここまで来たのならあなたは答えを得るに値すると思います。

  • It's sough like plough or even sough like rough.

    ploughのようなsough、あるいはroughのようなsoughです。

Hi. Look, I'm really sorry about this, but as you probably know,

申し訳ありませんが、ご存じのように、今回の件は

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 発音 文字 口笛 単語 綴り 英語

ough」は英語の中で最もトリッキーな音?| 英語のスペリングと発音のレッスン (Is 'ough' the Trickiest Sound in English? | English Spelling & Prounciation Lesson)

  • 1 1
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 20 日
動画の中の単語