Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One of the great contributing factors to mental illness is the idea that we should at all

    心の病の大きな要因の一つは、「何があっても大丈夫」という考え方です。

  • costs and at all times be well. We suffer far more than we should because of how long

    コストをかけても、いつでも元気でいられるように。私たちが必要以上に苦しんでいるのは、どれだけ長く

  • it can take many of us until we allow ourselves to fall properly and usefully ill.

    私たちの多くは、適切で有用な病気になるまでに時間がかかります。

  • In a crisis, our chances of getting better rely to a significant extent on having the

    危機に瀕したとき、回復の可能性を大きく左右します。

  • right relationship to our illness; an attitude which is relatively unfrightened by our distress,

    病気との正しい関係、苦悩に相対的に怯えていない態度。

  • which isn't overly in love with the idea of seeming at all times 'normal', which

    常に「普通」であるように見えることを過度に愛していない、つまり

  • can allow us to be deranged for a while in order one day to reach a more authentic kind

    ある日、より本物の種類に到達するために、私たちはしばらくの間、狂うことができます。

  • of sanity.

    健全性の

  • It will help us immensely in this quest if the images of mental illness we can draw on

    そのためには、心の病のイメージを参考にすることが非常に重要です。

  • at this time do not narrowly imply that our ailment is merely a freakish and pitiable

    この時、私たちの病気が単に異常で哀れなものであることを狭義には意味していません。

  • possibility, if we can appeal to images that tease out the universal and dignified themes

    普遍的で凛としたテーマを引き出すイメージに訴えることができれば、その可能性は大きく広がります。

  • of our state, so that we do not - on top of everything else - have to fear and hate ourselves

    自分自身を恐れたり憎んだりしなくて済むように、国家の

  • for being unwell. We stand to heal a great deal faster if there are fewer associations

    体調不良の原因となります。付き合いが少ない方が、はるかに早く治るのです

  • like those created by Goya (of madness as the seventh circle of hell) and more of men

    ゴヤが作ったような(地獄の7つの輪としての狂気)、もっと人間の

  • and women a little like you and me, sitting on the sofa, able to combine our inner wretchedness

    そして、私やあなたのように、ソファに座って、内なる惨めさを組み合わせることのできる女性たち。

  • with other, more temperate and attractive qualities - so that we remain every bit human,

    私たちは人間であり続けるために、他の、より温和で魅力的な資質を備えています。

  • despite our terrifying convulsions, absences of mind, catastrophic forebodings and sense

    恐ろしい痙攣や心の欠落、破滅的な予感や感覚があっても

  • of despair.

    絶望の

  • The best philosophical background against which to wrestle with mental unwellness would

    心の不調と闘うための最適な哲学的背景とは

  • be one that conceived of the human animal as intrinsically rather than accidentally

    偶然ではなく本質的なものとして人間の動物を考えたものである。

  • flawed, a philosophy that would resolutely reject the notion that we could ever be perfect

    欠陥のある人間が、完全であるという概念を断固として否定する哲学は

  • and would instead welcome our griefs and our errors, our stumbles and our follies as no

    その代わりに、私たちの悲しみや間違い、つまずきや愚行を、何でもないこととして歓迎してくれます。

  • less a part of us than our triumphs and our intelligence. It is Japan's Zen Buddhism

    勝利と知性に比べて、私たちの一部ではない。それは日本の禅宗

  • that has historically perhaps best put forward such notions, with its bold declaration that

    そのような考えを歴史的に最もよく表してきたのが、次のような大胆な宣言をしたことです。

  • life itself is suffering, and its veneration in the visual arts - and by extension in its

    人生そのものが苦しみであり、視覚芸術におけるその崇拝は、ひいてはその

  • psychology - of what is imperfect and un-glossy: rainy autumn evenings, sadness, moss covered

    psychology - 不完全で光沢のないもののこと:秋の雨の夜、悲しみ、コケに覆われたもの

  • roofs, stained wooden panels, tears and, most famously, misshapen and irregular pieces of

    の屋根、汚れた木製パネル、破れ、そして最も有名なのは、形の崩れた不規則な破片です。

  • pottery. Against such a background, it becomes a great

    陶器。このような背景の中では、大きな

  • deal easier for us to accept ourselves in our unwell state. We feel less guilty that

    体調不良の自分を受け入れることができるようになります。という罪悪感も少なくなります。

  • we are not at work and are not playing up to the roles demanded of us by responsible

    私たちは仕事をしていないし、責任者から要求された役割を果たしていない。

  • others. We can be less defensive and frightened, more inclined to seek out proper care - and

    他の人たちと同じように防御心や恐怖心が薄れ、適切なケアを求めるようになります - そして

  • more likely to recover properly in time.

    の方が、時間内にきちんと回復する可能性が高い。

  • With a philosophy of acceptance in mind, we can recognise that whatever the particularities

    受け入れの哲学を念頭に置いて、私たちはどんな特殊性があっても

  • of our crisis (which will naturally need to be investigated in due course), our pains

    危機的状況(当然、今後調査が必要となる)の中で、私たちの痛みは

  • fit into a broad picture of a crisis-prone human condition. No one is spared. No life

    危機に瀕した人間の状態を大まかに把握することができます。誰も助からない。どんな命も

  • can escape significant troubles. Everything is imperfect. We don't have to know the

    は大きなトラブルから逃れることができます。すべてが不完全なのだ。を知る必要はありません。

  • details of someone's life to be able to guess at the scale of the difficulties they

    その人の人生の詳細を知ることで、その人が抱えている困難の大きさを推測することができます。

  • too will have encountered. We have all been born to inadequate parents, our desires will

    も遭遇していることでしょう。私たちは皆、不十分な両親のもとに生まれ、私たちの願望は

  • always exceed reality, we will all make some appalling errors, we will hurt those we love

    常に現実を上回り、誰もがひどいミスをし、愛する人を傷つけてしまう。

  • and anger those with power over us, we will be anxious and confused, woeful and lost.

    と自分を支配している人たちを怒らせてしまうと、不安になり、混乱し、悲しくなり、迷ってしまいます。

  • We should accept both that we are profoundly unwell - and that our ailments are entirely

    私たちは、自分が深く病んでいることも、自分の病気が完全に病んでいることも受け入れるべきです。

  • normal.

    ノーマル。

  • Japanese philosophy has another lesson for us at this point: we will probably one day

    日本の哲学は、この時点で私たちに別の教訓を与えています:私たちはおそらくいつか

  • be fixed but there are likely to be substantial and ineradicable marks. And yet, these marks

    固定されたものではなく、実質的で永続的なマークがあると思われます。それでも、これらのマークは

  • can be worn with pride and self-respect. According to Zen Buddhism's tradition of kintsugi,

    は、誇りと自尊心を持って身につけることができます。禅宗の金継ぎの伝統によれば

  • an accidentally smashed bowl isn't to be thrown away in embarrassment, its pieces can

    誤って割ってしまった器は、恥ずかしいからといって捨ててしまうのではなく、その破片は

  • be carefully collected and reassembled with glue inflected with gold. The traces of repair

    丁寧に回収し、金を練り込んだ接着剤で組み立て直します。修理の痕跡

  • are made obvious, celebrated and cherished, as if to suggest to us - as we bring a cup

    は明らかにされ、祝福され、大切にされ、まるで私たちに示唆しているかのようです。

  • to our lips - that we do not have to give up on ourselves or be ashamed of our own brokenness.

    私たちは、自分自身をあきらめたり、自分の傷を恥じたりする必要はないのです。

  • We can confront our illness without panic or fear, with a quiet intelligent sadness

    パニックや恐怖を感じることなく、静かに知的な悲しみを持って病気に立ち向かうことができます。

  • perhaps best captured by the word melancholy. If we were searching for a patron saint of

    メランコリーという言葉で表現されることが多いかもしれません。の守護聖人を探すとしたら、そのような人はいないでしょう。

  • such a melancholy relationship to mental difficulty, we could do worse than pick the Welsh artist

    このような精神的困難とのメランコリックな関係から、私たちはウェールズのアーティストを選ぶのが最善だと思います。

  • Gwen John, who combined a brilliant career as a painter with moments of harrowing mental

    画家としての輝かしいキャリアと、精神的に苦しい時期を両立させたグウェン・ジョン。

  • collapse - but remained all the while fundamentally on the side of life. From her self-portrait,

    崩壊したが、基本的には生命の側にいることに変わりはなかった。彼女の自画像より

  • John implies that she would understand whatever we might be going through, her eyes hint that

    ジョンは、私たちがどんな状況に置かれていても、彼女なら理解してくれるだろうと言い、彼女の目には

  • she has been there too, that she could be our guide to the underworld of our minds - and

    彼女もそこにいて、私たちの心の地下世界へのガイドになってくれるかもしれません。

  • that, however much we might hate ourselves at this moment, we deserve gentleness, patience

    今の自分をどんなに嫌っていても、優しさと忍耐に値するということを

  • and respect as we feel our way towards repair.

    と尊敬の念を持って、修理への道を歩んでいます。

One of the great contributing factors to mental illness is the idea that we should at all

心の病の大きな要因の一つは、「何があっても大丈夫」という考え方です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 哲学 病気 悲し 危機 完全 破片

アクセプタンスとメンタルヘルス (Acceptance and Mental Health)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 09 月 15 日
動画の中の単語