Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • A lot of evil is done in the world by people who can't imagine that they have any power to hurt anyone.

    自分が誰かを傷つける力を持っていることを想像できない人が、世の中で多くの悪事を働いています。

  • It's their sense that nothing is at stake in their behavior towards others that leads them to ignore the rules of politeness and humanity, and to kick people as if they were plated in armor.

    自分の人に対する行動には何の問題もないという意識があるからこそ、礼儀や人情のルールを無視して、まるで人々が鎧を着ているかのように蹴ることができるのでしょう。

  • They are, in this respect, paying homage to childhood.

    この点で、彼らは子供時代に敬意を表しているのです。

  • Think of the situation of a young child, of perhaps six, who has fun mocking a parent's double chin or the wrinkles around their eyes.

    例えば、6歳くらいの子供が、親の二重あごや目の周りのしわを馬鹿にして楽しんでいる状況を考えてみてください。

  • To this child, the parent is still, in many waysan invulnerable deity.

    この子にとって、親はまだ多くの意味で無敵の神なのです。

  • They live in a remote, impressive world of work, credit cards, driving and the news.

    彼らは、仕事、クレジットカード、ドライブ、ニュースなど、遠く離れた素晴らしい世界に住んでいます。

  • How could someone of such stature be hurt by a comment about their less than perfect physique by a tiny person who can't spell properly?

    綴りもまともにできない小さな人間が、自分の完璧ではない体格についてコメントしたところで、そんな大きな人間が傷つくわけがないでしょう。

  • But the child is missing the point. Their words do hurt. They can make their parents cry in private.

    しかし、子供は要点を見逃しています。 彼らの言葉は傷つきます。 彼らは両親をひっそりと泣かせることができるのです。

  • The child simply can't grasp how desperate and anxious their parent might be,

    子供は、親がどれだけ必死になっているか、不安になっているかを理解できません。

  • how every morning they might stare in dismay into the bathroom mirror at the visible signs of ageing that speak to them relentlessly ofwrongly lived-life.

    毎朝、バスルームの鏡に向かって、間違った生活を執拗に語りかけてくる目に見える老化の兆候を、呆然と見つめているかもしれないことを。

  • The parent, out of dignified generosity, has shielded their child from their own fragility.

    親は、威厳のある寛大さにより、自分の脆さから子供を守ってきました。

  • And now their child is paying them a beautiful if misguided, compliment: a belief that they are beyond suffering.

    そして子供は彼らに、見当違いではあっても美しい褒め言葉を贈っています。彼らは苦しみを超えているという信念です。

  • Something related may happen when employees get together to gossip about the person they work for.

    これに関連して、従業員が集まって雇い主の噂話をすることもあるでしょう。

  • In their imagination, the boss is so far above them that it couldn't possibly matter what they say about them.

    彼らの想像では、上司は自分よりはるかに上の存在であり、彼らのことを何と言おうと問題にならないはずだと思っているのです。

  • It's only when they themselves move to senior positions that they start to realize how vulnerable the person in charge might feel,

    自分たちが上級職になって初めて、役職に就いている人がどれだけ自分の弱さを感じるか、

  • how completely normal it is to want to be liked even if you have a seat on the board,

    役員になっても好かれたいと思うのが当たり前であること、

  • and how imperfect your self-esteem might be.

    自分の自尊心が不完全であることに気づくのです。

  • This idea casts a useful light on the activity of particularly dangerous people online.

    この考え方は、オンラインで特に危険な活動をする人々に役立つ光を投げかけます。

  • Their venom isn't the expression of a feeling of power.

    彼らの毒は、力強さの表現ではありません。

  • Rather, the troll tends to feel like a medieval vagabond outside a heavily fortified city,

    むしろ、トロールは重厚な要塞都市の外にいる、中世の放浪者のように感じる傾向にあり、

  • hurling insults and threats at what they take to be comfortable inhabitants sleeping behind meters of stone walls lined by vigilant troops.

    警戒する軍隊が並ぶ何メートルもの石壁の後ろで眠っている快適に生きていそうな人々に、侮辱や脅迫を浴びせかけます。

  • They want to hurtbut they don't in any way actually imagine they can; that is what renders them quite so vicious.

    彼らは人を傷つけたいと思っていますが、実際には傷つくことを想像していません。それが彼らの悪質さを際立たせています。

  • True kindness may require us to take on board a very unfamiliar idea:

    真の優しさを手にするには、非常に馴染みのないアイデアを受け入れることが必要かもしれません。

  • However young we are, however forgotten and ignored we feel we arewe have a power to cause other people serious damage.

    どんなに若くても、どんなに自分が忘れられていて無視されていると感じていても、私たちは人に大きなダメージを与える力を持っています。

  • It isn't because we aren't wealthy or revered in elite circles that we thereby losecapacity either to comfort or to wound strangers.

    裕福ではなかったり、エリート層から尊敬されていなかったりすることで、見知らぬ人を慰めたり、傷つけたりする能力が失われるわけではありません。

  • We become properly moral, and properly adult, when we understand that we may all, whoever we may beruin someone's day, and on occasion, throughfew incautious and misplaced words, their life.

    私たちが正しいモラルを持ち、正しい大人になるためには、私たちがどんな存在であろうと、誰かの一日、そして時には不注意で誤った言葉によってその人の人生をも台無しにしてしまう可能性があることを理解する必要があります。

  • The Couple's Workbook contains the very best exercises that any couple can undertake to help their relationship function optimally. Click now to learn more.

    カップル・ワークブックには、カップルが最適な関係を保つために必要なエクササイズが収録されています。もっと詳しく知りたい場合はこちらをクリックしてください。

A lot of evil is done in the world by people who can't imagine that they have any power to hurt anyone.

自分が誰かを傷つける力を持っていることを想像できない人が、世の中で多くの悪事を働いています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子供 無視 傷つける 想像 台無し 他人

あなたのその言動、誰かの人生を滅茶苦茶にしてしまうかも?!

  • 5518 319
    Summer に公開 2021 年 11 月 22 日
動画の中の単語