Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Violence, though deeply rooted in our evolutionary history, has to be one of the most destructive of human behaviors.

    暴力は、人間の進化の歴史に深く根ざしていますがは、人間の行動の中で最も破壊的なものの一つであるはずです。

  • For years, researchers have tried to understand what drives us to commit acts of violence.

    長年にわたり、研究者たちは以下のことを理解しようとしてきました。私たちを暴力行為へと駆り立てるもの。

  • Is it the environment we were raised in?

    育った環境のせいか?

  • The socio-economic situation we find ourselves in?

    私たちが置かれている社会経済的な状況?

  • Or is it driven by something completely differentsomething we have no control ofour genes?

    それとも全く別のものが原因なのか。私たちにはどうすることもできないもの。 私たちの遺伝子は?

  • Or specifically, the so-called 'warrior gene'?

    というか、いわゆる「戦士の遺伝子」?

  • The story of the warrior gene starts in 1978, when a woman walked into a hospital in the Netherlands, and not because she was worried about herself, but because she was worried about her family.

    戦士の遺伝子の物語は、1978年に始まります。オランダの病院に一人の女性が入ってきました。 それは、自分のことを心配してのことではありません。 しかし、それは家族を心配してのことだった。

  • All the men in the family had a history of really terrible violent crimes.

    家族の男性全員は、本当にひどい過去を持っていました。 暴力的な犯罪。

  • There were murders, there were rapes, going back generations and generations.

    殺人もあったし、レイプもあった。何世代も何世代も前から

  • Researchers started gathering DNA samples from the members of her family, and they discovered that all the men who had this history of very violent crime,

    DNAの採取を開始家族の中では、そのようなことはありません。 その結果、すべての男性が その人は、非常に暴力的な犯罪歴を持っていました。 彼らは同じ遺伝子の変化を持っていた

  • they had the same genetic change in a gene called MAOA, or monoamine oxidase A, that completely knocked out the function of the gene. It wasn't working at all.

    MAOA(モノアミン酸化酵素A)と呼ばれる遺伝子の中のその遺伝子の機能を完全にノックアウトした。 は全く機能していませんでした。

  • We all have two copies of this 'warrior gene'.

    私たちは皆、この「戦士の遺伝子」を2つ持っています。

  • It makes a molecule in your brain that breaks down a chemical called serotonin.

    脳内の分子を作るセロトニンと呼ばれる化学物質を分解してしまう。

  • This is a neurotransmitter, it sends signals between the cells in your brain, and affects your behavior.

    これは神経伝達物質です。脳の細胞の間で信号を送っています。 で、自分の行動に影響を与えます。

  • So if this gene isn't working as well as it could do, it's thought that perhaps it makes you more impulsive, it makes it harder to control urges.

    だから、この遺伝子がうまく働いていない場合は衝動的になってしまうのではないかと考えられています。 衝動を抑えるのが難しくなります。

  • So the Dutch study was the first time that this gene, MAOA, had been linked to violent behavior, but then a study in New Zealand took this further.

    オランダの研究では、このMAOAという遺伝子が初めて解明されたんですね。は、暴力的な行動との関連性が指摘されていました。 しかし、ニュージーランドでの研究では、これをさらに進めています。

  • The Dunedin study followed 1,000 New Zealanders for decades, looking for connections between childhood experiences and violent behavior later in life.

    ダニーデンの研究では、1,000人のニュージーランド人を数十年にわたって追跡調査しました。子供の頃の経験のつながりを探す や暴力的な行動につながる可能性があります。

  • They found that having a variation that just lowers the level of activity of this gene, not knocks it out completely, but just lowers the activity, was associated with a history of violence.

    バリエーションを持つことでこの遺伝子の活動レベルを下げるだけです。 完全にノックアウトするのではなく、活動を低下させます。 は、暴力の歴史と関連していました。

  • But curiously, mostly only in people who also had a very difficult childhood as well.

    しかし、不思議なことに、ほとんどの場合、人の中だけでのように、非常に困難な子供時代を過ごした人もいました。

  • And that caught the eye of researchers in Finland working with prisoners in a very high security prison.

    それがフィンランドの研究者の目に留まりました。非常に警備の厳しい刑務所で、囚人と一緒に仕事をしています。

  • We collected a cohort of around 800 prisoners, and about two-thirds of them had conducted at least one violent crime.

    コホートを集めました。約800人の囚人の と、約3分の2の方が は、少なくとも1回は暴力的な犯罪を行っていました。

  • But a little bit more than 10% or 15% had committed at least 10 violent crimes, murders, attempted murders, manslaughters.

    しかし、10%や15%よりも少しだけは、少なくとも10件の暴力犯罪を犯していました。 殺人、殺人未遂、マンスローター。

  • I was skeptical, but what we did find was indeed if an individual had two or more violent crimes, then he or she had significantly more of the low activity MAOA.

    私は懐疑的でしたが、私たちが見つけたのはは、確かに暴力的な犯罪を2回以上起こしていれば となると、低活性のMAOAが有意に多いことになる。

  • We know that up to six in ten people are walking around with a low activity version of MAOA, but of course, six out of ten people don't commit horrific violent crimes.

    10人に6人の人がは、MAOAの低活性版で歩き回っています。 しかし、もちろん、10人中6人は恐ろしい凶悪犯罪を犯すことはありません。

  • So obviously we can't say that if you've got this gene variation you are going to be a violent criminal. Genetics doesn't really work like that.

    だから、この遺伝子変異があれば、とは言えないのは明らかだ暴力的な犯罪者になってしまいます。 遺伝はそんなものではありません。

  • But this idea that there's a gene behind violent behavior, could you use that as a defense in court?

    しかし、暴力的な行動の背後には遺伝子が存在するという考え方。それを裁判で弁護することはできますか?

  • You know, "It wasn't me, guv. It was my genes that made me do it."

    ほら、「私ではありません、guv。私の遺伝子がそうさせたのだ」と。

  • While it might sound a bit strange, but that is actually what's happening.

    ちょっと不思議な感じがするかもしれませんね。が、実際にはそうなっています。

  • It's only really been used in two countries, two in an Italian court and the rest have been in American courts.

    実際に使用されたのはを2つの国に分けました。 イタリアの裁判所での2人の と、残りはアメリカの裁判所で行われました。

  • It's been used as a way of saying that the person lacked control.

    その人がコントロールを欠いているという意味で使われています。

  • I think it's the sort of evidence that is attempting to be used to dazzle a jury.

    使われようとしている証拠のようなものだと思います。陪審員の目を釘付けにするために

  • In the US, where you have the death penalty for these kinds of incredibly violent crimes, the stakes are obviously, literally, life and death.

    死刑制度のあるアメリカではこのような、とてつもなく暴力的な犯罪のために。 賭けは明らかに、文字通り生死に関わるものです。

  • So lawyers will try and introduce any kind of evidence they can to argue against the death penalty for their client.

    弁護士は、あらゆる証拠を提出しようとします。依頼人の死刑に反対するために

  • To say that there is a gene, like a time bomb that none of us are aware of, I think is wishful thinking.

    遺伝子があるということは私たちの誰もが気づいていない時限爆弾のようなものです。 私が思うに、それは希望的観測です。

  • So humans carry different versions of the MAOA gene, and those that reduce the activity of this gene have been linked to increased risk of aggressive behavior.

    つまり、人間はMAOA遺伝子の異なるバージョンを持っているのです。と、この遺伝子の活性を低下させるもの は、攻撃的な行動のリスクを高めることに関連しています。

  • Some studies also suggest a link between an abusive childhood, the MAOA gene not functioning adequately, and an increased risk of developing antisocial personality disorder, which may result in committing violent criminal acts.

    また、いくつかの研究では、関連性が示唆されています。虐待を受けた子供時代の間に、MAOA遺伝子が十分に機能していない。 と反社会性人格障害の発症リスクが高まります。 その結果、暴力的な犯罪行為に走る可能性があります。

  • But whilst it can be tempting to paint a simple picture of how genetics influence our behavior, in reality, it's an incredibly complex issue.

    しかし、シンプルな絵を描きたいと思うかもしれません。遺伝が人間の行動にどのように影響するかを 実際には、非常に複雑な問題です。

  • Everything that happens to us interacts with our genes and influences who we are and how we behave.

    私たちに起こるすべてのことは、私たちの遺伝子と相互作用しています。であり、私たちが誰であり、どのように行動するかに影響を与えます。

  • The fact that we can find a connection between genes and violent behavior doesn't mean that we're going to be heading towards some terrible genetic dystopia where little Johnny is locked up because he's got 'bad genes' that might make him do bad things.

    繋がりを見いだせるということは遺伝子と暴力的行動の関係 に向かっているわけではありません。 小さなジョニーが監禁される、恐ろしい遺伝子のディストピア。 なぜなら、彼は「悪い遺伝子」を持っていて、悪いことをするかもしれないからです。

  • That simply isn't how genetics work.

    遺伝の仕組みはそうではありません。

  • We have agency, we have independence, we can make our own free choices about who we are and how we behave.

    私たちには代理権があり、独立性があります。私たちは、自分が何者であるか、どのように行動するかについて、自分で自由に選択することができます。

Violence, though deeply rooted in our evolutionary history, has to be one of the most destructive of human behaviors.

暴力は、人間の進化の歴史に深く根ざしていますがは、人間の行動の中で最も破壊的なものの一つであるはずです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 遺伝 暴力 犯罪 行動 研究 戦士

遺伝子があなたを暴力的にする?| BBC Ideas (Can your genes make you violent? | BBC Ideas)

  • 1546 89
    Summer に公開 2021 年 09 月 02 日
動画の中の単語