Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi evoke, this is Bella Hadid and I'm going to take you through my life in look so far.

    こんにちは、evokeさん、ベラ・ハディッドです。私のこれまでの人生をルックでご紹介します。

  • Yeah, Okay, I'm nervous.

    ええ、わかりました、緊張しています。

  • Oh goodness!

    ああ、いいね!」。

  • Okay, our first one, we have is my first Met Ball.

    さて、最初にご紹介するのは、私にとって初めての「Met Ball」です。

  • I went with Top Shop and this short little dress.

    私はトップショップで、この短い小さなドレスにしました。

  • I don't know why we were decided with that, but I remember I went to the fitting and realized I had no shoes, so I went to sail around myself and I got these platform gold and silver heels, which I still have today and I was so nervous and I think I ran through the carpet, I don't even think I was on there for more than four minutes at this point, I think we were all just kind of waiting for Rihanna to get there, so I had to get in so we could see her walk in.

    なぜそれで決まったのかはわかりませんが、フィッティングに行ったときに靴がないことに気づき、自分でセーリングをして、金と銀のプラットフォームヒールを手に入れたのを覚えています。これは今でも持っていますが、とても緊張していて、カーペットを駆け抜けたと思います。この時点では4分もいなかったと思いますが、みんなリアーナが来るのを待っていたと思います。

  • Rihanna was about to come period.

    リアーナはこれからピリオドを打つところだった。

  • Okay, so this is apparently a very iconic red dress moment and this dress, alexander voted made, I was nervous in this dress.

    さて、これはとても象徴的なレッドドレスの瞬間らしいのですが、このドレス、アレキサンダー・ヴォートが作ったもので、私はこのドレスで緊張しました。

  • I look very sexual and all these things that was still nervous about cameras and nervous about having a lot of makeup on and nervous about this slit was like, thank God, I think that maybe there was one little slip that happened, but I kind of get embarrassed at this moment, still, even though the dress is gorgeous, it's just again, doesn't feel so much like me, and I think that this was the start of the Bella persona that everyone sees of me, that's my alter ego, that's Belinda, I'm just so the opposite of her, She's very Vava voom, you know, bless her, love her, she was very nervous.

    私はとてもセクシーで、カメラに緊張し、たくさんの化粧をすることに緊張し、このスリットに緊張していたのですが、よかった、もしかしたらちょっとしたスリップが起こったのかもしれないと思いましたが、この瞬間、私はちょっと恥ずかしくなってしまいました。これが、みんなが見ている私の分身、ベリンダのベラという人格の始まりだったと思います。

  • Next look, oh my gosh, people used to make fun of me and say that I never smiled and it was just because I was in a really bad place, physically and mentally.

    次のページでは、なんと、昔の人は私のことを「笑顔がないのは、肉体的にも精神的にも本当に悪い状態だったからだ」とバカにしていた。

  • So I looked really sad in this picture but I was actually very happy.

    ですから、この写真ではとても悲しそうに見えますが、実際にはとても幸せでした。

  • This was um I think my first fendi show that I ever did and Carl last minute asked me to close the show.

    このショーは、私にとって初めてのフェンディのショーだったと思いますが、カールは直前になって私にショーの締めくくりを依頼してきました。

  • So it was on the Trevi fountain and I remember like looking around everybody while I was walking because I was kind of taking in the moment, I think I cried after actually it was like the most beautiful moment and this dress this whole moment was just gorgeous and Miss Carla lot.

    トレビの泉の上で行われたのですが、歩いている間にみんなを見渡していたのを覚えています。私はその瞬間に心を奪われていたので、実際には最も美しい瞬間であり、このドレス、この瞬間全体がとてもゴージャスで、カーラさんはたくさんのことをしてくれました。

  • But these moments are the reasons why I'm so grateful that I was able to meet him and have those moments with him and I'll remember it forever.

    しかし、このような瞬間があるからこそ、私は彼に会うことができ、彼と一緒にその瞬間を過ごすことができたことに感謝し、一生忘れないでしょう。

  • So thank you Carl.

    だから、ありがとうカール。

  • Okay, this is one of my favorite covers that I probably have ever done, shot by steven Meisel.

    さて、これは私がこれまでに手がけた表紙の中でも最も気に入っているもののひとつで、撮影はスティーブン・マイゼルです。

  • It's my first italian vogue cover ever.

    私にとって初めてのイタリアンヴォーグの表紙です。

  • It was just supposed to be for one portrait behind but that night I get a call from my agent and they're like Stephen wants you to come back tomorrow and I'm like of course I will come back.

    その日の夜、エージェントから電話がかかってきて、「スティーブンが明日も来てほしいと言っている」と言われ、「もちろん来ますよ」と答えました。

  • I walk into the studio the next day and there were you know, 20 ft tall photos of me all around the studio, he puts me in front of one of the portraits, I'm in a full Prada looked and he just snaps his fingers and this man starts walking back and forth and he takes the photo and probably, You know, 10 minutes and I leave a few months later the cover comes out and I'm on the cover and my agent didn't know, I didn't know and Stephen probably was the only person that new, but he really made this like a magical experience for me and to have that surprise aspect to it, especially with a magazine, like Italian vogue.

    翌日スタジオに行くと、スタジオのあちこちに高さ20フィートの私の写真が飾られていて、彼は私を肖像画の前に立たせました。エージェントは知らなかったし、私も知らなかったし、知っていたのはスティーブンだけだったかもしれませんが、彼は私に魔法のような体験をさせてくれましたし、特にイタリアンヴォーグのような雑誌でサプライズ的な演出をしてくれたのです。

  • It was one of the most incredible experience I ever had.

    これまでに経験したことのないような素晴らしい体験でした。

  • He's a blessing to be able to work with in this picture for me I'm going to keep for the rest of my life.

    彼と一緒に写真を撮ることができたのは、一生の宝物になりました。

  • This was one of my favorite Met Ball looks I ever did.

    これまでに行ったMet Ballのルックの中で最も気に入ったもののひとつです。

  • It's a full chrome hearts look and Gareth Pugh did this top situation moment, the veil was sewn into my hair.

    フルクロームハーツのルックで、ガレスピューがこのトップシチュエーションの瞬間を演出してくれました。ベールは髪に縫い付けられていました。

  • The hair pieces though, we're like £25.

    でも、ヘアピースは25ポンドくらいかな。

  • So every time they would ask me to look by my shoulder, I couldn't keep my head up because it was so heavy.

    だから、肩で見てくれと言われるたびに、重くて頭が上がらなかった。

  • Honestly, it was one of the first times I felt really sexy and beautiful and I felt like myself, this was the year that it was heavenly bodies.

    正直なところ、本当にセクシーで美しいと感じたのは初めてのことで、自分でも、今年は天国のような体になったと感じています。

  • We kind of wanted to go with like the dark angel.

    私たちは、ダークエンジェルのような存在になりたいと思っていました。

  • She looked like a dark angel that night.

    その夜の彼女は、まるでダークエンジェルのようだった。

  • So this is Casey's first show with new glare.

    ケイシーの新しいグレアを使った最初のショーですね。

  • I got to the show when people were already sitting, the types of this look kind of went viral I guess is what the kids say after this show walked.

    私がショーに参加したときには、すでに人々が座っていましたが、このルックのタイプは流行しました。

  • I mean, I saw everybody wearing these tights.

    みんながこのタイツを履いているのを見たからです。

  • This look is me walking into the louis Vuitton men's show that Virgil did this outfit.

    このルックは、ヴァージルがこの衣装を手がけたルイ・ヴィトンのメンズ・ショーに入っていく私の姿です。

  • I styled myself.

    自分でスタイリングしました。

  • And the funny part about it is that shirt is actually like a comfort bun for men.

    そして面白いのは、そのシャツが実は男性にとっての慰安婦のようなものだということです。

  • I came with my war a comfort but as a shirt now, I'm still thinking about it.

    私は自分の戦争を慰めて来ましたが、今はシャツとして、まだ考えています。

  • But anyways, I'm just a tiny top kind of girl and I love oversized pants.

    でも、とにかく、私は小さなトップスが好きで、オーバーサイズのパンツが大好きなんです。

  • I love oversized jackets.

    オーバーサイズのジャケットが大好きです。

  • I love sexy, masculine.

    セクシーで男性的なものが好きです。

  • I've got also love to show a little skin.

    また、私は肌を見せることが大好きです。

  • I don't think there's anything wrong with the skin.

    肌に問題があるとは思えない。

  • This was an amazing Vivienne Westwood moment.

    これは、Vivienne Westwoodの素晴らしい瞬間でした。

  • Andrea's did this gorgeous wedding dress for me, For us.

    アンドレアは、私のために、私たちのために、このゴージャスなウェディングドレスを作ってくれました。

  • This show, I was able to take out my dagger and kind of like again be a character and I think I always design my wedding dress based on Vivian's work and I always like in my heart kind of manifested her making my wedding dress.

    私はいつもビビアンの作品を参考にしてウェディングドレスをデザインしていて、心の中ではいつもビビアンが私のウェディングドレスを作ってくれているような気がしています。

  • I hope one day when I get married she can make it.

    いつか私が結婚するときには、彼女にも作ってもらいたいですね。

  • I mean it would be a literal honor for me.

    つまり、私にとっては文字通りの名誉なことです。

  • I don't know if that would even be a possibility, but if so it's me and you, Vivian dagger included.

    その可能性があるかどうかはわかりませんが、もしそうなら私とあなたで、ビビアン・ダガーも含めてです。

  • Yeah, this is so funny.

    ああ、これはとても面白い。

  • This is during quarantine.

    これは検疫中のことです。

  • We got a message from Anna and she wanted us to do a shoot about our life.

    アンナからメッセージをもらい、私たちの人生についての撮影をしてほしいと言われました。

  • And quarantine.

    そして検疫。

  • What's sad about this?

    何が悲しくて、こんなことをしているのか。

  • Is this cow behind passed away rest in peace being in quarantine with my family.

    亡くなったこの牛は、家族と一緒に隔離されて安らかに眠っているのだろうか。

  • I felt like I was a 16 year old middle child.

    自分が16歳の中坊になったような気分でした。

  • Again, any male Children know how it feels to be a middle child.

    繰り返しになりますが、男性の子供なら誰でも真ん中の子供の気持ちがわかります。

  • Everybody hates me.

    みんなに嫌われています。

  • No one likes me.

    誰も私を好きになってくれない。

  • I'm the black sheep.

    私は黒い羊です。

  • I'm naturally blonde.

    私は天然のブロンドです。

  • I wanted to be the opposite of everyone else in my family and it was like my brother and my sister buddy buddy, ng up and I just felt like the ostracized one, but it's okay.

    私は家族の中でみんなと正反対の人間になりたいと思っていたので、兄と妹がバディバディでNGを出しているようなもので、私はただ、仲間はずれにされているように感じていましたが、大丈夫です。

  • I know they love me.

    私は彼らが私を愛していることを知っています。

  • Honestly.

    正直なところ。

  • My mom puts us to work.

    母は私たちに仕事をさせます。

  • Like we we planted a lot of lavender.

    ラベンダーもたくさん植えました。

  • She made us get on our hands and knees for the for the gardens, which I'm so happy to do.

    彼女は私たちにフォア・ザ・ガーデンのために手と膝をつかせてくれました。

  • I'm just grateful we have this place.

    この場所があることに感謝しています。

  • Honestly, it's it's a blessing.

    正直なところ、それは幸せなことです。

  • It's a big, big, big blessing.

    それは、大きな大きな幸せです。

  • Next look, this look, I just looked cute.

    次の表情、この表情、私はただ可愛く見えた。

  • It was just like on a saturday.

    まるで土曜日のようでした。

  • I wanted to go get a sandwich.

    サンドウィッチを買いに行きたかった。

  • This is my sandwich.

    これは私のサンドウィッチです。

  • Look okay.

    大丈夫かな。

  • This outfit.

    この服。

  • I was just coming home from work.

    ちょうど仕事から帰ってきたところでした。

  • This is just like regular outfit.

    これは普通の服と同じです。

  • I got these pants from Stella Dallas the jacket I've had since high school.

    このパンツはStella Dallasで買ったもので、ジャケットは高校時代から持っています。

  • And this blue vest is I think my dad's my favorite part about this picture These shoes.

    そして、この青いベストは......この写真で父が一番気に入っているのは、この靴だと思います。

  • Grace Coddington gave these to me, my wearing them right now.

    グレース・コディントンからもらったもので、今履いています。

  • I don't know if she necessarily gave them to me, she let me wear them home.

    必ずしも彼女からもらったものではなく、家で履かせてもらったものです。

  • But to me that means that she gave them to me and I wrote her name on the inside of the shoe.

    しかし、私にとっては、彼女が私にくれて、私が靴の内側に彼女の名前を書いたということです。

  • I'm going to keep the issues for the rest of my life for sure.

    課題は確実に一生持ち続けるつもりです。

  • So this picture, I'm wearing this gorgeous givenchy dressed by Matthew Williams and I love how it's really a moment.

    この写真では、マシュー・ウィリアムスが着ているゴージャスなジバンシーを着ていますが、本当に一瞬の出来事のようで気に入っています。

  • I also love how he had cut outs of the fingers.

    また、指の部分をカットしてあるのもいいですね。

  • And that for me is always like a great touch.

    それが私にとっては、いつも素晴らしい感動を与えてくれるのです。

  • It was just gorge.

    まさにゴージャスでした。

  • We loved her.

    私たちは彼女を愛していました。

  • Okay, this look is from can about what is it a month ago, Over three weeks ago.

    さて、このルックは1ヶ月前、3週間以上前のものです。

  • It's crazy.

    狂っています。

  • I was in paris a week before and for a few days I was looking at that picture of Naomi and and I had a dream about this dress and I couldn't stop thinking about it.

    私はその1週間前にパリにいたのですが、数日間、あのナオミの写真を見ていたら、このドレスの夢を見て、そのことが頭から離れなくなってしまったのです。

  • I basically called a friend of mine at jean paul Gautier and his name is Greg and he's the best and I'm like Greg.

    私は基本的に、ジャンポール・ゴーティエの友人に電話しました。彼の名前はグレッグで、彼は最高です。

  • I had a dream.

    私には夢がありました。

  • I need you to help me.

    あなたの力が必要です。

  • Where is the stress do you have it?

    ストレスはどこにありますか?

  • Is it anywhere?

    どこかにありますか?

  • He's like, I'm so sorry, the dresses in a museum.

    彼は、「申し訳ありませんが、ドレスは博物館にあります。

  • It's not gonna happen.

    それはあり得ないことだ。

  • And later that day I get an envelope of a big picture of the dress with Naomi and I opened it and it was a letter of him telling me that the artillery was gonna make me the dress in six days.

    そしてその日のうちに、ナオミと一緒にドレスの大きな写真が入った封筒が届き、開けてみると、「大砲が6日でドレスを作ってくれる」という彼の手紙だったのです。

  • I wanted to know that the dress I was gonna wear was an embodiment of who I am now as a woman and they were able to really pull it together in.

    私は、自分が着ることになるドレスが、女性としての今の私を体現しているものであることを知りたかったのですが、彼らはそれを見事にまとめ上げてくれました。

  • I'm not joking you.

    私はあなたに冗談を言っているのではありません。

  • six days.

    6日間です。

  • I literally put on the dress for the first time.

    文字通り、初めてドレスを着ました。

  • 15 minutes before this, it really all came together and I'm proud of this dress.

    この15分前には、本当にすべてが揃っていて、このドレスを誇りに思っています。

  • This look is schiaparelli.

    このルックはschiaparelliです。

  • I mean I always knew I was gonna wear this dress when I saw this dress.

    というか、このドレスを見たときに、ずっと着ようと思っていました。

  • I was really worried about how it would hold.

    どうやって持つのか、とても心配でした。

  • Its also a bit wintry.

    また、ちょっとした冬のようでもあります。

  • This dress, it was very hot out.

    このドレス、外はとても暑かったです。

  • It was a work of art when I would look down like you could see everything.

    全てを見渡せるように下を向くと、芸術作品のようでした。

  • So it was very bizarre walking onto the carpet like with a breeze in places you wouldn't usually have a breeze.

    そのため、普段は風が吹かないような場所で、風が吹いているようにカーペットの上を歩くのはとても奇妙なことでした。

  • The necklace wasn't as heavy as one would expect.

    ネックレスは思ったよりも重くなかった。

  • It was actually quite fine.

    実際には、かなりいい感じでした。

  • Honestly, I think I did a little cup check before I got in the car and that was it.

    正直なところ、車に乗る前にちょっとしたカップチェックをして、それで終わりだったと思います。

  • It was like, it's gonna happen.

    実現しそうな気がした。

  • It's gonna happen now.

    今からでも間に合います。

  • So I'm about to walk this carpet and if five minutes from now there are pictures of my breast everywhere, then that's what we're supposed to happen.

    私がこのカーペットを歩こうとしている今、5分後に私の胸の写真がいたるところにあるとしたら、それは私たちが想定していることなのです。

  • This look, I just, I bought this shirt and skirt and paired it with a little show part hearing not a little, It's huge.

    このルックは、このシャツとスカートを買って、ちょっとしたショー部分のヒアリングに合わせたもので、ちょっとではなく、すごく大きいです。

  • I had to give it back.

    私はそれを返さなければならなかった。

  • But it's gorgeous for this moment.

    しかし、この瞬間のためのゴージャスなものです。

  • It was gorgeous.

    ゴージャスでした。

  • I never growing up had anything designer.

    私は子供の頃、デザイナーズアイテムを持ったことがありませんでした。

  • My mom wouldn't let me.

    母が許してくれませんでした。

  • I think I got my first pair of lou batons when I graduated high school.

    高校卒業時に初めてルーバトンを手にしたと思います。

  • It makes me emotional actually because I'm like so happy in this picture.

    この写真の中の私はとても幸せそうなので、実際に感情的になってしまいます。

  • Like for the first time and I think like my whole adult life I here I feel just at ease.

    大人になってから初めて、いや、大人になってからずっとそうだと思いますが、ここでは安心感があります。

  • Like happy.

    ハッピーみたいな。

  • I'm able to work.

    仕事ができるようになりました。

  • I feel good about myself.

    自分でも気持ちがいいです。

  • I felt beautiful and compared to the girl that I see like in the beginning, she was so sad and she is so content and happy.

    私は美しいと感じましたし、最初の頃に見たような、あんなに悲しかった女の子と比べると、とても充実していて幸せな気分になります。

  • And I love that to see that progression.

    そして、その進行を見るのが好きです。

  • It's like I feel blessed that I made it out alive.

    生きて帰ってこれたことを祝福しているような感じです。

  • Of that mental mental state that I was in for so many years.

    長年に渡っていたその精神的な精神状態の

  • So it feels good And we love her.

    だから気持ちがいいし、彼女を愛しています。

  • Happy Bella, thank you so much for watching.

    ハッピーベラ、見てくれてありがとうございます。

  • I hope that you enjoyed some of my looks.

    私のルックを楽しんでいただけたなら幸いです。

  • I'm sure that there's a lot more to come.

    きっとこれからもたくさんのことが起こるでしょう。

  • But I'm excited to show you all of these And I hope you have a beautiful day.

    でも、これらを皆さんにお見せできることを楽しみにしています。 そして、素敵な一日をお過ごしください。

  • Yes.

    はい。

  • Mm hmm.

    ふむふむ。

Hi evoke, this is Bella Hadid and I'm going to take you through my life in look so far.

こんにちは、evokeさん、ベラ・ハディッドです。私のこれまでの人生をルックでご紹介します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ドレス ルック 瞬間 ゴージャス 写真 ショー

ベラハディッドが語る、歴代ドレス&レッドカーペット・ベストルック。|Life in Looks|VOGUE JAPAN (ベラ・ハディッドが語る、歴代ドレス&レッドカーペット・ベストルック。| Life in Looks | VOGUE JAPAN)

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 08 月 31 日
動画の中の単語