Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • What a child experiences during the first years of their life has a lasting impact on the development of their brain.

    子供が生まれてからの数年間に経験することは、脳の発達に永続的な影響を与えます。

  • While genes set the roadmap, experiences create the neural connection inside the brain that sets the foundations of our emotions, language, motor skills, vision, and memories.

    遺伝子が道筋を決めるのに対し、経験は感情、言語、運動能力、視覚、記憶などの基礎となる脳内の神経連絡を作ります。

  • If one region gets additional stimulation, the neural pathways within that area and the connections to other areas grow stronger.

    ある領域がさらに刺激を受けると、その領域内の神経経路や他の領域とのつながりが強くなります。

  • This process is called synaptic pruning.

    このプロセスは、シナプスの刈り込みと呼ばれています。

  • You can also imagine your brain as a planet.

    自分の脳を惑星に見立てることもできます。

  • There is Motor Skill Metropolis, Memory Mountain, and Vision Village.

    そこには「モータースキルメトロポリス」「メモリーマウンテン」「ビジョンビレッジ」があります。

  • Through the years, popular cities grow bigger and links between them get larger.

    人気のある都市は年々大きくなり、都市間のつながりも大きくなります。

  • Now, if one area was never developed, there can be traffic jams.

    そしてもし、ある地域が開発されなかった場合、交通渋滞が発生することがあるでしょう。

  • This then slows down the development of the entire brain.

    そうすると、脳全体の発達が遅くなります。

  • Some neurotransmitters will be tired getting to work.

    神経伝達物質の中には、仕事をするのに疲れてしまうものもあるでしょう。

  • Others will take shortcuts and get lost.

    他の部分は、ショートカットをして、迷子になってしまいます。

  • Betty Hart and Todd Risley studied children's exposure to language.

    ベティー・ハート氏とトッド・リズリー氏は、子どもが言語に触れる機会について研究をしました。

  • On average, children from families on welfare were exposed to about 600 words per hour.

    生活保護を受けている家庭の子どもたちは、平均して1時間あたり約600語の言葉に触れていました。

  • Kids from rich families got about 2,000.

    お金持ちの家の子供は2,000語くらいでした。

  • By the age of 3, the gap becomes 30 million words.

    3歳になると、その差は3,000万語になります。

  • But it didn't end there.

    しかしそれだけではありません。

  • Children from privileged families received much more positive feedback.

    恵まれた家庭の子どもたちは、より多くの肯定的な評価を受けました。

  • For every 6 words of praise, there was only 1 word of discouragement.

    6つの賞賛の言葉に対して、1つだけ落胆させるような言葉がありました。

  • Welfare kids, however, had twice as much discouragements as praise.

    しかし、生活保護の子供たちは、賞賛よりも落胆の声を2倍も聞いていたのです。

  • This could make a difference that lasts a lifetime.

    これは、一生を左右する違いになるかもしれません。

  • In a study that began in 1963, psychologist David Weikart and his team randomly divided 123 underprivileged kids into 2 groups.

    1963年に始まった研究で、心理学者のデイヴィッド・ウェイカート氏のチームは、123人の恵まれない子供たちをランダムに2つのグループに分けました。

  • One group spent 2 years at a top preschool with excellent teachers.

    1つのグループは、優秀な先生がいるトップ幼稚園で2年間過ごしました。

  • They made art, discussed problems, and received a lot attention, respect, and love.

    彼らはアートを作り、問題を議論し、多くの注目、尊敬、愛を受けました。

  • For the other, life went on as usual, often without much attention from anyone.

    他のグループは、誰からの注目も受けずにいつも通りの生活を送っていました。

  • 40 years later, the HighScope Perry Preschool Study was published.

    その40年後、「ハイスコープ・ペリー幼稚園調査」が発表されました。

  • At age 5, 67% of the children in the top preschool group had an IQ of over 90; they were school-ready.

    5歳の時点で、トップ幼稚園グループの67%の子どもたちのIQは90を超え、学校に通う準備ができていました。

  • Of the others, only 28% achieved that.

    他のグループでは、28%しか達成できませんでした。

  • At 14, there was a big difference in basic classroom achievements.

    14歳になると、基本的な授業の成果に大きな差が出てきました。

  • At 27, the top preschool group were more likely to own their own home.

    27歳の時点では、トップ幼稚園グループの方が、マイホームを持っている確率が高かったです。

  • And at age 40, they earned more money and were less likely to ever be sentenced to jail.

    そして40歳では、彼らはより多くの収入を得て、刑務所に入っている確率も低かったのです。

  • The researchers concluded that the 2 years at preschool nourished the children not only intellectually, but also gave them social skills, courage, and perseverance.

    研究者たちは、幼稚園での2年間は、子どもたちに知性だけでなく、社会性や勇気、忍耐力なども養ったと結論づけています。

  • This combination of character strength, also called "grit", was later responsible for their success in life.

    この「Grit(根性)」と呼ばれる性格の強さの組み合わせが、後に彼らの人生における成功をもたらしたのです。

  • The $15,000 invested in putting those kids into preschool later benefited the entire society, mainly through a reduction in crime.

    その子供たちを幼稚園に入れるために投資した1万5千ドルは、その後、主に犯罪の減少を通じて社会全体に利益をもたらしました。

  • The total return of investment was estimated to be at a $195,000.

    総投資収益率は19万5千ドルと見積もられています。

  • In 2006, Nobel Prize winning economist James Heckman published what became known as the "Heckman Curve".

    2006年、ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンは、「ヘックマン曲線」として知られる論文を発表しました。

  • It shows the return of investments in education, which is the highest in the early years.

    これは、教育への投資のリターンが、幼少期に最も高くなることを示しています。

  • Governments have since started to act.

    その後、各国政府は行動を開始しました。

  • In Germany, parents get a lot of financial support to raise their kids.

    ドイツでは、親は子供を育てるために多くの経済的支援を受けています。

  • In Japan, mothers or fathers can take a full year of paid leave.

    日本では、母親または父親が1年間の有給休暇を取ることができます。

  • In France, all children go to kindergarten free of charge.

    フランスでは、すべての子どもが無料で幼稚園に通うことができます。

  • If you happen to be in charge, know that with every extra minute you spend encouraging and talking to that little troublemaker, you might be doing him a favor for life.

    もしあなたが責任を持つことになるなら、その小さなトラブルメーカーを励ましたり、話したりするのに費やす時間を増やすことで、その子の一生の恩恵を与えているかもしれないことを知っておいてください。

  • According to the University of Michigan, "Regular family dinners are a stronger predictor of good grades than doing homework."

    ミシガン大学の発表によると 「家族での定期的な夕食は、宿題をすることよりも良い成績をあげるためのより強い予測因子である。」だそうです。

What a child experiences during the first years of their life has a lasting impact on the development of their brain.

子供が生まれてからの数年間に経験することは、脳の発達に永続的な影響を与えます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子ども 子供 賛美 神経 年間 リターン

三つ子の魂百まで!幼少期教育の重要さ

  • 7265 445
    Summer に公開 2021 年 10 月 21 日
動画の中の単語