Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • By his own count, he's killed 150 people.

    彼自身のカウントでは、150人を殺害した。

  • He ordered a child dissolved in acid.

    彼は子どもを酸で溶かすことを命じた。

  • He launched a campaign of terror against the Italian government and police forces.

    彼は、イタリア政府や警察に対してテロ活動を展開した。

  • And today, he's a free man, and he could be living right next door to you.

    そして今、彼は自由の身となり、あなたのすぐ隣に住んでいるかもしれないのです。

  • Giovanni Brusca may be the most prolific hitman in all of human history.

    ジョバンニ・ブルスカは、人類史上最も多作なヒットマンかもしれない。

  • He was the go-to triggerman for the Sicilian mafia for several decadesif you needed someone dead, you hired Brusca.

    彼は数十年にわたり、シチリアのマフィアの頼みの綱であり、誰かを殺す必要があれば、ブルスカを雇った。

  • If you needed a lot of people dead, you also hired Brusca.

    多くの人を死なせる必要がある場合もブルスカを雇った。

  • By his own admission, he's killed 150 peoplebut that's just an estimate.

    本人が認めているだけでも150人は殺していることになるが、それはあくまでも推定である。

  • He also admitted to a judge that he doesn't even remember the faces of those he's killed because there's so many.

    また、判事に対して、殺した人の顔も覚えていないと認めている。なぜなら、あまりに多く殺してしまったから。

  • Amongst his victims were several Italian prosecutors trying to bring the Mafia down in the early 90s, as well as scores of police killed and injured during the mob's war on the government.

    彼の犠牲者の中には、初期にマフィアを潰そうとしたイタリアの検察官が何人かいた。1990年代には、政府に対する暴徒の戦いの中で、何人もの警察官が死傷した。

  • But tourists weren't safe either, and he was responsible for the bombing of several of Italy's biggest tourist hot spots, killing 10, injuring 71, and severely damaging several of Italy's most important cultural treasures.

    しかし、観光客も安全ではありませんでした。彼は、イタリアの最大の観光スポットのいくつかを爆破し、10人が死亡、71人が負傷し、イタリアの最も重要な文化遺産のいくつかに深刻な損害を与えた。

  • So how in the world was this man, sentenced guilty for 100 murders, and ordered to serve life in prison, now walking free?

    では、100人の殺人事件で有罪判決を受け、服役を命じられたこの男は、いったいどのようにして終身刑の後、自由の身になった?

  • It helps to understand exactly who Giovanni Brusca is.

    ジョバンニ・ブルスカという人物を正確に理解することをお手伝いします。

  • Sporting the nickname ofthe swinefor his disgusting eating habits, or more popularlythe people-slayer”, Brusca comes from Mafia royalty, with his father, grandfather and great-grandfather being 'made men' in the Italian mafia.

    ブルスカは、その醜い食習慣から「豚」というあだ名で呼ばれていますが、一般的には「人殺し」と呼ばれています。ブルスカはマフィアの王族出身で、父親、祖父、曾祖父がイタリアンマフィアの「メイドマン」でした。

  • This was back when the Mafia was first laying down roots, and largely consisted of peasant farmers banding together against rich landowners and the government.

    それは、マフィアが根付いたばかりの頃で、金持ちの地主や政府に対抗して農民が団結していたのが主な理由だった。

  • It may have started with noble intentions, but things very quickly took a turn when the Mafia rapidly evolved out of farming and into felony crime.

    崇高な目的で始まったかもしれないが、マフィアが農業から重罪へと急速に発展したことで、事態は急速に変化した。

  • Brusca's father, Bernardo Brusca, was allied with the Corleonesi family and helped set the family up for Mafia success.

    ブルスカの父親であるベルナルド・ブルスカは、コルレオネシ・ファミリーと提携し、マフィアとしての成功を目指していた。

  • He eventually became capomandamento, or head of the territory around San Giuseppe Jato.

    彼は最終的にサンジュゼッペ・ジャート周辺の領地のカポマンダメント(責任者)になった。

  • Thanks to good old fashioned nepotism, Giovanni and his two brothers were ushered into the upper echelons of the Italian mafia.

    ジョバンニと彼の2人の兄弟は、古き良き時代の縁故主義により、イタリアンマフィアの上層部に押し上げられた。

  • When Brusca's father was sent to prison for multiple murders, he became the head of his father's old territory, cementing his position as Mafia don.

    ブルスカの父親が複数の殺人事件を起こして刑務所に送られると、彼は父親の古いシマの長となり、マフィアのドンとしての地位を固めていった。

  • Brusca quickly developed a fearsome reputation, and was not shy about exercising extreme violence when necessaryor often even when not necessary.

    ブルスカの評判はすぐに高まり、必要なとき、あるいは必要でないときでも、過激な暴力を振るうことを躊躇しなかった。

  • Eventually he was promoted to become the trusted right-hand man of boss Toto Riina, giving him plenty of opportunities to ply his favorite tradekilling people.

    やがて彼は、ボスであるトト・リイナの信頼できる右腕として昇進し、大好きな人殺しをする機会が多くなった。

  • Brusca's most famous killings include the murder of Giovanni Falcone, a superstar Italian prosecutor taking on the Italian mafia.

    ブルスカの最も有名な殺人事件は、イタリアのマフィアに挑むイタリアのスーパースター検事、ジョバンニ・ファルコーネの殺害である。

  • Heavily protected by bodyguards though, Falcone would not be an easy targetso Brusca decided that in lieu of a traditional hit, he'd simply get creative.

    しかし、ファルコーネはボディーガードに守られており、簡単には狙えない。そこでブルスカは、伝統的な殺し方ではなく、工夫を凝らすことにした。

  • He had Falcone's route meticulously tracked every day until he was confident he knew Falcone's commute well enough to stage his attack.

    彼はファルコーネのルートを毎日綿密に追跡し、ファルコーネの行動を確信するまでを使って攻撃することができました。

  • Picking a spot of remote highway, Brusca had almost 1,000 lbs (400 kg) of explosives buried under the highway.

    人里離れた高速道路の一角を選んで、ブルスカは約1,000ポンド(400kg)の爆薬を高速道路の下に埋めていた。

  • Then, all he had to do was simply wait.

    あとはひたすら待つだけです。

  • Right on time, Falcone's convoy approached the killing ground, and Brusca personally pressed the button that detonated the explosives.

    丁度、ファルコーネの車列が殺害現場に近づいてきたので、ブルスカは自らボタンを押して爆弾を爆発させた。

  • The massive explosion killed not just Falcone, but his wife and three of their bodyguards.

    この大爆発で、ファルコーネだけでなく、彼の妻やボディガード3人も死亡した。

  • But Brusca's evil wasn't just reserved for the government or law enforcement.

    しかし、ブルスカの悪は、政府や法執行機関だけではなかった。

  • One of his most heinous crimes was directed against one of his own.

    彼の最も凶悪な犯罪の一つは、自分の仲間に向けられたものだった。

  • In 1993 the Italian government arrested one of Brusca's fellow assassins, Santino Di Matteo.

    1993年、イタリア政府はブルスカの仲間の暗殺者の一人、サンティーノ・ディ・マッテオを逮捕した。

  • Facing life imprisonment, the mafioso killer turned rat, and Brusca vowed retaliation.

    無期懲役を覚悟したマフィアの殺し屋は裏切り者となり、ブルスカは報復を誓った。

  • Five months later, several police officers approached Giuseppe Di Matteo, Santino's 11 year old son.

    その5ヵ月後、サンティーノの11歳の息子、ジュゼッペ・ディ・マッテオに数人の警察官が近づいてきた。

  • They explained that they were here to take him to see his father, who was currently under police protection and in hiding.

    警察に保護されて身を隠している父親に会わせるために来たのだと説明した。

  • But the police officers were actually Brusca's men in disguise.

    しかし、その警察官は、実はブルスカの部下が変装したものだった。

  • The boy was held in a squalid shack for two years, until his death.

    その少年は死ぬまでの2年間、汚い小屋に監禁されていた。

  • Brusca then ordered the boy's body to be dissolved in acid.

    そしてブルスカは、少年の体を酸で溶かすように命じた。

  • His father's pleas for the release of his child went ignored, and Di Matteo would get a chance to face Brusca in court years later, with police intervening as Di Matteo threatened to cut off Brusca's head and then tried to attack him.

    ディ・マッテオは数年後、法廷でブルスカと対決する機会を得たが、ブルスカの頭を切り落とすと脅したディ・マッテオがブルスカに襲いかかろうとしたため、警察が介入した。

  • The Italian government continued its anti-mafia purge however, leading to Brusca launching his deadliest campaign of violence yet.

    しかし、イタリア政府は反マフィアの粛清を続けていたため、ブルスカはこれまでで最も過酷な暴力行為となった。

  • Brusca would help plan and coordinate attacks on police and government officials throughout 1993 and 1994, as well as several terrorist attacks against Italian tourist spots.

    ブルスカは、1993年から1994年にかけて、警察や政府関係者への攻撃を計画・調整したり、イタリアの観光地を狙ったテロを起こしたりしていた。

  • The campaign of terror would leave another 10 people dead and 71 injured, as well as causing great damage to many of Italy's cultural treasures.

    このテロ行為により、さらに10人の死者と71人の負傷者が出て、さらにイタリアの多くの文化遺産に大きなダメージを与えました。

  • Brusca's violent career however would come to an end on May 20th, 1996.

    しかし、ブルスカの暴力的なキャリアは、1996年5月20日に終わりを告げた。

  • Unaware that police were listening in on his cell phone, Brusca dined with his girlfriend and several family members in a small farm house in the Sicilian countryside.

    警察が彼の携帯電話を盗聴しているとは知らずに、ブルスカはシチリアの田舎にある小さな農家で恋人や家族数人と食事をしていた。

  • The police listening on the cell phone suddenly heard the sound of a motorcycle driving by the house.

    携帯電話で聞いていた警察が、突然、家の前を走るバイクの音を聞いた。

  • Serving as a scout, the plainclothes officer was scoping the area out undercover hoping to avoid detection.

    私服警官はスカウト役として、見つからないように潜入調査をしていた。

  • When police heard the sound of his motorcycle through Brusca's cellphone, it allowed them to pinpoint the exact location of Brusca's homeand in minutes the police were kicking down the door of the mafia's most violent killer.

    ブルスカの携帯電話からバイクの音を聞いた警察は、ブルスカの家の正確な位置を特定することができ、数分後にはマフィアの最凶殺人犯の家のドアを蹴破ることができた。

  • Brusca was rushed to a police station to avoid the Mafia launching a rescue, and as he arrived he was greeted by dozens of police officers.

    マフィアが救出に乗り出すのを避けるため、警察署に運ばれたブルスカは、到着するなり数十人の警察官が出迎えてくれた。

  • The assembled officers began to cheer, with many even removing their masks they had become accustomed to wearing in order to protect themselves and their families from retaliation.

    集まった警官たちは歓声を上げ、多くの人が報復から自分や家族を守るためにつけ慣れたマスクを外していた。

  • It was over, they thought, Brusca would finally rot in a cage for the rest of his life.

    これで、ブルスカは一生檻の中で腐っていくことになると思ったのだ。

  • One officer even managed to land a punch directly on Brusca's face, breaking his nose.

    一人の警官がブルスカの顔に直接パンチを当てて、鼻を折ってしまった。

  • But Brusca would not rot in a cell after all.

    しかし、ブルスカは結局、独房で腐ることはなかった。

  • Brusca would be sentenced to 26 years in prison for the killing of Giovanni Falcone, and then given a life sentence for an additional murder.

    ブルスカは、ジョバンニ・ファルコーネを殺害した罪で26年の懲役刑を受けた後さらなる殺人で終身刑となった。

  • It seemed like Brusca would never see daylight again, but the government decided that he was far too valuable as state's evidence to simply let rot.

    このまま日の目を見ることはないかと思われたが、政府は彼が国家の証拠としてあまりにも価値があると判断したのだ。

  • They offered the mass murderer a choice: die in prison or turn rat and only serve the 26 year sentence for the murder of Falcone.

    彼らは、大量殺人犯に、刑務所で死ぬか、裏切ってファルコーネ殺害の26年の刑期だけを務めるかの選択を迫った。

  • Brusca quickly chose to turn rat.

    ブルスカはすぐにネズミを選んだ。

  • Turning traitor on the mafia was not without its benefits.

    マフィアの裏切り者になることは、メリットがないわけではなかった。

  • Incredibly, despite being responsible for over a hundred deaths, Brusca did not just enjoy the lesser 26 year prison sentence, but had additional privileges bestowed upon him for good behavior and his continued cooperation.

    信じられないことに、ブルスカは100人以上の死の責任を負ったにもかかわらず、26年という軽い刑期を享受しただけでなく、善良な行動と継続的な協力に対して、さらなる特権を与えられたのである。

  • These included better accommodations in the prison, and a one week hall pass from prison every 45 days to see his family.

    その中には、刑務所内の宿泊施設の改善や、45日ごとに家族に会うための1週間の外出許可などが含まれていた。

  • In America there's 18 year old kids who won't see the outside of a prison for 20 years just for selling dope.

    アメリカでは、18歳の子供が麻薬を売っただけで、20年間刑務所の外に出られない。

  • Brusca's release has been met with a wave of outrage from the Italian people.

    ブルスカの釈放には、イタリア国民から怒りの声が上がっている。

  • Tina Montinaro, the wife of one of Falcone's dead bodyguards, said, “The state is against usafter 29 years we still don't know the truth about the massacre and Giovanni Brusca, the man who destroyed my family, is free”.

    ファルコーネの死んだボディーガードの一人の妻であるティナ・モンティナーロさんは、「国家は私たちに敵対している。29年経っても虐殺の真実はわからず、私の家族を破壊したジョバンニ・ブルスカは自由の身だ」と語った。

  • Her sentiments are echoed by many Italian citizens, who have long been critical of the government's lenient laws for mafiosos who turn state's evidence.

    彼女の気持ちは、多くのイタリア人にも共通しています。イタリア人は以前から、国家の証拠を突きつけたマフィアに対する政府の寛大な法律に批判的でした。

  • Brusca is not the only killer to walk free after serving a fraction of his original sentence, or enjoying prison perks no other prisoner gets.

    本来の刑期の何分の一かで釈放され、他の囚人にはない特典を享受している殺人犯は、ブルスカだけではない。

  • The Italian government has made a show of the arrests of several mafia hitmen and Cosa Nostra bosses, all based on evidence provided by Brusca, but the public is clamoring for a change in the laws that set free some of Italy's most dangerous killers.

    イタリア政府は、数人のマフィアの殺し屋やコーザ・ノストラのボスを逮捕したことを誇示しているが、すべてはブルスカが提出した証拠に基づいている。しかし、国民は、イタリアで最も危険な殺し屋たちを自由にした法律を変えることを切望している。

  • Brusca is in his late 60s today, and has had all of his family's lands seized by the government and turned over to the public.

    現在、60代後半のブルスカは、一族の土地をすべて政府に接収され、国民に引き渡されている。

  • HIs family's ancestral lands are now public land, where tourists come to visit and taste test wines- with Brusca getting absolutely nothing in exchange.

    先祖代々の土地が公有地となり、観光客が訪れてワインの試飲をするようになったが、ブルスカは何の見返りも得られなかった。

  • Under intense scrutiny, it's doubtful Brusca will be returning to his old life of crime, and as a known rat, or pentito, Brusca's days may be numbered anyways.

    厳重な監視のもと、ブルスカが以前のような犯罪生活に戻るかどうかは疑わしいし、ネズミ(ペンティート)として知られているブルスカの日々は、いずれにしても終わりを迎えるかもしれない。

  • Now go watch what does the mafia even do anymore, or click this other video instead... unless you want us to make you an offer you can't refuse.

    今すぐ「マフィアは何をしているのか」を見に行くか、代わりに他のビデオをクリックしてください...断れないオファーをされたくなければ。

By his own count, he's killed 150 people.

彼自身のカウントでは、150人を殺害した。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 マフィア イタリア 警察 政府 ディ 殺人

マフィアが雇う殺し屋「ヒットマン」とは?

  • 1748 90
    Summer に公開 2021 年 08 月 10 日
動画の中の単語